« January 2020 | Main

2020.02.16

秋山二十六夜山~倉岳山~高畑山を歩く

当初は上越方面の雪山に出かける予定でしたが、なんとなく準備が整わなくて断念。
その代わり手軽に計画の立てられるエリアの山をあれこれ考えているうちに、まだ訪れたことのない秋山の二十六夜山が候補に上がりました。

この山だけでは少し物足りないのでお隣にある倉岳山、高畑山とセットで歩くことにしました。
でもよく見ると二十六夜山から倉岳山まではいったん秋山川沿いのバス道路に下りなければならず、中高年にはきついかなあ?と思いつつ歩いてみたら、やっぱりきつかったです。(笑)

 山名の由来になった二十六夜塔

Cimg9946_r

二十六夜山は道志山塊にもあるので、秋山川沿いにあるこちらの山は秋山二十六夜山って呼んでいます。
公共交通機関で行くには結構たいへんで上野原駅から出る一日2本(しかも午前中は1本のみ)のバスしかありません。

マイクロバスって言った方が正解の小さな路線バスに揺られて、初めて秋山川沿いのエリアを訪れました。
道志川沿いの山々には何度か登っているけど、秋山川沿いの山に登るのは初めてなので期待が高まります。

 静かな山頂は好ましい雰囲気に満ちています

Cimg9947_r

思っていたとおり秋山二十六夜山は静かで好ましい感じの山でした。
ハイカーにもほとんど出会うことなく静かな山歩きを楽しむことができました。
ただコースを通じて展望がほとんどないのが残念です。
浜沢の集落に下山する途中で南アルプスの北岳、間ノ岳が見える場所があったけど、それ以外は展望に恵まれません。

 ちょっとだけでも見えるとうれしいです

Cimg9953_r

いったん秋山川に下り立ち、ふたたび立野峠をめざして登り返します。
荒れた沢沿いの道は疲れた体に優しくないです。
昨年秋の台風による倒木も随所にあって、跨いでいくか潜っていくか判断に迷います。いずれにしても意外に体力を使いました。

 またぐか潜るか悩む倒木

Cimg9963_r

 堂々と倒れてました

Cimg9965_r

ようやくたどり着いた立野峠から先はメジャーなルートなので行きかう登山者も多く道もしっかりしていました。
やがて本日2番目の山頂である倉岳山に到着。
ここで富士山とご対面。

Cimg9969_r

曇り空だったので展望は期待していなかっただけに大きくて真っ白な富士山に会えてうれしかった。
さすがは秀麗富嶽十二景の9番山頂だけあります。

 天神山からは北都留三山の山並みが眺められました

Cimg9972_r

でも富士山展望はこのあと向かった高畑山の方が少しだけ良かったです。
高畑山も十二景の一座だけあって均整のとれた富士山を眺めることができました。

 高畑山からの秀麗富嶽

Cimg9976_r

あとは鳥沢駅まで下るだけ。
ここにきて二十六夜山から立野峠までの登り下りがボディブローのように重く効いてきて太ももや膝に違和感が出てしまいました。
重たい足をひきずってようやく甲州街道に出て駅をめざしました。

いやあ、今回は北に向かって失敗でした。歳には勝てません。
南の赤鞍ヶ岳方面に向かうコースはどうなんだろう。次回はそっち方面を検討するとしますか。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (1)

2020.02.08

をくずれ水仙郷ツーリング

Cimg9898s

水仙の咲く時期に鋸南町の「をくずれ水仙郷」を訪ねるのはほぼ年中行事になっているんだけど、今年はなかなか行く機会が得られなくて半ばあきらめていました。

Cimg9912s

もう水仙のピークは過ぎたかと思いきや、をくずれ水仙郷ではまだたっぷりと咲いていてくれました。
というか今年は例年に比べてかなり遅い開花だったようです。

Cimg9906s

この暖冬で頼朝桜(河津桜)の開花が早まり、遅咲きの水仙に追いついちゃって、ふだんなかなか見ることのできない水仙と頼朝桜と菜の花の華麗なコラボが楽しめました。ラッキー!

Cimg9915s

とはいえ、今日は大変だった。
ラグビートップリーグの後半戦の試合チケット売り出しが朝の10時から始まるので、ペダルを回しながらも心は売り出し開始時間の方に。
運の悪いことにちょうどかずさアカデミアパーク付近の坂道を上っている時に運命の午前10時を迎えました。
10時2分。仕方なく自転車を降りてスマホをチェックしたらアクセスが殺到してサイトにつながらない!
ヤバイ!
と思ってもぜんぜん繋がらないのでふたたび自転車に乗って坂の頂上まで行きふたたびトライします。

 水仙畑の向こうには富山の姿が・・

Cimg9904s

お、つながった!
さっそく4月18日の神戸製鋼vsNTTコムの試合を申し込むと・・・
「予定枚数終了」の非情な文字が・・。
え、まだ10時10分なんですけど。(涙)
わずか10分足らずでチケット売り切れのショックで急にペダルを回す脚が重たくなりました。
くそ!
にわかの連中にやられた。
やっぱり今日は外出しないで家のPCの前でスタンバイすべきでした。

 をくずれ水仙郷の入口です。すでに甘い香りがいっぱい

Cimg9890s

気分最悪の中を南に向かってペダルを回します。
習志野市、千葉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、君津市、鋸南町と6市1町を経て「をくずれ水仙郷」に着きました。
大崩のバス停に近づくと甘い香りがたちこめてきて何ともいえないハッピーな気分になるから不思議です。
先ほどまでのブルーな気分がすっかり解消できました。

Cimg9927s
Cimg9930s

頼朝桜の方は開花のニュースは知ってたけど、こんなにたくさん開花しているとは思わなかった。
佐久間ダム周辺で五分咲きってとこかな。
十分に見ごたえがあるし、水仙や菜の花も咲いているのでとっても華やかです。

Cimg9920s

今日はお天気も良いし、やっぱり訪れて良かったなあ。
これでチケットが取れていれば最高だったんだけど。(笑)

 保田海岸から浮島方面を望む

Cimg9934s

DATA
-------------------------
DATE : 2020.2.8
距離 : 102.53 km
累積標高 : 895 m
移動時間 : 4:45:53
経過時間 : 6:12:18
平均速度 : 16.5 km/h
平均移動速度 : 21.5 km/h

| | Comments (0)

2020.02.02

毛無山に登ってきました

Cimg9856_r

だいぶ以前のことですが、「山と渓谷」誌だったか、カラーグラビアで御坂山塊にある毛無山から写した富士山の写真が紹介されていてその雄大な景観に思わず見惚れてしまいました。
いつか機会をとらえて訪れてみたいと思っていたところ、快晴の予報が出たので出撃。

 遮るもののない富士山の大展望に歓声が上がります

Cimg9848_r

予報どおりの快晴の中を歩き、富士山展望台に着いて後ろを振り返ると「おおー!」雑誌のグラビア写真どおりのでっかい富士山にご対面できました。

 パラグライダーが気持ちよさそうでした(山頂より)

Cimg9862_r

それまで樹林帯の中を黙々と登り続け、枝が邪魔をして満足に見ることができなかったので、何も遮るもののない空間にすっきりとした富士山を眼前に望むことができて大満足です。

 毛無山の山頂にて(山梨百名山です)

Cimg9857_r

ここから見る富士山は、眼下に広がる山麓の風景が秀逸ですね。
一面にひろがる畑や牧場、それに森の織りなす濃淡のある緑がパッチワークのように広がっていてとてもきれいです。

 南アルプス南部の山々も美しかった

Cimg9869_r

そして圧巻は大沢崩れの迫力ある景観です。
山頂から一気に落ちる大沢崩れの荒々しい岩肌。富士山の最も厳しい一面を垣間見ることができました。

 毛無山頂からは大沢崩れが真正面に望めます

Cimg9865_r

今回は出発時間が遅いので雨ヶ岳までの縦走はまたの機会に譲りますが、長年の宿題の山がひとつクリアできたので先ずは良しとしましょう。

 八ヶ岳連峰もすっかり白くなっていました

Cimg9874_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

« January 2020 | Main