« 鬼怒川上流2ダムめぐり | Main | 第9回 宇都宮ギョウザツアー with CBCC »

2019.10.10

那須岳(茶臼岳)と紅葉が見頃の姥ヶ平を周遊

ちょうど2か月ぶりの那須です。
前回は盛夏の頃。たった2ヶ月で錦秋の山に変貌していました。
下界ではまだまだ夏の名残りの暑さがあるのに山は確実に季節が移ろっていることを実感しました。

 ひょうたん池と紅葉の茶臼岳

Imgp8368_r

今回は2日間は晴れるとの予報を知り急に思い立っての山行。
いつもは車で行く那須の山に電車&バスで出かけてみました。

平日だからガラガラかと思いきや、バスは行き帰りともに満員で立ちっぱなしでした。
那須の山は高気圧が張り出してくると必ずといっていいほど強風に悩まされるけど、今回もかなりの風が吹いていて、ロープウェイは運転休止中でした。

Imgp8359_r

登り始めてしばらく進むと上から続々とハイカーが下りてきます。
たぶんあまりの風の強さに登山をあきらめて下りてきたのでしょう。
那須の風の強さに慣れていない人には厳しいコンディションだと思いました。

Imgp8392_r

風に抗い峰の茶屋跡のコルに立つと強風はピークに。
コルから那須岳避難小屋に向かう下り斜面はちょうど風を真正面に受けるので体が煽られてしまいそうになります。

Imgp8388_r

ずっと以前の12月末にここを通過した時は、一瞬息が止まるほどの強風に遭遇しました。
わずか50m位の区間ですが、恐怖の時間でした。
それに比べれば今回は大したことはなかったけど、

Imgp8407_r

那須岳避難小屋まで下りると風の影響はまったく感じられずじつに穏やかなものでした。
この極端な違いも那須の山の面白いところですね。

Imgp8422_r

お目当ての姥ヶ平の紅葉は今がちょうど見頃。三斗小屋周辺などその他のエリアはまだこれからといった感じでした。
ただ気になるのは、紅葉の発色がイマイチだなあということ。
鮮やかさに欠けるというか、くすんでいるというか。

Imgp8387_r

夏場の高温が影響しているのは間違いありません。
ヤマレコで他の山の記録を見ても同じような感想が寄せられていました。
全国的な現象なんだろうけど、これからはこれが普通の現象になるのならこんな悲しいことはないです。

 シラタマノキ

Imgp8433_r

まあそれでも今シーズン初の紅葉狩りを楽しめました。
これから12月初めまで、紅葉に染まった各地の山々をめぐってみたいものです。

くわしい山の記録はこちら

|

« 鬼怒川上流2ダムめぐり | Main | 第9回 宇都宮ギョウザツアー with CBCC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鬼怒川上流2ダムめぐり | Main | 第9回 宇都宮ギョウザツアー with CBCC »