« January 2021 | Main | March 2021 »

2021.02.26

中房総・高宕山で春の息吹を感じてきました

ヤマレコユーザーさんの高宕山のレコを見ていたら、ネコノメソウがたくさん写っていました。
「いいなあ。もう春なんだなあ。」と、思ったらどうしてもこの目で見てみたくなり行ってきちゃいました。

 石射太郎山と展望テラス

P2250027s

ついでに、運が良ければスハマソウ(洲浜草)に出会えるかも?と期待をして事前に「房総の山親爺」ことmutsugoroさんにメールで問い合わせたら、『数年前までは山の斜面に上から覗くとかなり咲いていたのですが最近はほとんど見かけることはありません。』とのご返事が。

 意外と奥深い山並み(八良塚:中央と高宕山:右)

P2250032s

だよねー。希少種だし、数年前に大量の盗掘があったというネットの記事を読んだことがあるし・・。
とまあ、淡い期待を胸に高宕山に向かいました。

ネコちゃんは期待どおりにたくさん咲いていました。
やっぱり来てよかったです。とっても小さなイエロークラウンが素敵です。
私はふつうにネコノメソウと覚えていたのですが、これまた別のヤマレコユーザーさんから「ムカゴネコノメソウですね。」との指摘が。
そこまでは知らなかった。

 ネコノメソウ(ムカゴネコノメソウ)

P2250013s

さて、あわよくば見られるか?のスハマソウですが、登山道をいくら探しても見つけられませんでした。
登山道をウロウロ探し回ったあげく、あきらめて帰ろうとしたら急な斜面に沿って細い踏み跡を発見。
これを慎重にたどってみたところ、ありました!!

 高宕山は岩峰だけあって展望は抜群

P22500611s

たった一輪ですがスハマソウの白い花が咲いていました。
そして、足元にふくらみかけた蕾の一輪も発見。
そのほかに株は見つけられませんでした。
いやー、初めて見るスハマソウに大感激です。

 初めて出会えたスハマソウ(洲浜草)

P2250066s

ミスミソウと同じ仲間ですが私には見分けはつきません。
房総の低山で可憐なスプリングエフェメラルに出会えてうれしかった。

 まだたくさんのスイセンに迎えられました

P2250083s

これだから、山歩きはやめられないのですよね。
高宕山はとても良い山です。
もっともっと登られても良い山だと心から思いながら下山の途につきました。

P22500761s

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.02.22

【房州低名山】富山(福満寺からの往復)

昨日は家族サービス(といってもカミさんだけだけど)で鋸南町・佐久間ダム湖畔の頼朝桜(河津桜)を見物しに出かけました。

 富山(349.5m)は県内第7位の高峰です

Img20210221091915_r

お目当ての頼朝桜はほぼ満開だったけど、車が多すぎて停めるところがなくやむなく車中からの鑑賞となり満足な写真も撮れず。
他県ナンバーもたくさん来ていて、ホントに緊急事態宣言中なんだろうか?

 黄色のスイセンもきれいです

P2210004_r

まあ、それはさておき、桜見物だけではもったいないのでカミさんを説き伏せて富山(とみさん)に軽いハイキングを計画。

 タチツボスミレもたくさん咲いていました

P2210012_r

富山とくればお隣の伊予ヶ岳を組み合わせてのハイキングが楽しいんだけど、5km以上は歩きたくないというカミさんに負けて富山オンリーになりました。(泣)

 フキの花

P2210035_r

山道を歩いていると、タチツボスミレやムラサキケマンなど春の草花も咲き始めていて嬉しい気分になりますね。
早く県を跨いでもっとたくさんの山野草に会いに行きたいものです。

 山麓を彩るセイヨウアブラナの畑

P2210054_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.02.21

トップリーグ開幕戦

大坂なおみの全豪オープン優勝の陰に隠れてしまったけど、ラグビートップリーグが昨日ようやく開幕しました。

Cimg0105s

コロナも収まっていない中での試合観戦はちょっと後ろめたいものがあったけど、今シーズン限りで現役を引退する福岡堅樹選手の走りも見たかったので思い切って秩父宮ラグビー場に足を運びました。

感染防止対策はさすがでした。

入口での手指消毒と検温チェック。座席は横1列飛ばしで、しかも一つ置きでの着席のため人との距離はかなり離れています。

Img20210220135521s

応援も拍手以外は原則なし。それでも、選手たちの熱いたたかいが会場内を大きく盛り上げてくれました。

2019年ワールドカップで活躍した稲垣選手や堀江選手などがグラウンド中を躍動していました。

お目当ての福岡選手も鮮やかなトライを決めてくれたし、やはりスポーツは生の観戦が最高ですね。

Cimg0111s

| | Comments (0)

2021.02.16

【房州低名山】高鶴山と烏場山、ついでに抱湖園の寒桜

先日の福島県を中心とした大地震には驚きましたよ。
我が家でも寝入りばなを起こされて、慌ててタンスを避けて避難したぐらいですから。

福島にいる旧友に連絡したら、もう大騒ぎだったらしい。
家の中はめちゃくちゃになり、タンスが倒れて下敷きになったとか。
幸い、布団のおかげで怪我はしないで済んだらしいのだけど、後片付けで大変だったらしいのです。

 この時期の房総は菜の花とスイセンの花盛り

P2130049_r

そんなこんなで、記事のアップが遅れてしまったけど、先週の土曜日に県内近場のウォーキング第5弾として、房州の高鶴山を訪れました。

同じ県内とはいえ、降り立った安房鴨川駅までは100km以上離れているけどねー。
これが近場といえるかどうか??

 土手という土手にスイセンが咲いていました

P2130046_r

高鶴山だけではやや物足りないので、お隣の烏場山とあわよくば江見大塚山を登るべく計画をたてたのですが、なぜか江見大塚山に登る道がわからないまま下山しちゃいました。

 高鶴山では誰にも会わずに静かな山頂を独り占め

P2130029_r

でも、今回登った高鶴山は掘り出し物でした。
房総の山には珍しく登山道はよく整備されているし、山麓の風景がとても素晴らしく、これほどの棚田が広がっているのは大山千枚田を除けばちょっとないんじゃないかな?

 山頂からは太平洋が美しかった

Img20210213091044_r

後で調べたら「星ヶ畑の棚田」というらしいです。
大山千枚田とは雰囲気が異なりもっと素朴な感じがします。

 写真ではわかりづらいけど素敵な棚田が広がっています

P2130061_r

田植えの一段落する5月の中旬頃に訪れるととても素敵な里山風景が迎えてくれる予感がします。
ただし、その頃から活発化する房州名物のダニ・ヒル・マムシの三連奏をどう凌ぐか?
それが大きな問題です。(笑)

 青空と桜と菜の花の三段染め

Original_0b88a43e266a49fbb587f203f52b603

最後に立ち寄った抱湖園は、間宮七郎平という安房地方で初めて花づくりに成功した人が自ら開墾してこしらえた自然園だそうです。
ここの名物が元朝桜と名付けられた寒桜。
旧暦の元日の朝に咲くことから名づけられたそうです。

 典型的な南房総の風景が広がっています

16131890136090_r

少し緑の葉が混じる河津桜と違い、まさに桜そのもの。
この時期に桜と菜の花のコラボな風景を眺められるのはとても贅沢に感じました。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2021.02.07

【房州低名山】房の大山と早春の海岸ウォーク

県内近場のウォーキング第4弾は、房の大山を訪れました。
房の大山は、「ぼうのおおやま」と呼ぶそうです。
地元では坂田(ばんだ)の大山とも呼んでいるようですが、館山湾に面した目立たない低山です。

 房の大山頂上付近から眺める東京湾越しの富士山

16125833714770s

房州低名山の14番山頂ですが、緊急事態宣言が出て近場のウォーキングしかしていない今でなければたぶん訪れなかったと思います。

登山口から山頂まではとても快適とはいえない道のりだったなあ。
序盤は笹ヤブから始まり、尾根上に上がってからはヤブと倒木とが繰り返し現れるような踏み跡が続きます。

 快適とはいえないルートでした(画面左手が大山)

P2060018s

とりあえず、濃いめの踏み跡を選んで歩きますが、刺のある雑木やら倒木やらで距離のわりには捗らない登りでした。

ところが山頂付近からは立派なコンクリートの展望台や舗装道路に囲まれた景色に一変します。
事前にわかっていたとはいえ、この対照的な景色には戸惑いました。

 真新しいけど謎の展望台

P2060029s

前半のヤブ道に懲りたので、下山は見晴らしの良い開発中の道路を歩こうとしましたが、途中で工事中の作業員の方から「入っちゃだめだよ!」と叱られてしまいました。

下山してから地図をよく見ると、山頂の南側にある伊戸集落に下る踏み跡があるようでした。
このコースを下れば館山湾から尾根を越えて太平洋に縦断することになり、より充実したことでしょう。この点反省しきりです。

 ハイキングの後は海岸ウォーク

P2060043s

下山後はバス待ちの時間調整で洲崎海岸までウォーキング。
早春の海岸歩きは最高に気分が良かったです。

 誰もいない磯でランチタイム

16125833715631s

暖かな日だまりの磯で館山駅前で買ってきた海老フライバーガーに舌鼓を打ちながらしばしのお昼寝タイム。
こういう楽しみができるのも房総の低山歩きだからこそだと思います。

 お昼寝の股の間から見えた富士山

P2060051s

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »