« 印旛沼周辺ポタ | Main | スプリング・エフェメラルを探しに三毳山へ »

2019.03.09

表丹沢 つかの間の雪山ハイキング

Nabewari09

10年ぶり位で新しい登山靴を買い替えました。
今まで使っていた靴は何度履いても何度調整しても靴ずれが直らないのでとうとうオークションに出品。

 山麓の河津桜と稜線の雪化粧との対比が印象的でした
Nabewari01

そうしたら意外な高値がついて新しい靴の資金の一助になりました。
しかし、この歳になると靴を新調しても何年履けることやら・・。
いや、これを機会に山に行かねば、という動機付けになるかなあ。

 樹氷が白梅に見えました。梅林越しの富士山?
Nabewari02

ということで、靴の履き慣らしを兼ねて丹沢の鍋割山から塔ノ岳方面を歩いてきました。
前日の雨が山では雪になったようで、標高1000mから上の稜線では思わぬ雪山ハイキングを楽しむことができました。

 月見に加えて雪見の鍋焼きうどんです
Nabewari03

訪れた鍋割山では鍋割山荘名物の鍋焼きうどんに舌鼓を打ちました。
真っ白に雪化粧をした富士山の眼前でいただく鍋焼きうどんも格別です。
ウィークデイに訪れたにもかかわらず、うどんを求めて行列ができていました。
いやはや何とも・・・。

 蛭ヶ岳から丹沢山にかけての丹沢主稜
Nabewari04

若い頃は雪の丹沢には何度も訪れていますが、最近はご無沙汰でした。
稜線で樹氷に出会えたのも本当に久しぶりのこと。

 丹沢で樹氷見物なんて珍しい?
Nabewari05

ブナの樹林に囲まれた鍋割山稜を経て塔ノ岳の山頂に立ちます。
塔の山頂でも360度の大展望に恵まれました。
一休みの後は大倉尾根を下ります。

午後になると春の雪はあっという間に解けだして花立山荘を通過する頃には地肌も露わに泥んこ状態になっていました。

 塔ノ岳山頂から眺めた鍋割山稜と雪化粧の富士山
Nabewari07

さらに下ると雪はすっかり消えてしまい、靴に着けたロングスパッツが不自然に見えるほどに。
ほんのつかの間の雪山ハイキングだったけど久しぶりの雪の感触に大満足の一日でした。

くわしい記録はこちら

|

« 印旛沼周辺ポタ | Main | スプリング・エフェメラルを探しに三毳山へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 印旛沼周辺ポタ | Main | スプリング・エフェメラルを探しに三毳山へ »