« 初冬の大菩薩峠 小菅大菩薩道から小菅の湯へ | Main | 今年の登り納めは秀麗富嶽の山々で »

2017.12.12

忘年ハイキングは丹沢の低山で

Cimg6255s

最近よく出かける3人で忘年ハイキングをやろうと企画したのが丹沢の高松山。
鍋割山からの尾根続きの低山ですが、富士山の展望には定評があります。
私にとっては初めての山。
好展望を期待して山に向かいました。

 高松山頂からの富士山です。ススキがいい感じでした。
Cimg6237s

3人のうち一人は体調不良のため不参加となり、結局二人だけのハイキングとなったため山頂での宴会と下山後の入浴はなし。
なんだ、それじゃいつもの平凡なハイキングじゃないか。(笑)

 真鶴半島、初島の向こうには利島の島影も見えます。
Cimg6246s

高松山山頂からの展望は期待どおりでした。
丹沢でもやや西寄りに位置しているせいか富士山の姿はかなり大きく見応えのあるものになっています。
富士山麓の南側には愛鷹連峰が特徴のある優美なラインを見せてくれていました。

 いつの日にか縦走してみたい愛鷹連峰
Cimg6245s

相模湾方面の展望も広々としていて、真鶴半島や初島、そして遠く伊豆大島や利島の島影も見渡すことができました。
それにしても草原の山頂の広々とした感じは最高に気持ちいいです。
ベンチやテーブルなどもあって、忘年会をやるには絶好の場所ですよ。

 山頂は開放感たっぷりの場所でした。
Cimg6244s

案の定と言うか、今日は月曜日にもかかわらず私たちと同年代(かそれ以上)の先客が3,4組もいて宴会モードに突入していました。
皆さん考えることは一緒なんですね。

 下山時に樹林の間から眺めた大山と表尾根の峰々
Cimg6258s

そういうわけで、総勢2名の宴会ではちょっと寂しいので早々に切り上げて下山の途につきました。

ヤマレコの記録はこちら

|

« 初冬の大菩薩峠 小菅大菩薩道から小菅の湯へ | Main | 今年の登り納めは秀麗富嶽の山々で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初冬の大菩薩峠 小菅大菩薩道から小菅の湯へ | Main | 今年の登り納めは秀麗富嶽の山々で »