« 南高尾から小仏城山あたりを歩く ~センブリ、キチジョウソウ咲く尾根道~ | Main

2021.10.14

ケヤキコプター??

10月の初めのことですが、緊急事態宣言が解除になったのでシニア自然大学の野外授業で東京・代々木公園の自然観察に行ってきました。

テーマは「都市の自然を楽しむ」です。


Img20211006124505s

イチョウやケヤキ、スダジイ、マテバシイなど、都市の公園でよく見かける樹木の見分け方や特徴などについての講義はとても興味深く時間の経つのも忘れてしまうほどでした。


そんな中、たまたま一陣の風が吹き、目の前をクルクルと何かの回転体が落ちてきました。
落ちてきた回転体の正体はケヤキの枝の先っちょです。


Img20211006100919s

なぜケヤキの小枝がこんなふうに落下してくるのかというと、ケヤキの枝の先に離層(りそう)という細胞どうしが分離しやすくなる層ができることによって、そこから先の葉っぱがヘリコプターの回転翼の役割をしてクルクルと回転しながらできるだけ遠くへ種を飛ばす仕組みになっているとのこと。


Img20211006123203s

講師の先生の説明にびっくりするやら感心するやら。
植物の子孫を残す工夫にはとても驚かせられます。

ケヤキのヘリコプターなので「ケヤキコプター」と呼んでいることもあるとか。
なるほどなあ。

|

« 南高尾から小仏城山あたりを歩く ~センブリ、キチジョウソウ咲く尾根道~ | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南高尾から小仏城山あたりを歩く ~センブリ、キチジョウソウ咲く尾根道~ | Main