« つかの間の晴れ間にちょこっとライド | Main | 晩秋の日光・半月山をハイクリングで訪れる »

2017.10.28

孤高のブナに感動の中倉山

Imgp5031s

足尾アルプスの異名を持つ中倉山から沢入山にかけての稜線を歩いてきました。
私たちが山に入った木曜日は前日までの雨模様がウソのような絶好の登山日和。
東京を早朝に出発して、登山起点である銅(あかがね)親水公園に着いたのは8時前でした。

 清冽な流れの久蔵沢を渡ります(正面奥は大平山)
Imgp4959s

駐車場に車をデポしてさっそく歩き始めます。
駐車場からはこれから目指す中倉山がちょこっと顔を見せていました。
清冽な久蔵沢、松木沢の流れを渡り、林道を上流に向かって歩きます。

やがて、カーブミラーのあるヘアピンカーブのところから尾根に取り付きました。
道はないので、ヤブの薄い箇所を選んで適当に登ります。こういう山歩きも久しぶりですが楽しいね。

 井戸沢右岸尾根は踏み跡の薄いバリハイルートです
Imgp4972s

なんとか尾根筋に出れば、あとは尾根を外さないように登っていくだけ。
それにしてもガレキ状の不安定な斜面が続きます。これも鉱毒の影響なのかなあ。

ぐんぐん登っていく程に周囲の展望は開け、日光連山の半月山、社山の向こうには男体山がどっしりと聳えていました。
目の前の井戸沢対岸の尾根は崩壊の激しい岩尾根で、見るからに不安定ながらなぜかトレースしてみたくなる尾根です。
足尾の山々は崩壊と緑が混在している不思議な景観を見せてくれます。

 次回、機会があればこちらの尾根をトレースしたい
Imgp4971s

遠くに見えていたローソク岩が眼前に近づくと尾根幅は広くなり薄い踏み跡が錯綜するようになりました。

 ローソクというよりもクマさんの横顔?
Imgp4990s

なるべく尾根に近い踏み跡をたどれば、ぽっかりと青空が開けて緑の笹原がのびやかに広がるように頂上稜線に飛び出しました。

 一般ルートに合流した後、頂上稜線の一角に飛び出しました
Imgp5011s

たおやかな稜線を歩いていくと中倉山山頂に導かれます。
360度の展望が広がる中をのんびり歩く贅沢さ。
私たち以外誰もいない山頂で広大な展望を独占させてもらいました。

 私たち以外には誰もいない中倉山山頂
Imgp5017s

さて、今日のお目当てはもう一つあります。
孤高の一本ブナと呼ばれているブナの木に会うことです。
足尾の鉱毒被害を乗り越えて、稜線上に奇跡的に生き残ったブナの木だそうです。

 のびやかに広がる稜線
Imgp5024s

中倉山頂からすこし下ったところに孤高のブナはありました。
残念ながら葉は半分ほど落ちていましたが、圧倒的な存在感に感動しました。
少し早い時間でしたが、ここでお昼にします。
いつまでもこの場所に留まりたい気持ちにさせてくれるパワーをもった木です。

 孤高のブナの存在感に圧倒されました
Imgp5030s

ここまで来ればもう引き返しても十分だったのですが、目の前に聳えている波平ピークまでは足をのばそうということで、昼食後に出発。

 あそこのピークまでは行きましょう
Imgp5040s

20分弱で到着したピークからは、冠雪したばかりの奥白根山や皇海山などが眺められます。
波平の由来となったユニークな枯れ木が山頂の良きアクセントになっていました。
誰が名付けたのか知らないけど、確かに「波平ピーク」ですね。

 波平ピークの名の由来はもちろんこの枯れ木
Imgp5044s

この先、沢入(そうり)山まではほんの一投足なのですが、早く下山して温泉に入りたい欲求に勝てず、ここから引き返しました。
崩壊の進んだ尾根筋を慎重に歩いて中倉山に戻ります。

Imgp5041s

Imgp5050s

Imgp5070s

中倉山からはいわゆる一般ルートを下山コースに選びました。
こちらはしっかりした踏み跡が付けられています。
ただし、指導標の類は一切ありません。

Imgp5073s

Imgp5076s

黄葉の美しい樹林帯の中を急降下して林道に飛び出しました。
林道からは朝歩いた道をたんたんと歩いて親水公園駐車場に戻ります。
今日は12km足らずの短い道のりでしたが、とても変化に富んだ楽しいコースでした。
足尾アルプス・中倉山、良い山です。

くわしい山の記録はヤマレコでどうぞ

Imgp5080s

【感想】
山友のHINAさんからその存在を教えてもらった足尾の中倉山。
お天気に恵まれて想像以上に素晴らしいハイキングを楽しむことができました。
足尾の鉱毒被害とそれを復旧する治山事業が今も進められていて、それらの状況がよくわかります。
鉱毒の影響で山容がアルペン的になったのは皮肉な結果ですが、被害を乗り越えてしっかりと根づいている一本のブナにはとても感動しました。

|

« つかの間の晴れ間にちょこっとライド | Main | 晩秋の日光・半月山をハイクリングで訪れる »

Comments

おー、孤高のブナの木に会いに行かれたんですね!
しかも貴重な快晴の日に、うらやましい。
足尾は公害のイメージが強すぎてあまり人も入らないせいか、皮肉にも自然が息づいている感じがして素敵なところですよね。
また行かれるかどうかわかりませんが、温泉はここがよかったですよ。帰りはそのまま北関東道のほうに行けばよいです。
http://www.mizunuma-sb.com/

Posted by: HINA | 2017.10.29 at 10:43 PM

HINAさん
良い山の情報をありがとうございました。
足尾アルプスなんて、行くまで知りませんでした。
静かで本当に良いところですね。

オススメの温泉ですが、駅の中にあるのですか。面白そう。
ここなら、ハイキング帰りもいいけどサイクリングの途中に立ち寄ることも可能ですね。要チェックです。

Posted by: Nob | 2017.10.30 at 07:43 AM

ちなみに日記にも書きましたが、土曜日のブルベは自走で足尾まで行ってきました。残念ながら雨で景色は見られませんでしたが、雨に煙る紅葉もキレイでおつなものでした。

Posted by: HINA | 2017.10.30 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« つかの間の晴れ間にちょこっとライド | Main | 晩秋の日光・半月山をハイクリングで訪れる »