2019.05.05

初めて歩いた南高尾山稜

当初の予定では御坂山塊の山に出かけるつもりで山支度を終えていたのですが、出発の朝になって登山天気アプリを見たら、まさかの雷雨予報が出ているではないですか。

 豊かな樹林帯がひろがっています

Imgp7055_r

地上の気温と上空の気温差が大きく大気が不安定な状態が続いているみたいです。

こういう時はお目当ての富士山も昼前から雲に隠れることが多いので、御坂山塊は早々とあきらめて早めに下りられる山を探します。

 色鮮やかなラショウモンカズラ

Imgp7038_r

というわけで前回に引き続き高尾山周辺の低山ハイキングを楽しんできた次第。

南高尾山稜は、高尾山の南につらなる標高300mから500m足らずの低山です。

地図を眺めると、城山から大垂水峠を経て高尾駅まで尾根がずっと続いています。

 黄色があざやかなヤマブキソウ

Imgp7044_r

山野草が多いので知られている以外は予備知識なしで出かけました。

特にガイドブックを持ってないので、スマホの登山地図が頼りです。

駅から30分ほど歩くと前方に人だかりがしているので近寄ってみたら、なんとクマガイソウの群落があるではないですか。

 蛇塚のクマガイソウ群落

Imgp7033_r

クマガイソウなんて自然公園や植物園でしかお目にかかったことがないのでびっくり。

見事に咲き誇っています。

蛇塚のクマガイソウ群生地ということで古くから保全されているみたいです。

 登山道の脇にはお花がいっぱい

Imgp7058_r

さらに沢沿いに進むとだんだん山深くなってきて、ニリンソウやヤマブキソウの群落があちこちに広がっています。

うーん、南高尾侮れないなあ。

ひと登りで稜線に出てからも、山野草が途切れることなく咲いています。

ヒノキやスギの植林帯もあるけど雑木林も広がっているので林相が豊かな感じがします。

のんびり歩いていたら、日を浴びて鮮やかな黄色にかがやいている小さな花を発見。

よく見たら、キンランでした。初めて生で見ることができましたよ。

 あこがれのキンランに初対面

Imgp7077_r

かつてはよく見かける花のようでしたが、今では絶滅危惧II類(環境省)に指定されています。

受講しているシニア自然大学で、キンランは「外菌根菌」に依存している種なので栽培は困難、といった内容の話を聞いたばかりなのでじっくり観察しちゃいました。

盗掘も多いらしいですが、栽培は難しいので絶対にやめてほしい。

ところで、私が歩いた尾根みちは樹林でおおわれていて展望はほとんで期待できません。

 セリバヒエンソウらしい

Imgp7049_r

それゆえに山野草が咲いていなければ魅力は激減します。

これからもこの豊かな自然をずっと守っていきたいものです。

8時過ぎから歩きはじめて12時前には下山できました。

この山域も午後3時頃から雷雨に見舞われたようです。

短いハイキングに変更して大正解でした。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2019.04.30

たかが高尾山、されど高尾山

Imgp6974_r

無謀にもこの連休中に高尾山を歩いてきました。

あのミシュランガイドの山ですよ。

山に出かけてもいいけど、我が家に孫たちが来ているので、15時までには帰宅せよとの厳命が下っています。

 フデリンドウを見ると春を感じる

Imgp7012_r

行くんだったら高尾山か房総の低山しか選択肢がないのです。

人混みの中の行列登山を覚悟してたけど、出発時間が早かったのと歩いたコースがややマイナーだったので行列はなんとか回避できました。

 ラショウモンカズラの紫色がきれい

Imgp7018_r

選んだコースは6号路から山頂に至り、小仏城山まで尾根歩き。
城山から日陰沢方面にのびている西の尾根を歩き、下りきった「いろはの森」からは再び高尾山に登り返すという変化に富んだもの。

山あり谷ありの約14kmをお昼過ぎまでには下山しなければならないため、最寄り駅を2番電車で出発しました。
ふだんの高尾山ならもっと遅くても全然大丈夫なんだけどね。

 ヒトリシズカは久しぶり

Imgp6993_r

早起きは三文の徳じゃないけど、おかげで比較的静かなハイキングが楽しめました。

この時期の高尾山は野草の宝庫です。
地元の自然公園でお勉強した野草たちがお出迎え。
イカリソウ、キランソウ、ホウチャクソウとかね。

 ジュウニヒトエには初見参

Imgp7009_r

今回の収穫は、チゴユリの群落に出会えたことです。
高尾山にチゴユリがたくさん咲いていてびっくりしました。
ほかの山を歩いていても見かけるのは1,2株のことが多かったので驚きました。

 チゴユリの群生に感動

Imgp6951_r

最近、シニア自然大学に通い始めたこともあって、山野草に興味が出てきました。
まだまだ名前の知らない花ばかりだけど、知っている花を見かけるとちょっとうれしくなります。

 目に鮮やかな新緑でした

Imgp6998_r

それにしても、今日の高尾山は新緑が目にまぶしかったな。
標高600mにも満たない低山ですが、本当に山野草が豊富な山です。
たかが低山、されど低山。低山侮るべからず。

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2019.04.14

上州武尊山で久しぶりに春山を満喫しました

新しい山靴の履き慣らし第二弾として残雪の上州武尊山に登ってきました。

Cimg8739_r

それにしても今日の晴天はなんなんだ。
雲一つない青空がどこまでも続いているぞ。
出発前までお花見サイクリングにしようか迷ったけど、雪山ハイキングにして良かったです。

Cimg8740_r

今回訪れた川場スキー場からのコースは、スタート地点の標高がすでに1870mもあり、山頂までの標高差はわずか300m足らずしかありません。
歩行距離も短いので、我が家から電車とバスを乗り継いで行っても割と余裕で頂上を踏むことができる貴重な山です。

でも覚悟はしてたけど、入山者の多いことといったら・・
土曜日だしこの好天では誰でも考えることは同じなんですね。

Cimg8730_r

スキー場のリフトを利用できるのでお手軽に登れる反面、遭難事故も時々起きているようです。
川場スキー場の安全登山への対策は以前から感心してましたが、今回から「ココヘリ」という発信機の携行が義務付けられました。

Cimg8734_r

スキー場のカウンターでココヘリを持っていない人はレンタルすることになります。
レンタル料金は1,000円。
ココヘリからは強力な電波が発信されていて、16km先からピンポイントで位置を捉えることができる優れものです。
道迷い等で遭難してもこの発信機を持っていればヘリでほぼ確実に位置を特定できるのは心強いですね。
雪山でガスにまかれて道迷いした時なんか安心だよね。

Cimg8805_r

最近はソロで山に行く機会が多いので、お守り代わりに持ってみようかなあ。
下山後に近くにいた何人かの登山者に聞いたら持ってる人が結構いたのにびっくり。
年間3,650円(1日10円!)というのもリーズナブルだしね。

Cimg87781_r

ソロといえば、今回もソロ山行でした。
一人だと話し相手がいないので、何となく足早になるのかな?
先行のパーティーにすぐ追いついてしまう。
で、しばらく後ろを付かず離れず歩いて行くと、前を歩く連中がうるさがってすぐに道を譲られちゃいます。

Cimg8732_r

これが実に困るんです。
若い頃と違って前を譲られてもスイスイ追い抜けないんだから。
ハアハアゼイゼイ息を切らして前に出るしかない。だからツライんですよねえ。

Cimg8773_r

そんなこんなで、いつの間にかかなり先頭の方に押し出されてしまった。
こっちは写真を撮りながらノンビリ歩きたいのにペースが乱れてすっかり疲れちゃったよ。

それにしても、今日の晴天は素晴らしいの一語に尽きます。
もともと単独峰で展望は良いんだけど、名だたる名峰たちが真っ白に雪を被って並んでいる様はまさに壮観でした。

Cimg8762_r

途中、何度も何度も立ち止まり白銀の山々に思いを馳せます。
そんな山々の中から次回訪れてみたい山も見つけましたよ。

Cimg8753_r

剣ヶ峰山という衛兵のような尖峰を前衛にもつ武尊山は、おっとりとして悠揚迫らぬ山容で本当に美しいです。
私のような未熟者でもなんとか登らせてくれる懐の深い山でもあります。
たぶん、5回目も雪山の頃に訪れることになるでしょうね。

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2019.03.21

早春の陣馬山と花の高尾山

陣馬山から高尾山にかけての山桜を目当てにした募集ハイキングということで、A君のガイド山行の下見に同行しました。
小仏城山から一丁平にかけては山桜の並木があって花の季節にはなかなかのお花見が楽しめるようです。
ガイド山行の本番には参加しない代わりに下見に付き合った次第です。

 

 陣馬山頂からの富士山は春霞の中でした
Cimg8491_r

 

それにしても今日は暑かった。
早春というより初夏に近い陽気でした。
そのせいか、せっかくの富士山の展望も春霞ですっきりとはいきません。
陣馬山からの展望は楽しみだったのでちょっと残念でした。

一丁平周辺の桜並木はたしかに楽しめそうです。
4月の上旬頃はお花見のハイカー達で賑わうことでしょう。
そういう時は遠慮したいな。
さて、陣馬山から高尾山までの尾根筋には目ぼしい山野草の姿が見られずがっかりでしたが、高尾山から6号路に入ったとたん春の山野草たちが迎えてくれました。
 ヤマルリソウ
Cimg8523_r

 

さすがプロガイドのA君は高尾山に咲く花の図鑑を持参しています。
図鑑を片手に山野草を確認しながらノンビリ下りました。
オオイヌノフグリが咲いてるよ、っと思って図鑑を見たらヤマルリソウでした。花弁の数が違いますね。
アオイスミレ、ヨゴレノネコノメ、ミヤマカタバミなどは初めて目にしました。
 ヨゴレネコノメって面白い名前ですね
Cimg8526_r

 

代表的なスプリング・エフェメラルであるニリンソウもたくさん咲いています。
そして、春の高尾山での一番人気?ハナネコノメの小さな花々にも出会うことができて満足。
 ニリンソウは春の代表的な野草ですね
Cimg8537_r

 

 ハナネコノメには初めて出会いました
Cimg8539_r

 

標高600mに届かない高尾山ですが、多様で豊かな自然に恵まれた山だと改めて感じました。
この山だけを目当てにじっくり歩くのもアリですね。
さすがはミシュランガイドで★★★の山だけあります。

| | Comments (0)

2019.03.14

スプリング・エフェメラルを探しに三毳山へ

Imgp6649_r

東北自動車道の佐野サービスエリアで休憩をとると目の前の小高い山に自然と目がいきます。
その山こそ、三毳山(みかもやま)です。

三毳山といえば春先のカタクリの群生が有名ですが、山全体が「みかも山公園」になっていて里山の自然がよく保たれています。
カタクリの時期にはまだ少し早いのですが、雪割草が見頃を迎えているらしいので、行ってみることにしました。

 一輪だけ残っていたセツブンソウに感激しました
Imgp6616_r

アプローチは圧倒的に車利用が便利ですが、年金生活者にとって一人で車を利用するなんて贅沢なのでなんとか公共交通機関の利用を検討します。

そこで考えたのが、駅からサイクリング。
我が家から費用的にも割安な私鉄利用を考えて、東武線の静和駅まで輪行し、そこから三毳山の麓までサイクリングで向かいます。

 ザゼンソウに出会ったのは久しぶりでした
Imgp1262_r

帰りは、三毳山を後にして渡良瀬遊水池を経てJR線の古河駅までサイクリング。
古河駅からは途中の久喜から東武線を利用すれば割安で帰宅できます。

 白花のミスミソウが一番多かったけど清楚で良かった
Imgp1274_r

さて、初めて訪れた三毳山は前述したとおり、山全体が大きな自然公園になっているので、トレイルや指導標も完備されていて不安なく歩くことができました。

 尾根上からの展望も低山とは思えないほどでした
Imgp6630_r

また、標高300m足らずの低山であるにもかかわらず、自然豊かなハイキングが楽しめるし、関東平野から北関東の山々の展望も得られ、お買い得な山でしたよ。

 薄紫色のミスミソウもありました
Imgp6636_r

お目当てのスプリング・エフェメラルたちですが、セツブンソウや雪割草(ミスミソウ)に初めて出会うことができて満足でした。
とりわけ、色とりどりのミスミソウの花には感激しました。

 これはサンシュユ(山茱萸)の花。初めて会いました。
Imgp6664_r

スプリング・エフェメラルの「エフェメラル」は「はかない」とか「つかの間の」を意味する英語の形容詞なので、「はかない春の植物たち」ということなんでしょうが、俗称の「春の妖精」がしっくり似合っていると思います。

3月も後半になると三毳山だけでなくいろいろな里山でカタクリやニリンソウ、イワウチワといった春の妖精たちが花の見頃を迎えます。
サイクリング&ハイキングでどこか出かけましょうかね。

 帰路、渡良瀬遊水池で一休み
Imgp6678_r

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2019.03.09

表丹沢 つかの間の雪山ハイキング

Nabewari09

10年ぶり位で新しい登山靴を買い替えました。
今まで使っていた靴は何度履いても何度調整しても靴ずれが直らないのでとうとうオークションに出品。

 山麓の河津桜と稜線の雪化粧との対比が印象的でした
Nabewari01

そうしたら意外な高値がついて新しい靴の資金の一助になりました。
しかし、この歳になると靴を新調しても何年履けることやら・・。
いや、これを機会に山に行かねば、という動機付けになるかなあ。

 樹氷が白梅に見えました。梅林越しの富士山?
Nabewari02

ということで、靴の履き慣らしを兼ねて丹沢の鍋割山から塔ノ岳方面を歩いてきました。
前日の雨が山では雪になったようで、標高1000mから上の稜線では思わぬ雪山ハイキングを楽しむことができました。

 月見に加えて雪見の鍋焼きうどんです
Nabewari03

訪れた鍋割山では鍋割山荘名物の鍋焼きうどんに舌鼓を打ちました。
真っ白に雪化粧をした富士山の眼前でいただく鍋焼きうどんも格別です。
ウィークデイに訪れたにもかかわらず、うどんを求めて行列ができていました。
いやはや何とも・・・。

 蛭ヶ岳から丹沢山にかけての丹沢主稜
Nabewari04

若い頃は雪の丹沢には何度も訪れていますが、最近はご無沙汰でした。
稜線で樹氷に出会えたのも本当に久しぶりのこと。

 丹沢で樹氷見物なんて珍しい?
Nabewari05

ブナの樹林に囲まれた鍋割山稜を経て塔ノ岳の山頂に立ちます。
塔の山頂でも360度の大展望に恵まれました。
一休みの後は大倉尾根を下ります。

午後になると春の雪はあっという間に解けだして花立山荘を通過する頃には地肌も露わに泥んこ状態になっていました。

 塔ノ岳山頂から眺めた鍋割山稜と雪化粧の富士山
Nabewari07

さらに下ると雪はすっかり消えてしまい、靴に着けたロングスパッツが不自然に見えるほどに。
ほんのつかの間の雪山ハイキングだったけど久しぶりの雪の感触に大満足の一日でした。

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2019.02.11

お天気外れの中伊豆三山を歩く

Cimg8169_r

駿河湾越しの富士山の絶景を眺めに中伊豆三山の山歩きに出かけました。
ところが、結果は天気予報が外れてドン曇り(涙)

とはいえ、久しぶりに伊豆の山々を楽しんできました。
もし、お天気が良ければ最高の展望を得られるスポットだということもよくわかりました。
次回は快晴の中を歩いてみたいものです。

 葛城山の山頂からは富士山が見えるのですが・・
Cimg8193_r

三山の内、葛城山は山頂までロープウェイが通じているので観光地なみの盛況ぶりですが、他の二峰はまったく静かで山頂を独り占めさせてもらいましたよ。

特に最初のピークである発端丈山の山頂はカヤトの草原状になっていて360度の展望が楽しめます。
お天気なら眼前の富士山をはじめ南アルプスの峰々がズラッと眺められるのに何とも残念でした。

 発端丈山の山頂は開放的でイイ感じ
Cimg8177_r

そして、三山の最後に訪れた城山はクライミングのメッカ。
南壁を登るクライマーのコールも聞こえてきます。
もう15年以上前になりますが、私も数回クライミングで訪れています。

 城山の山頂には初めて立ちました
Cimg8212_r

壁の途中から見下ろした大仁の街並みの絶景は忘れられません。
今回、山頂からの景色も良かったけど、なぜか壁の途中から見下ろした景色の方がずっと高度感があったように思います。

 山頂からは大仁の街並みが見下ろせます
Cimg8214_r

三山のハイキングから下山して迎えてくれたのは満開の河津桜。
これはスゴイ。
びっしりと濃いピンクの花を付けた姿は圧巻でした。

Cimg8224_r

電車を途中下車して韮山の里山に眠る山友のお墓参りをすませてから帰途につきました。

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2019.01.30

房総の郡界尾根を歩く

Cimg8079_r

久しぶりに房総の山を歩きました。
目的地は鋸山の裏手にある東の肩から郡界尾根をたどり嵯峨山までつなぐハイキング。
ハイキングというよりもプチ縦走登山といった感じでした。
今まで歩いた房総の山々の中で一番手ごわい山だったけど変化に富んでいてとっても面白かった。

 郡界尾根から眺める御殿山(中央奥)と伊予ヶ岳(右)
Cimg8078_r

特に小鋸山の周辺は、尾根が切り立ち岩々していてスリル満点の歩きが楽しめます。
結構ヒヤヒヤしながらたどり着いた小さな岩のピークからは薄っすらと富士山も眺められ大満足。

 小鋸山のピークから鋸山方面を眺めたところ
Cimg8093_r

鋸山から始まる郡界尾根は遠く清澄山まで続いているらしいけど、今回歩いた部分はたぶん一番歩きごたえがあるかのかも知れません。

 ボルダリングの真似事です(笑)
Cimg8096_r

小鋸山から下ると一転して広々とした採石場の跡地に下り立ちます。
白狐峠がある場所ですが、この景観にはちょっと驚きました。まさに房総のグランドキャニオンです。
まったく人の気配がない荒涼とした光景はちょっと異様な感じがするけど、すごい景色です。

 房総グランドキャニオン??
Cimg8104_r

 人工的な景観とはいえ、すごい迫力でした
Cimg8105_r

鋸山東の肩から眺めた時には遥か遠くに見えていた嵯峨山も間近になってくると今回のハイキングも終盤に入ります。
小保田峠からは一転して歩きやすい登山道になりひと登りで石碑の立つスイセンピークに到着。
あいにく名前負けしていて水仙の姿はなし。
そこからさらに一投足で樹林の中の嵯峨山山頂に到着しました。

Cimg8113_r

下りは小保田峠に引き返し、小保田に下山。
麓に下り立つと、名残りの水仙や白梅、菜の花が咲いていて無事の下山を祝ってくれました。

Cimg8120_r

せっかくだからとタクシーでばんやに直行。
海鮮料理で下山祝いを楽しんだのは言うまでもありません。

それにしても房総の山も侮れません。
低山ばかりで若い頃は見向きもしなかった山域ですが、この歳になってようやくその魅力がわかってきました。

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

2019.01.14

2019年の初山行は竜ヶ岳へ

Cimg8031_r

穏やかに晴れあがった14日。
2019年の初山行は、富士山麓にある竜ヶ岳を訪れました。

竜ヶ岳と言えばダイヤモンド富士が有名ですね。
元旦の朝も500人以上の人達が山頂に詰めかけたとか。

Cimg7998_r

竜ヶ岳で見られる冬のダイヤモンド富士は12月3日~1月9日頃なので、それを外した14日はたぶん空いているのでは?と予想。
予想どおり、休日にもかかわらずとても静かなハイキングを楽しむことができました。

Cimg8013_r

初めて訪れた竜ヶ岳ですが、眼前の富士山の大展望はもちろんですが、甲斐駒から聖岳まで南アルプスのオールスターズが一堂に勢ぞろいした様は思わず見とれてしまいます。

Cimg8012_r

さらには青木ヶ原の樹海越しに立ちはだかる御坂山塊の山襞とその奥に連なる八ヶ岳連峰と奥秩父の山並み。
2019年の幕開けにふさわしい豪華な展望を思う存分満喫できました。

Cimg7997_r

これで甲州百名山は44座目の登頂となりました。
今年も自分が興味の持てる山やルートを季節を選んでのんびりと歩いて行きたいと思っています。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2018.12.19

久しぶりに三ッ峠を歩く

Cimg7885_r

天気が下り坂を告げていた日曜日。
A君のガイド登山に同行して久しぶりに三ッ峠山を訪れました。

お客のUさんとは昨年の大菩薩山行以来です。
年間70日以上山に出かけているお客さんの方がガイド役のわれわれよりも山に行ってるんだから困ったものです。(笑)

Cimg7898_r

今回歩いたコースは、高校時代にA君と一緒に歩いた思い出深いルートです。
当時は、夜行日帰り登山の全盛期で、三ッ峠登山も大菩薩峠や乾徳山などと同様に、新宿を23時55分の夜行列車で出発し、未明からヘッデン頼りに歩きはじめて山頂付近で朝を迎えるパターンの登山でした。

 八十八大師
Cimg7896_r

というわけで半世紀ぶりのコースとはいえ、前回は夜道の歩きだったので道中はまったく記憶にありません。
達磨石から始まって、愛染明王とか八十八大師とか宗教色の強い史跡をたどる変化に富んだルートに期待が高まります。

途中の「股のぞき」からは松の幹の間から富士山が眺められ、なかなかの絶景でした。
ヤマレコユーザーのコメントで知ったのですが、この時期の富士山にはクマの雪形が見られるそうです。
よく見るとたしかにクマが左手を上げている絵が浮かび上がってきます。
なるほどなあ。

 クマさんが左手を上げている雪形、わかりますか?
Cimg7883_r

標高も上がり凍結箇所も出てきたので慎重に進みます。
でっかいツララも印象的でした。
そして、山頂が近づくと屏風岩が行く手に迫ってきました。

 やっぱり冬なんだなあ
Cimg7912_r

登山道は屏風岩の基部を回り込むように続いています。
この岩場には何度となく通ったので懐かしいですねえ。
ポピュラーなルートはおおむね登っているので登攀ルートを目で追っていくのも楽しいものです。
冬季登攀のトレーニングに来ているパーティーが一組だけ登っていました。

 屏風岩の基部を回り込みます
Cimg7909_r

屏風岩から直上して休業中の山小屋の陰で昼食休憩。
テルモスのお湯で淹れたコーヒーが美味しかった。

三ッ峠の主峰開運山まではよく整備された登山道を伝って約12分。
山頂には誰もいません。われわれ3人の貸切状態でした。

Cimg7931_r

眼前の御坂山塊をはじめ、同志山塊、遠く奥秩父、八ヶ岳連峰など雲が多いもののなかなかの展望に恵まれました。
目の前の富士山はちょっと雲が湧いてきたけど、途中で十分堪能できたので良しとしましょう。

下山ルートは母の白滝コースをとりました。
葉がすっかり落ちたカラマツ林と笹原の中を歩き、霜柱が解けだした山道の斜面を慎重に下ります。
あ、しまった!
と叫んだ時はすでに手遅れ。
霜で足を取られてスッテンコロリンやっちゃった。

Cimg7937_r

林道を横切り、さらに下るとやがて沢に近づきました。
半世紀ぶりに見る母の白滝でしたが記憶に残っていました。
落差は大きくないものの、白滝の名のごとく水流が細かく注ぐようで良い滝です。

 富士山が午後の陽光に輝いていた
Cimg7938_r

やがて河口浅間神社の大きな社が見えてきたらバス停は指呼の間です。
短い距離のハイキングでしたが変化に富んだ好ルートでした。

くわしい記録はこちら

| | Comments (0)

より以前の記事一覧