« 川俣ダムの巨大工事足場を見学 | Main | 朝寝坊した日は高尾山へ »

2019.10.29

富士の展望と秋の花に彩られた丹沢表尾根

奥多摩も奥秩父も、そしてまさかの高尾山周辺も台風の被害が出ているようなのでなかなか足が向きません。
そこで比較的被害の報告が少ない表丹沢を好天が期待できる26日に歩いてきました。

 冠雪した富士山を今シーズン初めて見ました

Imgp8505s

とはいえ、前日の25日は私の住む千葉県のほぼ全域で想像をはるかに超える豪雨に見舞われ、さすがにその翌日に山に行く気は失せていました。
朝から夕方まで間断なく豪雨が続くという経験は過去にありません。
怖さを感じるほどの雨量でしたが、とりあえず子や孫たちの安否を確認したら全員無事とのこと。
先ずはホッとしました。

 今日のお目当ての花です

Imgp8554s

また幸いにも私の住む最寄り駅からの電車も平常ダイヤで動いているのが確認できたので、気が重かったけど思い切って山歩きにでかけてきました。

今回のハイキングのお目当ては各地で報告があるセンブリやリンドウなど秋の花々に出会うことです。
長年山歩きをしていますがセンブリ(千振)にはまだ出会っていません。
というか見かけていても気づかなかったんだと思います。
山野草に興味が向いてきたのがつい最近のことなので。

 リンドウは今が見頃のようです

Imgp8515s

うまく見つけることができるかな?
と思いつつ山道を歩いていたら道の脇にごく普通に咲いているではありませんか。
ちょっと小ぶりなので見つけづらい感はあるけど、かなり広範囲に咲いていてうれしかった。

 道端にたくさん咲いていました

Imgp8557s

花の感じは9月に初対面したアケボノソウに似てるけど背丈は大違い。
小さく可憐な感じがしていっぺんで好きになりました。

 秋の山歩きも楽しいです

Imgp8521s

 凛としたたたずまいが素敵な花です

Imgp8464s

表尾根も稜線に近づくとセンブリに加えてリンドウの花が見頃を迎えていました。
青いリンドウと白いリュウノウギクが目を楽しませてくれます。
青紫色のヤマトリカブトなんかも咲いていて、晩秋の花数の少なくなってくる頃、その年の最後を飾ってくれる花々に出会えてラッキーでした。

 二ノ塔尾根の菩提峠分岐からの富士山

Imgp8506s

二ノ塔尾根の上部からは今シーズン初冠雪の富士山にも会えたしまあいいかな。
出発も少し遅かったし、塔ノ岳に向かう元気もないので今日は烏尾尾根を下ることにしました。
この尾根を下るのは若い頃に新茅ノ沢の沢登りで歩いて以来です。

 嫌われ者のヤマトリカブトですがきれいですね

Imgp8511s

 紅葉にはもう少し早いようです

Imgp8567s

急な尾根道に巧みにつづら折れの道が付けられていて膝に優しい下山道でした。
尾根から車道に飛び出してからは長い長い林道歩きを経て大倉のバス停に向かいました。

くわしい山の記録はこちら

|

« 川俣ダムの巨大工事足場を見学 | Main | 朝寝坊した日は高尾山へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 川俣ダムの巨大工事足場を見学 | Main | 朝寝坊した日は高尾山へ »