« April 2016 | Main | June 2016 »

2016.05.06

前道志の山々で新緑のシャワーを浴びてきた

Imgp3202s

連休の前半は全仕事。後半は一応休めたものの仕事疲れで遠出はできず。
気を取り直して、5日のこどもの日に近場のハイキングに出かけてきました。

場所は昨年の正月に訪れた高畑山から倉岳山です。
この山だけじゃ物足りないので、少し足を伸ばして寺下峠まで歩いてみました。

歩いたコースのくわしい内容をヤマレコで表示する

スタートはJR中央本線の鳥沢駅です。
GWだというのに駅に降り立ったハイカーは数えるほどです。
ま、これは予想どおり。
メジャーな丹沢や奥多摩に比べれば前道志の低山なんかあまり見向きもされないのでしょう。

 湖面に映る新緑が美しい小篠貯水池
Imgp3182s

山に分け入る前にある小篠貯水池は、まるで自然の沼のように静まり返っています。
豊かな新緑の樹々が湖面に映える様は足を止めるに十分な魅力がありました。

そして、いよいよ山道に入ります。
いきなり新緑のシャワーを浴びせられて圧倒されました。
仕事の悩みを忘れてただただ開放感に浸ることができました。

 まるで新緑のシャワーを浴びているみたい
Imgp3184s

沢から尾根に移り、高度を徐々に高めていけば新緑の鮮やかさが増していきます。
北側のコースなので日差しも避けることができ、快適に登ることができました。

例によって立ち止まって休むことなく超スローペースで高畑山の山頂を目指しました。
結構な登りをこなして頂に立つと、眼前には残雪を纏った富士山が!
しかし、ざーんねん!
山頂にまとわり付いているほんの少しの雲が邪魔してスッキリした富士山に出会えませんでした。

 高畑山からの富士山には残念ながら雲が・・・
Imgp3189s

ここからは小さなピークを上下しながら倉岳山をめざします。
途中の稜線からは南大菩薩の山並みや百蔵山、扇山などが眺められ、どれも新緑に彩られて美しい姿を見せてくれます。

 北側には南大菩薩や百蔵山の展望が広がります
Imgp3197s

最後の急坂を歩き終えれば前道志最高峰の倉岳山頂に到着。
秀麗富嶽十二景の九番山頂だけあって、雲のかからない美しい富士山に出会えました。

 雲一つない富士山の展望をお供に昼食休憩
Imgp3207s

この山頂で行動食をいただいた後は、寺下峠に向けて歩を進めます。
いったん立野峠まで下り、そこから先は私にとっても未踏のルートになります。
ちなみに、立野峠から寺下峠を経て梁川駅までの区間では誰にも会いませんでした。本当に静かなルートです。

寺下峠までは小さなピークを3つ程越えていきますが、低山だと侮ると痛い目に遭うので慎重に行動します。
特に尾根の分岐では枝尾根に引きこまれやすく、地形図やGPSは必携アイテムですね。
今回も2箇所ほどでガーミン君のお世話になりました。

 目に染みるように鮮やかな新緑の尾根
Imgp3213s

無事に寺下峠に到着したら後は梁川駅まで下るだけ。
とはいえ沢沿いのコースはザレた斜面が続いていて、いったん滑ったら止まらないだろうな、という感じの場所もあり気を抜けませんでした。
若いころなら何でもない斜面でも、慎重にバランスを取らないと移動できない場面もあったりして困ったもんです。

 ロープがフィックスされていて助かりました
Imgp3220s

暗い沢沿いの道から明るい林道に出たらホッとしました。
あとは駅に向かってのんびり歩くだけ。
ところが電車の時刻が迫っていて早足で歩く羽目になってしまい、大汗をかかされました。
上り電車到着の5分前に無事に梁川駅にたどり着きました。

感想
仕事のことが頭から離れず、とってもブルーな大型連休でしたが、思い切って山歩きに出かけて良かった。
眩しいほどの新緑のシャワーを全身に浴びてのハイキングは最高の気分転換になりました。
やはり、仕事と余暇はしっかり切り分けないとダメですね。

| | Comments (0)

2016.05.01

連休前半はまさかの仕事漬け

Dsc_0413s

4月29日に本社ヶ丸、三ツ峠方面に出かけるべく準備万端、今夜は早く寝なくちゃね。
なんて、ウキウキしていた28日の夕方のことでした。

突然、職場の関係者から電話が入りました。
トラブル発生!

押っ取り刀で職場に向かい、そのまま深夜までお仕事・・・
翌日は、早朝から夜までお仕事。
食事は、山で食べる予定の行動食でした。 トホホ・・・

そして、今日(5月1日)も一日中 お・し・ご・と

連休前半はお天気に恵まれましたねー
LINEには山に行ってきた山トモからの青空と残雪の画像が届きます。
コメントを返す気にもなれない、ブルーな3日間でした。

この分じゃ、連休後半も仕事モードかも・・orz

| | Comments (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »