« December 2016 | Main | February 2017 »

2017.01.29

大東崎燈台と角八のいちご大福

Ichigo11

例年、この時期になると食べたくなるのが角八のいちご大福です。
今年も奥さんの指令が下り、いちご大福を買いに往復140kmを走ってきました。

 pockyさんの定点観測田んぼを通過中
Ichigo01

どうせ行くなら、麺ドラゴンの塩あさりそばも食べたいな。
そうなるとおのずとコースは決まります。
行きは外房有料を使って南白亀川河口まで、それからは県道30号線をひたすら南下します。

 南白亀川河口で太平洋とご対面
Ichigo02

麺ドラゴンさんには開店10分前に到着。一番乗りでした。
今回で3回目になるこのお店。今日こそはトムヤムそばをオーダーするつもりでしたが、なぜか声にしたのは塩あさりそば。
濃厚クリーミーなスープは最高です。やっぱり定番の味には勝てませんでした。
でも、次回はぜひトムヤムそばを注文するぞ!

 麺ドラゴンの塩あさりそば
Ichigo03

麺ドラゴンに限らず、九十九里ビーチライン沿いのお店はおしゃれなお店が多いです。
アメリカンナイズされたっていうか。
サーフィンが盛んなエリアなのは以前から知っていたけど、オリンピック会場にも選ばれるなんてびっくりですよ。

 太平洋が一望できる太東岬
Ichigo04

お、大東崎が近づいてきました。
燈台に上がる手前は相変わらずけっこうな急坂です。
たどり着いた展望台からは太平洋が一望できます。侵食されやすい崖の上にあるので眼下の波打ち際が見えないのがちょっと残念です。

 スイセンに囲まれた大東崎燈台
Ichigo05

燈台の周りは水仙が花盛りでした。甘い香りがあたりを漂っています。
10日ほど前に仕事で鋸南町に出かけましたが、その少し前に降った雪の影響で彼の地の水仙はほぼ全滅。
がっかりしていただけに岬の水仙に出会いホッとしました。

Ichigo06

大東崎を後にして、向かうは一宮にある玉前神社門前にある角八本店。
今日は日曜日ということもありお店の前も中も大賑わいでした。
お目当ては230円のいちご大福ですが、自転車で運ぶと形が崩れちゃうので、ちょっとお高いけどハードケースに入っている方をチョイスしました。(こちらは300円)
大きさも一回り大きいようです。

Ichigo10

帰宅して奥さんに進呈。
あまりにも大きいので、包丁で二つに切って食べました。
いつながら、あまおう(甘王)と白あんのコラボが最高のハーモニーを醸し出しています。
買うのにはちょっと遠いけど、140kmを走る価値のある逸品だと思います。

 帰りに立ち寄った秋元牧場では紅梅が見頃でした
Ichigo08

Ichigo09

DATA
-------------------------
DATE : 2017.1.29
距離 : 142.76 km
累積標高 : 751 m
移動時間 : 6:12:20
経過時間 : 7:55:46
平均速度 : 18.0 km/h
平均移動速度 : 23.0 km/h

| | Comments (0)

2017.01.14

里山の冬景色

土日は用事があって自転車に乗れないので、金曜日にぶらっと走ってみました。
このところ、朝が冷えるので遅めの9時前スタートです。

場所はどこでもいいのだけれど、ガーミン君のナビ機能を使わずに走れるところ、ということで鶴舞、山内、野見金山方面を散策してきました。

うぐいすラインから始まって秋元牧場で締めくくる市原市、長南町、長柄町エリアは「My favorite course」です。
標高100~200m級の丘陵がつらなり、台地の裾には谷津田が深く切り込んでいて複雑で変化に富んだ風景を見せてくれています。

 オープンギャラリー鶴舞桜ヶ丘にて
Cimg4627s

最初に立ち寄ったオープンギャラリー鶴舞桜ヶ丘は、庭の持ち主が開放しているお庭で、広々としてとても眺望が良いところです。
「ギャラリー」と名付けられたとおり、木工のオブジェが庭のところどころに配置され楽しめます。
ここの売りは、何と言ってもお庭から広がる眺望です。

この場所には土日平日にかかわらず何度も訪れていますが、いまだかって先客のいたためしがありません。
本当に静かで心の落ち着ける場所です。

 西願寺阿弥陀堂(堂内に厨子が安置されています)
Cimg4630s

このあと、大多喜街道(国道297号)に出て、勝浦方面に向けて走りました。
西願寺の阿弥陀堂を左に見てさらに南下したあとを左折して山間の道に入ります。
夏にはゲンジボタルを鑑賞できるほど水のきれいな田園地帯が広がるところに第2の目的地であるアリランラーメンがあります。
お店の名前は「らーめん八平」ですが、アリランラーメンで通っちゃいます。

今日は平日だから待たずに入れるかな?なんて思っていると大間違い。
念のために少し早めの11時35分に到着した時点でお店の外には10人ほどが並んでいました。
(オマエら仕事しないでこんなところにいていいのかよ!)
と言いたくなるのを我慢して、11人番目に並びます。

 アリランチャーシュー・中サイズ・やや辛め
Cimg4633s

まあ、結局待つこと1時間10分でようやくお目当てのアリランチャーシュー麺にありつけました。
いやー、相変わらず美味いなあ。
長い時間待った甲斐がありました。
今日は外で待っている間寒くなかったので良かったけど、日差しがない日は厳しいです。
私の場合、たぶんあきらめて別のお店に行くだろうなあ。

 定点撮影ポイントにて
Cimg4635s

めずらしくスープも残さずに完食した食後のデザートは野見金山と秋元牧場の坂上がりです。
My favorite course」ですが、坂が多いのが玉にキズ。
帰宅してから調べたら獲得標高1,000mを少し超えていました。
ヒルクライムコースでもないのに小さなアップダウンの連続なんですね。

 野見金山頂上からの眺望
Cimg4637s

野見金山から眺めた房総丘陵の冬景色がとても印象的でした。
すっかり落葉して、木の白い幹が露わになっている様が、冬らしい寒々とした感じを受けます。
午後の光線の強いコントラストも夕日の訪れを先触れしているようで、物寂しさを誘います。
さあ、馬力を上げて家路を急ごう。

Cimg4640s

DATA
-------------------------
DATE : 2017.1.13
距離 : 112.40 km
累積標高 : 1009 m
移動時間 : 4:54:22
経過時間 : 7:31:36
平均速度 : 14.9 km/h
平均移動速度 : 22.9 km/h

| | Comments (0)

2017.01.06

2017年初ライドは鋸南町の水仙見物

Kyonan09

今年の初ライドです。
目的地は、をくずれ水仙郷と江月水仙ロード。
ともに鋸南町にあります。

ニホンスイセンの見頃は例年1月から2月初旬にかけて。
少し早いかな、と思いつつ訪れてみました。

この季節は北西の季節風が強いので、走るなら南に限ります。
今日もお約束の北西からの風に乗って楽ちんライドを楽しみました。

自宅を出て、最初の休憩地点は立野のデイリーヤマザキ市原立野店ですが、店内の張り紙を見てこのあたりに鎌倉街道が通っているのを初めて知りました。

 鎌倉街道が千葉にも通じていたなんて・・
Kyonan01

今から800ほど年前、「いざ鎌倉!」への道が通じていたとは。
ほとんど名残りをとどめていないけれど、歴史のロマンを感じます。

その後、かずさアカデミアパーク、君津、もみじロードを経て長狭街道に出て、をくずれ水仙郷に入ります。
佐久間ダムの周りがをくずれ水仙郷です。
水仙が咲き競うエリアに入った途端、甘い香りに包まれました。
この感じ、いつもながら最高に気分が良いです。

 水仙に彩られたプロムナードが続きます
Kyonan02

Kyonan03

お目当ての水仙は、少し早い感じでしたが、湖面に向かう斜面にはびっしりと水仙の花が咲き誇っています。
今日は平日なので観光客も少なく、ゆっくりと鑑賞できました。

ダム湖を後にして、次に向かった先は江月水仙ロードです。
勝山に向かう県道184号線を走り、右に江月方面への分岐があるので標識に従い右折しました。
この道は短いながらも急坂の連続で心臓バクバクになります。
最大の激坂は乗り越えたものの、その先15~16パーセントの急坂が続く区間では思わず足を着いてしまいました。

 江月は水仙に囲まれた美しい集落です
Kyonan05

小さな峠を越えれば江月の水仙ロード区間に入ります。
細長い谷津地形の江月地区ですが、道沿いに植えられた水仙で集落全体が彩られていて、人気のハイキングコースになっているのも頷けます。
こちらも佐久間ダム同様に花の最盛期には少し早く、来週あたりが見頃かなって感じでした。

 最盛期にはまだ少し早い感じでした
Kyonan06

Kyonan07

帰路は国道127号線に出てから、向かい風の中を保田、浜金谷、竹岡と変化に富んだ内房の海岸線沿いを走り、上総湊駅で輪行帰宅しました。

鋸南町とお隣の南房総市は、これからスイセン、梅、頼朝桜、菜の花、ソメイヨシノと切れ目なく花々に彩られた季節を迎えます。
今年も、今日を皮切りに何度か訪れることになりそうです。
房総の春は本当に美しいですね。

 保田から金谷にかけての海岸線は変化に富んでいます
Kyonan12

DATA
-------------------------
DATE : 2017.1.6
距離 : 113.51 km
累積標高 : 1024 m
移動時間 : 5:02:28
経過時間 : 6:36:55
平均速度 : 17.2 km/h
平均移動速度 : 22.5 km/h

Kyonan04


| | Comments (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »