« May 2018 | Main | July 2018 »

2018.06.27

お花畑に大満足の平標山・仙ノ倉山

Imgp6044_r

登山ガイドをしているA君から「平標山の下見に付き合って。」とのヘルプメールがあり、急きょ出発することに。
平標山なんて何十年ぶりだろう?
(調べてみたら42年前でした。しかも奥さんと。)

コースは、42年前と同じく元橋から松手山を経て山頂へ。お隣の仙ノ倉山を往復した後、平標山の家を経て平元新道を使い元橋に戻る周回のコースです。

 ゴゼンタチバナとは久しぶりの再会
Imgp5981_r

お天気は晴れているんだか曇っているんだかよくわからないモヤっとした空模様です。
これじゃ展望は期待できないなあ。

さて、スタート地点の元橋からはいきなりの急登が続きます。
標高1411m付近にある送電線鉄塔までは樹林帯の中を急な登りに閉口しました。

 松手山から平標山方面を眺める
Imgp5985_r

鉄塔で一息入れて、ここから先は緩やかな登りに変わります。
割とあっけなく松手山山頂に到着。
ここから先は森林限界を越えて、笹とハイマツの世界になります。

 アカモノはたくさん咲いていましたよ
Imgp5991_r

お目当ての高山植物たちも徐々に姿を見せてくれるようになりました。
お、ハクサンチドリだ、うん、ヨツバシオガマも、むむ、コバイケイソウも咲いてる!
てな感じで、なかなか前に進めません。
そして、ハクサンイチゲが現れるころになると辺り一面お花畑の中に突入といった感じに。

 いよいよハクサンイチゲの登場
Imgp6014_r

後を振り返れば越えてきた小ピークが見下ろせるようになります。
視界はイマイチですが達成感は湧き上がってきます。

スタートしてから約3時間で平標山頂に到着しました。
平日とはいえ花が見頃のこの時期は登山者も少なくありません。
皆さん出発が早くて、すでに仙ノ倉山を往復してきた人たちもいました。

 仙ノ倉山頂をめざして出発
Imgp6041_r

山頂ではこの時期特有の虫にまとわりつかれながら急いで行動食を平らげ、仙ノ倉山を目指します。
平標山と仙ノ倉山の鞍部を「平仙鞍部」(ひらせんあんぶ)と称していて、高山植物の宝庫になっています。
今回はじめて訪れましたが、期待にたがわず白やピンク、黄色、紫色といった美しい高山植物たちが大群落の広がりを見せてくれていました。

Imgp6030_r

Imgp6062_r

ただ、残念なことに花の時期が少し遅かった。
今年は春の高温で雪解けが異常に早く、下界の花同様に高山植物の開花時期も前倒ししている感じです。
夏山の代名詞であるチングルマもすでにチゴグルマ状態になっているのがほとんどでちょっとびっくり。
とはいえ、ハクサンイチゲもハクサンコザクラもイワカガミもしっかり咲きそろっていてわれわれの目を楽しませてくれました。

 ハクサンイチゲは清楚な雰囲気が大好きです
Imgp6027_r

小広い仙ノ倉山頂でゆっくりした後は往路を引き返します。
平標山までの間はなだらかな笹原が広がっていて本当にのんびり歩けます。
いつまでも留まっていたい気持ちに襲われますが、帰りの道も長いので後ろ髪を引かれる思いで山頂を後にしました。

戻ってきた平標山からは平標山の家を経て平元新道を下ります。
山頂から山小屋までの間もお花畑に彩られていて楽しい道のりです。
下りしな湿原が現れてワタスゲやイワイチョウが見られたのはうれしかった。

Imgp6078_r

着いた平標山の家も絶好の立地条件をそなえた山小屋です。
振り返ると平標山から仙ノ倉山にかけての稜線が手に取るようでした。
こんな山小屋で泊まりたいな。
それから、「平仙清水」と名付けられた湧き水の美味しかったことと言ったら。
ひさしぶりに甘い水(まさに甘露水)を飲みました。

 ぜひ一度泊まってみたい山小屋です
Imgp6086_r

楽しい山歩きも終盤に入ります。
山の家からは急な樹林帯下の下り道。
いい加減膝がガクガクしそうになる頃林道に飛び出しました。
ここからは単調な林道歩きを経てスタート地点の元橋駐車場に戻りました。

 ベニサラサドウダンはどれも満開状態でした。
Imgp6082_r

【感想】
平標山のお花畑は有名ですが、今回訪れてみてよくわかりました。
ただ、今年に限っては6月の上旬に訪れたかったです。
おそらく見事な花畑が広がっていたことと思います。

山行記録と高山植物の写真はこちら

| | Comments (0)

2018.06.14

佐倉ラベンダーランドに行ってきた

Sakura12

そういえば、佐倉にラベンダー畑があったっけ。
ふと気になって、ネットで調べたら「ちょうど見頃」とのこと。
では、行ってみますか。

じつはここ、自宅から近いし前々から気になっていたものの、訪れたことがありませんでした。
すぐそばを新川サイクリングロードが通っているのですが、砂利道なので敬遠してました。
行くなら反対側からアプローチする方が良いです。

Sakura03

今回のルートは、自宅から支川都川~平和公園~泉自然公園~若葉ルート~ふるさと広場~臼井城址公園~ラベンダー畑~蕨家長屋門~新川CR~花見川CRといった感じ。

Sakura04

道沿いには時節柄アジサイが見頃を迎えていますね。
若葉ルート沿いの田んぼにはしっかりと根付いた苗が風に揺れていました。

Sakura01

平和公園から泉自然公園、若葉ルートへと続くコースはいつ走っても気持ちいいです。
今日は曇り空だったけど、落ち着いた色彩の中を走れてラッキーでした。

Sakura05

佐倉ふるさと広場の手前に手作りの花菖蒲園を発見。
先日訪れた小岩菖蒲園や水元公園には到底及ばないものの、こじんまりとしていて手作り感満点です。
花菖蒲は終わりかけていたけどアジサイとのコラボがなかなかでした。

Sakura06

ふるさと広場にはお昼前に到着。
TKG(たまごかけご飯)は300円で食べられるので年金生活者の味方です。

Sakura08

さて、ここから先はMTKさんの設定したサイクリングコースをたどります。
細い道をクネクネ進みひと上りで臼井城址公園に到着。
高台からは印旛沼が見下ろせます。
戦国の昔には印旛沼が城のすぐ近くまで広がっていたとか。
なかなの絶景だったことでしょう。

Sakura09

城址をあとにして再び田んぼ道に変わるとじきにラベンダーランドに到着しました。
紫色のラベンダー畑が迎えてくれます。
平日ですがラベンダーまつりの会期中ということもあり観光客もちらほら。

Sakura14

それほど広くはないものの、辺り一面にラベンダーが広がりほのかな香りも楽しめました。
千葉でラベンダーの花が楽しめる場所として貴重ですね。

Sakura13

ぐるっと回って93km。
梅雨のさなかでしたが花に恵まれたご近所ポタでした。

Sakura15

DATA
-------------------------
DATE : 2018.6.14
距離 : 93.63 km
累積標高 : 399 m
移動時間 : 4:25:35
経過時間 : 5:50:50
平均速度 : 16.0 km/h
平均移動速度 : 21.2 km/h

| | Comments (0)

2018.06.12

スマホのカメラがすごい

Img_20180612_082037s

今回は最近買い替えたスマホのお話しです。
今まで使っていたスマホの通話アプリの調子が悪く、「通話が満足にできないんじゃ交換するしかないね。」っていうことで思い切って買い替えました。

Img_20180612_160237s

購入した機種は、「HUAWEI nova lite 2」。
今、結構売れている中華製のスマホです。
今までずっと国産だったので、切ない思いもありますが仕方ないですね。世の流れです。

で、そのスマホで撮った写真を何枚かアップしてみました。
パッと見るとまるで一眼レフカメラで撮ったような感じで写ります。
周囲がいい具合にボケて被写体がより強調されるような写真を撮ることが出来るのです。

Img_20180602_100650s

しかも、専用のアプリを使うと、ピントの位置はあとから自由に決められて、ボケ具合も自由に調整できるのですから驚きです。
これが、HUAWEI自慢の?「ワイドアパーチャ効果」だそうです。

Img_20180511_085657s

前の記事(江戸川沿いにサイクルピクニック)の下から3枚目の写真(タテ構成の花菖蒲の写真)もこのスマホで撮ったものですがボケ味がよく出ていますよね。

いやはや、今までデジカメを持って出歩いていたけど、近接撮影ならこのスマホで十分に用が足りそうです。
すごい時代になったもんだ。

Img_20180422_143042s

| | Comments (0)

2018.06.02

江戸川沿いにサイクルピクニック

Cyclepicnic10

今日はCBCCのサイクルイベントで毎度おなじみの江戸川沿いを走ってきました。

私の場合、週に2日ほど通っている仕事場が江戸川沿いにあることもあって、お天気で風の穏やかな日は仕事場までの30km弱を自転車で走っています。
そういう意味で毎度おなじみなのです。

Cyclepicnic03

とはいえサイクリング仲間と走るのはやはり楽しいものです。
久しぶりに会う仲間もいて彼らとの語らいは本当に楽しい。

今回はゆるゆるのサイクルピクニックです。
のんびりゆったり走って、名所めぐりのライドに徹しました。

Cyclepicnic04

まずは小岩の菖蒲園です。
今日は満開の花菖蒲が私たちを迎えてくれました。
これまでに何度も訪れていますが、花のピークに当たったのは今日が初めてかも。

Cyclepicnic05

柴又帝釈天の裏手にある山本亭。
AKさんのお勧めで今回初めて訪れましたが、入場料100円でこんなに素晴らしい庭園と本格的な数寄屋建築を堪能できるとは思わなかった。

Cyclepicnic06

アメリカの日本庭園専門雑誌が毎年行っている国内の日本庭園ランキングで毎年上位にランクインされていて、昨年は2位の京都・桂離宮に次いで堂々の3位にランクインしたそうです。

Cyclepicnic08

まあ個人的には3位が妥当かどうかは別として、縁側から眺めた庭園の素晴らしさに加えて花菖蒲の襖絵が今の季節にマッチしてとても印象的でした。
柴又に出かけたらぜひ立ち寄ることをお勧めします。

Cyclepicnic07

Cyclepicnic09

そして、本日のメインイベントは水元公園でのまったりランチ。
木陰で焼き立てパンをほおばりながらのんびりと1時間ほどおしゃべりをして過ごしました。
今日の水元公園は湿度も低く緑陰を吹き抜ける風が涼しげで、最高のロケーションでした。

Cyclepicnic01

帰りは矢切の渡しから野菊の花文学碑に寄り道するのもお約束。
60km足らずの短いサイクリングでしたが、時間を十分にとった贅沢なひとときでした。
こういうのもたまにはいいですね。

 お土産は東京で一番美味しい草だんご(個人の感想です)
Cyclepicnic11

DATA
-------------------------
DATE : 2018.6.2
距離 : 59.73 km
累積標高 : 141 m
移動時間 : 3:25:16
経過時間 : 7:11:20
平均速度 : 8.3 km/h
平均移動速度 : 17.5 km/h

| | Comments (0)

« May 2018 | Main | July 2018 »