« 御岳山・涼しげな滝めぐりとレンゲショウマ | Main | 北アルプス・笠ヶ岳に登ってきた »

2015.08.27

自転車の国へ行ってきた

Ams12

「百聞は一見に如かず」
とはよく言ったものです。

「自転車先進国」「自転車大国」と言われているオランダを観光で訪れましたが、まさに冒頭のことわざの如しでした。
オランダは勿論のことお隣のベルギーもふくめて、道路交通で最優先にされているのはなんと自転車でした。

とくにアムステルダムはすごかったなあ。
ほとんどの道路に自転車専用道路や自転車レーンが設置されていました。

 こんな感じで自転車道路が設置されていました。
Ams17

自転車専用道路の方は、じつは原付バイクも走行可なのですが、走っているのはほとんど自転車でした。
市民一人当たり1~2台の所有が当たり前らしくて、路上の駐輪も日本なんか比べ物にならない位の数です。

アムステルダムはオランダ最大の都市ですが、人口はたったの82万人。
オランダ全体では人口1,600万人、面積は九州よりも一回り大きい程度です。
しかも、最高地点で標高300m程度なので平坦地ばっかり。
こういう地形的な条件なら移動手段として自転車が選ばれるのは自然の理なんでしょうね。

ただし、戸惑ったことも。
あまりにも自転車が強く、たとえば自転車専用道路内で歩行者と自転車の衝突(又は接触)事故が起きた場合、歩行者が負けるらしいのです。

 自転車道路内に立ち入るととても危険です。
Ams14

「自転車専用道路に入り込んだあなたが悪い。」ということです。
弱者優先の日本ではとても考えられません。
市内の繁華街でも時速30km前後で吹っ飛ばしてくるのもいました。
旅行の添乗員からは「ゼッタイに自転車道路内で立ち止まらないでください!」って何度も注意されました。
そこらじゅうに自転車道路があるんですから危ないアブナイ。

以下、写真の説明です。

下の写真はバスの車内から撮ったのでわかりづらいですが、専用道路が確保できない道にはご覧のような走行レーンが設置されていました。

Ams07

日本の場合、この程度の道路幅員だと専用レーンは設置しないと思います。
なぜなら、自転車レーンを付けなければ2車線確保できるからです。
オランダの場合、あくまでも自転車を優先してレーンを設置するので、自動車は1車線しか確保できていなくてもOKのようです。
自転車がいない時は、車は2車線として使い、自転車が来ると当然自転車優先で車はレーン内に入れず徐行します。
とても合理的だと思いました。

次の写真は、市内にあるサイクルステーションの看板と内部の様子です。

Ams01

絵の表示は、上から「レンタル」「修理」「自転車登録」のようです。
ま、ステーションにくれば一通りのことができちゃうわけで、日本にあるサイクルステーションとは規模も内容も大違いです。

Ams02

内部は、巨大な駐輪場があって、公衆トイレなども完備しているのでとっても便利でした。
とにかく自転車を収容するスペースの確保がアムステルダムをはじめとしたオランダの課題かも。

というわけで、巨大なサイクルステーションの例をもう一枚。↓

Ams13

アムステルダム中央駅近くの運河に面した巨大な駐輪場です。
このような巨大な駐輪施設だけでなく、市街のあちこちにたくさんの駐輪スペースがありました。↓

Ams10

 いたるところに駐輪スペースが確保されています。
Ams11

マイバイシクルだけじゃなくて、乗り捨てOKのレンタルサイクルも充実していて、市内のあちこちに下の写真のようなレンタルスポットが設けられていました。

Ams03

で、遠隔地への移動はというと、車載輪行が盛んなようで、高速道路を走っていると下のような車が、20~30台に1台位の割合で走っていました。
今回、電車には乗りませんでしたが、たぶん電車内にも自転車の持ち込みが可能かも知れません。

Ams04

Ams08

自転車を載せていなくても、いつでも載せられるように車載ラックを取り付けるフックが多くの車にセットされていましたよ。↓

Ams09

とにかく、歩行者の数と自転車の数でどちらが多いのかちょっと比較できません。
まあ、日本と同じでスポーツタイプ以外の自転車乗りはヘルメットを被っていませんでした。

Ams18

ここで、標準的な道路の構成を表す写真を一枚。↓

Ams20

ご覧のように、写真左から歩道、自転車道、バス停などが設置された緩衝帯、そして車道の構成になっていました。
自転車道は基本的に赤レンガ色で区別されているのでとてもわかりやすいです。

そして帰国するために空港に行ったら、こんな写真が撮れました。↓
なんと、電動アシスト車用の充電スポットと英式バルブ専用の空気入れがセットになった駐輪場です。

Ams22

Ams21

いやはや、まったくもって恐れ入りました。
さすがは自転車の国です。ここまで自転車が幅をきかせている国はそうそうないでしょう。
歩行者との事故はどうなんでしょうか。軋轢はないのかなあ。

私も自転車は好きでよく乗りますが、私の印象としてはオランダは理想ですが、現状では日本とオランダを足して2で割るレベルが目標とする環境としてはちょうど良いかな、って感じでした。(笑)

|

« 御岳山・涼しげな滝めぐりとレンゲショウマ | Main | 北アルプス・笠ヶ岳に登ってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 御岳山・涼しげな滝めぐりとレンゲショウマ | Main | 北アルプス・笠ヶ岳に登ってきた »