« August 2020 | Main

2020.09.30

裏岩手・三ツ石山に行ってきました

9月の初めのことでした。
ラジオ深夜便(NHKラジオ)を聴いていたカミさんが、「ゆうべラジオ深夜便を聴いていたら岩手の三ツ石山のことをやってたけど、紅葉がそれはそれは見事なんだって。アナタ知ってる?三ツ石山って。」
「岩手の三ツ石山?知らないなあ。」

 三ツ石山頂からの岩手山(残念ながら山頂の雲が取れない)

P9280040_r

そんな朝の会話があった後、私も聞き逃し配信でラジオ番組を聴いてみたら、どうやら裏岩手縦走路の一角にある山らしいということがわかりました。

千葉に住んでいると東北の山の情報にはどうしても疎くなります。
そこでヤマレコで三ツ石山のことを検索してみたら、「おー!紅葉がスゴイじゃん!」ということがわかり、さっそく計画を立てることに。

 エゾオヤマリンドウがたくさん咲いていた

P9280025_r

折からのGoToトラベルキャンペーンと大人の休日俱楽部パスを使えばかなり安く行けることがわかり助かりました。

ただし、新型コロナウィルス感染の収束の目途が立っていない地域にいる人間が日本一感染の少ないエリアに出かけることへの気後れがなかなか払しょくできません。

 展望に恵まれた稜線歩きが続きます

P9280019_r

事前の体調管理をしっかりと行い、新幹線に乗り込み登山口にある宿に向かったところ、宿ではかなり行き届いた感染防止対策を施してくれていて気持ちよく迎えられました。

 三ツ石山が見えてきた

P9280022_r

期待をもって臨んだ三ツ石山登山は、スキー場のリフトを3本乗り継いで標高1300mラインに達してからの楽々コースです。

裏岩手縦走路の一部をたどるルートは紅葉の見ごろはもう少し先でしたが、展望の良いたおやかな尾根をめぐる素晴らしいコースでした。

 三ツ石山の手前に建つ三ツ石山荘と三ツ石湿原

P9280027_r

紅葉に彩られた三ツ石山の山頂では隣に居合わせた地元の登山者の方から声をかけられました。
「どちらからですか?」
「千葉からです。すいません。」と小さな声で答えたら、
「遠くからよく来てくれましたねー。私たちは県外からなかなか出られないので、皆さんが経済を回してくれるので助かってますよー。」と話してくれてなんかとても嬉しかったです。

 三ツ石山山頂の岩峰です

Img20200928113434_r

その後も岩手県内の紅葉の名所の話で盛り上がり、美味しい果物や冷たいデザートまで頂いてしまいありがたいことです。岩手の人たちはとっても優しいのです。

 山頂から秋田駒ヶ岳方面を眺めたところ

Img20200928113858_r

三ツ石山の紅葉適期は例年は9月下旬。本来なら最高の見頃の時期のはずなんだけど、今年は一週間から10日ほど遅れているとのことでした。
それでも山頂付近で見事な色づきに出会えたので文句を言ったら罰が当たります。

欲を言えば、山頂から雲の取れた岩手山の雄姿をを眺めたかったなー。

 帰り道で御大・岩手山の雲が取れました

Img20200928131800_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2020.09.22

西印旛沼周遊ライド

久しぶりの自転車ネタでホッとしてます。
なぜホッとしているかって、このブログはワタシが所属しているサイクリングクラブのWebサイトにもリンクされていて、最近山ネタばかりなので恐縮しっぱなしなのです。

 久しぶりのサイクリング日和です

Img20200922100524s

たまには自転車の記事も書かなきゃね。
とはいえ、同じ日にクラブでは外房方面のライドに出かけています。
往復で100km超なのでいまのワタシにはちょっとハード。
よって、ソロでポタポタ走ってきたというワケ。

 西印旛沼畔に到着しました

Img_20200922_105650s

今日走ったコースはこれまでにも何度も走っているコースで、地図なしで辿れる楽々コースです。
花見川、新川、西印旛沼をめぐりながら佐倉ふるさと広場で休憩し、帰りは手繰川沿いの田園地帯を走る高低差の少ないルートです。

新川ではサイクリングロード上に体長30cm超のカミツキガメがのそのそ歩いていて危うく轢きそうになり焦りました。
あんまり驚いたので写真を撮るのも忘れてしまった。
目つきが鋭くてもう遇いたくないな。

 ふるさと広場はチャリダーで賑わっていました

Img_20200922_110330s

今日は風が少しあって行きは向かい風、帰りは追い風でした。
これが逆だとちょっと辛いんだけどね。

ふるさと広場ではコスモス畑を期待してたんだけど、まだまだでした。
おそらく10月に入ってからでしょうね。
それでもマリーゴールドのオレンジ色が風車の脇に植えられていてなかなかきれいでした。

 青空と白い雲と風車

Img20200922110937s

帰りは大島屋で名物のカツ丼をと思い、向かいましたが祝日のためか行列ができていたので断念。
行列ぎらいなので仕方なくイトーヨーカドーのフードコートの中で一番空いているお店で鉄板お好み焼きを食して帰宅したけど、たまにはフードコートも便利でいいね。

 今日のお昼は鉄板お好み焼き480円でした

Img20200922122958s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.9.22
距離 : 70.13 km
累積標高 : 163 m
移動時間 : 3:07:01
経過時間 : 3:56:16
平均速度 : 17.8 km/h
平均移動速度 : 22.2 km/h

| | Comments (0)

2020.09.19

秋の花を探しに陣馬山から小仏城山を歩く

P9180074_r

 

9月に入ってようやく暑さが和らいできたことだし、秋の花も咲き始めていることを期待して裏高尾の山を歩いてきました。

 

 キンミズヒキの群落。きれいでした。

P9180078_r

 

4連休前だから空いているかな?なんて思ったけど、天下の裏高尾縦走路にはハイカーさん、トレランさんたちがそれなりにいらっしゃいました。

 

 ヒキオコシ。初見でしたがとても印象に残った花。

P9180068_r

 

前夜の予報では晴れだったんだけど、ふたを開けてみたらずっと曇り空で、期待していた富士山の展望もおあずけです。

 

 アキノタムラソウもいいですねえ。

P9180064_r

 

気温は、稜線を歩いている時で25℃から27℃くらい。終始風が吹いていたので意外と涼しく感じました。

 

 シモバシラですが、私には歯ブラシに見える?

P9180032_r

 

お目当ての秋の山野草もいろいろなものが見られて良かった。
これから10月を過ぎるとセンブリやヤクシソウなど秋を代表する野草たちが見られることでしょう。

 

 陣馬山にはツリフネソウの群落がありました

P9180029_r

 

 イヌショウマもたくさん咲いていた

P9180017_r

 

最近は低山を徘徊する花追い人になりました。
今まで、たとえ目にしてもスルーしていた野草たちの可憐な美しさに魅了されているこの頃です。

 

 最近ようやく覚えたセキヤノアキチョウジ。

P9180010_r

 

くわしい山の記録はこちら

 

| | Comments (0)

2020.09.11

アケボノソウが見頃の沼原湿原を散策する

P9090013s

台風10号からこのかたお天気がいまいち不安定です。
そんな中、2日間の休みが取れたので那須の山を訪れました。

 ユニークな形のサワギキョウも終盤の感じ

P9090025s

登山前日に時間があったのでカミさんと散策で訪れた沼原湿原ですが、たくさんのアケボノソウに迎えられ思いがけなく得した気分になりました。

 お天気はイマイチでしたが静かで良かった

P9090026s

アケボノソウとは昨年の9月に入笠山で初めて見かけて以来のご対面です。
端正な星形と花びら先端に散りばめられた斑点がとても魅力的な花です。

P9090015s

翌日に予定していた赤面山、三本槍岳方面の登山は、不安定なお天気を嫌って結局中止にしました。
行って行けないことはなかったけど、この美しい花に出会えたので良しとしましょう。

 湿原内は木道が整備されています

P9090031s

 那須を代表するオヤマリンドウ

P9090037s

アケボノソウの花言葉は「前向き」。
花びらにある斑点を夜明けの星座に見立てたことからロマンチックな名前が付いたらしいけど、花言葉も良いですね。

P9090014s

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

« August 2020 | Main