« June 2019 | Main | August 2019 »

2019.07.31

ひまわりを見に行ったのに・・・

しばらく自転車に乗ってなかったので、暑くて気乗りしなかったけど午前中限定でちょこっと走ってきました。
ルートは特に考えず、足の向くまま気の向くまま。

平日ライドは車に気を遣うので、サイクリングロードを利用できる印旛沼方面に向かいました。
それにしても朝から暑いです。
梅雨明け後連日続く暑さにまだ体が慣れていないので、ペダルを回す足も重いです。

そういえば、ふるさと広場のひまわりはまだ咲いているかな?
ということで寄り道しながら佐倉のふるさと広場まで走ってみたけど、ひまわりガーデンはありませんでした。
道沿いにほんの少しだけ植わっているだけでした。
少しは期待していただけに残念でした。

 道沿いに少しだけ咲いていました

Img_20190731_093516s

ネットで調べたら、花火大会の設営作業のために7月22日以降はクローズしたみたいです。
ということは、今年は梅雨明け前に終わっちゃったんですね。
7月中旬は長雨が続いていたので青空の下でのひまわり鑑賞はほとんどできなかったのかあ。
うーん、関係者は残念だったでしょうね。

DATA
-------------------------
DATE : 2019.7.31
距離 : 66.72 km
累積標高 : 168 m
移動時間 : 2:50:53
経過時間 : 3:20:03
平均速度 : 20.0 km/h
平均移動速度 : 23.4 km/h

| | Comments (0)

2019.07.24

出羽三山の旅 ~ 月山・天空の花園に遊ぶ ~

かねてから一度は訪れてみたかった信仰の山、出羽三山。
念願かなって歩いてきました。
といっても歩き+クルマですが。

Img_20190721_160408_r

国宝・五重塔が有名な羽黒山では杉の古木が立ち並ぶ石畳の参道を登り、極楽浄土を思わせる月山では美しい山の花々に感動し、三山最後の湯殿山では圧倒的な神秘の世界に浸りました。

Cimg9025_r

特に江戸時代から脈々と受け継がれてきた石畳を踏みしめながら登る参道歩きは心に沁みいります。
羽黒山では山麓の宿坊にお世話になり、精進料理に舌鼓をうち、翌朝のお勤めで清々しい気持ちになれました。
ということで、いざ月山登拝です。

Img_20190721_150455_r

月山登拝と言っても、八合目まで車で行かれます。
五合目まで歩きはじめる富士山よりもさらにお手軽です。

Imgp7754_r

登山口の八合目には阿弥陀ヶ原という大きな湿原が広がっていて、豊富な池塘群の周りには湿原の植物がたくさん咲いていました。
もうこの湿原散策で十分な感じもします。

今回はめずらしくカミさんも一緒です。
出羽三山なら是非行きたいというので夫婦山行になりました。

Imgp7708_r

トレッキングシューズのないカミさんのためにバイトしてためたお金でシューズをプレゼント。
サポートも大変なのです。(笑)

Imgp7713_r

登った日の天気予報は降水確率70%ということで、展望もお花も諦めていましたが、高曇りながら雨具のお世話にもならずに展望もお花も十分に満喫できたのが不思議です。
これも水を支配する神・月読命(つくよみのみこと)のお導きか。

 撮影に夢中の図(ロープの手前です)

Cimg9050s

高山植物の豊富さには驚きました。
豊富な残雪のおかげなのか、雪が消えるのを待ちかねたようにいっせいに開花するのでしょうか。
栃木県の里山で3月に見かけたショウジョウバカマがここでは今咲いていました。
ひと月前の田代山で楽しんだチングルマも月山では今が旬。

Imgp7642_r

そして、感動的だったのはヒナウスユキソウとの出会いでした。
東北の山といえば、やはりこの花です。
咲き始めでとてもきれいでた。ふわふわの綿毛が何ともいえずに良い雰囲気ですね。

Img_20190722_111503_r

江戸時代に隆盛を誇った三山詣。
一合目から歩きはじめて、夏なお豊富に残る残雪と一斉に花開く高山植物の競演に古の人々は極楽浄土を見たことでしょう。
登ってみてそれが実感できました。

Imgp7735_r

登山を終えて、山麓の宿に世話になり最終日は湯殿山に移動。
神秘的な本宮に参拝して無事に三山巡りを終えることができました。

Cimg9073s

東北の山の良さを改めて確認できたので、これからも機会をとらえて東北の山を訪れたいと思っています。

 人間ダムカード?(月山ダムにて)

Cimg9015_r

くわしい山の記録はこちら

| | Comments (0)

« June 2019 | Main | August 2019 »