« 南大菩薩で静かで涼しい山歩きを楽しむ | Main | etrex20を使ってみた »

2015.08.10

那須の山々を歩く(朝日岳~三本槍岳~大峠周回)

Sanbon10

毎日きびしい暑さが続いていますねえ。
自転車に乗ろうという意欲がまったく湧かず、サドルにはうっすらとホコリが・・(泣)
今年の夏はいつもより増してきびしいと感じますが皆さんはいかが?

というわけで、あまりの暑さに千葉を脱出して那須高原に避難したついでに那須の山々を歩いてきました。
山歩きのくわしい記録はヤマレコに譲るとして、このブログでは感想を中心に書きとめます。

歩いたコースのくわしい内容を表示する

「午後からは激しい雷雨」との予報が出ていたので、山歩きは午前中勝負です。
早朝4時過ぎに宿をそっと出て、峠の茶屋にある県営駐車場をめざしました。
今日は平日(金曜日)ということもあり、土日は満杯になる駐車場も空きが目立っています。
ほぼ日の出とともに出発しました。

 左手上方に茶臼岳、右前方に峰の茶屋跡のコル
Sanbon02

まずは峰の茶屋跡に建つ避難小屋を目標に歩きます。
なだらかにせり上がる道をのんびりと辿るほどに周囲の景観が開けてきました。
左手上方に茶臼岳、正面に峰の茶屋跡のコル、右手には朝日岳がそびえています。
朝日を浴びて岩肌がオレンジ色に染まっています。

やがてコルに到着。
いつもは強風が吹き抜けている場所ですが、今朝は風もなく穏やかです。

最近の登山スタイルとして、「なるべく休憩は取らずに、その代わりペースはゆっくり目。」を実践していますが、今日もそんな感じで歩きます。

今日のコースは、ここ「峰の茶屋跡のコル」を起点に、朝日岳、三本槍岳、大峠、三斗小屋温泉、峰の茶屋跡のコルとぐるりと周回するものです。
無事に戻って来られるようにいざ出発。

 火山が織りなす面白いオブジェ
Sanbon04

剣が峰の東側をトラバースしながら赤茶けてゴツゴツした岩稜を歩きます。
火山地帯なので岩肌はもろいです。
まだ朝が早いので歩いている人は私の外は2人組のパーティーだけでした。

このあたりは若い頃から何度となく歩いているので不安はありません。
ステップが外傾しているトラバース箇所を過ぎ、ひと登りで朝日の肩に到着。
大倉山、三倉山のたおやかな稜線が眺められる場所です。

 大倉山、三倉山のたおやかな稜線
Sanbon05

肩から朝日岳山頂までは5分ほどなのでザックを置いて往復する人が多いけど、大した距離じゃないのでそのまま担いで山頂へ。
目の前の茶臼岳の姿が良いですねー。

Sanbon06

風が強いので早々に退散しました。
ここからは広大な展望を欲しいままにできる稜線歩きが続きます。
たぶん表那須では一番楽しい道のりなんじゃないかな。

Sanbon08

 左、朝日岳と右、茶臼岳
Sanbon13

熊見曽根と1900m峰を越えて、ゆっくり下っていったところが清水平です。
小規模な湿原もあるけど、ハイマツばかりが目立って高山植物の姿が見られないのが残念。
めざす三本槍岳はあとわずかです。
北温泉への分岐を過ぎていったん下り、ふたたび登り返せば三本槍岳の山頂エリアに入ります。

 清水平には小さな湿原があります
Sanbon15

このあたりは、リンドウやギボウシ、ソバナなどの高山植物が咲き誇りとってもきれい。
惜しむらくは青色系の花が多くて黄色やピンク系が少ないので華やかさに欠けることかな。

 早くもエゾリンドウの花が咲き始めていました
Sanbon09

お花を愛でながら歩き続けることわずかで無事山頂に到着しました。
山頂には先客が一人。
聞けば福島県側から登ってきたとか。
とても話し好きの人で、私はもっぱら聞き手に徹してましたが、彼は60歳を機に日本百名山をわずか2年で踏破したとか。
その前に四国八十八箇所1,300kmを歩き遍路で、しかも41泊の野宿(風呂無し)で達成したとか!
今は日本二百名山に挑戦中で、あの田中ヨーキ氏ともすでに3回出会っているそうです。(ご丁寧にも携帯に入っているツーショットの写真を見せてくれました。)

 三本槍岳山頂からの展望
Sanbon16

とても62歳には見えない体格と腰に差したサバイバルナイフから、ただならぬ人物とは想像していましたが、やはりというか、陸上自衛隊の中でも泣く子もだまる?第一空挺団のレンジャー部隊出身とのこと。
いやはや、世の中にはスゴイ人もいるものですね。

山好きというか、修行の一環で山々を歩いているといった感じでしたが、なかなか好感のもてる人でした。
せっかくだからツーショット写真を撮れば良かった。(笑)

わずか5,6分の会話でしたが、楽しいひとときを終えたら大峠にむけて出発します。
大峠までの尾根歩きが今回のコースで一番楽しみにしていた場所です。

 花の尾根道を歩きます
Sanbon19

高山植物が咲き乱れる草原の尾根だからです。
期待どおり、ハクサンフウロやコバギボウシ、タテヤマウツボグサなどの群落が広がっていてカメラが大忙しの楽しい尾根歩きでした。

 コバギボウシの大群落
Sanbon22

 ハクサンフウロもたくさん咲いていました
Sanbon23

下り着いた大峠は大倉山、流石山と三本槍岳との鞍部で、戊辰戦争の古戦場としても有名ですが、その頃から鎮座しているのかどうかお地蔵様がたくさん置かれていました。

 大峠は明るい感じの峠です
Sanbon25

ここから先、三斗小屋温泉までは基本的に樹林帯の下を歩きます。
途中3つの沢の横断があり、「増水してたらやだな」と心配しましたが、幸い渇水状態だったので容易に渡ることができて一安心。
それにしても、大峠から最初の沢である峠沢までの間の深いクマザサの中の歩きは不気味でした。
背丈よりも高いのでクマザサのトンネルの中を歩く感じですが、クマの出没地域でもあるので正直のところ怖かったです。
熊鈴を意識的に鳴らしながら通過しました。こういう時はソロよりもパーティーでの行動の方が気が楽ですね。

 3つの沢ともおおむねこんな感じです。(峠沢にて)
Sanbon26

クマザサ地帯を無事に通過すると今度はブナの原生林の中を歩きます。
これは楽しかった。
先月、奥会津の只見地域でブナ林の美しさを堪能した後だっただけに、ブナ林が恋しかったのでラッキーでした。
ブナは人を安らかな気持ちにさせてくれる樹ですね。(とはいえ、ブナの幹に真新しい熊の爪痕がないかどうかはチェック!)

 ブナの原生林帯の下を歩きました。
Sanbon28

薄暗い樹林帯を歩き続けたあとに、ひょっこり三斗小屋温泉の大黒屋さんの前に出ました。
三本槍岳からここまで誰にも出会わなかったので何かホッとしました。
ところが、登山客を見送った後、昼寝でもしているのかどうか、物音ひとつしません。
お隣の煙草屋さんも同様で、ひっそりと静まりかえった温泉宿を通過して、峰の茶屋跡のコルをめざしました。

 三斗小屋温泉もひっそり静まり返っていました。
Sanbon32

最後の登りをひと頑張りでコルの上に立つと、朝日岳、茶臼岳が朝とはまったく違う華やかな雰囲気で迎えてくれました。

 峰の茶屋跡のコルから眺める朝日岳
Sanbon36

【感想】
那須の山々を巡るコースの内で、今回歩いたコースはアルペン的な明るい雰囲気と樹林帯のしっとりとした雰囲気の両方を味わうことのできるMy favorite courseです。
那須というと観光地としてのイメージが強いですが、登山も自転車も両方とも一級の楽しさが満喫できる得難い地だと思います。

|

« 南大菩薩で静かで涼しい山歩きを楽しむ | Main | etrex20を使ってみた »

Comments

8日連続猛暑日の都会で自転車に乗る気はさらさら起きず、ここ半月以上ロードバイクにも跨っていないので、サドルにホコリが積もっているのは私も全く同じです!
今年の夏は本当にいつもよりも厳しいですよね。
というわけで、私も先週末は涼を求めて涼しい谷川の沢を登ってきました!

Posted by: HINA | 2015.08.11 06:32 PM

HINAさん
本当に暑いですねー
山にいくしか解決策はありません。
HINAさんは沢登り?
いいなあ。
ヤマレコ見てみます。

Posted by: Nob | 2015.08.11 09:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南大菩薩で静かで涼しい山歩きを楽しむ | Main | etrex20を使ってみた »