« November 2019 | Main | January 2020 »

2019.12.26

正月飾りを初めて作りました

毎週木曜日に受講している千葉シニア自然大学の講座で正月飾り作りを初めて体験しました。
いやー、初めて縄をなうところからやってみたけど、難しいですね。

 はじめての経験は楽しいものです

Img_20191226_111009rs

午前中は鳥居飾りでの正月飾りを、午後からは本格的に縄をなうところから始める輪飾りづくりに挑戦しました。

普段使いの縄は右巻きになうので右利きの人もやりやすいらしいんだけど、正月用の縄は左巻きになうので右利きだと慣れるまで難しく、とても器用に縄をなうところまではいきませんでした。

 お手本が飾られていますが、なかなか・・

Img_20191226_115126s

鳥居飾りはワラを折り返して作っていくのでなんとかなったけど、午後からの輪飾りは縄づくりからなので難しかったなあ。
時代劇映画などで農民が土間であぐらをかいて縄をなう場面が出てくるけど、まさにあの感じで作ってみました。

 鳥居飾りの土台部分の完成

Img_20191226_111001s

受講生は私を含めて大半が60~70歳代。
親の世代が実際に縄づくりをやっていたのを見て育っているので、さすがにそういう人たちは上手です。
あいにく私の両親は都会に住んでいたのでそういう経験がなく、したがって私は下手でした。(笑)

 鳥居飾りの完成版です。やったぜ!ふー

Img_20191226_114559s

来年1月にはいよいよ登山学習で房総の名山、富山に登る予定でしたが、例の台風15号による倒木被害が深刻な状態のため中止となりました。
残念ですがしばらくは房総の山歩きは一部を除いて難しいでしょうね。

千葉シニア自然大学の受講風景はこちら

| | Comments (0)

2019.12.15

中房総・高宕山 ~想像以上の台風被害に驚く~

Cimg9559s

昔からの山仲間と3人で忘年ハイキングに出かけました。
夕方からの懇親会に合わせて、朝遅い出発でも楽しめる近場の中房総・高宕山を選びました。

 石射太郎山から眺める高宕山

Cimg9558s

千葉県内の低山はこの秋に襲来した台風や大雨による甚大な被害でひどいことになっているようです。
ニュースでは知っていたのですが、実際に歩いてみたのは今回が初めてです。

 山頂下に建てられた観音堂からの展望

Cimg9577s

高宕山は山頂直下に有名な観音堂が置かれていることもあってか、メインの石射太郎山からの登山道は復旧されていて安全に歩けましたが、下山に使った高宕大滝コースはかなり荒れていました。

 強風で表土ごとめくれ上がった状況

Cimg9606s

チェーンソーによる倒木の伐採や土砂崩落地点ではロープが新たに設置されていたりして地元の方々やボランティアの方々の懸命な努力が伝わってきますが、それでもかなり大規模に崩壊しているので慎重に通過する必要があります。
高尾山あたりなら間違いなく通行禁止になるレベルの危険度だと感じました。

 林道はかなりひどい状況でした

Cimg9614s

 これでは復旧の目途も立たない?
Cimg9615s

房総の山々はこれからスイセンや早咲きサクラの季節を迎えるのに本当に残念です。
登山道の復旧は地元の方々やボランティアの方々に頼るケースがほとんどだと思います。私たち登山者はその恩恵を受ける身。

Cimg9617s

そこで、自分でもできる支援として、高宕山の隣にある鋸山登山道の復興プロジェクト(クラウドファンディング)にささやかな募金をしました。
房総の山々の一日も早い復旧復興を願ってやみません。

Cimg9622s
Cimg9628s

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2019.12.05

紅葉になんとか間に合った!奥久慈男体山

Cimg9437_r

奥久慈男体山のことを意識するようになったのは、5年ほど前のことです。

自宅から袋田の滝までの約160kmを自転車で走って、袋田駅から輪行で帰るときに駅のホームに山帰りらしい登山者が立っていました。

Cimg9461_r

こんな田舎の駅(失礼!)に登山者がいるのが珍しく、どこの山に登られたんですかって聞いてみたら「奥久慈男体山から縦走してきました。」との返事が返ってきたのです。

Cimg9510_r

ふーん、そんな山があるのかあ。
ということでさっそく帰宅して調べてみたら、なるほど茨城県では有名な山だということがわかりました。

Cimg9483_r

それから5年後。
今年こそはと思いつつ計画を立てたのですがお天気に恵まれなくて二度ほど中止が続き、今回ようやく登ってくることができました。

 ヤブムラサキの実

Cimg9532_r

健脚コースから登って一般コースに下山する周回ルートが一般的なようですが、もう少し歩きたいなということで選んだルートが今回歩いてきたコースです。

Cimg9471_r

コンパクトにまとめられていて、この山と山麓の持つ魅力が網羅されている変化に富んだコースでした。
スリルに富んだ岩場も回避されているので安心して歩けます。

山頂からは南に筑波山、西から北西にかけて日光表連峰、高原山、男鹿山塊、那須連峰といった山々が眺められます。
それよりも北常陸の丘陵地帯の山襞が眼下に広がる様が圧巻でした。

Cimg9485_r

下山は月居山方面に向かい、途中から男体山神社方面に下っていきます。
下る道沿いの紅葉は見事で、何度も足を止めて見入りました。

Cimg9522_r

さすがに紅葉は終わっているんじゃないかなー、って悲観的に予想していたので終盤とはいえ赤や黄色に色づいた樹々に出会えて本当にうれしかったです。

Cimg9528_r

ただ一つ残念だったことは、登山口の入口にある大円地山荘(常陸蕎麦の名店)がお休みだったことです。
月曜日定休って聞いていたのですが火曜日もお休みだったとは残念でした。
せっかく新蕎麦をいただけるチャンスだったのに・・・。

Cimg9503_r

次回は、櫛ヶ峯から鷹巣岩にかけての稜線歩きのご褒美に大円地山荘でのお蕎麦を食す機会をなんとか作りたいと思っています。

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

2019.12.01

志駒もみじロードサイクリング with CBCC

Momiji02

宇都宮ギョウザツアー以来のツーリングで志駒のもみじロード(県道182号線)を走ってきました。
今回は途中合流、途中離脱の仲間をいれて総勢9名。

Momiji03

今年の紅葉は発色が良くないので出かける前から期待はしてませんでしたが予想どおり?やっぱりダメでした。
おまけに毎年恒例のもみじ祭りも中止ときては何のために走ってきたんだか。

 これが精一杯の紅葉景色でした

Momiji01

紅葉にはまだ早いのかそれともこのまま赤くならずに散ってしまうのかはわからないけど、例年なら十分に色づいているはずのカエデや他の広葉樹もイマイチです。
観音堂の大銀杏もすっかり散った後でした。
やはり秋の大型台風の襲来と高温長雨の影響かも知れません。

 色づいている樹もあれば全然色づいていない樹も・・・

Momiji04

とはいえ、仲間と走るサイクリングはやっぱり楽しいものです。
みんなでワイワイおしゃべりしながらのランチタイムも格別だし、パンクトラブルもみんなで解決するのであっという間。
これがクラブイベントのメリットですね。

 ゴール地点の保田海岸

Momiji05

今回は景色に恵まれなかったけど、次回はスイセンの咲く頃にまた訪れてみたいものです。

DATA
-------------------------
DATE : 2019.11.30
距離 : 100.01 km
累積標高 : 788 m
移動時間 : 4:23:04
経過時間 : 7:28:20
平均速度 : 13.4 km/h
平均移動速度 : 22.8 km/h

| | Comments (0)

« November 2019 | Main | January 2020 »