2021.09.08

市原・米沢の森を歩く

朝起きたらまあまあの天気だったので、短時間で楽しめる米沢の森を歩いてきた。


P9070050_r

この森はボランティアの皆さんが精力的に維持活動されていて、開発が中止となり荒廃してしまった森を自然豊かな森に見事に再生したエリアだ。


P9070007_r

標高は低いものの、森の中には江戸時代に建てられた石仏などがひっそりと佇んでいて歩いていても興味は尽きない。


P9070016_r

まだ夏なのでトレイルの草丈も伸びてるかな?とおっかなびっくりで訪れたものの、定期的に手入れがなされているようで気持ちよく歩くことができた。
整備をしてくれている皆さま、本当にありがとうございます。


P9070012_r

とはいえ、まだ訪れる人は少ないせいか、くもの巣がいっぱいあって油断していると顔に張り付くのでストックでの露払いは必須だ。
帰宅してストックに触ったら蜘蛛の糸がたくさん絡みついていた。


P9070070_r

お花はもう少し種類があるかなと思ったんだけど、夏から秋への端境期なのかそれほど多くはなかった。
ガンクビソウやツルボなど初見の花もあったけどちょっと残念だった。


ウォーキングのくわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.29

酷暑の鋸山で猫とハートに癒される

登山関係のSNSで「猫丁場」のことを知った。

P8270035_r

天気予報からもこの日の暑さは半端ないとわかっていたんだけど、鋸山の猫ちゃんをどうしても見たくて大汗かいて行ってきた。

P8270029_r

猫丁場という名前の付いた房州石の石切り場跡にその猫はいた。

赤い手鞠と赤い首輪がとても印象的だった。
誰がいつ彫ったんだろう。
つらい作業の手慰みで彫ったのだろうか。

P8270023_r

名もなき人の素朴な彫り物だけど、妙に引き込まれる猫だニャー。

P8270026_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.07

高原山(鶏頂山・釈迦ヶ岳)と笹平湿地散策


東北自動車道を北に向い、宇都宮を過ぎると日光連山にかわって現れるのが高原山です。
火山らしい広大な裾野をもつなかなか立派な山だけど、なぜかこれまで登る機会に恵まれなかった。


Img20210805074240s

日光連山と那須連峰にはさまれた位置にあるので、展望は良いよね。と思い登ってみたものの、夏の水蒸気ムンムンの空気が支配していて山頂からの展望はNo Goodでした。
しかも、鶏頂山への急な登りと稜線上のアップダウンも半端じゃないし、年寄りにはこたえる山です。


P8050017_r

それならばせめてお花ぐらいは咲いているだろうと期待したものの、これまたサッパリのお山でした。
これほど花影の薄い山も珍しい。(笑)


P8050023_r

この山を訪れるなら、春のツツジの時期か秋の紅葉なんでしょうね。
紅葉はかなり期待できそうです。
その意味で訪れる季節を完全に間違えてしまいました。


P8060096s

でも、これで終わったんじゃ悔しくて帰れないので、翌日に同じ栃木県北部にある笹平湿地を訪れました。
ここは以前から一度は訪れてみたかった場所です。


Img20210806093334s

たしかこの時期はサギソウが見頃のはず・・・。
『いいもの見せてあげるから騙されたと思ってついてきなよ。』と誘った奥さんもサギソウを見て感激していました。


P8060072s

自然の造形美とはまさにこの花のことを言うのでしょうね。
サギソウは栽培が比較的容易なせいか鉢植えでよく見かけるけど、やはり自生しているものは格別ですね。
とても生き生きとしています。
将来にわたっていつまでも大切に守っていきたいお花です。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.08.01

暑さでバテバテの高宕山


『高宕山の周辺でヒナノシャクジョウが見頃ですよ。』と君津市のムツゴロウさんからメールをいただいたので、見つかるかどうかわからなかったけど、とりあえず行ってみました。


この花は、千葉県では絶滅危惧I類に指定されているそうで、咲いている場所は公言禁止ということなので、私もヒントしか与えてもらえませんでした。


Atakago05

たぶん、この辺りかなあ??
と目星をつけて探してみたのですが、ぜんぜん見つかりません。
やっぱり甘かったか。とあきらめかけた時、足元にそっと咲いていました。
いやいや、花の直径10mm程度で、しかも枯葉に隠れているのですぐに見つかるワケないよ。


でも、ひとつ見つかると、目が慣れてきてその周辺で次々に見つかりました。
その数全部で10株くらい?


Hinanosyakujou13

ヒナノシャクジョウはギンリョウソウと同じく腐生植物の仲間で、葉緑素をもたないため光合成を行わず、そのかわりに有機物を吸収して生活する植物です。
だからその姿も真っ白け。


ヒナノシャクジョウ(雛の錫杖)のそばにはもっと希少なホンゴウソウ(本郷草)が咲いているそうです。
こちらも10mm程度のとても小さな花。
目を皿のようにして探しましたが見つかりませんでした。
残念!


Atakago07

標高300mの低山なので暑さはハンパないし、再度探しにくる気分にはどうしてもなれないなあ。


それにしても暑かった。標高差も小さく距離も歩いてないのに汗だくのバテバテでした。
この時期の房総の山は過酷です。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.07.17

蓮と岩煙草に会いに高尾山へ

 

駒木野庭園のハスが見頃を迎えたとのことなので、蛇滝のイワタバコ鑑賞とあわせて高尾山周辺を歩いてきました。

Imgp0273_r

今日は暑くなるなー、って覚悟してたけど・・・。

 

高尾梅郷遊歩道、蛇滝コース、日影沢と木陰が期待できるルートをつないだおかげで強烈な暑さを感じることなく花めぐりのハイキングを楽しめました。

Imgp0326_r

蛇滝まで続く高尾梅郷遊歩道は、3月に訪れた時も歩いたけど、野草がたくさん咲いていて楽しい道ですね。

こんな道が我が家の近くにもあればいいなあ。

 

 高尾山頂にある五輪のモニュメントだけど、場にそぐわないな。

Imgp0345_r

 

くわしい山の記録はこちら

 

| | Comments (0)

2021.07.02

【秋田の山旅3日目】森吉山でハッピーバースデー

 

秋田の山旅3日目の目的地は、二百名山にリストアップされている森吉山です。
ピークハンターではないので二百名山にはあまり興味はないんだけど、お花畑が有名なので秋田に来たらぜひ足をのばしてみたかったのです。

P7020284_r

おまけに今日は奥さんの誕生日。
2日目がまさかの雨だったので、最終日はぜひとも晴れてほしかった。

そして、森吉山のお花畑は期待を裏切らない美しさで私たちを迎えてくれました。

P7020220_r


山頂の先にある山人平まで足をのばせばもっと感動が高まるのは想像できたけど、帰りの電車の時刻を考えると私たちの足ではきびしいのであきらめました。
また来ればいいからね。

P7020275rs

森吉山までで十分に楽しむことができました。
前泊したマタギの湯でささやかな誕生日祝いをし、今日のお花畑が私からの誕生日プレゼントということで納得してもらいました。(笑)

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.07.01

【秋田の山旅2日目】雨の中を乳頭山でお花めぐり


秋田の山旅2日目は以前から行きたかった乳頭山(岩手県側では烏帽子岳と呼ばれています。)へ。
お隣の秋田駒ヶ岳の人気ぶりとは対照的に格段に人の気配の少ない山でした。


P7010062_r

梅雨前線の動きが活発化して、関東・東海に大雨を降らせているのは知っていたけど、その影響を受けて前線から遠く離れたこの山域でも気流が目まぐるしく変化して山稜上に雨雲を発生させたようです。
下界は晴れていたのですが、山の中は本降りの雨でした。
まあ仕方ない。関東に比べればマシなので我慢しましょう。


P7010068_r

登りに使った孫六温泉からの道は急坂も少なく歩きやすいコースでした。
田代平の一角に立つと、湿原が広がっていて色とりどりのお花たちが咲いていました。
雨さえ降っていなければ最高のお花めぐりができただろうに、残念無念でした。


P7010123_r

非対称山稜になっている筈の山頂も霧の中で、特徴ある山容を見せてはくれませんでした。


P7010119_r

下りに使った一本松コースは、事前の情報どおりで笹薮に覆われた歩きにくい道が続いていました。
足元が見えないので下りに使うと結構気を使います。昨年の秋に骨折事故を起こした奥さんのことが心配だったけど何とか無事に歩いてくれました。


Nyutouzan

風と雨であいにくのコンディションでしたが、たくさんのお花たちに出会えたので良しとしましょう。
山旅の3日日は奥さんの誕生日なのでなんとか晴れてほしいものです。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.06.30

【秋田の山旅1日目】抱返り渓谷を散策


例年、梅雨の季節は大人の休日俱楽部パスを利用して東北の旅を楽しむことが多いけど、今年はコロナのことがあってあんまり気乗りがしなかった。
だけど、ワクチンも2回接種したことだし、やっぱり行きますか。
というわけで、今年は2泊3日で北東北・秋田の山旅に出かけてきました。


P6300014_r

久しぶりに乗る秋田新幹線で田沢湖駅へ。
駅前で3日間お世話になるレンタカーを借りていざ出発。


初日は、宿にチェックインする時間調整を兼ねて田沢湖駅から割と近くにある抱返り渓谷を訪れてみました。
正直なところ、あまり期待はしていなかったんだけど、良い意味で予想を裏切ってくれたかな。


P6300026_r

コバルトブルーに光る川面や絶壁沿いに付けられた遊歩道、クライマックスは回帰(みかえり)の滝。たしかに、「何度も振り返って見たくなるほど美しい滝」でした。


初日に英気を養えたので、2日目、3日目の山歩きが気分よく楽しめそうです。


くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.06.23

那須・朝日岳で花さんぽ

Img20210621080259s

 

コロナの第4波以降ずっと県をまたいでの外出を避けていたのですが、ワクチン接種も6月7日に2回目を終えさらに2週間が経過したので、そろそろ県外の山にも登ってこようと思っています。


人にうつさないように、人からうつらないように・・。

 

 お目当てのヒメイワカガミは最盛期でした

Img20210621074249s

 

というわけで、まずは初夏の那須高原を訪れました。
せっかく那須に来ているのに、午後には千葉に戻らなくてはならないので、朝のうちだけのお散歩コースで我慢します。

 

 シラタマノキの花は初めて見ました

Imgp0204s

 

朝日岳とその先にある1900m峰までのお花めぐりのハイキング。
お目当ては朝日岳のヒメイワカガミです。

6月という花の時期でもあり、ねらいどおりたくさんのお花に出会えました。

 

 とてもエレガントなオノエラン(尾上蘭)

Imgp0202s

 

南関東ではなかなかお目にかかれないオノエランまで見ることができ、短時間のお花めぐりでしたがそれなりに楽しめた朝さんぽでした。
千葉では見ることのできないお花たちに会えて良かったと思います。

 

 深紅と真白が対照的なアカモノ

Imgp0194s

 

 私の大好きなベニサラサドウダン

Imgp0251s

 

くわしい山の記録はこちら

 

Img20210621080617s

| | Comments (0)

2021.06.13

房総の高宕山はイワタバコの花盛り

Imgp0098s

 

関東はなかなか梅雨入りしないですね。
でも今週あたりいよいよ梅雨入りかなあ。

 

 山頂にあったコロナ収束願いのプレート

Imgp0134_r

 

そんな中ですが、地元在住のムツゴロウさんから「高宕山のイワタバコが咲き出しましたよ」とのメールをいただいたのでどんなものかと中房総にある高宕山を訪れてきました。

 

 星形の花に願いをこめたいな

Imgp0069s

 

高宕林道沿いに続く岩肌は染み出した水でいつも濡れているんだけど、そこには青々とした葉と星形の不思議な形をしたイワタバコの花が鈴なりに咲いていました。

 

 なぜか蛙に似ている・・

Img20210612104044s

 

次々に現れるイワタバコの花に感激です。
いろんな花の付き方があって見ていて飽きません。

 

 こんなに色合いの良い花もありました

Imgp0101s

 

まさか千葉県内にこれほどの群生地があるとは、まさに灯台下暗しでした。
奥多摩や高尾よりも一足早くたくさんの花々に巡り合えてちょっぴり得した気分の一日でした。

 

 誰もいない山頂で一休み

Imgp0127_r

 

くわしい山の記録はこちら

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧