« August 2016 | Main | October 2016 »

2016.09.10

中房総の魅力を再発見する

Noumizo07

最近、ネットやテレビで話題になっている「濃溝の滝」を訪れてきました。
昨年あたりから行こう行こうと思っていたのですが、他にも行きたい場所があって延び延びになっていました。
そろそろ暑さもピークを過ぎたかな?と思って出かけたのですが完全に裏切られたなあ。
暑かったー・・

走ったコースとプロフィールマップを表示する

濃溝の滝は、房総スカイラインと鴨川有料の間にあります。
何時訪れても良いわけではなく、行くなら洞穴から陽の差す午前中の早い時間帯がベターです。
この場所に午前中に到着できるほどの脚力はないので行きは君津駅まで輪行、帰りは家まで自走というプランを立てました。

 スタートはJR君津駅から
Noumizo01

以前なら行きがけの駄賃に鹿野山を上るコース設定もアリなのですが、今回は当然迂回します。
もはや、そんな体力はありません・・。

房総スカイラインはなかなかの山道なので結構汗をかかされます。
出口に着いたら右折して鴨川方面に向かいました。
濃溝の滝が有名になりこの滝を目的に訪れる車の数もたくさん走っています。

 片倉ダム湖を左に見ながら走りました
Noumizo02

やがて、ふれあいパーク・きみつを過ぎるとじきに右手に現れました。
お目当ての滝は清水渓流広場という場所にあります。
駐車場は満杯で、観光バスが何台も停まっています。

 「徒歩451歩」 だいたい合ってましたよ
Noumizo03

お目当ての滝までは自転車を下りて約300m位でしょうか。
よく整備された遊歩道をしばし歩けばすぐにご対面できました。

 上から眺めても平凡な滝にしか見えませんが・・
Noumizo04

よく紹介される写真は、水際を歩いて滝の正面に出ないと撮れません。
クリート付きのシューズで不安がありましたが、固い砂岩質の川床なのでSPDシューズでも大丈夫でした。

 水際を滝の正面に向かって歩いて行くと・・
Noumizo05

確かに洞穴から朝日が差し込んだ時の情景は素晴らしいだろうな、と感じましたね。
洞穴自体は、自然のものではなく恐らくこの地方に多く見られる「川廻し」の名残りだと思います。
昔の人は偉大ですね。

 感動的な光景が眼前に広がります
Noumizo08

さて、今日はもう1ヶ所見たい場所があります。
そちらは洞穴ならぬトンネルです。
今日のお題は「穴」ですね。(笑)

 今日のお題は「穴」なので、この写真もどうぞ
Noumizo10

国道465号を亀山湖を経て七里川温泉方面に向かいます。
黄和田畑から養老渓谷方面に向かい、しばらく走ると2ヶ所目の立ち寄り場所である「共栄・向山トンネル」に到着しました。

 入口はごく普通のトンネルに見えますが・・
Noumizo11

ここは知る人ぞ知る「2階建てトンネル」なのです。
ある新聞の千葉版に掲載されていた写真を見てびっくりしました。
「これは行かなくては」と思い、濃溝の滝とセットで訪れてみた次第。

 お、なんだこれは!トンネルの出口が二つ?
Noumizo12

トンネルの入口から中をのぞくと五角形の素掘りの出口らしきものが見えます。
で、中に入って行くと、あーら不思議、出口だと思っていた五角形の下にアーチ型の本当の出口が見えるではありませんか。
まるで出口が上下2つあるように見えます。
トリックアートの世界ですね。

 まさにトリックアートの世界です
Noumizo13

さらに不思議なことに、出口から振り返っても上の出口は見えないのです。トンネルは一つしか見えません。
うーん。よくわからんな。
不思議な体験をしてみたい方は是非行ってみてください。

このあと、石神の菜の花畑に立ち寄ったら、ちょうど上りの電車が通過するところだったので慌ててシャッターを押しました。
刈り残しの田んぼを前景に秋らしい写真が撮れました。

Noumizo15

本日のお題「穴」の最後は、月崎駅から飯給駅を結ぶ田舎道に設けられた3つの素掘りのトンネルです。
それぞれ明治時代に掘られたもので、そのうち2つは「観音掘り」といわれる将棋の駒形の日本古来の工法で掘られたものです。
中を走るとひんやりとした空気にふれてホッとしました

 永昌寺トンネルの入口部です
Noumizo16

 こちらは柿木第一トンネルの出口部(観音掘りですね)
Noumizo17

里見駅の先にある功徳庵で、いつもの天もり蕎麦をいただいて今日のツーリングを締めます。
相変わらず、季節の野菜を中心とした二つ皿の天ぷらが豪華でした。
それにしても今日は暑かったなあ・・・。

Noumizo19

Noumizo20

【感想】
よく走りに訪れる中房総エリアですが、ふだん通り過ぎていたところに魅力あふれるポイントがあるとは知りませんでした。
濃溝の滝も共栄・向山トンネル、永昌寺トンネルなどもみな昔の人達が素掘りで築いた遺産です。
人と自然が織りなす造形に彩られた中房総の魅力を再発見したツーリングでした。

| | Comments (2)

2016.09.04

レンゲショウマと温泉&生ビール

Imgp3553s

前回の牛ノ寝通りハイキングのゴールに温泉があって、これがとても良かったので再び同じパターンのハイキングを企画しました。

今回は、手軽に行かれる御岳山と日の出山です。
下山口にハイカーに人気のある「つるつる温泉」という日帰り温泉があるので、立ち寄ってみることにしました。

歩いたコースのくわしい内容をヤマレコで表示する

くわしいレポと写真はヤマレコの記録におまかせして、例によってこのブログでは印象に残ったことなどをつれづれに記します。

いつの間にか9月になってしまいましたが、御岳山といえばこの時期はレンゲショウマですね。
当ブログでも何度も取り上げていますが、個人的に大好きな花です。

 杉の巨樹が林立する御嶽神社表参道
Imgp3544s

杉の巨樹が林立する御嶽神社の表参道を少し汗ばむ程度のペースで上がりきり、水平道をしばしでレンゲショウマが群生する筈の園地に着きます。

あれ、レンゲショウマがない!
見頃はお盆の頃ですから、さすがに大半の花は散ってしまい、わずかに残った個体が目を楽しませてくれました。

 年に一度はこの花に出会いたいものです
Imgp3558s

最盛期には数えきれないくらいの花を咲かせてくれるのに・・・。
どおりでカメラマンが誰もいないはずです。

数少ないレンゲショウマたちでしたが、さすがは「森の妖精」です。
可憐な花を十分に鑑賞させてもらいました。

今日は日の出山を越えて温泉に立ち寄るのが目的ですが、夏はやっぱりロックガーデンコースが涼しいので滝見物に出かけます。
たどる道中には、シュウカイドウやツリフネソウ、それにフシグロセンノウやヤマジノホトトギスなどの草花が目を楽しませてくれました。
特にツリフネソウの赤紫色の花は印象的です。群生している場所もあり、ユニークな花びらをゆっくりと鑑賞できました。

 花の形がユニークなツリフネソウです
Imgp3567s

ここ2週間ほどは台風などもあり、ロックガーデン内の渓流も水量が豊富です。
奥多摩の奥入瀬と呼ばれることもあるエリアですが、渓流沿いに辿るにつれてひんやりした涼風が肌にあたり快適なハイキングコースとなっています。
入口の七代の滝、出口の綾広の滝ともに水量豊かな瀑布となっていて、見上げていても全然飽きませんね。

 名瀑「七代の滝」 何とも美しい水流でした。
Imgp3577s

苔むした岩伝いに足を運ぶのですが、ところどころ滑りやすいところもあって注意は入りますが、山深い本格的な渓谷の様相を呈していながら誰もが容易に歩くことのできるこのコースは奥多摩でもベスト5に入ると思いますよ。

 奥多摩の奥入瀬? でもナットク
Imgp3598s

さて、楽しい沢歩きの後は日の出山までの軽いハイキングです。
御嶽神社の参道から右に折れ、日の出山に至る山道に入ります。途中までは神社の宿坊が軒を連ねていて、山岳宗教の雰囲気が色濃く残っています。
昔ながらの茅葺屋根の宿坊もあちこちに残っていて、夏の一日を泊まりで過ごすのも悪くないなあと感じました。

 杉の植林帯を歩きます。
Imgp3604s

やがて杉の植林帯になり、樹林に覆われたなだらかな傾斜の登りをゆっくりペースでたどれば日の出山頂の一角に立つことができました。
前回訪れたのは、この山の北尾根からダイレクトに山頂を目指した時ですから、あれから10年以上は経っています。
相変わらず人気の山で、今回はMTBを数台見かけましたが、山頂まで押して来たのかな?
お疲れさまでした。

 MTBで来るなんて、若者はスゴイですね~Imgp3606s

ちょうどお昼時だったので、頂上で簡単な昼食をとります。
この時期特有の霞みがありながらも、関東平野の広がりがよく眺められました。

お昼を終えれば、あとは温泉に直行あるのみです。
山頂から南東、やがて東に向かって下る尾根を歩きます。
最初のうちは急ですが、要所に木製の階段が整備されているので歩きやすいです。

 歩きやすい尾根道でした。
Imgp3610s

集団のハイカーを追い越すたびに「つるつる」と「生ビール」の単語が聞こえてきます。
皆さん考えることは同じようで・・・。(笑)
とまれ、集団よりも早く着いて、静かな環境でゆっくりしたいので自然と足が早まりました。

やがて、山道が尽き、車道に飛び出したところが滝本集落。
ここからさらに車道をたどればバス道路に出て、ほんのわずかの登りでつるつる温泉に到着しました。

「生涯青春の湯」というネーミングがとてもよろしい。
受付に入り、3時間820円也を支払い、湯船に直行します。
泉質は、名前通りで「つるっつる」です。
つるつるというよりもヌルヌルという感じかなあ。
間違いなくお肌に優しい温泉ですね。

 生チュウ+つまみ3品のお一人様セット
Imgp3616s

前回の「小菅の湯」(3時間620円!)も良かったけど、ここも良いですよ。
広々とした座敷で窓越しの森を眺めながら生ビールをグイッ。
これはやめられないわ。

これからは、ハイキング+温泉+生ビールで決まりですね。(笑)


| | Comments (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »