2016.02.25

保田の頼朝桜、開花情報です

Hota02

今日(2月25日)は、朝方に雪が降り積もるなど一日中肌寒いお天気でしたが、保田の頼朝桜が気になって仕方がなかったので、奥さんのカバン持ちがてら車で偵察してきました。

Hota01

Hota03

保田川沿いの桜は八分咲きからほぼ満開の木まであって見頃の時期を迎えていましたよ。
頼朝桜は、普通は河津桜って呼ばれていますが、ここ鋸南町では源頼朝の故事にちなんで「頼朝桜」と呼び、町ぐるみで盛り上げています。
ちなみに町内全体では、14,000本が植栽されているそうです。

Hota04

今日はホントに寒かったですが、桜の濃いピンクの花を眺めているとホカホカした気分になりました。
保田川沿いの桜並木道は自転車を使えばほぼ全体を短時間で見て回ることができるのですが、今日は車を駐車場に置いて歩いて散策しました。
川沿いの土手や田んぼの畔道をつないでのお散歩も楽しいものです。

Hota05

Hota06

菜の花畑の黄色と頼朝桜のピンク色のコラボが随所で見られ、見事なグラディエーションが展開しています。
今週末(2月27日、28日)には満開状態になると思います。
今度のお休みにまだ予定を決めていない方は、ぜひ訪れることをお勧めします。

Hota07

 勝山漁港付近からの浮島
Hota08

お散歩の後は、保田のお隣の漁港である勝山漁港に移動して新鮮な地魚の数々を賞味してきました。
漁港直営のなぶら食堂は、新鮮で素朴な味がウリ。
揚げ物のイカメンチは、中身がびっしり詰まっていて奥さんも絶賛のお味でした。

 地魚天ぷら盛り合わせ、地魚寿司、イカメンチコロッケ
Hota09


| | Comments (0)

2015.04.13

飯高壇林跡をお散歩しました

Imgp21640s

匝瑳市にある飯高壇林跡を訪ねてきました。
「壇林」というのは、お坊さんの学問所らしい。今でいえば大学に当たるそうです。
「跡」というのは、明治初頭に廃止されたからです。

飯高壇林は関東八壇林、関西六壇林の頂点に位置しているらしくて、かつては600人以上のお坊さんが学んでいたとか。
現在の立正大学の発祥の地との石碑がありました。

 飯高寺の参道には杉の巨木がたくさんありました
Imgp21630s

今は「飯高(はんこう)寺」と言われていますが、檀家さんがいないお寺さんです。
なぜ、訪ねたかといえば、奥さんのリクエストだから。(ホントはサイクリングに行きたかった。涙)

匝瑳市の前身である旧八日市場市には若い頃2年間住んでいましたが、飯高寺なんて全然知らなかったです。
今回、改めて調べて訪ねてみたら・・・
いやー、思っていた以上に素晴らしい場所だったので、山ネタでも自転車ネタでもないけどブログに書いてみました。
まだ訪れたことがない方は、ぜひ訪れることをお勧めします。

 講堂は県内で最大の重要文化財だそうです
Imgp21670s_2

 講堂の奥に見えるのが鼓楼(重文)です。
Imgp21730s

ただし、サイクリングのついでに訪れても良いんだけど、点在する史跡群はゆっくりと歩いてまわった方が充実すると思います。
壇林跡の建造物はいずれも江戸時代に造られたもので国の重要文化財に指定されています。
中心的な建物である講堂に至る参道には杉の巨木、老木が植えられていて、その中を歩くとひんやりとして清々しい気持ちになりました。

 史跡を結ぶ道は緑の豊かな心安らぐ道
Imgp21740s

田園地帯の中にこれほどの鬱蒼とした森林帯があるのも驚きだったし、その他の史跡を結ぶ里の道も里山づたいに長閑な雰囲気で心が洗われる思いがします。

 徳川光圀ゆかりの黄門桜です。
Imgp21770s

 印西の吉高の大桜と同じ種類ですね。
Imgp21790s

壇林跡から徳川光圀ゆかりの黄門桜までのんびり歩いて、帰りに不可思議な気分になれる天神の森に立ち寄るコースで約1時間半。
お散歩コースとしては最適でした。

 まわりの水田地帯では田植え前の準備中でした
Imgp2186s

駐車場も整備されていて、ボランティアの案内人も待機してくれています。
実物がとても良かっただけに、ネットでの情報発信が乏しいような気がしました。

 天神の森では見事なスダジイの巨木が見られます
Imgp21930s

帰りしな、近所のふれあいパーク八日市場に立ち寄り、お約束の野菜の買い出し。
ついでにレストラン「里の香」で、いも豚をカラッと揚げた「きよちゃんのワラジ」を注文。
50円アップで白米をたけのこ飯にできるので、そうしてもらっても880円!
安くてボリューム満点。自転車乗りの友です。

 これで880円はお値打ちだと思いますよ
Imgp2196s

千葉県内に移り住んで40年以上経ちますが、近場でもまだまだ知らない場所があるんだなあ。
特に県の北東部にはまだまだ穴場があるみたいなので自転車で回ってみようっと。

Cimg0631s

| | Comments (2)

2015.04.02

小湊鐵道春景色

Kominato02

4月に入りましたが、お天気が続きません。
これまでも、これからも週間予報は雨か曇りマークのオンパレード。

ところが!
今日(木曜日)だけは朝から好天との予報が出たので、さっそく小湊鐵道沿線の桜と菜の花のコラボを見に行くことにしました。

いつも一人で出かけているので、試しに奥さんにも声をかけてみたら「見に行きたい。」との意外な返事が返ってきました。
せっかく自転車でまわろうと思っていたコースでしたが、急きょドライブに変更です。
たまにはサービスしなくちゃね。

 先週とは大違いの上総鶴舞駅でした。
Kominato01

春の小湊鐵道沿線は緑とピンクと黄色の鮮やかな世界です。
先週は桜がぜんぜんダメでしたが、今日はきっと見ごろの筈です。

で、その結果は予想どおり桜と菜の花のコラボレーションが最高でした。
先週も訪れた上総鶴舞駅を皮切りに、高滝駅、里見駅と通過して上総大久保駅の先にある石神の菜の花畑をめざします。
年々有名になってくるようで、今日も平日にもかかわらずアマチュアカメラマンがたくさん集まっていました。
今年も菜の花が一面に咲いていて、田んぼでは農作業もはじまり周囲の雰囲気が華やいでいて最高でした。

 トラクターとメルヘン電車との競演です (photo by 奥さん)
Kominato07

そして、菜の花の海の上を小湊鐵道の一両編成の可愛らしい電車がのんびりと通過していく様はメルヘンの世界ですね。
この光景を見た奥さんも「来てよかったわ。」
そりゃそうでしょう。

 場所を変えてパチリ! どこからも絵になります
Kominato03

 里見駅付近にて
Kominato04

その後、定番の月崎駅に立ち寄り、再び里見駅で撮影をすませたところで駅からほど近い功徳庵に直行。
このお店、外観はお世辞にもきれいとはいえませんが料理はなかなかのものです。
特に天せいろは地の野菜や野草を揚げたてで出してくれます。
窓の外には小湊鐵道が走る風景を眺めることができ、大満足のお店です。

 新鮮な地の野菜や野草のてんぷらに舌鼓
Kominato11

 次々に揚げたてが運ばれてきます
Kominato12

私たちのはす向かいに仲の良さそうなご夫婦連れが先客として座っていました。
あれ、どこかで見たような・・・
あ、なんとMTKさんご夫妻ではありませんか!

 仕上げは当然、お蕎麦です
Kominato13

びっくりするやらうれしいやら。
平日のお昼時にまさかお会いするとは。世間はせまいですね。

 高滝湖畔の桜も満開でした。
Kominato05

Kominato06

天ぷらとお蕎麦をゆっくりと堪能したあとは、ふたたび高滝湖に立ち寄り帰途につきました。
今後の天気予報が芳しくないので、今日の晴天は本当に貴重でした。
やっぱ中房総の春景色はハンパなく良いです。
こんなにすばらしい景色を手軽に満喫できる私たちは幸せですね。

  青空にピンクと黄色の三色模様 (photo by 奥さん)
Kominato10

| | Comments (2)

2013.02.10

富山水仙遊歩道

Tomiyama16


富山水仙遊歩道に今年も訪れました。

例年に比べておよそひと月近く開花が遅れている感じですが、そのぶん水仙の花々が一斉に咲きほこっている感じです。

南房総には三つの水仙スポットが有名ですが、その中でも一番見事な景観をみせてくれるのがここだと思います。
いまが見頃ですが、来週も十分に堪能できそうです。

右サイドバーに水仙の花アルバムをアップしましたので興味のある方はご覧下さい。

    甘い香りがあたり一面にたちこめています。
Tomiyama04


| | Comments (2)

2012.04.15

「与市郎桜」を訪ねる

Satomi03

一昨日のサイクリングで訪れた小湊鐵道沿線を、今度は奥さん同伴で訪れました。

金曜日の桜めぐりがとても印象に残ったので、これは奥さんにも見せてあげますか、との家族サービスの一環です。
したがって交通手段は自家用車です。

金曜日のサイクリングコースをほぼなぞるようにして走りました。
うぐいすラインや清澄養老ライン(県道81号)ではローディがたくさん走っているのを見て、奥さんもこのあたりがサイクリングのメッカだということを納得した様子でした。

里見駅で駐車して、しばし電車が到着するのを待ちました。
この駅には農産物直売所もあって、地元の新鮮野菜が廉価で販売しています。
さっそくいくつも買い求めていました。

    雰囲気最高の里見駅
Satomi04

    桜と菜の花がこぼれんばかり・・
Satomi05

電車が来るまでホームで草餅を頬張っているとボランティアのおじさんが美味しいお茶をサービスしてくれました。
先日も書きましたが、沿線では地元の方々も一緒になって鉄道を支えているのがよーく伝わってきます。
だから地元の産品を買い求めて応援したくなってしまいます。

やがて、上り電車の到着です。
撮り鉄さんに混じって私たちもパチリ!
菜の花と桜と電車の定番の写真が撮れました。(笑)

    定番の写真ですいません(笑)
Satomi06

里見駅の近くに「与市郎桜」という一本桜があるのを知り、ついでに立ち寄ってみました。
駅から5分ほどの至近にありました。

おー、なかなか見事な桜です。
印西にある「吉高の大桜」ほどではありませんが、堂々たる枝ぶりでした。
まさに今日が満開といった感じです。青空が広がっていればもっと映えるのにちょっと惜しかったな。

でも、地元の皆さんは桜を本当に大切にしているのを肌で感じることができました。

    「与市郎桜」です
Satomi02

このあと、長柄ダムの農家レストラン「里の味」で食事をして、帰宅したのは午後1時。
たった半日でしたが、中身の濃いドライブを楽しむことができました。

| | Comments (0)

2012.02.26

かつうらビッグひな祭り

Katsu04

外房の勝浦市で開催されている「ビッグひな祭り」。
もう10年以上も前から開催されているとのことですが、今回初めて訪れました。

自宅から勝浦までは80km足らずなので、本来ならば自転車で出かけられる距離ですが、手の骨折のおかげで今回は電車です。
3月いっぱいまでの期間で、JRが発売しているお得なキップ(1,800円で県内の鉄道一日乗り放題!)を利用しての夫婦二人の日帰り旅です。
自宅から勝浦までは本来なら往復2,900円のところを1,800円で行けるので奥さんもゴキゲンです。
勝浦タンタン麺を食べてもおつりがきました。(笑)

           遠見岬神社の階段雛飾りはスゴイ迫力です。
Katsu03

さて、ひな祭りの見どころと言えばやっぱり遠見岬神社の階段雛でしょうか。
よくポスターなどでも目にしますが、実物はやっぱりすごかったです。
我が家にも七段飾りのけっこう立派な雛飾りがありますが、いやー、ここの階段雛飾りを目にしたら脱帽です。
本当にスゴイ。

それにしてもたいへんだと思うのは、雨が降ったときです。
どうやって片付けるんだろう?
たぶん朝一番で飾り付けて、夜には仕舞うんじゃないかなー?
ご苦労様です。

市内にはいたるところにおひな様が飾られていました。
商店街の店先に、趣向を凝らしておひな様が飾られていました。
それぞれに工夫が凝らされているので楽しく歩けました。

    道ばたにもひな飾りが・・・
Katsu02

    いろいろな雛飾りがあって楽しいです
Katsu13

    レトロな雰囲気の旅館のフロントにも・・
Katsu08

    踊りもあってなかなか楽しい一日でした
Katsu09

小腹が減ったら、やっぱり勝浦タンタン麺でしょう。
あらかじめ調べておいたお店の名は「いしい」。先ほどの遠見岬神社のすぐそばにありました。
すでに列が並んでいたので最後尾で待つこと約30分。
腹減ったー、と感じた頃に順番が巡ってまいりました。

    チャーシュータンタンメン(800円)美味しかったです。
Katsu06

    行列の出来るお店でした
Katsu07

チャーシュータンタンメン(800円)を注文しました。
出てきたタンタンメンはお約束の真っ赤っか。
麺の上に新鮮そうな玉葱のスライスが乗っていました。

さらに、細かく刻んだ玉葱と挽肉&白ごまがラー油たっぷりのスープにからんでいて美味です。
辛いのが苦手の奥さんもほぼ完食しました。
チャーシューは、柔らかめですが肉厚で食べ応えがあって味付けも良い感じです。
さすが行列のできる店ですなー。

ひな祭りを楽しんで、勝浦タンタンメンを食して、名物の朝市でお土産を買って、お一人様3,000円以下は安かったなー。
本日の歩数:13,966歩

Katsu15

| | Comments (0)

2011.07.07

おきなわ

R0012513rs

親戚の結婚式が沖縄で行われるというので夫婦で行ってきました。
久しぶりの沖縄です。

梅雨明け後の真夏の沖縄ははじめてです。
気温は32℃程度ですが、日差しがかなり強いです。
日陰に入るとカラッとしているので過ごしやすいのですが。

この季節に自転車旅はちょっと・・・
秋から冬にかけてが自転車旅の季節かな

この冬、機会があればぜひ訪れてみたいものです。

| | Comments (0)

2011.04.16

吉高の大桜

Imgp2192rs

今年も行ってきました。
印西市(旧印旛村)吉高の大桜。
樹齢300年以上のヤマザクラです。

3月11日の大地震。
このあたりは千葉県内でも最大の震度(6弱)に見舞われた地域です。
大桜のすぐ近くにある印旛沼は道路に陥没や亀裂が入り、甚大な被害がありました。
それだけに老木の大桜が心配でしたが、見事な満開模様を目の当たりにして安心しました。

いつもの時期にいつもの花を咲かせてくれる。
あたりまえの自然の営みなんでしょうが、今年に限っては本当に感動します。
桜の木の前に立つと、なにか勇気が湧いてきます。

樹齢300年以上といえば、生まれはちょうど元禄時代の頃。
史上名高い元禄大地震もきっと経験しているはず。
地震に限らず台風や大風、落雷などさまざまな自然災害を幾たびもくぐり抜けてきた偉大な樹。
これからもずっと私たちを見守っていてほしいものです。

Imgp2197rs

Imgp2201s

Imgp2202rs

| | Comments (2)

2010.11.17

黄砂に煙る「しまなみ海道」

Shimanami04

広島を訪れたついでに、親戚のご厚意に甘えて四国の今治まで足をのばしてみました。
広島から車で尾道へ、尾道から有名な「しまなみ海道」を通って、愛媛の今治までのドライブです。

「しまなみ海道」といえばなんと言っても「瀬戸内海横断自転車道」ですよね。
少し前(8月頃)になりますが、日経新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」の何でもランキングのサイクリングコース部門で堂々の一位になりました。
だれもが認める日本一のサイクリング道路です。

せっかくここまで来たんだから、ほんの少しの区間でいいから走ってみたい!
と思うのが人情というもの。

ハンドルを握っている親戚のM君に恐る恐るお願いすると・・・
「どうぞどうぞ! 存分に走って下さい!」
ラッキー!

というわけで、今治からの帰路に今治市サイクリングターミナル(サンライズ糸山)から来島海峡大橋を通って、対岸の大島にある道の駅「よしうみいきいき館」までの約6kmほどを自転車で走らせてもらいました。

起点のサンライズ糸山にはレンタサイクルが常備されています。
ロードバイクはレンタル済みで借りられなかったのでクロスバイクを借りました。
レンタル料金は一日500円。
500円で全長80kmのコースを自由に走れるのでお得です。(ただし各橋の通行料金は別ですが。)

Shimanami01

さっそく出発しました。
来島海峡大橋に至る大きなループを回りながら登っていきます。
ループのおかげで勾配は楽です。子供からお年寄りまで走れます。
登り切ったらいよいよ来島海峡大橋の横断です。

ところが、この日は中国大陸からの黄砂の影響でどんよりした曇り空。
快晴のはずなのに曇りの日の夕方のようなお天気にへこみました。
「中国よ、これ以上日本をいじめないでくれ!」と言わずにはいられません。(苦笑)

Shimanami02

というわけで、あいにくの空模様でしたが、世界初といわれる3連吊り橋からの景観を堪能しました。
視界は利きませんでしたが、瀬戸内海の島々がうっすらと浮かび上がり、晴れた日の絶景が十分に想像できました。
大島にある道の駅で車と無事合流。

つかの間のサイクリングでしたが、走ってみて本当に良かったです。
橋と橋とをつなぐ島内の自転車道も車道との分離が図られていて安全に走行できそうです。これだけのサイクリングコースは滅多にありません。
今度はサイクリングのためだけにぜひ訪れたいものです。
もちろんマイバイシクルで。

Shimanami03

| | Comments (2)

2009.01.10

寒中に春をもとめて ~鋸南町・水仙ロードを歩く~

090110suisen01

低気圧の通過にともなって強い冬型の気圧配置になりました。
急に思い立って鋸南町の江月水仙ロードを歩いてきました。

「鋸山を越えると肌着が一枚いらない」と、言われるほど南房総は暖かいはずなのですが、さすがに今日は季節風が強く雲の流れもはやかったです。
でも、水仙や菜の花にかこまれて気分は春らんまん。

090110suisen02

当地の花づくりは、江戸時代の安政年間(1854~60年)、保田地区に咲く日本水仙が、元名水仙と呼ばれて船で江戸に運ばれたのが始まりとか。

「1億本」と豪語する水仙の花街道は一度は歩いてみたいものです。
今月いっぱいが花の見頃だそうです。
濃厚な水仙の香りが漂ってます。

090110suisen03

090110suisen04

090110suisen05


| | Comments (3)