« 2017年初ライドは鋸南町の水仙見物 | Main | 大東崎燈台と角八のいちご大福 »

2017.01.14

里山の冬景色

土日は用事があって自転車に乗れないので、金曜日にぶらっと走ってみました。
このところ、朝が冷えるので遅めの9時前スタートです。

場所はどこでもいいのだけれど、ガーミン君のナビ機能を使わずに走れるところ、ということで鶴舞、山内、野見金山方面を散策してきました。

うぐいすラインから始まって秋元牧場で締めくくる市原市、長南町、長柄町エリアは「My favorite course」です。
標高100~200m級の丘陵がつらなり、台地の裾には谷津田が深く切り込んでいて複雑で変化に富んだ風景を見せてくれています。

 オープンギャラリー鶴舞桜ヶ丘にて
Cimg4627s

最初に立ち寄ったオープンギャラリー鶴舞桜ヶ丘は、庭の持ち主が開放しているお庭で、広々としてとても眺望が良いところです。
「ギャラリー」と名付けられたとおり、木工のオブジェが庭のところどころに配置され楽しめます。
ここの売りは、何と言ってもお庭から広がる眺望です。

この場所には土日平日にかかわらず何度も訪れていますが、いまだかって先客のいたためしがありません。
本当に静かで心の落ち着ける場所です。

 西願寺阿弥陀堂(堂内に厨子が安置されています)
Cimg4630s

このあと、大多喜街道(国道297号)に出て、勝浦方面に向けて走りました。
西願寺の阿弥陀堂を左に見てさらに南下したあとを左折して山間の道に入ります。
夏にはゲンジボタルを鑑賞できるほど水のきれいな田園地帯が広がるところに第2の目的地であるアリランラーメンがあります。
お店の名前は「らーめん八平」ですが、アリランラーメンで通っちゃいます。

今日は平日だから待たずに入れるかな?なんて思っていると大間違い。
念のために少し早めの11時35分に到着した時点でお店の外には10人ほどが並んでいました。
(オマエら仕事しないでこんなところにいていいのかよ!)
と言いたくなるのを我慢して、11人番目に並びます。

 アリランチャーシュー・中サイズ・やや辛め
Cimg4633s

まあ、結局待つこと1時間10分でようやくお目当てのアリランチャーシュー麺にありつけました。
いやー、相変わらず美味いなあ。
長い時間待った甲斐がありました。
今日は外で待っている間寒くなかったので良かったけど、日差しがない日は厳しいです。
私の場合、たぶんあきらめて別のお店に行くだろうなあ。

 定点撮影ポイントにて
Cimg4635s

めずらしくスープも残さずに完食した食後のデザートは野見金山と秋元牧場の坂上がりです。
My favorite course」ですが、坂が多いのが玉にキズ。
帰宅してから調べたら獲得標高1,000mを少し超えていました。
ヒルクライムコースでもないのに小さなアップダウンの連続なんですね。

 野見金山頂上からの眺望
Cimg4637s

野見金山から眺めた房総丘陵の冬景色がとても印象的でした。
すっかり落葉して、木の白い幹が露わになっている様が、冬らしい寒々とした感じを受けます。
午後の光線の強いコントラストも夕日の訪れを先触れしているようで、物寂しさを誘います。
さあ、馬力を上げて家路を急ごう。

Cimg4640s

DATA
-------------------------
DATE : 2017.1.13
距離 : 112.40 km
累積標高 : 1009 m
移動時間 : 4:54:22
経過時間 : 7:31:36
平均速度 : 14.9 km/h
平均移動速度 : 22.9 km/h

|

« 2017年初ライドは鋸南町の水仙見物 | Main | 大東崎燈台と角八のいちご大福 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2017年初ライドは鋸南町の水仙見物 | Main | 大東崎燈台と角八のいちご大福 »