« イチョウ並木と中房総の秋 with CBCC | Main | 海に一番近い道 (法華崎遊歩道を訪れる)with CBCC »

2015.11.29

峠の向こうにある富士と南アルプスの大パノラマに感動

Mikuni18

sumさんのサイトにあったパノラマ台から富士山大展望。
今年の記事も美しいですが、2年前の2013年の記事に魅せられました。
こりゃ、行くしかないな。

sumさんも書いていましたが、富士山は雲がかかりやすいので訪れるなら午前中、それも早いほうが良いです。
となると、自宅を始発電車で出て「変態側」からアプローチするしかない。(笑)
というわけで、自分の歳を省みず御殿場線駿河小山駅スタートで頑張ってきました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

駿河小山駅なんて、初めて下り立ったけど静かなローカル駅です。
今朝はマジで寒いです。気温は2,3度しかないかも。今シーズン初めてネックウォーマーを装着。アンダーシャツも重ね着体制です。

 駅からすぐの踏切から見た富士山です。
Mikuni01

駅から走ってすぐのところにあるコンビニで補給します。
コンビニから少し走り、橋の手前を右折して川沿いに上り始めますが、最初のうちはゆるやかな上りが続き、アップにちょうど良いですね。

 はるか上に見える稜線まで上がります。
Mikuni02

県道147号線を進みますが、この道が右に直角に折れるところから今回の激坂ドラマが始まりました。
この先、明神峠を経て三国峠までの約7kmの区間で高度差ちょうど700mを稼ぐ勘定になります。

 右折すると本格的な上りの始まりです。
Mikuni03

単純にいえば平均10パーセント勾配なんだけど、平均で12パーセント位が延々と続く序盤の区間が一番いやらしかったなあ。
終盤には16パーセントなんて標識も現れるんだけど、その頃になると勾配にマヒしちゃってどーでも良くなります。

 愛鷹連峰。一度は歩いて見たい山の一つです。
Mikuni04

時々ですが、左手には愛鷹連峰や宝永山を抱えた富士山なんかも眺められて気持ちを引き立たせてくれました。
ま、正直なところ富士山は見えなくてもいいんですけどね。峠の先で初めて感動的に出会いたいので。
それよりも明神峠の先から眺めた西側からの丹沢山塊の山並みはとっても重厚な感じがして印象的でした。

 ここから眺める富士山はカッコよくないです。
Mikuni05

 丹沢方面の展望は文句なしです。(明神峠の先から)
Mikuni09

勾配は衰えることを知らずにコンスタントに10パーセントを軽くオーバーしています。
ついにはご覧のようなドーナツ型のコンクリート舗装も登場。
激坂に与えられる勲章みたいなもんです。

 激坂を象徴するコンクリ製ドーナツ舗装。
Mikuni06

第一目標の明神峠だけど、着いてみてびっくり。道路の上り勾配はまだまだ続いていて道路から見る限りは峠の雰囲気はまったくありません。
でも、たしかに稜線を越えているので峠には違いないんだけど。

 明神峠は急坂の途中にありました。
Mikuni07

例の16パーセント標識は明神峠の先にあります。
この少し先には反対側の下り車線にナント!18パーセント標識もあるらしいんだけど、顔を上げる気力がなく遭遇できなかった。

 18%標識は見落としちゃいました。
Mikuni08

明神峠を通過すればあと3kmでゴールです。
いくぶん勾配もゆるく感じられるようになりましたが、それでも9~10パーセントはしっかりあります。

やがて、静岡と神奈川の県境を過ぎ、さらに上るとようやく山中湖村の標識が現れてそこが三国峠であることを教えてくれました。
峠には駐車場はあるものの展望は皆無です。

 三国峠に着きました。
Mikuni10

そのまま下りに転じ少し走ると・・・
おおー!
左前方に大富士、眼下に山中湖、右手正面に白銀の南アルプスが連なっているではありませんか!
この景色が見たかったんだー!

 思わず息を呑む絶景です。
Mikuni12

ここから先、展望が開けるたびに自転車を下りて写真を撮りながらの下りになりました。
少し下るとパノラマ台です。
ただし、不覚にもパノラマ台ってどこなのか確認しなかった。ずっと道路脇にいたので。
どこで撮ってもたぶん同じような写真が撮れると思いますよ。

Mikuni13

Mikuni16

それにしても驚きは南アルプスの展望です。
白峰三山はもとより、塩見岳、荒川三山方面も見えるのには感動しました。
いつまでもとどまっていたい気分にかられます。

 美しい南アルプスの峰々。(左は塩見岳)
Mikuni15

いやー、すごかった。
この大展望に10時前に出会えたんだから、早起きして良かったです。
辛かったけど、駿河小山駅から最短ルートをとって良かった。

 白峰三山が意外なほど大きく見えました。
Mikuni17

さて、この後は平野のコンビニで休憩したあと、山中湖北岸のサイクリングロードを走り河口湖を一周することにします。
さらに西湖、精進湖、本栖湖と続きますが、そこはオトナなんだから無理しないで富士みち(国道139号)を下って中央線の大月駅に向かうことにしました。

 山中湖CRは走りやすかった。
Mikuni20

 セルフタイマーで走行中の自撮りに成功。
Mikuni19

山中湖のサイクリングロードですが、舗装の継ぎ目がなくなって走りやすくなっていました。
この時期は走る人もいないのか独占状態で眼前の富士山を堪能しました。
あと1、2ヶ月もすればこの湖も氷に閉ざされるのかなあ。

 惜しくも逆さ富士の撮影に失敗。
Mikuni21

山中湖から河口湖までは基本下り基調なので楽ちんですね。
ただし交通量が多いので神経は遣いますが。
いつも富士イチで使う道路を走って河口湖畔に出ます。

 奥河口湖と呼ばれる湖西側の風景。
Mikuni23

Mikuni22

河口湖の北岸はふだんと逆周りで走りましたがこれは失敗でした。
湖畔沿いの旧道は全て一方通行になっていて西湖側からは進入できないようになっています。
自転車もダメなんだろうけど、入っちゃった。

紅葉の時期はさすがに終わっていましたが、散り残ったカエデなどもあって逆光に輝く富士山とのツーショットもなかなか良いもんですね。

Mikuni24

Mikuni25

この後、御坂峠まで往復して天下茶屋で名物のほうとうを食べるという野望にかられましたが、そこはオトナなので無理をしないで予定通り大月駅へ向かいます。(笑)

途中、前々から気になっていた三つ峠駅前の手打ちうどん店「憩」さんに立ち寄り、肉うどんをいただきました。
おじいさんとおばあさんが二人だけでやっているお店のようです。
このお店、地元の人たちに愛されているらしく店内は地元の人達で賑わっていました。

 三つ峠駅前にある「憩」
Mikuni28

私が入ったのは12時半ころだったけど、私の分を含めて5束しかうどんが残っていなくて早々にのれんを下ろしていました。
あらら、これじゃ、これから下山してくるハイカーさん達は気の毒だなあ。

 正統派の吉田うどんって感じでした。
Mikuni26

コシのめちゃくちゃ強い吉田うどんを堪能したらあとは帰るだけ。
ふたたび交通量の増えた富士みちをひた走り、大月駅には13:45に到着。
ちょっと走り足りない気持ちもありますが、明るいうちに帰宅できたので良しとしましょう。

|

« イチョウ並木と中房総の秋 with CBCC | Main | 海に一番近い道 (法華崎遊歩道を訪れる)with CBCC »

Comments

いゃー、最高の天気と景色ですね!
パノラマ台からの富士山、雪の南アルプスもいいですね~
北岳、間ノ岳、農鳥岳とまさに大パノラマですね。
日本第一・二の高峰が見られる景色ってなかなかないと思います。

18%の標識は、小山町から上りにはなくて、
写真の◎舗装の先で、アスファルト舗装に変わる所の下り方向にあります。
以前に走行データの勾配を調べてみたら、実際には22%が続いていましたよ。
激坂を上った先に、富士山が見られない時はヘコミます。w

いい景色、ありがとうございました。お疲れ様でした!

Posted by: sum | 2015.11.29 03:19 PM

sumさん
いつも素敵な記録を紹介してくれてありがとうございます。

山中湖パノラマ台もぜひ行きたかった場所のひとつでして、またまた背中を押してくれましたね!

昨日は絶好の富士山展望日和でした。
これからも、美しい写真の数々で目の保養をさせてください!

Posted by: Nob | 2015.11.29 05:37 PM

凄い坂を登りましたね。 拝見していて昔々に車で走ったことを思い出しました。 当時はガードレール無し、道も非舗装の凸凹でアンダーガードとダート用のラリータイヤを付けなければ走れなかった様に思います。急な上り坂のカーブでタイヤがスリップするとテールが振れて崖下に落ちそうな気がしてヒヤヒヤしながら登ったことを思い出しました。
だからと言って、懐かしいから自転車で登ってみようなんて気には到底なれません。
でも素晴らしい天気と景色で良かったですね。 

Posted by: MTK | 2015.11.30 04:37 PM

MTKさん こんにちは
そうなんですか。ダートの時代に通過したとは!
スゲー!

パノラマ台はご存知のように駿河小山駅から上らなくても、籠坂峠から回り込めば問題なく行かれます。
でも、それじゃ感動が薄いので、行くなら明神峠経由だと思った次第です。

MTKさんだって、全然問題なく上がれますよ。
ぜひ、その気になってください。

Posted by: Nob | 2015.11.30 09:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イチョウ並木と中房総の秋 with CBCC | Main | 海に一番近い道 (法華崎遊歩道を訪れる)with CBCC »