« 久しぶりのグルメツーリング with CBCC | Main | 奥多摩・天空の里から鷹ノ巣山へ »

2016.10.30

48年ぶりに丸川峠を訪れる

Imgp3766s

紅葉に彩られた山が見たくなり、急きょ大菩薩方面のハイキングを計画しました。
ここ数年、大菩薩峠周辺は結構歩いていますが、そういえば丸川峠はトレースしていないことに気づき、今回はそっち方面でプランを決めます。

歩いたコースのくわしい内容をヤマレコで表示する

最寄り駅を始発の電車に乗り、およそ3時間かけて甲斐大和駅で下車。
紅葉シーズンなので、バスは折よく臨時便に乗車でき予定よりも30分近く行程が短縮できました。
それは良いんだけど、早く着いたおかげで天候の回復よりも先行する結果となり、石丸峠はガスの中。
ガスの中の峠も幻想的でそれなりに良かったけどね。

 石丸峠での幻想的な光景
Imgp3725s

歩き進めるとだんだんガスが上がってきて青空がのぞいてきました。
熊沢山を越え、大菩薩峠に下り立つ頃には峠周辺にたちこめていたガスはきれいにとれて、奥多摩方面の山並みがすっきりと視界に入ってきました。

まず目についたのは、20日前におとずれた三頭山。
三頭山に加えて御前山、大岳山の奥多摩三山が流れる雲の上に姿を現しています。
手前には8月に歩いた牛ノ寝通りの長大な稜線が印象的です。

 奥多摩三山と手前は牛ノ寝通の長大な山稜
Imgp3743s

さらに目を転じれば、雲取山から鷹ノ巣山にかけての石尾根の山並みが紫色に浮かんでいました。
こうしてみると石尾根は高いなあ。さすが奥多摩の屋根です。

 鷹ノ巣山をはじめとする石尾根の山並み
Imgp3746s

東側の展望に見とれているうちに西側もだんだん雲が切れてきました。
お、南アルプスの甲斐駒や仙丈ヶ岳、鳳凰三山に北岳なども雲間に浮かんでいます。
うーん、雲が多くて他の南アルプスの高峰群は見えないのが残念でした。

 南アルプス北部の山並み
Imgp3737s

大菩薩峠といえば富士山ですが、南側の展望は残念ながら雲の中です。
しばらく峠で待っていましたが、富士山はご機嫌斜めのようなので仕方なく先を急ぎました。

 大菩薩峠から雷岩にかけての稜線
Imgp3778s

笹原の中に針葉樹が点在する開放的な稜線歩きが続きます。
ふと振り返ると、はげしい雲の動きの上に富士山の山頂がぽっかり顔を出してくれました。
やっぱりここに来て富士山が見えないのは寂しいので見られて本当に良かった。

 やっぱり富士山が見えると格別です
Imgp3776s

大菩薩峠から雷岩までの区間は、最高の稜線歩きで四季を通じて楽しめます。
私が好きなのは初夏です。
亜高山植物に彩られた稜線歩きと豊富な残雪をいただく富士山の絶景が堪能できるので。

今日は気象の変化が激しいようで展望を楽しむ時間はあまりないようです。
甲府盆地側から雲がどんどん押し寄せてきて稜線を覆い隠そうとします。
今のところ何とか展望は確保できていますが、この先どうなることやらといった感じでした。

 稜線から見下ろす山麓の紅葉
Imgp3759s

悪い予感が当たって、雷岩に到着する頃には南アルプスと富士山は雲に隠れる寸前です。
まあそれでも臨時バスのおかげで早発ちができ、稜線上での展望が楽しめたのは幸いでした。
2番バス(甲斐大和駅発9:20)で来た人たちは残念だったと思います。
早起きは三文の徳?

このあと大菩薩連嶺最高峰であり日本百名山の一つでもある大菩薩嶺に向かいます。
このピークは樹林のため展望ゼロです。
そのためか、皆さん「百名山」の標柱を入れた記念写真を撮ったあとはすぐに下山します。とても可哀想なピークなんです。
私は百名山ハンターじゃないのでここでのんびりしたいところなんですが、次から次に記念写真を撮りに来る人が多いので早々に退散しました。

 大菩薩嶺を越えると急に静寂感が増してきます
Imgp3791s

大菩薩嶺を越えるとあたりは急に静寂感に包まれます。
大半のハイカーは雷岩から唐松尾根を下るか又は唐松尾根から登って大菩薩峠方面に向かうので、嶺から北に丸川峠、柳沢峠方面を歩く人は本当に少ないのです。

昼なお暗い原生林の中、苔むした山道を歩く喜びは何物にも代えがたいです。
奥秩父や北八ツの原生林にも引けを取りません。

Imgp3792s

やがて濃いガスの中、笹原の斜面が現れてくると丸川峠のお花畑に到着しました。
初夏から夏にかけて、可憐な山野草が咲き乱れる場所なんでしょうね。
今日は深い霧で何も見えないけど、十分に期待のもてる草原です。

 ガスに覆われた丸川峠の草原はとっても幻想的
Imgp3799s

青いトタンでできた質素なつくりの山小屋に到着しました。
今は「まるかわ荘」って言うようですが、昔は丸川峠小屋だったと思います。
懐かしいなあ。
数えてみたら48年ぶりの再訪です。
昔はもっと粗末な小屋だった記憶があるけど、今も質素な佇まいです。

 今どき珍しいくらい渋い外観のまるかわ荘
Imgp3803s

小屋の中に入ると先客が一人と小屋番の親父さんがニコニコと出迎えてくれました。
中に入った瞬間、48年前にタイムスリップした感じがしました。
うーん、あんまり変わってないなあ。

豆から挽くコーヒーを注文して、しばしの間親父さんとと昔話をします。
私が訪れた48年前は先代の小屋番時代でした。
ちょうど東大紛争の最中で、授業ができない東大生が小屋に居候していたのを思い出しました。
あの時にご馳走になったキジ鍋の美味しかったことは今でもはっきり覚えています。
いまの親父さんも感じの良い方なので、次回はぜひこの小屋で一晩過ごしてみたいものです。

Imgp3801s

さて、肝心の紅葉ですが、丸川峠からの下りでようやくお目にかかることができました。
今年は9月の長雨の影響で目の覚めるような美しい紅葉ではないとのことですが、たしかに鮮やかさに欠けます。
それでも紅や黄色の色づく様は、山に来て良かったなと心から思える情景でした。

 紅葉は丸川峠の下り付近が見ごろでした
Imgp3804s

Imgp3807s

急な下りに難儀しましたが、周囲の紅葉のおかげで慰められました。
やがて急坂も終わり沢沿いの林道に出てからはのんびり歩いてバス停に到着。
少々時間が余ったのでバス停を通過して日帰り温泉「大菩薩の湯」で汗を流してから帰宅の途につきました。

|

« 久しぶりのグルメツーリング with CBCC | Main | 奥多摩・天空の里から鷹ノ巣山へ »

Comments

私も紅葉と展望の南大菩薩を歩きたくて、翌30日の日曜日に行こうかと思ったんですけど、どうも天気が今一つで、紅葉も終盤のようだったので諦めて、代わりにいつもの甘利山を歩いてきました。
結果大正解で、この日は大菩薩辺りはガスが取れなかったみたいですが、甘利山は後半晴れて、紅葉と展望の山歩きを楽しむことができました。
大菩薩の紅葉は、また来年の楽しみに取っておきます。

Posted by: HINA | 2016.10.31 11:47 PM

HINAさん
こんにちは
甘利山の記録拝見しましたよ。
雲海に浮かぶ富士山の変貌ぶりが印象的でしたね。
甘利山のカラマツの黄葉は本当にきれいですね。
さて、大菩薩ですが、稜線上はもう遅いですが、標高1000から1500m付近の尾根筋はまだ見頃だと思います。
でも、今年は9月の長雨の影響でちょっと期待はずれですね。

Posted by: Nob | 2016.11.01 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 久しぶりのグルメツーリング with CBCC | Main | 奥多摩・天空の里から鷹ノ巣山へ »