« 貴重な晴天のチャンスを狙って雨飾山へ | Main | 久しぶりのグルメツーリング with CBCC »

2016.10.13

三頭山に行けども展望に恵まれず

Imgp3688s

遅レポになりますが、3連休最終日の10日は奥多摩の三頭山でした。
晴れ間なし、展望なし、紅葉なし、の「3なし」ハイキングに終始して実りの少ない山行でした。

それにしても週末ごとに雨天に見舞われる周期が10月に入っても続いています。
この3連休はつるちば(ツールドちば)でしたが、参加者の方々は大変だったと思います。
というわけで、詳細な記録はヤマレコに譲って、ブログでは印象に残ったことなどをつづります。

最近、三頭山は訪れていなかったので、昔の記憶を頼りに計画しました。
奥多摩湖側から登るならヌカザス尾根でしょう。下りは数馬集落に下りるなら西原峠経由かな。なんて感じで計画終了。

 登り始めは奥多摩湖にかかる麦山浮橋から
Imgp3666s

で、実際に歩いてみると・・・
ヌカザス尾根には「おツネの泣き坂」という有名な急坂区間があります。
以前歩いた時はたしか下山に使った記憶があります。
そういうわけで、初めて登ってみたら確かに急だった。

 幻想的な山霧の中、静かな尾根歩きが続きます
Imgp3686s

でも急坂の区間はそれほど長くはなく、気がついたら鶴峠の分岐に。
さらにひと登りで三頭山西峰に到着しました。

驚いたことに、今までほとんど人に出会わなかったのに、どこからこんな大勢の人が登って来たんだろうと不思議になるほどの賑わいです。
あとでわかったのですが、数馬側の都民の森までバスが通じていて気軽に山頂に立てるようでした。
なるほど、便利になったもんだ。

 薄紫色のセキアノアキチョウジ
Imgp3682s

あいにくの天気で展望はまったくないので、中央峰、東峰に立ち寄るのはあきらめてそのまま西原峠をめざしました。
山頂から一気に下るとログハウス風の避難小屋が現れます。
そういえば昼飯はまだだったので、小屋内部で食事をとることに。
内部は小ぎれいに整頓されていて、泊まっても快適だなと感じました。

 三頭山避難小屋で昼食休憩
Imgp3697s

Imgp3698s

避難小屋からさらに下り、やがてゆるやかな勾配になると笹尾根です。
ゆるやかなアップダウンを繰り返しながら槇寄山を通過し西原峠に到着しました。

 兜造りの民家が現れると数馬集落の一角ですね
Imgp3714s

静かな峠にしばし佇み、進路を東北東に向け数馬に向けて下ります。
その間、今日初めて見晴らしのきく尾根道を通り、約1時間の歩きで兜造りの民家がある数馬集落の一角に下り立つくことができました。
それにしても展望に恵まれない冴えない一日でした。

|

« 貴重な晴天のチャンスを狙って雨飾山へ | Main | 久しぶりのグルメツーリング with CBCC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 貴重な晴天のチャンスを狙って雨飾山へ | Main | 久しぶりのグルメツーリング with CBCC »