2018.12.09

十枝の森サイクリング with CBCC

Toeda04

土曜日は肌寒いお天気でしたが、九十九里方面のゆるいサイクリングに出かけてきました。

目的地は十枝(とえだ)の森です。
私は初めて訪れましたが、自然林に囲まれた癒しの空間で期待以上の場所でした。

 CBCCの仲間たちとのサイクリングです
Toeda02

十枝の森の「十枝」とは人の姓です。
日本の疎水百選にも選ばれている両総用水の生みの親の一人である十枝雄三翁の屋敷があった区域を往時のまま保存しているエリアです。

Toeda03

両総用水といえば、千葉県の水田面積の約20パーセントを潤している国内有数の農業用水です。
千葉県の農業用水を語る上では欠かすことのできない一大インフラです。
現役時分はその関連の仕事に就いていたので、十枝翁のことはよく知っていましたが、屋敷跡を訪れるのは初めてのこと。

Toeda05

もともと田園地帯の中にあるとはいえ、屋敷周りに一歩足を踏み入れるとそこは別世界。
真っ赤なモミジの木々がたくさん植えられていて、紅葉の最後を美しく彩ってくれていました。
いまはNPO団体が維持管理をされているようで、音楽会や芋煮会など季節の折々に多彩なイベントも開催されているようです。

 オジサンが完食できるわけないです
Toeda01

いやー、良いところに案内してくれました。
十枝の森のほかにも、お菓子の試食がうれしい「あられちゃん家」やデカ盛りのお店に立ち寄るなど、イベントを主催してくれた管理メンバーのmasakiさんに感謝の一日でした。

添付の写真はCBCCの仲間たちが写してくれたものです。

DATA
-------------------------
DATE : 2018.12.8
距離 : 129.18 km
累積標高 : 421 m
移動時間 : 5:40:22
経過時間 : 8:23:21
平均速度 : 15.4 km/h
平均移動速度 : 22.8 km/h

| | Comments (0)

2018.12.01

房総の紅葉は?

Katsuura12

9月末に通過した台風24号の置き土産で、房総半島にたっぷりの潮風を降りそそいでいきました。
たぶん、その影響だと思うなあ、今年の紅葉の不出来は・・・

Katsuura01

沿道から眺める銀杏の木々も南側半分はすっかり葉が落ちていて見るも哀れ。
黄色い葉は北側にかろうじて付いている木が多いです。
雑木林の紅葉もくすんだ色が多くて今年はすっきりしませんね。

Katsuura02

今回、久留里から亀山湖、三石山を経て安房鴨川、勝浦方面を走りに行きましたが、楽しみだった房総の紅葉は残念な色合いでした。
唯一、片倉ダム湖周辺がきれいでしたが、例年のような鮮やかさありません。

Katsuura04

Katsuura05

農溝の滝(亀岩の洞窟)周辺は散り始めでしたが、付近の遊歩道にかかるモミジの紅が良かったです。
このあたりの紅葉の見ごろは一週間前のようでした。

Katsuura06

それにしても、ここは相変わらずの観光スポットで、駐車場は満杯の盛況。
その点自転車はどこにでも入っていけるので助かります。

Katsuura07

さて、紅葉見物はこれくらいにして安房鴨川方面に移動します。
鴨川有料道路は通行料金が20円なんだけど、あいにく50円玉しかなくて仕方なく料金箱に投入。
おつりは出ないので寄付しました。

Katsuura08

海に向かってダウンヒルするのは楽しいですね。
あっという間に鴨川の海岸べりに到着。
その後は海岸線沿いに勝浦をめざします。

Katsuura09

ちょうどお昼どきになったので、途中の安房小湊のいいとこさんに入店。
ここは久しぶりの訪問ですが、ウィットに富んだ大将とのやりとりが楽しいお店です。
注文した刺身定食はさすがの新鮮さ。
プリっぷりのお刺身たちがホントに美味しい。

Katsuura10

食事のあとはいつもの絶景クリフを眺めながら勝浦めざします。
房総の紅葉はちょっと残念でしたが、山と海の両方を楽しめる房総ツーリングでした。

Katsuura11

走ったコースとプロフィールマップをルートラボで表示する

DATA
-------------------------
DATE : 2018.12.1
距離 : 111.29 km
累積標高 : 826 m
移動時間 : 4:43:29
経過時間 : 6:31:53
平均速度 : 17.0 km/h
平均移動速度 : 22.8 km/h

| | Comments (0)

2018.11.29

終わりの紅葉を探しにご近所ポタ

Izumi03

来週はもう12月。
一年は早いですねー。

今年の秋はあまり紅葉を愛でることなく過ぎようとしています。
家の用事が立て込んで時間があるようでないのです。

Izumi01

今日は10時過ぎから空いたので、急いで着替えてご近所ポタに出かけました。
平和公園から泉自然公園あたりをポタポタしながらのんびり走りました。

Izumi02

どこもかしこも葉が落ちて晩秋の気配が色濃く漂っています。
房総の南の方の紅葉はどうなんだろう?

Izumi04

DATA
-------------------------
DATE : 2018.11.29
距離 : 60.17 km
累積標高 : 206 m
移動時間 : 2:49:48
経過時間 : 4:59:34
平均速度 : 12.1 km/h
平均移動速度 : 21.3 km/h

| | Comments (0)

2018.11.15

わたらせ渓谷を再び訪れました

Cimg7754s

2週間前に細尾峠から渡良瀬川沿いに下ってきた時は紅葉がイマイチだったので、今回再び訪れてみました。
葉のすっかり落ちたであろう細尾峠越えでは芸がないので、今回は下流から上流に向かって遡り、ついでに一度は訪れてみたかった銀山平まで上がってみることにしました。

走ったコースとプロフィールマップをルートラボで表示する

スタートは東武桐生線の赤城駅です。
もちろん初めて下り立つ駅です。
家からは実に5回も乗り換えてたどり着きました。

 今日のスタートは東武線・赤城駅です
Cimg7735s

渡良瀬川沿いの道も3回目ともなるとさすがにわかってきます。
右岸沿いに付けられている国道122号線は大型トラックが多いので、今回のルート前半は左岸沿いに付けられた道を走りました。

 渡良瀬渓谷左岸に付けられた道を走りました
Cimg7739s

この道はR122と川を挟んで並行に付けられているにもかかわらずほとんど車の往来がありません。
カーブが多く道幅は少し狭いものの、車の往来がないので助かります。
木々の間から見下ろす渡良瀬渓谷の眺めもグッドでした。

 木々の間から見下ろす渓谷も良いですね
Cimg7740s

水沼駅の先でR122と合流してからは右岸沿いに坦々と上っていきます。
草木ダムの手前でちょっとした上りがある他は、ダラダラと小さなアップダウンを繰り返しながら上っていく感じでした。
色づきの進んでいる草木湖を右に見てさらに進むと、やがて左銀山平の標識に出合いました。

 草木湖の紅葉も見ごろを迎えていました
Cimg7744s

 この標識を左折しました
Cimg7745s

ここから先はゆるやかなヒルクライムが始まります。
前回の細尾峠越えもそうでしたが、銀山平までの上りも中高年に優しいゆるやかな上りで助かります。
勾配10パーセントを超える激坂はありません。

 銀山平に向かう道すがら
Cimg7748s

期待していたカエデやウルシの紅葉は盛りを過ぎていましたが、晩秋の落ち着いた色調に彩られていて訪れて良かったです。
ところで足尾は銅山なのになぜ銀山平があるのか不思議でしたが、銅を採掘中にこの辺りで銀が採れたことからその名が付いたようです。

 銀山平キャンプ場にて
Cimg7757s

坑道を掘削中に出たズリ(掘削土)を埋め立てて平になった場所に名付けたようですね。
こんな狭い峡谷の中ですが、戦前は鉱山や製材などで相当栄えた場所だったようで往時の面影を知る史跡が至るところに遺されていました。

Cimg7762s

さて、銀山平の少し先には国民宿舎かじか荘があります。
ここは庚申山、皇海山の登山口にもあたります。今後のためにも一度は訪れておきたかった場所です。
庚申山、皇海山とお隣の袈裟丸山には一度も登ったことがないのでいつかは頂を踏んでおきたいものです。

 この登山口は初めて訪れる場所です
Cimg7752s

さて、本日の最終目的地にも来られたのであとは下るだけ。
R122に合流したら少し上流に行ったところにある第二渡良瀬川橋梁で通過列車を待ちます。
ここは紅葉の撮影スポットになっているからね。
ところが残念なことに紅葉の見頃は過ぎていました。
しかも逆光でよく見えない。(涙)

 わたらせ渓谷鐵道(わ鐵)の一両列車
Cimg7769rs

このあとは川沿いに下りながら紅葉に彩られた渓谷の秋を満喫しました。
ちょっと残念なのはモミジやカエデなどの赤色が少ないことかな。

Cimg7771s

でも、2週間前に比べれば渓谷全体の色調がすっかり変わっていてびっくりです。
草木ダム周辺の山々も紅葉が見頃を迎えていました。

Cimg7773s

Cimg7778s

大間々を過ぎ桐生市に入ると川幅はぐっと広がりを増してきます。
前回同様に川沿いに付けられたサイクリングロードをのんびり30kmほど走り、ゴールの館林駅で輪行帰宅の途につきました。

 本日のランチは、はやぶさ食堂のソースかつ丼(700円)
Cimg7783s

DATA
-------------------------
DATE : 2018.11.14
距離 : 117.03 km
累積標高 : 1064 m
移動時間 : 5:28:37
経過時間 : 7:00:38
平均速度 : 16.7 km/h
平均移動速度 : 21.4 km/h

| | Comments (0)

2018.11.02

日光・細尾峠から渡良瀬渓谷沿いのライド

Cimg7677s

3年前の夏に訪れたコースのリベンジです。
というのは、3年前は猛烈な暑さに参ってコース途中の足利駅でDNFしました。
今回は、秋のベストシーズンにゴールの渡良瀬貯水池をめざして走ってきました。

走ったコースとプロフィールマップをルートラボで表示する

スタートは前回同様に日光駅です。
ちょうどいろは坂が紅葉の盛りとの情報もあって、行く前はどちらにするか悩みましたが、やはりリベンジの気持ちが勝り予定どおり細尾峠を越えて足尾に向かうことにします。

 日光のシンボル神橋
Cimg7670s

走るたびにいつも感じることですが、日光市街から眺める女峰山の姿は立派です。
松本や信濃大町に引けを取らない山都だと思います。

 日光は日本の代表的な山都ですね
Cimg7666s

さて、神橋を通過し、コンビニで補給を済ませたら足尾方面に向かいます。
国道122号の旧道を走るとじきに「長い長い峠道」の看板が迎えてくれるのは3年前と同じ。
この看板もだいぶ傷んできたようです。
路面に落ち葉が積もっている感じから、相変わらずこの峠道は車の往来がないみたいです。

 このユニークな看板にも3年ぶりに再会
Cimg7672s

で、今回特別に用意したのは熊鈴。
前回走った時にクマの目撃情報があったため用心のために持参しました。
何しろ滅多に車が走らないのですから。(ハイカーの車は入っているみたいでした。)

 大げさかも知れないけどクマとの遭遇が不安でした
Cimg7673s

細尾峠への道は九十九折のコースになっています。
標高1200m近くの峠まで数えたら38のカーブがありました。
それだけ勾配がゆるやかになっている訳で、私のような中高年ローディでも割と労せずに上ることができます。

 上るほどに紅葉が美しくなってきます
Cimg7681s

お目当ての紅葉は期待どおりでした。
おとなりのいろは坂とほぼ同標高なので、あちらが見頃ならこちらも同じです。
鮮やかな紅葉に何度も自転車を停めて写真を撮るものだからえらく時間がかかってしまった。

 何度も何度も自転車を停めて見入りました
Cimg7680s

38番カーブを過ぎてたどり着いた峠にはハイカーの車が2台停まっている以外は静けさが支配していました。
日光の茶ノ木平に抜けられる登山道が整備されているので、いつか辿ってみたいのですが、ピストンになっちゃうのが残念かな。

Cimg7692s

さて、下りは上りよりも勾配がきつく、またほとんど車は走らないので路面の状態も悪いです。
慎重に慎重に下ります。
でも、樹林の間から眺められる景色の素晴らしさに何度も何度も自転車を停めなくてはなりません。
足尾方面の谷あいの紅葉の美しさに感動しました。

 足尾方面の谷あいは美しかった
Cimg7689s

峠を上り下っただけで今回のサイクリングの目的は達せられた感じがします。
あとは勢いで古河まで走りましょう。

 渡良瀬渓谷沿いの紅葉はこれからでした
Cimg7696s

下り着いた渡良瀬渓谷沿いの紅葉はまだまだでした。
見頃は11月中旬頃のようです。
草木ダムの紅葉もまだ先の様子。

 草木ダムの紅葉はまだまだですね
Cimg7697s

Cimg7699s

温泉駅で有名なわたらせ渓谷鉄道の水沼駅ではなんと十月桜が満開で迎えてくれました。

Cimg7703s

大間々を経て桐生に入ると渡良瀬川自転車道が始まります。
桐生から渡良瀬貯水池までおよそ50kmの区間にわたってサイクリングコースが整備されていました。

 桐生からは大規模自転車道が整備されていました
Cimg7705s

左岸から右岸に右岸から左岸に、さらに左岸から右岸に渡り返しながら渡良瀬貯水池をめざします。
わかりづらい箇所もあるけど、なんとか貯水池(谷中湖)が近づいてきました。
ここは日本初の平地型ダム。
無論ダムカードが発行されているので、河川事務所におじゃまして久しぶりにカードをゲット。

 久しぶりのダムカードです
Cimg7721s

この辺りは貯水池というよりも洪水調節の遊水地としての機能の方が有名ですね。
いわゆる渡良瀬遊水地で、野鳥の宝庫にもなっています。
サイクリングロードもよく整備されていて楽しめました。

 渡良瀬貯水池からの筑波山
Cimg7715s

貯水池からゴールの古河駅まではほんの数キロ。
のんびり走って無事に到着。
JRと東武線を乗り継いで帰途につきました。

DATA
-------------------------
DATE : 2018.11.1
距離 : 124.00 km
累積標高 : 972 m
移動時間 : 5:22:01
経過時間 : 6:40:43
平均速度 : 18.6 km/h
平均移動速度 : 23.1 km/h

| | Comments (0)

2018.10.16

コスモス花めぐりポタ

Cosmos02

あんまり良い天気じゃないけど見頃を迎えたコスモスを探しにご近所をゆるポタしてきました。

先ずはNHKのローカルニュースで北総花の丘公園の赤蕎麦の花畑が紹介されていたので行ってみます。
「高嶺ルビー2011」という品種らしいです。

 赤い蕎麦の花(高嶺ルビー2011)
Cosmos03

信州や東北地方の蕎麦畑みたいにバーッと広大に広がっているわけではなく、公園内に行儀よく植えられているので迫力には欠けますが仕方ないですね。
でも、きれいな赤い蕎麦の花でした。

近頃ようやく自転車に乗っても大汗をかかずにすむ季節になったけど、10月に入ってから秋らしいさわやかな青空にお目にかかっていないのは寂しいよね。

Cosmos04

印旛沼周辺の田園地帯を走り抜け、やがて西印旛沼が近づくと佐倉ふるさと広場に到着します。
オランダ式水車の周りはちょうど見頃のコスモスが取り囲んでくれてます。

なかなかきれいな風景なので、車いすに乗った高齢者の方々がたくさん見物に訪れていました。
施設や病院の中に居るのに比べれば気分の良さは格段の違いでしょう。

Cosmos06

帰りしな、「生谷コスモス祭り」の看板があったので誘われるままに立ち寄ってみました。
全体的には二分咲きといったところですが、一部は見頃になっていて見物のお客さんもチラホラ。

この時期は、稲刈りを終えた田んぼにコスモスの種を蒔いて訪れる人々の目を楽しませてくれるイベントが随所にあってうれしい限りです。

Cosmos07

コスモスが終わると房総の紅葉が始まってきます。
その前にイチョウの黄葉を楽しみたいんだけど、来週あたりどうかな?

DATA
-------------------------
DATE : 2018.10.16
距離 : 71.70 km
累積標高 : 268 m
移動時間 : 3:16:55
経過時間 : 4:58:10
平均速度 : 14.4 km/h
平均移動速度 : 21.8 km/h

| | Comments (0)

2018.09.13

麺ドラゴンと大東岬

Cimg7432s

最近乗ってないので、曇り空だけど外房方面を走ってきました。

平日のライドは車に気を遣うのであんまり楽しくないんだけど、休日は空き家になっている実家の片づけやら老親の慰問などで動きが取れないことが多いので仕方ないですね。

そういえば麺ドラゴンのあさりそばを久しぶりに食べたいなあ。
ということで、目的地は一宮海岸方面にしました。

Doragon01

道沿いの田んぼはあらかた刈り取りが終わってます。
さすが早場米の産地だけありますね。

麺ドラゴンに着いたのが11時10分頃。
お昼にはちょっと早いけど、すでにのれんが掛かっていたので入店しました。

Doragon05

ここに来たら、どうしてもあさりそばになっちゃうんだけど、にぼしライトとかトムヤムそばなんか食べてみたいなあ。
よし、次回はぜひ!
ま、あさりそばの濃厚クリーミーなスープはたまらないけどね。

お腹を満たしたら、すぐ先にある大東岬に立ち寄るのが礼儀というものです。
このあたりはオリンピック会場になるってんで、かなり盛り上がってます。

しかし、道路といえば国道128号(外房黒潮ライン)だけだし、電車も単線だし、交通アクセスは大変だろうなあ。
我が家からここまで3時間弱、千葉県民なら自転車で観戦に行くっていうのが正解かも。

Doragon03

そうこうしているうちに大東岬に到着。
景色が抜群に良いわけではないけど、平日でも結構な人出です。
名前は知れ渡っているからか。

Doragon02

灯台から下っていくと神輿を担ぐ一団に遭遇しました。
みなさん上半身裸で気合が入っています。
そうか、刈り取りが終わると秋の祭りだよね。
房総のお祭りは東北地方と比べても1ヶ月は早いんだろうな。

Doragon04

この神輿集団、なんと翌日の新聞に出ていました。
1200年の伝統を誇る上総十二社祭りで練り歩く9基の神輿の一つとか。
ものすごい伝統があることを知り、驚きました。

このあと、睦沢、茂原、瀬又を通っておゆみ野にある娘の家に立ち寄り、孫たちと遊ぶのがお約束。
孫たちの成長の早さはうれしいけど、だんだんおじいちゃんと遊んでくれなくなるのが寂しいよね。

DATA
-------------------------
DATE : 2018.9.13
距離 : 141.94 km
累積標高 : 612 m
移動時間 : 6:02:47
経過時間 : 8:17:12
平均速度 : 17.1 km/h
平均移動速度 : 23.5 km/h

| | Comments (0)

2018.08.18

ご近所ポタなのに気分は軽井沢高原ポタ

Img_20180818_113341s

7月10日以来の自転車遊びです。
ま、それだけ暑かったってことですね。
でも、きょうは違います。

朝から抜けるような青空とさわやかな風。
昨日までのべたべたした嫌らしい南風とは大違いです。
これなら久しぶりに自転車でポタリングできます。

Img_20180818_104507s

というわけで、いつものご近所ポタに行ってまいりました。
コースは、支川都川から平和公園を通って泉自然公園へ。
ここでキツネノカミソリを鑑賞してから若葉ルートを使って鹿島川沿いの田園風景を楽しんだあとは、一路佐倉ふるさと広場をめざします。
帰路は新川&花見川沿いにポタポタしながら帰ってくるおよそ90kmの道のり。

今日はさわやかな涼風が肌に心地よく、千葉にいながらまるで軽井沢の高原を走っている感じのお得感でした。

 泉自然公園内に咲くキツネノカミソリ
Img_20180818_104916s

お目当てのキツネノカミソリですが、さすがに見頃は過ぎていました。
でもオレンジの花が森の斜面にいっぱい咲いている様はなかなかのもの。
今日は高原にいると思って、ニッコウキスゲを思い浮かべながら鑑賞させてもらいました。

 気分は高原のニッコウキスゲを連想しましょう
Img_20180818_104952s

さて、若葉ルート(千葉市指定のサイクリングコース)に入ると、刈り取り目前の稲穂が目に飛び込んできました。
谷津田の緑と黄金色の稲穂、それに抜けるような青空が美しいコントラストを見せてくれています。
この美しい田園風景の中をのんびり走る喜びはなかなかのもの。

 若葉ルートの田園風景もなかなかのもの
Img_20180818_111211s

寺崎城址の丘の上に立てば、鹿島川沿岸の田園地帯が大きく広がっていて見事です。
この辺りは千葉県有数の穀倉地帯。今年も豊作の予感がします。

 寺崎城址の丘の上から眺める鹿島川沿岸の田園地帯
Img_20180818_121741s

佐倉の市街に入るとお腹も空いたので、お店を物色。
お目当てのお店は行列状態だったのでパス。
裏道に入ると一軒の古びたお店に暖簾がかかっていたので予備知識なしで入店しました。
お店に入ると昼時なのに誰もいない・・。
ありゃ、失敗だったかな。
でも女将さんと目が合っちゃったので仕方なくカウンターに座って壁にあるメニューから天丼を注文。
一応、「天ぷらの店」とあったのでね。

「これから火をかけるからちょっと待っててね。」との女将さんの声に、こりゃ期待できないな。

そして待つことしばし。
出てきた一品に驚愕しました。
こ、こ、これはなに!?

Img_20180818_124729s

聳えるような天ぷらの山が目の前にありました。
どうやって食べるんだろう?って思案していたら、女将さんが取り皿を一枚持ってきてくれました。
ふむふむ、この皿に天ぷらを一時避難させてから徐々に食べる訳ね。なるほどなあ。
この後は天ぷらとの格闘が始まりました。
その数推定10品。
いやはや食べ疲れました。お椀に入ったしじみ汁が本当に有り難かった。
これでお値段は864円也。
年金生活者には有難い一品でした。

超満腹で武家屋敷の激坂(18パーセント)は本当に辛かったけどなんとかクリアして、最後の訪問地ふるさと広場へ。
ヒマワリがたくさん咲いているかと思ったけど、数本しかなくてちょっとがっかり。
でも青空とヒマワリと風車の3点セットはなかなかきれい。

Img_20180818_132245s_2

最後までお腹はきついままで帰宅。
久しぶりのサイクリングでスリム化を図ったものの見事に目論見が外れた一日でした。
 
 西印旛沼沿いに帰りました
Img_20180818_133102s

DATA
-------------------------
DATE : 2018.8.18
距離 : 92.96 km
累積標高 : 328 m
移動時間 : 4:05:18
経過時間 : 5:39:54
平均速度 : 16.4 km/h
平均移動速度 : 22.7 km/h

| | Comments (0)

2018.07.11

麻面原高原の紫陽花と入道ヶ岬絶景ライド

Img_20180710_131405_r

家の周りではすでに終わった紫陽花の花ですが、房総の麻面原(まめんばら)高原では今が見頃。
花の時期は7月上旬から中旬というので、二年ぶりに訪れてみました。

コースはCBCCでこのコースを走る際の定番ルートを進みます。
うぐいすラインを南下し、鶴舞から高滝湖を経て清澄養老ライン(県道81号)を養老渓谷に向けて走ります。
粟又の滝から会所集落に至り、ひと上りで麻面原高原に到着。

 オオバギボウシが咲き誇るギャラリー桜ヶ丘
Cimg7248_r

途中、鶴舞にあるギャラリー桜ヶ丘(オープンガーデン)で一休みするのもお約束。
久しぶりに立ち寄ったらオオバギボウシの花が咲き誇っていてちょっと嬉しかった。

 いつ訪れても心が和みます
Cimg7250_r

それにしても今日は暑いです。
梅雨が明けたから仕方ないけど、水分もリットル単位で消費する勢いです。

養老渓谷を過ぎて粟又の滝を通過。
いつもなら川べりまで下りて滝の正面で写真を撮るところですが今回はパス。先に進みます。

やがて会所の分岐まで来てここを右折し麻面原高原をめざしました。
しばらく走ると道路の両側にアジサイの花々がお出迎え。
さすがです。今が旬の咲き誇りように大満足。

Cimg7258_r

道路の勾配は徐々にきつくなり駐車場を過ぎてひと上りで天拝園と名付けられた妙法生寺境内に続く道に到着。
境内に入らなくても道沿いにアジサイの花々は堪能できます。
ここのアジサイの種類は「本あじさい」です。品種は晩生で白から淡い青へと変化するのだとか。
眺めた感じでは淡い青色中心で、山の斜面のかなり上の方まで咲いていました。
その数2万株というから驚きです。

 山の上にある展望台からは360度の景観が・・
Cimg7257_r

山の上に見える展望台からは360度のパノラマが楽しめるそうですがあそこまで登る気がしないのでパス。
これだけ見事なアジサイの花を見せてもらっただけで大満足です。

 山の斜面までびっしりと花がついていました
Cimg7261_r

さて、ここからは外房の海まで下りが続きます。
例年どおり林道奥谷線を走らせてもらいました。
内浦山県民の森内を通るこの林道は千葉とは思えないほど奥深い山の中を走っています。

快適に下ったあとは安房小湊までなだらかな道が続きます。
やがて青い外房の海が見えてきたら安房小湊です。
今日は「いいとこ」が定休日なのでそのまま安房天津方面に2kmほど行ったところにある「船よし」さんでランチタイム。

Cimg7266_r

初めて暖簾をくぐりましたが、新鮮な海の幸を十分に堪能させていただきました。
特につみれ汁とあら汁がお代わり自由というのが太っ腹で気に入りました。

Img_20180710_122742_r

ここまで走ってきたらそのまま鴨川方面に向かいたいところですが、入道ヶ岬の絶景はどうしても見たいのであえて引き返します。

 一人で入っても寂しくない?トンネル
Cimg7267_r

誕生寺の裏手の小道を上っていき、小さなトンネルを通過した先にいつもの絶景が迎えてくれました。
今日はスカイブルーとエメラルドグリーンのコラボで最高の景色。
気温が高いためか波打ち際には水蒸気の霞が漂っています。
これはこれで絶景です。

Img_20180710_131116_r

Cimg7275_r

わずか1km位の区間ですがまるで外国の景色のようです。
今日は平日なので独り占め。サイコー!
外房のシーサイドライドを十分に楽しんでから輪行起点の勝浦駅へと向かいました。

DATA
-------------------------
DATE : 2018.7.10
距離 : 109.50 km
累積標高 : 1132 m
移動時間 : 5:10:26
経過時間 : 6:51:41
平均速度 : 16.0 km/h
平均移動速度 : 21.2 km/h

| | Comments (0)

2018.06.14

佐倉ラベンダーランドに行ってきた

Sakura12

そういえば、佐倉にラベンダー畑があったっけ。
ふと気になって、ネットで調べたら「ちょうど見頃」とのこと。
では、行ってみますか。

じつはここ、自宅から近いし前々から気になっていたものの、訪れたことがありませんでした。
すぐそばを新川サイクリングロードが通っているのですが、砂利道なので敬遠してました。
行くなら反対側からアプローチする方が良いです。

Sakura03

今回のルートは、自宅から支川都川~平和公園~泉自然公園~若葉ルート~ふるさと広場~臼井城址公園~ラベンダー畑~蕨家長屋門~新川CR~花見川CRといった感じ。

Sakura04

道沿いには時節柄アジサイが見頃を迎えていますね。
若葉ルート沿いの田んぼにはしっかりと根付いた苗が風に揺れていました。

Sakura01

平和公園から泉自然公園、若葉ルートへと続くコースはいつ走っても気持ちいいです。
今日は曇り空だったけど、落ち着いた色彩の中を走れてラッキーでした。

Sakura05

佐倉ふるさと広場の手前に手作りの花菖蒲園を発見。
先日訪れた小岩菖蒲園や水元公園には到底及ばないものの、こじんまりとしていて手作り感満点です。
花菖蒲は終わりかけていたけどアジサイとのコラボがなかなかでした。

Sakura06

ふるさと広場にはお昼前に到着。
TKG(たまごかけご飯)は300円で食べられるので年金生活者の味方です。

Sakura08

さて、ここから先はMTKさんの設定したサイクリングコースをたどります。
細い道をクネクネ進みひと上りで臼井城址公園に到着。
高台からは印旛沼が見下ろせます。
戦国の昔には印旛沼が城のすぐ近くまで広がっていたとか。
なかなの絶景だったことでしょう。

Sakura09

城址をあとにして再び田んぼ道に変わるとじきにラベンダーランドに到着しました。
紫色のラベンダー畑が迎えてくれます。
平日ですがラベンダーまつりの会期中ということもあり観光客もちらほら。

Sakura14

それほど広くはないものの、辺り一面にラベンダーが広がりほのかな香りも楽しめました。
千葉でラベンダーの花が楽しめる場所として貴重ですね。

Sakura13

ぐるっと回って93km。
梅雨のさなかでしたが花に恵まれたご近所ポタでした。

Sakura15

DATA
-------------------------
DATE : 2018.6.14
距離 : 93.63 km
累積標高 : 399 m
移動時間 : 4:25:35
経過時間 : 5:50:50
平均速度 : 16.0 km/h
平均移動速度 : 21.2 km/h

| | Comments (0)

より以前の記事一覧