« アイゼン失くして涙の敗退 ~燧ヶ岳~ | Main | 森と海のセラピーウォーキング体験 »

2019.05.21

失くしたアイゼンの後日譚

愛用のアイゼンの片方を失くした件について、ヤマレコの記録に書いておいたところ、同じ日に山スキーで訪れていたruggerさんという方からコメントをいただきました。

発見された場所は熊沢田代の1954m地点とのこと。
うーん。
その場所なら往路のトレースをかなり忠実にたどっていた地点なので、もっとよく注意して見れば見つかった可能性が高い場所でした。
いやー、悔やまれます。

 目立つように雪面に立ててくれていました。

Gribell

「・・持ち主が紛失に気付けば同じトレースを探しに戻るであろうと判断し、目立つよう黄色いベルトを伸ばし、雪面に立て残置しました。
もしも落し物がアイゼンのような雪上歩行に必須の装備品でなければ、登山口まで持ち帰り登山センターに報告するつもりでしたが、落し物は下山時の歩行にも重要なアイゼンでしたので、その場に置くことに至りました。・・」

とは、発見者の弁です。
まさに適切な判断だったと思います。
同じトレースを探しにきて見つけられなかった私の責任です。

もっとも私の方が2時間ほど早く通過しているので、その時は雪面に立った状態ではなかったのでやはり見つけられなかったかも知れません。
でも、こうしてコメントを寄せてくれて本当にありがたかったです。

ruggerさん、どうもありがとうございました。

|

« アイゼン失くして涙の敗退 ~燧ヶ岳~ | Main | 森と海のセラピーウォーキング体験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アイゼン失くして涙の敗退 ~燧ヶ岳~ | Main | 森と海のセラピーウォーキング体験 »