« 紫陽花の麻綿原高原と安房小湊でお刺身定食 with CBCC | Main | 大原と太東崎の景色とグルメを楽しむ with CBCC »

2016.07.18

那須連峰・朝日岳から姥ヶ平への周回コースを歩く

Imgp3349s

3連休といっても、いろいろと用事があって山に使える日は一日だけ。
短時間の日帰りハイキングで高山を縦走する気分にさせてくれるエリアといえば那須連峰です。
子供の頃からおそらく100回近く歩いたエリアですが、また来ちゃいました。

千葉の自宅を4時に出て、スタート地点の峠の茶屋駐車場に着いたのが7時半。
ゆっくりと身支度を整えて8時前に出発しました。

 これから登る朝日岳です
Imgp3323s

今日は、駐車場から峰の茶屋跡のコルに登り、ここから反時計回りに朝日岳、隠居倉、三斗小屋温泉、姥ヶ平、牛ヶ首を周回するコースです。

歩いたコースのくわしい内容をヤマレコで表示する

歩く距離の割に、展望と豊富な高山植物に恵まれたお買い得なコースとして、時間の限られた時などに昔からよく歩いています。

 ミヤマシャジンの群落はあちこちにありました
Imgp3342s

那須の山も7,8割の人たちはロープウェイを利用して茶臼岳とその周辺のエリアに集中してますが、那須の山々の魅力を知るには茶臼岳からできるだけ離れた方が良いです。
そして茶臼岳は眺める山として、少し離れたところから見ると本当に立派で良いですね。

 茶臼岳は登ってよし、眺めてよし
Imgp3375s

朝日岳からでは近すぎるので、熊見曽根から隠居倉にかけての稜線上からとか、流石山から大倉山にかけての尾根上からが堂々としていて立派です。

もう少し時間があれば、三本槍岳から大峠に下り、三斗小屋温泉を回るコースが高山植物の宝庫を通るので最高なんですが、スタート時刻が遅かったので今回はパスしました。

Imgp3389s

朝日岳を往復し、朝日岳の肩から熊見曽根、隠居倉のピークに続く尾根道が今回のプロムナードコースです。
この時期だと、シモツケソウやテガタチドリ、タカネニガナ、コメツツジなどが稜線上に咲き乱れていました。
特に赤紫色のテガタチドリは見応えありますねえ。
この花を前景にして茶臼岳とのツーショットは今回のベストショットだと自負しています。(笑)

 本日のベストショット!(テガタチドリと茶臼岳)
Imgp3378s

隠居倉から急な下りを慎重に進むと、硫黄の匂いがたちこめてきます。
三斗小屋湯の源泉です。
源泉を通過してほどなくで三斗小屋温泉に到着しました。
毎度のことですが、登山客を送り出した後の宿は無人かと思えるほど静寂感に満ちています。
昼寝でもしてるのかな?

 静寂感があたりを支配していました。(三斗小屋温泉にて)
Imgp3392s

ここからはほぼ水平のトレイルを歩きます。
やがて沼ッ原分岐に出るので、ここを右折します。
しばらくはミズナラとダケカンバの混合林の中を歩きます。静かで雰囲気最高なんですが、何となく熊が出そうな感じなんですよねぇ。

 森のクマさんには会いたくないなあ
Imgp3397s

最近は単独行が多いので、熊よけの鈴は必携アイテムですが、これで本当にクマさんが避けてくれれば良いのですが・・・。
深い樹林帯が終わると背の低いツツジに囲まれた姥ヶ平に到着です。
ここにあるひょうたん池から眺める茶臼岳の絶景は紅葉のポスターで超有名ですよね。
あいにく今日はガスが深いので立ち寄らずにスルーしました。

 みるみるガスが晴れてきた・・
Imgp3405s

ところが、この後ガスがみるみる晴れ上がってきて、噴煙立ち上る茶臼岳の勇姿が目の前に広がってきました。
あーあ、もう少し粘っていれば良かったなあ。
と思ったのは後の祭り。
ひょうたん池からの逆さ茶臼岳は撮り損なったけど、姥ヶ平から見上げる茶臼岳は撮れました。
紅葉時期にまた訪れたい場所です。

 同じ場所から今度は紅葉時期に撮りたいです
Imgp3410s

姥ヶ平からひと登りで牛ヶ首のコルです。
茶臼岳西面の無限地獄の水蒸気噴煙の脇を通って、峰の茶屋跡のコルに戻ってきました。

 牛ヶ首のコルをたどる雲上のカップルさん
Imgp3416s

コンパクトな周回コースでしたが、好展望と豊富な高山植物に彩られた稜線歩きを楽しめました。

【感想】
数時間ズレていたものの、同じ日同じコース上で熊の目撃情報がヤマレコに複数件載っていました。
那須の山は昔から熊の出没情報は多いエリアですが、最近の熊は逃げずに襲ってくるケースがあるので、これを見てヒヤリとしました。
熊よけの鈴は常に携行していますが、これに加えてホイッスルも持って行った方が良いのかなあ。
悩むところです。


|

« 紫陽花の麻綿原高原と安房小湊でお刺身定食 with CBCC | Main | 大原と太東崎の景色とグルメを楽しむ with CBCC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 紫陽花の麻綿原高原と安房小湊でお刺身定食 with CBCC | Main | 大原と太東崎の景色とグルメを楽しむ with CBCC »