2020.06.06

花菖蒲めぐり

P6060019s

例年ならサイクリングクラブの仲間たちで出かけるはずだった小岩菖蒲園と水元公園ですが、今日はソロで寂しく行ってきました。
集団でのサイクリングはしばらくお休みですかね。
というか、休憩場所(特に屋内)での交流(語らい)をどうするかだよなあ。

P6060017s

小岩菖蒲園の花菖蒲はちょうど見頃でした。
花菖蒲まつりは開催が中止されましたが、個人的に鑑賞するには問題ありません。
花芽もまだまだ付いていたので来週末も大丈夫。

 小岩菖蒲園はちょうど見頃を迎えていました

P6060011s

P6060018s

もう少し上流にある水元公園の花菖蒲園はコロナ対策で立ち入り禁止になっていました。
オレンジ色のフェンスで仕切られていて園内には入れません。

 オレンジ色のフェンスはなんとも無粋です

P6060032s

園路が狭くて密集が避けられないためだとか。
屋内ではないので、各人が適度な距離を保ちながら歩けば大丈夫なような気もするけど、万が一の感染リスクを考えると仕方ないのかな。

Img_20200606_092512s

 園路に人影無く・・・

P6060027s

公園の近くにある「アトリエダーシャ」というパン屋さんで美味しいパンを買い、ふたたび公園に。
ひとり寂しく水辺のベンチで食べてから帰途につきました。

P6060029s

江戸川に架かる行徳橋は新しい橋が開通したのはいいけど、工事が完全に終わっていないからか江戸川沿いのサイクリングロードが分断されてしまい、走りづらくなっていました。
安全上も問題なので、なんとかならないものでしょうか。

DATA
-------------------------
DATE : 2020.6.6
距離 : 54.36 km
累積標高 : 93 m
移動時間 : 2:46:13
経過時間 : 3:37:15
平均速度 : 15.0 km/h
平均移動速度 : 19.6 km/h

| | Comments (2)

2020.05.29

千葉市の自然公園めぐり

P5290014s

今日は朝からお天気がいいので、午前中限定で隣の千葉市まで軽いサイクリング。

 キンシバイの黄色い花

P5290008s

今月いっぱいは外出自粛モードなので、あまり遠出はできません。
「単独無寄港ご近所一周」という感じで、片道25km程度でコンビニも寄らずにそーっと走ってきました。

 夏を連想させるチョウセンキハギ

P5290011s

目的地は、千葉市都市緑化植物園と泉自然公園です。
何度も行ってる場所だけど、つい行先に選んでしまいます。

 初夏を代表する花、ホタルブクロ

P5290006s

植物園にあるバラ園は残念ながら終盤の様相でした。
たくさん咲いていたけど散っている花も多かった。

 バラはもう終わりかな

P5290012s

今、一番勢いのある花はドクダミですね。
あの白い花が一面に咲いていてそれなりにきれいです。

 こうして見ると結構きれい

P5290004s

泉自然公園もスプリングエフェメラルはすでに消滅していて、やはりドクダミとムラサキカタバミの天国でした。

 ドクダミとムラサキカタバミだらけ

P5290016s

二つの公園ともお花の端境期にあたっているみたい。
一番訪れたかった時期が「Stay Home」期間にかぶっていたというわけです。

 フィールドアスレチック施設も休業中でした

P5290019s

6月以降は徐々に登山の方も再開する予定だけど、今シーズンは山小屋の宿泊がちょっと難しいので日帰りになりそうです。
公共交通機関の利用も工夫が必要だし、難しい時代になったものです。

P5290017s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.5.29
距離 : 53.59 km
累積標高 : 180 m
移動時間 : 2:31:51
経過時間 : 3:42:09
平均速度 : 14.5 km/h
平均移動速度 : 21.2 km/h

| | Comments (0)

2020.05.17

久しぶりのお散歩ライド

P5170003s

今日は朝から青空が広がっています。
家の用事を済ませたらすでに11時近くになったけど、お散歩がてら久しぶりに自転車に乗ってみました。

お昼も近いのでほんのご近所まわりを走ってきただけだけど、やっぱり体力の低下を実感。

 浜辺にも少しずつ賑わいが戻ってきました

P5170005s

花見川サイクリングロードから東京湾沿いにのんびり走ってきたけど、人出は明らかに増えてますねー。

サイクリングロードはジョギングする人やサイクリングをする人で賑わっています。
そういう自分も外出してるので文句は言えないけど。

 幕張メッセ周辺の海岸通り

P5170007s

なるべく人混みを避けて海沿いの国道をゆっくりと流し、最後に習志野市海浜公園方面に足をのばしてみました。

 習志野市海浜公園です

P5170008s

ここには「関東富士見百景」に選ばれている茜浜緑道という富士山のビューポイントがあります。

 茜浜緑道はサイクリングに最適

P5170016s

今日は一面に靄がかかっていて富士山ビューはお預けでしたが、なかなか気持ちの良い場所でした。
足元にはハマヒルガオが満開でした。

 ハマヒルガオがいっぱい

P5170013s

次回は富士山がきれいに見える時間帯をねらって来よう。
わずか1時間ちょっとのライドだったけど、本当に久しぶりに自転車に乗れてよかった。

P5170010s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.5.17
距離 : 25.21 km
累積標高 : 49 m
移動時間 : 1:13:06
経過時間 : 1:24:40
平均速度 : 17.9 km/h
平均移動速度 : 20.7 km/h

| | Comments (0)

2020.04.04

花見川まで散歩がてらのお花見ライド

P4040007s

週末の不要不急の外出はだめだけどお散歩は構わないとのことなので、我が家から数キロのところにある花見川までちょこっと行ってきました。

P4040014s

花見川沿いのソメイヨシノは満開を過ぎていたけど、まだまだ美しい花を付けて待っていてくれました。
桜並木を通る人出は例年よりもずっと少なく、自転車で走り抜けるにはかえって走りやすかった。

P4040010s

ほんの1時間ほどのお散歩ライドだったけど、家の中にずっと居るよりはるかに気晴らしになりました。

| | Comments (0)

2020.03.26

山歩きから急きょサイクリングに変更

今日は中央沿線の山歩きを予定していたのですが、昨夜の小池知事の緊急記者会見を受けて遠出は自粛しました。
「平日は極力自宅で仕事をしてください。」なんて言われたら山の格好して通勤電車に乗れないですよ。
それに東京の感染者数が一気に増加したのが気になり、東京を通過して山に出かける気が失せました。

 菜の花が代かき田んぼに映る季節となりました

P3260004s

とはいえ、好天が約束されているのに自宅に引き籠っているのはなあ。
サイクリングならウィルス感染のリスクは少ないし健康にも良いので久しぶりに自転車に乗りました。

 高滝湖の桜も五分咲きといったところ

P3260022s

この時期は市原市の小湊鐵道沿線の菜の花と桜のコラボがいいのでそっち方面に向かいます。
ところが、お目当ての桜の咲き具合はイマイチでした。
東京では早くも満開になっているのに中房総の春は遅いのです。
小湊鐵道沿線でおおむね二分から五分咲きといった感じでしょうか。

 石神の菜の花畑はカメラマンでいっぱいでした

P3260032s

菜の花は今が見頃だっただけに桜とのコラボが実現できずに残念なライドでした。
桜の見頃は来週後半かなー。

 チバニアンにも立ち寄りました。

P3260037s

そんな中で、うぐいすラインにある米沢の森の山桜と菜の花コラボは良かった。
これがなければ走った甲斐がないところでした。

 米沢の森の山桜は良かった

P3260010s

それにしてもおよそ1ヶ月ぶりのサイクリングだったけど、体力が落ちたのが実感できて愕然としました。
コロナウィルスの関係でスポーツジムに通わなくなってひと月が経ちます。
せっかく筋力を鍛えたのにすっかり落ちてしまいました。
こまったもんです。

 タチツボスミレは春の使者

P3260041s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.3.26
距離 : 85.67 km
累積標高 : 911 m
移動時間 : 3:54:53
経過時間 : 6:20:05
平均速度 : 13.5 km/h
平均移動速度 : 21.9 km/h

| | Comments (0)

2020.02.29

春の訪れを告げる新川千本桜ポタ

Img_20200229_104000s

今日は新型コロナウィルスがどうも不安で公共交通機関利用の遠出(山行き)はあきらめて、ご近所ポタで我慢しました。

P2290030s

場所は新川千本桜です。
例年なら見頃を迎えるまでまだまだ先なのですが、サイクリングクラブの仲間から開花の情報を得たのであわてて出撃してきました。
昨年は3月18日、一昨年は3月13日に訪れているので今年はおおむね2週間ほど早いんじゃないかな。

P2290014s

行ってみたらなるほど、たしかに花の見頃を迎えていましたよ。
河津桜のピンク色は本当にきれい。
早春ピンクという感じです。

P2290024s
P2290028s

このあたりの桜並木は昨年9月の台風15号の直撃を受けて大きな被害を出したはずです。
台風通過後に走ってみましたが、相当数の桜が倒れているのも見て心が痛みました。
あれから5か月半が過ぎ、今年も美しい花を付けてくれたことに感謝です。
これでウィルス騒ぎがなければ最高なんですが。

P2290016s

帰路、田んぼ道を走りながら帰りましたが、田んぼの畔にはホトケノザやオオイヌノフグリ、それにタネツケバナなど春の野草がたくさん咲いていました。

 ホトケノザ

P2290043s

 オオイヌノフグリ

P2290046s

菜の花も風にゆれてきれいでした。
印旛沼周辺は例年になく早い春を迎えています。

 この花が咲いたら種もみを水につけたとか(タネツケバナ)

P2290048s

P2290037s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.2.29
距離 : 60.18 km
累積標高 : 165 m
移動時間 : 2:59:25
経過時間 : 4:22:15
平均速度 : 13.8 km/h
平均移動速度 : 20.1 km/h

| | Comments (0)

2020.01.26

久しぶりのご近所サイクリング

昨日は夕方に用事が入っていたので、お山はあきらめてサイクリングにしました。
今年に入ってたぶん初のサイクリングです。

今回は、自宅を出て千葉市、八街市、富里市。酒々井町、佐倉市、八千代市などをめぐって自宅に帰ってくる約100kmのコースです。
まずは千葉方面に走っていき、泉自然公園に向かいました。

公園の一角に着いてびっくり!
園内の杉林が無残にも幹の途中からへし折られています。
それも1本や2本ではありませんよ。

 杉の木が幹の途中からへし折られていました。

Cimg9823s

こんな光景を見るのは中房総の高宕山以来だなあ。
あそこは根元から倒れていたけど、こちらは根っこが地中深くまで達していたらしく根こそぎ状態ではありません。
でもこっちの方が衝撃が強いです。
なにしろ幹の途中から折れているんだから。
台風15号、19号恐るべしです。
公園内の完全復旧には相当な時間がかかるだろうな。
というわけで公園内には立ち寄らずにスルー。

 復旧には時間がかかりそうですね

Cimg9822s

次の目的地である八街に向かいます。
八街は自転車乗り泣かせの町です。
3差路、5差路、6差路なんかもあってとにかく渋滞だらけ。
おまけに道路幅も狭く走っていて怖いです。
予想どおり今日も渋滞と車の接近に泣かされました。

それでも八街を目指すお目当ては平林のだんごです。
創業明治30年の老舗で、こっち方面に来た際はかならず寄らせてもらってます。
久しぶりにもかかわらずおかみさんは覚えていてくれて会話も弾みます。

 激安の平林のだんご

Img_20200125_111959s

お昼前なのでお団子2本を頼んだら熱いお茶がついてきて、これで108円!
ウソでしょ?って感じです。
今どき108円でお茶のお代わりまでいただけます?

これでお腹も満足したので、いよいよ高崎川から鹿島川にかけての田園地帯に向かいます。
今日は高崎川の最上流から鹿島川が印旛沼に合流する付近までたどる予定です。

途中、若い頃に手掛けたほ場の区画整理区域を通りました。
田んぼや畑の区画整理を行ったり農道の舗装や排水路の護岸工事なんかもやったりしてたのが20歳から30歳代にかけてのこと。
30数年ぶりに通ったけど耕作放棄地もなく美しい田んぼのまま保たれているのを見てホッとしました。
農道もその後に舗装されたらしく、自転車乗りにとっても優しい道になってます。

 30数年ぶりに訪れた区画整理事業の現場

Cimg9826s

鹿島川の下流に出たら佐倉です。
ここでランチをと思ったけど、知っているお店はどこも行列ができていて時間がかかりそう。
で、外から見て行列のないお店に入ったところ、店の中で行列ができていた。(泣)
おばあさんがお茶を運んできてくれたので、帰るわけにもいかずに列に並びました。

 お店の中に行列があった(笑)

Img_20200125_124615s

やっと順番がきて頼んだ品が「けんちんそば」です。
ここのけんちんそばは具沢山で好きです。(蕎麦は機械打ちでよろしくない。)
熱々のお蕎麦をいただいて帰路につきました。

 熱々のけんちんそば

Img_20200125_131411s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.1.25
距離 : 103.60 km
累積標高 : 328 m
移動時間 : 4:39:31
経過時間 : 6:17:29
平均速度 : 16.5 km/h
平均移動速度 : 22.2 km/h

| | Comments (0)

2019.09.29

鬼怒川上流2ダムめぐり

栃木県日光市に用事ができたので、ついでに軽いツーリングを楽しんできました。

スタートは東武日光線の下今市駅です。
最近駅舎をリニューアルしたようで黒を基調にしたレトロな雰囲気を醸し出しています。
きっと当駅が起点で走るSL機関車「大樹」に合わせたんでしょうね。

 レトロな感じの下今市駅舎

Cimg9088s

先ずは用事を済ませるべく10kmほど走りました。
途中、大谷川に架かる橋上からは日光表連山の山並みが曇り空ながらはっきりと姿を見せてくれてゴキゲンな気分にさせてくれます。
やっぱりこのエリアを訪れたら男体山には挨拶したいしね。

仕事先での用件は1時間ほどで終わったので、いよいよサイクリングモードに入ります。
今日は夕方から雨の予報が出ているので遠出はあきらめて川治ダムまでの往復ツーリングに的を絞ります。

 大谷川から眺める日光表連山の山並み

Cimg9091s

鬼怒川温泉エリアに入ると徐々に高度が増してきてダラダラ上る感じになってきます。
会津西街道を走るのでそれなりに車も多く、結構気を使いました。

龍王峡を過ぎて上り基調の道が続きます。
進行方向左手には鬼怒川の渓谷が続いているけど残念ながら道路上から渓谷美を楽しむことはできません。

 紅葉にはまだまだの雰囲気でした

Cimg9099s

渓谷沿いに龍王峡まで遊歩道が設けられているけど、今日はそこを歩く余裕はないのであきらめてスルーです。
もっとも今の時期は紅葉前なので息をのむような渓谷美は期待できませんけど。

ちょっと長めの三ツ岩トンネルを通過すると川治温泉エリアに入ります。
三ツ岩トンネルには自転車通行が可能な歩道が整備されていたので助かりました。

 幅広の歩道がある三ツ岩トンネル

Cimg9100s

トンネルの中って、自転車で通過すると本当に怖いです。
車のエンジン音がトンネル全体に響き渡ってスッゴイ音で迫ってくるのです。
だから自歩道があるとホント嬉しいです。

腹減ったー
そういえば途中のコンビニで補給するのを忘れてしまい、今日はザックの中には何もありません。
このままで川治ダムまでさすがに辛いなあ、って思っていたところにコロッケの幟を発見!
「1個からお売りします」との看板に誘われて肉屋さんにご入店。

お、コロッケ70円って安くない?
さっそく2個140円でコロッケをゲットしたら、ご主人が「麦茶も冷えてるから飲んでいってね」って言ってくれるじゃないですか。

 麦茶も付いて絶品のコロッケでした。

Img_20190928_112918s

いやー、お腹は空くは水は欲しいわで、まさに地獄に仏の心境でした。
お店の名前は忘れたけど、この辺りでは有名なお店らしくてひっきりなしにお客さんが入店してましたよ。
帰ってからネットで調べたらテレビでも紹介されている人気店でキャベツメンチ(140円)が超有名なんだとか。
それを知っていれば食べてくるんだった!

というわけで、小腹も満たせたので再びエッチラオッチラ進みます。
もう数年前とは違って、ヒルクライムは出来るだけ避けたい心境なのでペースは捗りません。

それでもなんとか上りきって五十里ダムに到着しました。
このダムは鬼怒川の支川である男鹿川につくられた重力式コンクリートダムです。
なんだかこちらの方が鬼怒川本流のように錯覚してしまうけど、これから向かう川治ダムの方が本流筋にあたります。

 重厚な造りの五十里ダムです

Cimg9103s

造成後60年以上が経過しているせいか、古武士のように風雪に耐えてきた貫禄が備わったダムです。
ここのダムカードは3年ほど前のちょうど造成後60年にあたる年に特別記念カードと一緒にいただきましたが、せっかく来たのでまた貰っちゃいました。

さて、お次は本日のメイン目的地の川治ダムに向かいます。
そのためには会津西街道を直角に折れて長さ785mの葛老トンネルを通過しなければなりません。
車さん、頼むから来ないでねって祈りながら通過しました。

 川治ダム湖は八汐湖って言うそうです

Cimg9107s

葛老トンネルをくぐり抜けると景色は一変します。
本当に山また山の景色に変わってしまいます。
ダム湖と周辺の山々との調和が素晴らしいので自転車を入れて記念写真を撮ってみました。

川治ダムは美しいアーチ式コンクリートダムです。
堤高もアーチ式としては日本第4位だとか。間近で見下ろすと迫力満点です。
先ずはダムの管理所に立ち寄って念願のダムカードをゲットします。

 アーチ式の優美な曲線美がいいですね

Cimg9108s

川治ダムで忘れることができないのは、このダムが千葉県の成田用水等の水源になっていることです。
つまりこのダムがないと千葉県の北総地域に水が行き渡らないことになるわけで、若い頃成田用水の末端整備に携わっていた者としては母なる水がめって感じでしょうかね。

 この場所から撮ったのかな?

Cimg9112s

ということで「母なる水がめ」にも会えたし後は往路を戻るだけです。
もう少し時間があれば、さらに上流にある川俣ダムまで足をのばしたいところですが、それは次の機会にとっておきましょう。

ちなみに、今回訪れた五十里ダム、川治ダムに川俣ダム、湯西川ダムを加えた4ダムを「鬼怒川上流ダム群」として国交省が直轄管理しています。

 ノコンギクは最近のお気に入りの一つです

Cimg9113s

利根川水系8ダムを総称する「利根川上流ダム群」と合わせて関東地方の利水の基幹ダムですが、できればこの12枚のカードは手に入れたいものです。(現在7枚までゲット)
車やオートバイだったら割と簡単にゲットできるんだけど、自転車だとなかなかねえ。
それが問題です。

DATA
-------------------------
DATE : 2019.9.28
距離 : 58.05 km
累積標高 : 882 m
移動時間 : 2:45:29
経過時間 : 4:26:01
平均速度 : 13.1 km/h
平均移動速度 : 21.0 km/h

| | Comments (0)

2019.07.31

ひまわりを見に行ったのに・・・

しばらく自転車に乗ってなかったので、暑くて気乗りしなかったけど午前中限定でちょこっと走ってきました。
ルートは特に考えず、足の向くまま気の向くまま。

平日ライドは車に気を遣うので、サイクリングロードを利用できる印旛沼方面に向かいました。
それにしても朝から暑いです。
梅雨明け後連日続く暑さにまだ体が慣れていないので、ペダルを回す足も重いです。

そういえば、ふるさと広場のひまわりはまだ咲いているかな?
ということで寄り道しながら佐倉のふるさと広場まで走ってみたけど、ひまわりガーデンはありませんでした。
道沿いにほんの少しだけ植わっているだけでした。
少しは期待していただけに残念でした。

 道沿いに少しだけ咲いていました

Img_20190731_093516s

ネットで調べたら、花火大会の設営作業のために7月22日以降はクローズしたみたいです。
ということは、今年は梅雨明け前に終わっちゃったんですね。
7月中旬は長雨が続いていたので青空の下でのひまわり鑑賞はほとんどできなかったのかあ。
うーん、関係者は残念だったでしょうね。

DATA
-------------------------
DATE : 2019.7.31
距離 : 66.72 km
累積標高 : 168 m
移動時間 : 2:50:53
経過時間 : 3:20:03
平均速度 : 20.0 km/h
平均移動速度 : 23.4 km/h

| | Comments (0)

2019.05.07

大山千枚田に行ってきた

Img_20190506_121651s

ほぼ1ヶ月ぶりのツーリング先は大山千枚田です。

サイクリングクラブのイベントは昨日(5月5日)実施したばかりです。
あいにく他用があり参加できなかったので単騎にて出撃しました。

今日は南風が強く吹く予報にたがわず、南に向かう旅人は向かい風に苦しめられました。(笑)

 道中の新緑も最高潮です(東京ドイツ村付近)

Cimg8822s

超大型連休の最終日とあって、さすがに出歩く人が少ないせいか意外にも道路はガラガラです。
おかげで割とストレスを感じることなく走ることができました。

だけど、向かい風には参りました。
特に馬来田から久留里にかけての小櫃平野(沖積平野)は遮るものがないため南風をもろに受けます。
ペダルを一生懸命に回しても20km/h超えがやっと。情けない・・。

 野生の藤の花も素敵です(清和の森付近)

Cimg8824s

平山を過ぎて清和の森付近までやってくると新緑が目に鮮やかに感じます。
向かい風と上り坂の苦労を忘れさせてくれますよ。

エッチラオッチラ、ようやく君鴨トンネルを越えて長狭の里に下り立つと本日のランチ場所である名代亭はわずかな距離です。
久しぶりにのれんを潜ったけど、相変わらず新鮮な魚介類をふんだんに出してくれるのでありがたいかぎりです。

私には今回注文した海鮮丼(鴨女丼)で十分でした。
これ以上のものを注文してもお腹いっぱいで入らないよ。

 名代亭の海鮮丼に舌鼓を打つ

Img_20190506_1145142s

満腹になったらいよいよ大山千枚田に向かいます。
長狭街道から左に折れて緩やかな坂道を上がっていくと、田植えを終えたばかりの棚田が広がっていました。

 植えられたばかりの苗が風に揺れていました(大山千枚田)

Cimg8832s

植えたばかりの苗が風に揺れています。
すっかり田植えが終わったらしく、田んぼには人影がありません。
静かな時間が過ぎていきます。

Cimg8835s

しばらく休んだ後は、次の目的地である法明の棚田へ。
下って大きく上り返します。
これが結構こたえます。

平均10~13パーセントの急坂を上り終え、眼下を振り返るとそこには山際にへばりつくように農家が点在し、小さな棚田がモザイク状に広がっているのが眺められます。

 鴨川の秘境?(法明の棚田集落)

Cimg8836s

観光スポット的な要素もある大山千枚田と違うところは棚田のまわりに民家が建っていることかな。
ここの棚田はまさに中山間農村そのものでした。

もう何年も前から法明の棚田を訪れているけど、年々棚田の数が少なくなっているのがわかります。
田んぼが埋められて畑になったり、そのまま耕作放棄地になったりしています。

残念だけど、これが中山間農村の現実。
こんな条件不利地で農業を続けていくことのどんなに大変なことか。
法明から大崩(をくずれ)の棚田地帯をめぐっていつも感じることです。

Cimg8829s

米消費の減少や農家の高齢化などにより、経済効率だけを考えていたら棚田は遠からずなくなる運命にあります。
いったん棚田が消えてしまったら復田はまず無理でしょう。

農政サイドの行政的な支援だけでなく、農家をはじめ都市生活者を巻き込んだ多くの人たちによる抜本的な取り組みが必要なんだろうなといつも思ってしまいます。

まずは自分の今できることを。
棚田でつくられたお米を食すことからかな。

 帰りは内房に出て木更津から輪行

Cimg8846s

DATA
-------------------------
DATE : 2019.5.6
距離 : 140.03 km
累積標高 : 1,112 m
移動時間 : 6:13:45
経過時間 : 7:45:01
平均速度 : 18.1 km/h
平均移動速度 : 22.5 km/h

| | Comments (0)

より以前の記事一覧