« 御坂黒岳から新道峠へ ~富士山の展望ハイキング~ | Main | 久しぶりのご近所サイクリング »

2020.01.22

鍋割山と寄のロウバイまつり

Cimg9819_r

「蝋梅が本当にきれいでしたよー。」
山友ヨーコさんから寄(やどりぎ)のロウバイまつりの情報をいただいたので、私も見に行くことにしました。
松田町の寄地区は初めての訪問です。

 小丸尾根上部から雪の大山と三ノ塔を眺める

Cimg9766_r

どうせ行くなら近くの山とセットで訪れた方が満足度が上がるだろうなと思いさっそく計画を立ててみます。
寄だったらシダンゴ山か鍋割山かなー。
シダンゴ山だと少し歩き足りないので鍋割山に決定。
鍋割山なら久しぶりに小丸尾根を登路に使う計画にしました。

 鍋割山と富士山

Cimg9783_r

小丸尾根は以前は「訓練所尾根」って呼んでいましたが、もう40年以上も前に登ったきりです。
今日は平日ということもあり小丸尾根ではたった一人しか出会いませんでした。
静かな山歩きができてゴキゲンです。

 鍋割山稜からの南アルプス南部の山々

Cimg9775_r

一方、下山路に使った寄までの尾根道は後沢乗越から先が初トレースになります。
こちらも誰も歩いていなくて静寂な雰囲気を独り占めできました。
表丹沢も土日を避けてルートを選べばまだまだ静かな山歩きができるということなんですね。

 プチ雪山ハイキングも楽しいです

Cimg9784_r

鍋割山稜ではプチ雪山ハイキングを楽しめました。
稜線から眺める富士山は、たっぷりの雪をまとった姿が圧巻でした。
チェーンスパイクが雪面によく効いて歩きやすかった。

 やっぱり富士山は最高にきれい

Cimg9778_r

そして、今回のコースのフィナーレを飾るスポットが寄の蝋梅園です。
いま、ロウバイまつりが開催されていますが、その数2万本という蝋梅がいっせいに開花している様は見事でした。
青空に黄色の花がよく映えます。

Cimg9805_r
Cimg9818_r

今回は鍋割山で名物の鍋焼きうどんは食べなかったけど、雪の富士山と鍋焼きうどんとロウバイの花見の3点セットが楽しめるこのコースはおススメです。

Cimg9811_r

くわしい山の記録はこちら

|

« 御坂黒岳から新道峠へ ~富士山の展望ハイキング~ | Main | 久しぶりのご近所サイクリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 御坂黒岳から新道峠へ ~富士山の展望ハイキング~ | Main | 久しぶりのご近所サイクリング »