« July 2016 | Main | September 2016 »

2016.08.13

長い長い尾根歩きと至福の温泉ハイキング(牛ノ寝通り)

Imgp3473s

以前から一度は歩いてみたいと思っていた牛ノ寝通りを訪れてきました。
「牛ノ寝通り」って珍しい山名ですが、大菩薩山域にある長大な尾根の名称です。
まるで牛が寝そべっているように見えるほど長い尾根という意味だと思います。

パートナーは昔の山仲間kndu2さん。
いささか脚に自信がないとのことで、今回は9月に出かける予定の北アルプス山行の足慣らしとして出かけました。

歩いたコースのくわしい内容をヤマレコで表示する

くわしいレポと写真はヤマレコの記録におまかせして、当ブログでは印象に残ったことなどをつれづれに記します。

私にとっても馴染みの深い大菩薩連嶺ですが、連嶺の東側のトレース記録は意外に少ないのです。
丹波大菩薩道、小菅大菩薩道、小菅川本谷溯行くらいかな?
牛ノ寝通りは長峰とともに一度は歩いてみたいコースでした。

 登山路に選んだ唐松尾根は林間の心地良いコースです
Imgp3455s

スタートは上日川峠です。
栄和交通さんが甲斐大和駅から峠までのバス路線を開通してくれたおかげで大菩薩峠周辺のハイキングは日帰りでも比較的余裕をもって歩けるようになりました。
本当にありがたいことです。

今日は長丁場なので、主峰である大菩薩嶺への立ち寄りはなしにします。
唐松尾根上部の草原はお花畑になっていて、この時期はコウリンカやマルバダケブキが咲き乱れています。
とくにコウリンカは可憐でもなく美しいとは縁遠い感じだけど、強烈な個性をもった山野草ですぐに覚えることができましたよ。

 強い個性のコウリンカは印象に残りました
Imgp3458s

雷岩から連嶺最高峰の大菩薩嶺までは往復20分足らずですが、今回は先が長いのでパスします。
ここから大菩薩峠にかけての稜線は美しい草原になっていて、晴れていれば富士山や南アルプスの展望をほしいままにできるのですが、今日は生憎の曇り空です。
そのかわり、夏の山野草たちがたくさん咲いていて目を楽しませてくれました。

 もっと晴れていれば展望をほしいままにできるのに・・
Imgp3479s

いつも賑やかな大菩薩峠は苦手なので早々に離れて熊沢山をめざします。
黒木(針葉樹)に覆われた熊沢山はしっとりとした苔に彩られた落ち着いたピークです。
それを越えれば石丸峠に下り立つことができます。

 熊沢山はしっとりとしたギゴケに覆われていました
Imgp3490s

静かな峠の一角で簡単な食事をとりました。
それまで晴れていた視界もいつの間にか霧に包まれてしまい、これ以降下山するまでずっと山霧の中を歩くことになります。

 個人的には大菩薩峠よりも好きなのが石丸峠
Imgp3498s

小金沢山方面に少し進むと左に牛ノ寝通りが分岐します。
いよいよここから先ははじめて辿る道になります。
道形はしっかり付けれていて何の不安もありませんが、霧がだんだん深くなりやがてポツポツ雨滴がたれてきました。
気温は低いものの湿気があってとってもミスティーな雰囲気はちょっと困りものです。
雨具を着ると却って蒸れがひどくなりそうなのでそのまま濡れるにまかせました。

 霧に包まれて幻想的な雰囲気の尾根歩きでした
Imgp3506s

それにしても、この尾根みちには珍しいキノコがたくさんありました。
色とりどり、形も千差万別のキノコたちの画像はヤマレコに掲載したのでご覧あれ。

 どう見ても完熟トマトにしか見えなかった
Imgp3511s

それにしても長い長い牛ノ寝通りの尾根みちです。
山霧に包まれた幻想的な風景の中を時折出会うめずらしいキノコたちの写真を撮りながら進みました。
ようやく大ダワで牛ノ寝通りと分かれ、小菅方面の尾根に乗り換えます。

 倒木のオブジェ
Imgp3513s

標高は徐々に減じていき、やがて2回めの小菅の湯への分岐点から急降下で下ると林道に合流。
ふたたび山道に入り、登り返してしばしで待望の小菅の湯に到着しました。

 レトロな駅舎のような小菅の湯です
Imgp3520s

次のバスは17:55発の最終です。
発車まで2時間半以上もあるので、ゆっくりと温泉に浸かることができました。
源泉はラジウム泉で低温ですが、体の芯からじわ~っと温まる感じで、いったん入ったら出たくありません。
そして、湯上がりの生ビールに川魚料理がサイコーだったのは言うまでもありません。
今度は鶴峠を越えて自転車で立ち寄ってもいいかも。(笑)

Imgp3521s


| | Comments (0)

2016.08.11

真夏の那須高原ライド

Nasu17

遅レポですが、連日の猛暑に耐えかねて、住まいのある千葉県を脱出して那須高原を自転車で走ってきました。

時々、走りに訪れる那須高原ですが、年々チャリダーにとっては走りやすい環境が整えられつつあるようです。
主要観光スポットでのバイクラックの整備は無論のこと、自転車レーンや案内図の整備など地味にがんばっています。

今回は那須高原の観光拠点のひとつ南ヶ丘牧場をスタートゴールにした約85kmのコースを走ってきました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

最近、強く感じるのはヒルクライムに対する耐性が大幅に減退してきたことです。
南ヶ丘牧場から峠の茶屋駐車場までは標高差約800m、距離約10kmを上ります(平均勾配約8%)が、これがもうヘロヘロで、ようやく上りきった次第です。
60分を切るどころか、平均時速はなんと8.5km/h。まったくもってお恥ずかしい限りです。

 オジサンには縁遠い「恋人の聖地」です
Nasu02

コース最高地点の峠の茶屋駐車場(標高1,462m)にたどり着く頃には汗びっしょり。
ガスの切れ間から顔を見せた朝日岳を仰ぎ見る余裕もない有り様でした。

 峠の茶屋駐車場からの朝日岳です
Nasu04

そういうわけで、コース前半のヒルクライム区間に体力のほとんどを使い果たしてしまったので、中盤から後半は惰性で走りました。
高原といっても、涼しいのは標高600m位から上ですね。
コースの半分以上はそれ以下だし、特に東北本線をまたいだ黒田原、伊王野方面は標高も200m程度でほとんど猛暑状態でした。

 下りはこんな感じの道をスイスイ走ります
Nasu07

 りんどうライン(北那須広域農道)はとても走りやすい道です
Nasu09

そのかわり、時折現れる林間のワインディングロードや真夏らしい原色にきらめく田園地帯など、この時期ならではの楽しい走りも満喫できました。

 りんどう大橋からの那珂川は雄大な景観です
Nasu11

 道の駅「明治の森・黒磯」の名物は手作りジェラート
Nasu12

Nasu13

そして、ゴールに続く最後の坂道をなんとか上りきってスタート地点である南ヶ丘牧場に無事に到着したものの、牧場名物の濃厚アイスクリームは食欲もなくパス。
最後が上りになるコース設定は高齢者(先月で満65歳になりました。笑)にはきついですね。
やれやれ、真夏の消耗戦にあけくれた高原ライドでした。

 那須連山の山麓をぐるっと回ってきました
Nasu16

| | Comments (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »