« 初秋の入笠山とテイ沢の周遊 | Main | 鬼怒川上流2ダムめぐり »

2019.09.22

初秋の赤城山と覚満淵の散策

Imgp8289_r

友人が新しい山靴を買いました。
「それでは足馴らしに軽い山歩きに出かけましょうか」ということで、歩行時間の短い赤城山を案内してきました。

 黒檜山への登りから望む大沼(おの)と赤城神社

Imgp8283_r

赤城山は私にとっては馴染みのある山です。
自転車のヒルクライムで大沼(おの)までは5回も上っています。
山頂へは2月の雪が深い時期に歩いています。

 よく見ると140km先の富士山が・・

Imgp8282_r

今回のコースは黒檜山から駒ヶ岳を経て鳥居峠まで足を伸ばし、覚満淵でアケボノソウを楽しもうという計画です。
お気楽なハイキングコースだと侮っていた訳ではありませんが、鳥居峠の手前で踏み跡を見失ってしまうというミスをやっちゃいました。

 遠く八ヶ岳連峰も眺められました

Imgp8298_r

この辺りは指導標もなく踏み跡も薄いので地形図とコンパスは必携です。
それ以外はよく整備されたコースが続いていたので、その落差に意外な感じを受けました。

 展望台からの奥白根山と皇海山

Imgp8290_r

夏が終わり本格的な秋にはまだ早い季節の端境期で、お花も少なくて見どころはあまりない山でしたが、涼しい風が何よりの贈り物でした。
で、肝心のアケボノソウでしたが、覚満淵をお花と反対周りに歩いたせいで見つけられずじまいに終わりました。トホホです。

 覚満淵で見かけたニッコウアザミ

Imgp8318_r

赤城山は山としても良い山だけど、山麓にある覚満淵は小尾瀬の趣のある湿原が広がっていて、春から夏にかけては高山植物も豊富なようです。

 赤城ブルーの覚満淵

Imgp8323_r

駐車場から1時間程度で周遊できるので時間のない時でも楽しめそうです。
今度カミさんを誘って訪れてみようかな。

くわしい山の記録はこちら

|

« 初秋の入笠山とテイ沢の周遊 | Main | 鬼怒川上流2ダムめぐり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初秋の入笠山とテイ沢の周遊 | Main | 鬼怒川上流2ダムめぐり »