« January 2017 | Main | March 2017 »

2017.02.26

2017かつうらビッグひな祭り with CBCC

Katsuura08

CBCCのイベントに今年初めて参加します。
(役員の末席に連なる身としては何とも肩身が狭いです。)

とはいえ、ひなまつりライドは毎年参加しているので外せません。
リーダーがMTKさんのイベントは、特に体に優しいので助かります。
65歳を過ぎると若い人のイベントは正直きついです。
やっぱり自分がついて行かれるペースというか、遅れをとらないペースじゃないとね。

 外房有料を走行中の図 photo by masaki
Katsuura09

目的地の勝浦までのルートは毎年の定番で、外房有料から茂原市、長南町を経て国吉へ。
ここからしばらくはいすみ鉄道沿いに走り、県道176号に乗り換えて御宿をめざしました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する(MTKさんのサイトへジャンプ)

 御宿に着きました~ photo by pocky
Katsuura10

御宿といえば、月の砂漠です。
まあ、この像も毎年のように訪れているので特に感慨はないけど、銅像の基部にある砂紋模様がまわりの砂浜と調和していて、よくできています。

 御宿といえば「月の砂漠」像ですよね
Katsuura02

出発時は曇りがちで肌寒かったお天気でしたが、外房の海岸線に到着する頃には雲間から陽射しが差し込み青空がぐんぐん広がってきました。
やっぱり、外房はこうでなくっちゃね。エメラルドグリーンの海が美しいです。

 エメラルドグリーンの海岸線が美しいですね
Katsuura03

ひなまつり見物だというのに、今日はなぜか全員がオヤジ12人です。
みんなのお目当てはお雛様ではなく、勝浦タンタンメンであることは間違いありません。
かつタンといえば、ラグタイム(RAGTIME)。
おしゃれなイタリアンのお店なのに、なぜか勝浦タンタンメンが有名なお店です。

 イタリアンのお店でかつタンを食す photo by pocky
Katsuura11

10人以上ではなかなか入れないのですが、今日はすんなり席に着けました。ラッキー!
メンバー全員がタンタンメンを注文します。
ポッキーさんにつられて「辛め」をオーダーしたのが運の尽き。
出てきたタンタンメンのスープを一口すすった途端、あまりの辛さに咳き込む始末。

 3段階ある辛さランクの最高を注文しましたが・・
Katsuura04

完食できるか不安にかられながら、咳込み、むせながら、涙を流して食べ進みます。
いやー、辛さ控えめか「ふつう」を選んでおけば良かった。
辛口大好きのポッキーさん曰く、「この辛さは相当上位ですな。」
オーシャンビューのロケーションの中でいただく雰囲気は最高なので、次回は「ひかえめ」に挑戦したいと思います。

 オーシャンビューのロケーションは最高です photo by pocky
Katsuura12

ラグタイムを出て、次に向かった場所は官軍塚です。
こちらも定番の場所ですが、いつものコースが通行止めとかで、裏手の川津の港側から急坂を越えてたどり着きました。
川津港は初めて訪れましたが、磯に囲まれた天然の良港といった雰囲気でした。

 初めて訪れた川津港付近を走行中 photo by pocky
Katsuura13

官軍塚で楽しみにしていた河津桜は残念ながらすでに葉桜状態。
昨年は2月27日で、見頃の河津桜とひなまつり見物の両方を楽しめたのに。
自然の移ろいはコントロールできないので仕方がないですね。

 残念ながら今年は葉桜状態でした。
Katsuura05

官軍塚をあとにして勝浦灯台、八幡岬公園と名所巡りを楽しみます。
自転車で巡るのにちょうどいい距離です。

 勝浦灯台から八幡岬公園を望むとこんな感じ
Katsuura06

徳川家康の側室として有名なお万の方の像がある八幡岬公園は一見の価値がある絶景ポイント。
何度も訪れていますが、ついつい足を運んでしまいます。

 今度は八幡岬公園から望む勝浦灯台
Katsuura07

そして、いよいよひなまつり会場へGO!
交通規制も敷かれているので自転車を下りてぶらぶらしました。
勝浦のひなまつりといえば、いちばん有名なのが遠見岬(とみさき)神社の石段に飾られたビッグひな飾りですよね。
60段の石段に1800体が飾られているそうです。
たしかに圧巻ですね。

 圧感の60段飾り雛(遠見岬神社にて) photo by pocky
Katsuura14

遠見岬神社を後にして、市街を見物してまわりましたが、土曜日なのにいささか人出が少ないように感じられました。
ひなまつり見物は一度は見てみたいけど、二度目は足が向かないのかな。
私たちチャリダーは、ひなまつり見物も楽しむけど、そこに至る過程(ツーリング)を楽しんでいるからこそ何回もリピートできるのだと思います。

 さすがは勝浦駅。階段まで飾り雛風でした。 photo by pocky
Katsuura15

まあ、そんな感じで今年も勝浦までのんびり走ってきました。
帰路は外房線の輪行なので、走行距離は90km足らずです。
久しぶりのライドだったのでこれでもお腹いっぱいのツーリングでした。

DATA
-------------------------
DATE : 2017.2.25
距離 : 88.84 km
累積標高 : 507 m
移動時間 : 4:11:52
経過時間 : 7:12:24
平均速度 : 12.3 km/h
平均移動速度 : 21.2 km/h

| | Comments (0)

2017.02.04

入笠山スノーハイキング

Nyugasa07

晴れた日の金曜日に南ア前衛の入笠山(1955m)に行ってきました。

入笠山を訪れるのは実に49年ぶりです。
当時の山日記を押入れから引っ張りだして読んでみると、なんと前夜の23時過ぎからオーバーナイトで登っています。

 昔の山日記を読むと、夜通し歩いたことがわかります
Nyugasa25

しかも中央本線の青柳駅から富士見駅まで、途中バスなどを使わずに歩ききっているではないですか。
この記録は昭和43年(1968年)の9月のこと、当時は高校生だったけど、3人で夜行日帰り登山をしても親は許してくれてたんだなー。けっこう寛大だったりして。(笑)

 しかも、こんなに詳細な略図まで書いていたなんて・・・
Nyugasa26

というわけで49年後の現在では山頂近くまでゴンドラが通じているので、高校生からオジサンになった私らは当然のごとくゴンドラを利用してらくらくハイキングを楽しんできました。
相棒はなぜか49年前と同じari君です。

らくらくハイキングといっても、千葉を7時近くの電車で出発したので登山のスタート時刻は11時近くなってしまいます。
当初の予定では、釜無山(2117m)まで足を伸ばす計画でしたが、ゴンドラの最終時刻(16:30)までに往復する脚力はもはやないのでそれはあきらめ、代わりに大河原湿原の散策と帰路にも入笠山に登り返すことで時間調整を行いました。

 雪の中央アルプス
Nyugasa04

釜無山まで行けばその向こうには甲斐駒と鋸岳が眼前に見える筈でどうしても見たかったのですが・・。
ま、それは次回のお楽しみにとっておきましょう。

それにしても、標高差800m近くを登ってしまうゴンドラの威力は大したものでした。
乗っている時間も長いけれど、窓から眺める八ヶ岳連峰の眺めが素晴らしいです。

 とにかく八ヶ岳の展望は最高です
Nyugasa05

山頂駅に着き、身支度を済ませていざ出発。
肝心の積雪状態ですが、2週間ほど降雪がないこともあってかなり少なめでした。
気温は低いので、雪の表面はクラストしています。
スノーシューというよりも軽アイゼンやチェーンスパイクの方が快適なコンディションでした。

 左から富士山、観音岳、甲斐駒ヶ岳、鋸岳、(奥に)間ノ岳、仙丈ヶ岳の峰々
Nyugasa14

スタートから約1時間足らずで山頂に到着。
平日ということもあり山頂にはスノーシュー登山者が4,5人ほどいるだけでした。
展望の方は期待通りで、眼前の八ヶ岳はもちろん、奥秩父、富士山、南アルプス北部、中央アルプス、北アルプスなど中部山岳の名だたる山々が一望できます。
文明の利器を使って1時間足らずでこれだけの大展望を満喫できるのですから人気の山になるのも頷けます。

 雪の大河原湿原にて
Nyugasa11

でも、なんか物足りないんだなあ。
高校の時に登ったような苦労が何ら味わえないのもねぇ・・。

一応、釜無山方面に足を向けてみました。
途中までは雪の林道歩きが続きます。
ほとんど人に出会わない静かな山歩きができました。

 静かな林道歩き
Nyugasa10

林道を歩いていると動物たちの足跡(アニマルトラッキング)が至る所にありました。
鹿やうさぎだと思うのですが、友と二人で動物の正体を想像しながら歩くのも楽しいものです。

13時過ぎまで歩き続けたけど、釜無山ははるか先。
これは無理だと判断し、往路を引き返しました。
途中にある大河原湿原は一面の大雪原になっていたので、持参したスノーシューとワカンをそれぞれセットして歩き回りました。

 せっかく持参したので使ってみました
Nyugasa13

雪の表面が堅く、中がやわらかな雪質のためスノーシューでも少し歩きづらかった。
ツボ足ではちょっと無理ですね。

帰りがけに再び入笠山に登り返しました。
すでに14時を回っており日はゆっくりと傾き始めていましたが、午後のやわらかな光線が幸いして周囲の山々の山襞には陰影がかかり立体感のある景観を楽しむことができました。

 午後の光線は山襞に立体的な陰影を作ってくれます
Nyugasa16

 槍穂高連峰の雲も取れてくれました
Nyugasa19

山頂駅に戻る前にマナスル山荘に立ち寄りました。
15時までのランチコーヒーに間に合い、美味しいコーヒーをいただくことができて大満足。
なかなかアットホームな雰囲気の山小屋なので、今度は6月の花の時期に奥さんを誘って泊まってみたいな。

 短いけど楽しいハイキングでした
Nyugasa22

歩きはじめで通過した入笠湿原を登り返し、無事にゴンドラ山頂駅に戻りました。
ここからの八ヶ岳の眺めも素晴らしいです。
最後にじっくり眺めてから下界に下りました。

| | Comments (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »