« 大山千枚田に行ってきた | Main | アイゼン失くして涙の敗退 ~燧ヶ岳~ »

2019.05.11

初夏の丹沢・表尾根を歩いてきました

Imgp7112_r

5月はカラッとしたさわやかな晴天が期待できますよね。
時候の挨拶でも「薫風の候」なんて書いたりします。

先日天気予報を観ていたら、こういうさわやかな晴天は梅雨入りまでに平均して10日間ほどあるらしいのです。
たったの10日間?って感じですけどね。

 エイザンスミレ

Imgp7175_r

10日は「晴れ=薫風の候」との予報が出たので、前夜に急いで山支度をして丹沢・表尾根を歩いてきました。

西丹沢でも良かったのですが、シロヤシオはまだまだのようなので稜線に咲くコイワザクラに会いに表尾根にしてみました。

お目当てのコイワザクラですが、表尾根では見頃を過ぎていました。
かろうじて咲いているって感じです。賞味期限切れに近いかったのは残念でしたが、濃いピンク色の花びらはやっぱり癒されます。

 コイワザクラ

Imgp7135_r

それにしても暑かったな。日差しが強いせいですね。
そのかわり、稜線を吹き抜ける風は乾いていてさわやかでした。
山肌の目に鮮やかな新緑と相まって、まさに「風薫る」です。

 富士山と塔ノ岳のツーショット(三ノ塔より)

Imgp7121_r

表尾根を歩いていて感じたのは、女性の単独行の多いことです。
平日にもかかわらず、若い人も中高年もソロのハイカーが結構いるのに驚きました。
皆さんフレンドリーで単独行同士で会話も弾みます。

 キクザキイチゲは私の好きな花

Imgp7165_r

昔はソロの女性なんてほとんど見かけなかったのにね。時代も変わったものです。
ま、それだけ表丹沢が歩きやすいということなんでしょうけど。

お目当てのお花ですが、コイワザクラの他にもキクザキイチゲ、ツルシロカネソウ、コケリンドウ、ミツバツチグリや各種スミレたちなどたくさん出会うことができました。

 ツルシロカネソウ

Imgp7155_r

でも圧巻は新大日から塔ノ岳にかけてのマメザクラロード。
小さくてあまり目立つ花ではないけれど、薄いピンク色の花をたくさん付けてくれてました。

平日の金曜日。
静かな尾根歩きをたっぷり堪能できました。

今月下旬はいよいよ西丹沢のシロヤシオが見頃を迎えているかな。

 新緑がまぶしい大倉尾根を下る

Imgp7190_r

くわしい記録はこちら

|

« 大山千枚田に行ってきた | Main | アイゼン失くして涙の敗退 ~燧ヶ岳~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大山千枚田に行ってきた | Main | アイゼン失くして涙の敗退 ~燧ヶ岳~ »