« 森と海のセラピーウォーキング体験 | Main | 野菜の植え付けに挑む »

2019.05.31

成東・東金食虫植物群落を訪ねる

Syokutyu03

今週のシニア自然大学では、「成東・東金食虫植物群落」を訪れました。

恥ずかしい話ですが食虫植物群落が千葉にあるなんて全く知りませんでした。
しかも、大正9年(1920年)に日本初の天然記念物指定を受けていたなんてね。

Syokutyu05

食虫植物ですぐに思い浮かぶのはモウセンゴケでしょうか。
私はこれしか知りませんでした。

 管理棟内には本日見られる植物が案内されています

Syokutyu04

日本には22種の食虫植物がいるそうで、そのうち8種が自生しているそうです。
モウセンゴケをはじめイシモチソウ、ミミカキグサなどがこの地の代表種です。

 群落地内には観察路が整備されています

Syokutyu08

食虫植物で連想するのは尾瀬や苗場山などの高層湿原に生育する姿。
ざっくり言えば、土壌中の栄養素が不足がちな土地に生育し、光合成を行う緑色植物でありながら、飛来する昆虫などを捕食することで栄養分を補う植物が食虫植物ということなので、高層湿原に自生しているのはたしかです。

Syokutyu06

でも栄養素の不足している土地は全国どこにでもあるので、なにも自生しているのは山の上だけじゃない。
でも千葉の身近な場所に貴重な群落が保存されているとはね。

 メジャーなコモウセンゴケ

Syokutyu09

この地をしっかりと守っているのもボランティアの皆さん達(成東・東金食虫植物群落を守る会)でした。
保存地内を1時間以上かけてじっくりと説明してくださいました。

 石も持ち上げる粘着力のイシモチソウ

Syokutyu10

天然記念物指定を受けてから来年で100年だそうです。
この地が良好な環境を維持できているのも守る会の活動のおかげです。

 咲き始めたノハナショウブとノアザミ

Syokutyu01

場所もわかったので次回はノハナショウブが見頃の時期に訪れてみたいものです。

|

« 森と海のセラピーウォーキング体験 | Main | 野菜の植え付けに挑む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 森と海のセラピーウォーキング体験 | Main | 野菜の植え付けに挑む »