« 海に一番近い道 (法華崎遊歩道を訪れる)with CBCC | Main | 2015年走り納めは銚子ライド »

2015.12.13

房総で名残りの紅葉を楽しむ

今年の房総の紅葉は遅いようなので、粟又の滝周辺も今が見頃かな?などと勝手に推測して単騎で出撃してきました。
ついでに、会所にある「もみの木庵」の新そばなんかもいいねえ。

というわけで、鶴舞から粟又の滝、会所を経て外房・入道ヶ崎に出る「関東最後の紅葉」を愛でるサイクリングに出かけてきました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

うぐいすラインから鶴舞にかけての道は、私が中房総方面に出撃する際の「王道」です。
ていうか、これ以外の道をよく知らないのです。

 鶴舞城本丸跡の石碑にて
Awamata01

原田にあるコンビニで休憩した後、ひと上りで鶴舞城本丸跡の石碑が目につきます。
鶴舞城といっても幕末から明治にかけてのほんの一時期、存在した鶴舞藩の本拠が置かれていたとのことですが、石垣があるでもなく、この石碑だけが目立っています。
でも、ここの紅葉はいつも本当に綺麗です。

その少し先にあるオープンガーデン(ツリーハウス)でいつもの小休止。
初冬の風情がたっぷりの静かで好ましい空間が広がっていました。

 初冬の風情がただよう鶴舞オープンガーデン
Awamata02

この後、県道81号線に出て養老渓谷方面を目指しますが、2,3年前だったら行き掛けの駄賃で大福山に上ってから養老渓谷に向かうところですが、それはパス。おとなしく県道を走ります。(笑)

いつもなら紅葉見物の車の往来が多い県道ですが、今日はなぜか車も少なくてラッキーでした。
あれ、皆さん紅葉見物しないのかなあ?

 この看板があちこちで目立ちます
Awamata03

養老渓谷を通過して再び上りモードに入るとやがて滝見苑に到着。
ここに自転車をデポして粟又の滝の見物に向かいます。
今日はSPDシューズのクリートを新品に交換したせいか滑りやすいので要注意です。

 滝に向かう遊歩道の紅葉は最盛期でした
Awamata04

滝に向かう遊歩道沿いの紅葉は見頃を迎えていて美しいです。
赤のカエデが多いのも粟又の滝周辺の特徴なんですかね。本当にきれいです。

 豊かな水量で迎えてくれました。
Awamata05

渓谷沿いの道に下り立つとすぐで粟又の滝です。
残念ながらちょうど太陽の方向に滝があるのでカメラで撮りづらい逆光ですが、水量も多くて見事でした。
上越にある東黒沢のハナゲの滝に感じがよく似ています。
遊歩道の方には紅葉が残っていて、紅いカエデ越しの滝を撮ってみましたがどうでしょう?

Awamata06

さて、滝見物をおえたら会所方面に向かいます。
途中、Keithさんが眠る地で黙祷の時間を過ごし、苔むした緩やかな上り道をゆったりとしたペースで進みました。
このあたりの紅葉も今が見頃なんですが、前日の雨と強風のため葉がだいぶ落ちてしまったのが惜しいです。

 会所へは苔むした山道を走ります。
Awamata07

 紅葉も見頃を迎えていましたよ。
Awamata08

麻綿原高原を示す標識を右折するとじきに「もみの木庵」に到着しました。
新そばが食べられるので是非立ち寄って食べて行きたい気持ちにかられましたが、まだ11時10分。
もう少し走りたいなあ、っていう気分です。

峠を下ったところにある安房小湊には鯛めしの「いいとこ」があります。
今日は蕎麦よりも魚かなあ。
というわけで、後ろ髪を引かれながら「もみの木庵」を通過し、麻綿原高原方面に向かいました。
ところが、この判断が裏目に出るとは・・。この時は知る由もありませんでした。

 もみの木庵は今回は通過。これが裏目に?
Awamata09

麻綿原高原方面への道は結構ワイルドな道でした。
季節外れのせいか私以外だれも通る人はいません。
最初のうちは良かった道もだんだん路面が荒れてきてダート寸前の様相を呈してきます。
それに比例するように周囲の景色は紅葉が増してきてGood!です。

 ワイルド感たっぷりの道です。
Awamata10

 落ち葉が積もり走りづらいですが楽しい道でした。
Awamata11

徐々に高度を上げていき、やがて麻綿原天拝園方面に向かう分岐点に到着。ここが最高地点のようです。標高は300mを超えていました。
分岐を左に折れて林道奥谷線をめざします。
この林道は内浦山県民の森に向かう道で、この道を走るのが今回のライドでのミッションなのです。

 今回はこの分岐を左に折れました。
Awamata12

林道奥谷線。いやー、最高でした。
この道はオススメです。
山深い雰囲気だし、紅葉はばっちり残っているし、通る車もほぼなし。(残念ながら1台いました。)

 林道奥谷線はオススメの道です。
Awamata13

 房総の低山らしい景観が広がっていました。
Awamata15

さすが県民の森の中の道だけあって樹相は多種多様でまったく飽きません。
下りだというのにずいぶん時間をかけてゆっくりと景色を楽しみながら下りました。
こういう自由が許されるのがソロライドの強みです。

 景色が良いのでなかなか下れませんでした。
Awamata16

Awamata17

Awamata18

楽しい林道ライドも県民の森駐車場でおしまい。
さあ、お次は「いいとこ」で鯛めしか刺身定食だなー。
ところが、お腹を空かせてお店の前に着いたら、なナント!「店舗改装のため休業中」。
こんなことなら「もみの木庵」で新そばを食べるんだったよ。
まさに「後悔先に立たず」でした。

 うーん、ショックだったなあ。
Awamata19

近くのコンビニで小腹を満たした後、最後の目的地である入道ヶ崎に向かいました。
ここは外房随一の景観が広がっています。

 たぶん、これが入道ヶ崎です。
Awamata20

 ガードレールを乗り越えてのアブナイ撮影
Awamata21

飯岡の屏風ヶ浦もすごいけど、絶壁に道が付けられているこちらの方が迫力はあると思います。
何度訪れても絶景に時を忘れてしまいます。

 この道を自転車で走れる喜びは最高です
Awamata22

 それにしてもスゴイ道ですねー
Awamata23

さすがにお腹が空いてきたので先を急ぎましょうか。
ゴールの勝浦で勝タンでも食べますかね。
鵜原で道を間違えて国道128号に出てしまい走りづらい思いをしましたが、なんとか勝浦に到着。
駅の近くのお店で勝浦タンタン麺にありつき、14:23の電車で帰宅しました。
 
 勝浦といえば、コレでしょう。
Awamata24

|

« 海に一番近い道 (法華崎遊歩道を訪れる)with CBCC | Main | 2015年走り納めは銚子ライド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 海に一番近い道 (法華崎遊歩道を訪れる)with CBCC | Main | 2015年走り納めは銚子ライド »