« September 2017 | Main | November 2017 »

2017.10.28

孤高のブナに感動の中倉山

Imgp5031s

足尾アルプスの異名を持つ中倉山から沢入山にかけての稜線を歩いてきました。
私たちが山に入った木曜日は前日までの雨模様がウソのような絶好の登山日和。
東京を早朝に出発して、登山起点である銅(あかがね)親水公園に着いたのは8時前でした。

 清冽な流れの久蔵沢を渡ります(正面奥は大平山)
Imgp4959s

駐車場に車をデポしてさっそく歩き始めます。
駐車場からはこれから目指す中倉山がちょこっと顔を見せていました。
清冽な久蔵沢、松木沢の流れを渡り、林道を上流に向かって歩きます。

やがて、カーブミラーのあるヘアピンカーブのところから尾根に取り付きました。
道はないので、ヤブの薄い箇所を選んで適当に登ります。こういう山歩きも久しぶりですが楽しいね。

 井戸沢右岸尾根は踏み跡の薄いバリハイルートです
Imgp4972s

なんとか尾根筋に出れば、あとは尾根を外さないように登っていくだけ。
それにしてもガレキ状の不安定な斜面が続きます。これも鉱毒の影響なのかなあ。

ぐんぐん登っていく程に周囲の展望は開け、日光連山の半月山、社山の向こうには男体山がどっしりと聳えていました。
目の前の井戸沢対岸の尾根は崩壊の激しい岩尾根で、見るからに不安定ながらなぜかトレースしてみたくなる尾根です。
足尾の山々は崩壊と緑が混在している不思議な景観を見せてくれます。

 次回、機会があればこちらの尾根をトレースしたい
Imgp4971s

遠くに見えていたローソク岩が眼前に近づくと尾根幅は広くなり薄い踏み跡が錯綜するようになりました。

 ローソクというよりもクマさんの横顔?
Imgp4990s

なるべく尾根に近い踏み跡をたどれば、ぽっかりと青空が開けて緑の笹原がのびやかに広がるように頂上稜線に飛び出しました。

 一般ルートに合流した後、頂上稜線の一角に飛び出しました
Imgp5011s

たおやかな稜線を歩いていくと中倉山山頂に導かれます。
360度の展望が広がる中をのんびり歩く贅沢さ。
私たち以外誰もいない山頂で広大な展望を独占させてもらいました。

 私たち以外には誰もいない中倉山山頂
Imgp5017s

さて、今日のお目当てはもう一つあります。
孤高の一本ブナと呼ばれているブナの木に会うことです。
足尾の鉱毒被害を乗り越えて、稜線上に奇跡的に生き残ったブナの木だそうです。

 のびやかに広がる稜線
Imgp5024s

中倉山頂からすこし下ったところに孤高のブナはありました。
残念ながら葉は半分ほど落ちていましたが、圧倒的な存在感に感動しました。
少し早い時間でしたが、ここでお昼にします。
いつまでもこの場所に留まりたい気持ちにさせてくれるパワーをもった木です。

 孤高のブナの存在感に圧倒されました
Imgp5030s

ここまで来ればもう引き返しても十分だったのですが、目の前に聳えている波平ピークまでは足をのばそうということで、昼食後に出発。

 あそこのピークまでは行きましょう
Imgp5040s

20分弱で到着したピークからは、冠雪したばかりの奥白根山や皇海山などが眺められます。
波平の由来となったユニークな枯れ木が山頂の良きアクセントになっていました。
誰が名付けたのか知らないけど、確かに「波平ピーク」ですね。

 波平ピークの名の由来はもちろんこの枯れ木
Imgp5044s

この先、沢入(そうり)山まではほんの一投足なのですが、早く下山して温泉に入りたい欲求に勝てず、ここから引き返しました。
崩壊の進んだ尾根筋を慎重に歩いて中倉山に戻ります。

Imgp5041s

Imgp5050s

Imgp5070s

中倉山からはいわゆる一般ルートを下山コースに選びました。
こちらはしっかりした踏み跡が付けられています。
ただし、指導標の類は一切ありません。

Imgp5073s

Imgp5076s

黄葉の美しい樹林帯の中を急降下して林道に飛び出しました。
林道からは朝歩いた道をたんたんと歩いて親水公園駐車場に戻ります。
今日は12km足らずの短い道のりでしたが、とても変化に富んだ楽しいコースでした。
足尾アルプス・中倉山、良い山です。

くわしい山の記録はヤマレコでどうぞ

Imgp5080s

【感想】
山友のHINAさんからその存在を教えてもらった足尾の中倉山。
お天気に恵まれて想像以上に素晴らしいハイキングを楽しむことができました。
足尾の鉱毒被害とそれを復旧する治山事業が今も進められていて、それらの状況がよくわかります。
鉱毒の影響で山容がアルペン的になったのは皮肉な結果ですが、被害を乗り越えてしっかりと根づいている一本のブナにはとても感動しました。

| | Comments (3)

2017.10.18

つかの間の晴れ間にちょこっとライド

Cosmos06

呆れるぐらい雨の日が続いていますね。
10月のこの時期は秋晴れが続くのに、いったいどうしたことでしょう。
おかげで紅葉の山歩きもサイクリングも出かけられません。

 朝の花見川はなかなか幻想的ですね
Cosmos01

ところが今日は朝からいい天気が・・。
本当に久しぶりの青空です。

 西印旛沼も秋の風情が漂っていました
Cosmos03

あいにく午後から仕事なので、午前中の3時間限定のサイクリングに行ってきました。
花見川をたどって新川から西印旛沼へ。
佐倉のふるさと広場に着いたら引き返します。

 自転車道の刈り払いも済んで走りやすかった
Cosmos02

60km足らずの3時間ライドですが、久しぶりの青空で心は軽かった。
新川沿いの自転車道も夏草の刈り払いがほぼ終わり走りやすくなっていました。

ふるさと広場ではコスモスが最盛期を迎えていました。
風車とコスモス、やはり絵になりますねぇ。

Cosmos05

また明日から雨模様。
いったいどうしちゃったんだろう。この秋雨続きは・・・

Cosmos07

| | Comments (0)

2017.10.13

ゴアテックス製雨具の補修に「裁ほう上手」を使ってみる

生活費の足しにアルバイトを始めたものの、勤め先では交通費が出ないので通勤はもっぱら自転車に頼っています。
自転車通勤で困るのは雨の日。

そこで古い登山用のゴアテックス製雨具の登場となりますが、さすがに古すぎて縫い目に貼ってあるシームテープがバランバランに剥がれていました。

 シープテープがバラバラに剥がれていました
Gore01

よく見るとほぼ全部のテープが剥がれているではないですか。
知ってのとおり、生地がゴアテックス製でもシームテープが剥がれていれば雨は縫い目から容赦なく浸入してきます。

 縫い目から容赦なく雨が浸入してきます
Gore02

剥がれがひどくなければモンベルのリペアテープを2センチ幅に切って貼りつける方法もありますが、これだけ大規模な剥がれでは費用的に割が合いません。

縫い目専用のポリウレタン製のテープなどの使用も考えましたが、古い糊を除去してからじゃないと上手くくっつかないので、今回はパス。

ネットでいろいろ探してみて、たどり着いたのが「裁ほう上手」という布製品専用の接着剤です。
これも古い糊は除去したほうが良いに決まってますが、「かなり強力な」接着という評価に惹かれて購入してみました。

 「裁ほう上手」はかなり強力な接着力です。
Gore03

バラバラになってしまったシームテープに「裁ほう上手」を塗布してからアイロンを当てて約20秒。
それから待つことしばしで、見事に接着成功!
翌日にはしっかりと固まって縫い目をリペアしてくれました。

 こんなにしっかりと接着できました。
Gore04

Gore05

そして、今日はリペア後初めて雨具を着てみましたが、テープの剥がれもなく縫い目からの雨の浸入もなしで快適な自転車通勤となりました。
565円の投資で古い雨具が蘇ってくれました。
ヤレヤレです。

ちなみに、剥離の範囲が大きくないのであれば、モンベルのリペアテープの方が扱いが楽だし良いと思います。

| | Comments (0)

2017.10.09

駅からサイクリングで日向山へ

Hinatayama17

南アルプス前衛の山、日向山は標高約1660メートルながら山頂付近の雁ヶ原では、夏でも雪のように真っ白な景色が広がっていて独特の景観が人気を呼んでいます。
この真っ白な砂の正体は、花崗岩が風化したことによってできた白い砂。
登山口まで車を使えば1時間半程度で山頂に立てるので、登山初心者やファミリーに人気の山です。

そんなお買い得の日向山ですが、まだ一度も訪れたことがありません。
千葉から遠い割には歩行時間が短くてコスパが悪すぎるから。(笑)

若葉マーク付きハイカーを自認するNobですが、さすがに登り1時間半では短すぎます。
電車で4時間以上もかかるんですからね。もう少し歩きを楽しみたいものです。

そこで考えたのはアプローチに自転車を使うこと。
出発駅の長坂駅から登山口までは約15km。下り部分もあるので実質的なヒルクライム区間は約10kmです。
平均勾配6パーセントは相手にとって不足なし。

帰りは、基本下りなので韮崎駅まで走れば電車賃の節約にもなります。
こちらは約27kmくらいかな。
よし、ではその線で行きましょう!

 日野春駅のホームから眺める甲斐駒ヶ岳
Hinatayama01

朝の中央本線は南アルプスの景観をほしいままにする展望路線ですね。
とくに日野春駅付近からの甲斐駒や鳳凰三山の山容は本当に美しいです。見ていて飽きません。
そして、最寄り駅から約4時間15分後にようやく下車駅である長坂駅に到着。
ふー、さすがに疲れました。

 同じくホーム上からの鳳凰三山の山並みです
Hinatayama02

駅前で自転車を組み立てていざ出発。
しばらく走ると右手には黄金色の田んぼを前景に甲斐駒ヶ岳がゆったりと聳えているではありませんか。
これぞ「ニッポンの秋」そのものの景観に感激です。
こういう景色は地元千葉では見ることができません。山梨に移住したいなあ。

 これぞ「ニッポンの秋」って感じしませんか?
Hinatayama04

いったん釜無川と尾白川との合流点付近まで下ってから、いよいよ登山口までのヒルクライムが始まります。
距離10km、標高差約600mの上りです。
国道20号に出て、道の駅はくしゅうを左折すれば後は登山口までほぼ一本道が続きます。
最近アルバイトに追われてきちんと走っていないので久しぶりの坂道は息が切れました。

 久しぶりのヒルクライムは疲れる~~
Hinatayama06

エッチラオッチラ上体がブレ気味の情けないフォームで上がります。背中のザックが重たいなあ。
汗びっしょりなのは仕方ないけど、車に追い越される度に車道脇に寄せつつ徐行するのは情けないです。
狭い箇所ではこちらが停止して車をやり過ごしますが、あいつらが徐行してもいいのに・・・。
登山道に入ったら追い抜かしてやろうっと。(笑)

 狭い駐車場は車で溢れかえっていました
Hinatayama08

勾配に慣れたらマイペースを取り戻してなかなか良いペースで登山口に到着。
すでに狭い駐車場は車であふれかえっていて、路肩駐車もたくさんいます。
困ったもんだ。

ハイキング仕様の身支度に整えていざスタート。
有名なハイキングコースとあって、道は整備され案内標識も完備しているのでファミリー登山にぴったりの山ですね。
現に子連れハイカーがたくさん登っていました。

 山の中に入ったら気分爽快です
Hinatayama12

樹相が広葉樹から針葉樹に変わり、しばらくで三角点に到着。さらにほんの数分で展望広大な雁ヶ原に出ました。

風化した花崗岩が奇妙な造形美を作り出していて、ちょうど北アルプスの燕岳のような景観を形作っています。
眼前に聳えている筈の甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳連峰は、残念ながら湧き出した雲の中に隠れていて姿を見せず。
紅葉もまだまだなので、山水画的な風景には出会えませんでした。

 山頂ではちょっと異次元の景観が広がっていました
Hinatayama19

とはいえ、基本的には晴れているので気持の良い景色の中を持ってきた行動食を頬張りながら一休み。
ここまで登山口から1時間強。
たしかに近くて人気が出るはずですね。

 風化花崗岩が独特の造形美を形作っています
Hinatayama20_4

下りは約45分で無事に登山口に到着しました。
ここからは再びサイクリングモードに変更して韮崎駅をめざします。
序盤は平均12パーセントの急な下り区間もあるので慎重運転に徹しました。路面はウェット、部分的に苔むしていて怖い怖い。

往路の途中を右折して農道区間に変わると楽しいダウンヒルに変わりました。
やがて、甲斐駒ヶ岳広域農道に出合い、この道で韮崎をめざします。
国道20号にほぼ並行して走る農道ですが、道は広いし交通量は少なく、おまけに周囲の展望をほしいままにしているゴキゲンの道でした。

 甲斐駒ヶ岳広域農道は走りやすい道(前方は茅ヶ岳)
Hinatayama28

 おサルさんたちをたくさん見かけました
Hinatayama32

若干のアップダウンはあるものの基本は下り道なので走っていて楽しかった。
前方に雲の上から顔を出した富士山を眺めながらのんびりと韮崎駅を目指しました。
14時24分に駅到着。
時刻表を見ると14時31分発の電車があったので慌てて輪行支度を終えてドアが閉まる寸前の電車に飛び乗り帰宅しました。
(じつは電車が5分遅れで到着したので何とかセーフでした。)

Hinatayama30

【感想】
ハイキングもサイクリングも両方楽しむという「ハイクリング」ですが、だんだん敷居が高くなってきました。
やはり両方の支度をしなければならないのがネックです。
特に秋冬時期はハイキング装備もしっかり用意しないと不安なので荷物も重くなりがちです。
50歳代なら問題ないけど、60歳代も後半になるとやっぱり簡単ではありません。
解決策としては、今回のように登る山のグレードを落として装備を軽くする。時期を春夏に絞る。なんてことが考えられるかな。
できればこれからも続けていきたいから。

DATA
-------------------------
DATE : 2017.10.8
距離 : 42.04 km
累積標高 : 826 m
移動時間 : 2:25:36
経過時間 : 5:10:57(登山時間含む)
平均速度 : 8.1 km/h
平均移動速度 : 17.3 km/h

| | Comments (0)

2017.10.02

B.B.BASE がやってきた!

Dsc_1034

孫守り業務が無事おわり自宅の最寄り駅から帰宅する途中、いつもの線路沿いの道をとぼとぼ歩いていると見慣れない車両が停まっていました。

ボディには「B.B.BASE」のロゴと大きなロードバイクのデザインが描かれているではありませんか。
何かの企画列車なんだろうなとは想像できましたが、よくわかりません。

クラブの仲間から、この電車が房総半島内を走るサイクルトレインだということを教えてもらいました。
「B.B.BASE」は「BOSO BICYCLE BASE」のこと。
JR東日本千葉支社の企画のようで運行開始は来年の1月からだそうです。(http://www.jreast.co.jp/chiba/bbbase/

Dsc_1033

自転車を折りたたまないで車内に持ち込めるのはとってもありがたいです。
ただし、発駅が問題ですね。
自宅の最寄駅ならベストだけど、自宅からかなり離れている場合は、いったん自転車を折りたたんで最寄り駅から輪行することになるのでメリット無しです。

例えば、発駅が千葉駅の場合、サイクルトレインのメリットを享受するためには、自宅から千葉駅まで自走する必要があります。
千葉駅ぐらいなら近いから自走でも行けるけど、これが新宿駅や上野駅からの直通っていうことになるとまったくメリットなしですね。

そこで提案です。
発駅が都内の場合、県内に入ったら快速停車駅では停車してもらって途中からの乗車を認めてもらえば利用者も増えるのでは?

また帰りも主要駅には停車してもらって途中下車を可能にしてもらえばベターですね。
具体的な運行スケジュールは、「CYCLE MODE international 2017」で公表するみたいですが、さて、どうなることやら。

Cimg5880

まあ、「B.B.BASE」もいいけど、せっかく作ったこの車両を県内限定にしないでJR西日本やJR四国各社と連携して「BIWAICHI.BICYCLE.BASE」(ビワイチ)とか「SHIMANAMI.BICYCLE.BASE」(しまなみ海道)と銘打って遠征してほしいものです。

車両に寝台車を連結して、千葉駅を夜発って早朝に尾道駅着。駅からしまなみ海道サイクリングを楽しんで今治駅から再び乗車して千葉に帰るなんていう企画列車があればゼッタイ乗りますよ。(笑)

| | Comments (0)

« September 2017 | Main | November 2017 »