« 2019年の初山行は竜ヶ岳へ | Main | 印旛沼経由で銚子へGO! »

2019.01.30

房総の郡界尾根を歩く

Cimg8079_r

久しぶりに房総の山を歩きました。
目的地は鋸山の裏手にある東の肩から郡界尾根をたどり嵯峨山までつなぐハイキング。
ハイキングというよりもプチ縦走登山といった感じでした。
今まで歩いた房総の山々の中で一番手ごわい山だったけど変化に富んでいてとっても面白かった。

 郡界尾根から眺める御殿山(中央奥)と伊予ヶ岳(右)
Cimg8078_r

特に小鋸山の周辺は、尾根が切り立ち岩々していてスリル満点の歩きが楽しめます。
結構ヒヤヒヤしながらたどり着いた小さな岩のピークからは薄っすらと富士山も眺められ大満足。

 小鋸山のピークから鋸山方面を眺めたところ
Cimg8093_r

鋸山から始まる郡界尾根は遠く清澄山まで続いているらしいけど、今回歩いた部分はたぶん一番歩きごたえがあるかのかも知れません。

 ボルダリングの真似事です(笑)
Cimg8096_r

小鋸山から下ると一転して広々とした採石場の跡地に下り立ちます。
白狐峠がある場所ですが、この景観にはちょっと驚きました。まさに房総のグランドキャニオンです。
まったく人の気配がない荒涼とした光景はちょっと異様な感じがするけど、すごい景色です。

 房総グランドキャニオン??
Cimg8104_r

 人工的な景観とはいえ、すごい迫力でした
Cimg8105_r

鋸山東の肩から眺めた時には遥か遠くに見えていた嵯峨山も間近になってくると今回のハイキングも終盤に入ります。
小保田峠からは一転して歩きやすい登山道になりひと登りで石碑の立つスイセンピークに到着。
あいにく名前負けしていて水仙の姿はなし。
そこからさらに一投足で樹林の中の嵯峨山山頂に到着しました。

Cimg8113_r

下りは小保田峠に引き返し、小保田に下山。
麓に下り立つと、名残りの水仙や白梅、菜の花が咲いていて無事の下山を祝ってくれました。

Cimg8120_r

せっかくだからとタクシーでばんやに直行。
海鮮料理で下山祝いを楽しんだのは言うまでもありません。

それにしても房総の山も侮れません。
低山ばかりで若い頃は見向きもしなかった山域ですが、この歳になってようやくその魅力がわかってきました。

くわしい記録はこちら

|

« 2019年の初山行は竜ヶ岳へ | Main | 印旛沼経由で銚子へGO! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2019年の初山行は竜ヶ岳へ | Main | 印旛沼経由で銚子へGO! »