« 残されたピースを埋めに西岳へ | Main | 花盛りの入笠山を自転車で訪れました »

2017.06.28

花のトレッキング in 秋田駒ヶ岳&八幡平

Imgp4676s

久しぶりに格安の大人の休日倶楽部パスを購入。
奥さんのお供で北東北を旅行してきました。

せっかくこの時期に北東北に行くのなら、今回は山歩きを楽しみたいな。
山歩きの嫌いな奥さんをどう説得するか?
キーワードは「花」です。

 八幡平からの秋田駒ヶ岳
Imgp46351s

「秋田駒ヶ岳は八合目まで車で行けるよ。」
「しかも、高山植物のてんこ盛り状態だよ。」

誘いの言葉に乗ってくれて、今回は山歩きメインの旅行が実現しました。
目的地は岩手山と秋田駒ヶ岳です。
天候の見極めを現地で判断して、結果的には秋田駒ヶ岳と八幡平になってしまいましたが、梅雨の最中なので致し方ありませんね。

 八幡沼の周りをのんびり歩きました
Imgp4644s

【秋田駒ヶ岳】
初めてこの山を訪れましたが、当日はあいにくの空模様。
事前の予報では、午後から回復とのことでしたが終日ガスと小雨の中のハイキングでした。
宿に戻ってみたら、岩手山はお昼前から急速に回復して快晴でした。
高気圧の張り出しで、より日本海に近い秋田駒ヶ岳では日本海側からの風が山腹に当たって雨模様だったのに対し、内陸部の岩手山では影響が少なかったようです。
標高の低い秋田駒を選択した判断に迷いはなかったものの、残念な結果となりました。

 チングルマの大群落がそこここに・・
Imgp4554s

とはいえ、そこは花の百名山にリストアップされている名峰です。
展望はなくても足元を埋めつくす高山植物の群落には大満足。
レインコートの上下を羽織った奥さんもお花畑では大満足の表情を見せてくれて、こちらもホッとしました。

 シラネアオイがたくさん咲いていましたよ
Imgp4592s

コマクサには少し早かったものの、チングルマやミヤマキンバイ、シラネアオイなどのスター級が随所に咲き乱れる様は大したものです。
やはり登ってみて良かった。

【八幡平】
なぜか深田久弥の日本百名山にリストアップされているのが八幡平。
れっきとした百名山なのです。
彼が登ったころの八幡平はアスピーテラインなど自動車道路がない古き良き時代。
静けさどころか秘境感の漂う山域でした。
日本国内で一番最後まで5万分の1地形図が描けなかったエリアだそうです。

 まるで尾瀬ヶ原を歩いているみたい
Cimg5381s

ところが、今ではアスピーテラインを使えば誰でもその頂に立つことができます。
百名山の中で一番易しい山なんじゃないかな?

とはいえ、道路から一歩足を踏み入れると美しい自然が迎えてくれます。
道はとても良く整備されているし、八幡沼の畔にはきれいな避難小屋もあるし、ハイキングを楽しむには申し分ない環境が整っています。

見晴らしの良いなだらかな稜線上からは眼前の岩手山をはじめ、早池峰山、秋田駒ヶ岳、鳥海山など東北の錚々たる山々が眺められました。
これはかなりお買い得な山ですねぇ。

 遠くに浮かぶは名峰鳥海山
Imgp46361s

八幡沼をぐるりと巡る湿原地帯の木道歩きも、ミズバショウやヒナザクラ、ショウジョウバカマ、チングルマなどの花々に囲まれてまさに至福のひととき。
深い森と数多くの湖沼群、そして広々とした湿原と池塘の数々。

 ショウジョウバカマは今が旬でした
Imgp4651s

尾瀬と北八ツを足したような魅力満載のエリアですね。
もちろん、花好きの奥さんにも十分に満足していだだきました。

【感想】
天候のためとはいえ目の前に聳える岩手山に登れなかったのは本当に残念でした。
もともと岩手山登山は単独行を予定していたので、山麓で留守番の予定だった奥さんにとっては秋田駒&八幡平への変更はラッキーだったかも。
今回は接待ハイキングということで割り切って、来月からまたハイキング&サイクリングに行かせてもらいましょうかね。(笑)

Imgp4667s

|

« 残されたピースを埋めに西岳へ | Main | 花盛りの入笠山を自転車で訪れました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 残されたピースを埋めに西岳へ | Main | 花盛りの入笠山を自転車で訪れました »