« 那須の山々を歩く(朝日岳~三本槍岳~大峠周回) | Main | 御岳山・涼しげな滝めぐりとレンゲショウマ »

2015.08.13

etrex20を使ってみた

登山用のハンディGPSを5月に購入し、ある程度使ってみたので簡単にインプレします。

購入した機種は、「etrex20」(英語版)です。(現在はetrex20xが出ています。)
新型でもなんでもなく、発売後かなり経っている機種ですが、悪い評判を聞かないのでこれにしました。
ちなみに「20」と「20x」の違いは、画面の解像度のようです。

英語版ですが、別売地図の「日本高精密地形図 for GarminGPS 東日本版」をインストールすると地図もメニュー画面もすべて日本語表示になります。

じつは、etrexシリーズはこれで3台目です。
初代のetrex、2代目のetrex'H と使ってきましたが、いずれも地図がインストールできないので、もっぱらトッラクログの取得と経緯度表示による現在位置の確認に使用していました。

 真中がetrex20です。(左 Edge810J、右 etrex'H)
Etrex02

その後、サイクリング用として「Edge705」を購入し、それが故障してからは新たに購入した「Edge810J」を使用しています。
なんだかずいぶん購入したもんですね。
われながら呆れてしまいます。

自転車用のEdgeシリーズを使ってみて地図表示の利便性に納得。
登山用にこそ精細な地図表示ができる機種がほしかった次第です。

しばらくは、Edgeシリーズを携行してハイキングや登山もしていましたが、登山用として何度か使ったものの、ザック内にしまった時にボタン類が接触したはずみに誤動作したりしてログが取得できなかったり、画面表示自体が固まったりして使用できないことが続いたので、思い切ってアウトドア専用のetrexシリーズに回帰しました。

現行のetrexシリーズは20以上で地図ソフトがインストールできるので、最廉価版のetrex20で決定。
購入したお店(TKA Planet )には、前述した「日本高精密地形図」が別売で揃っているので、本体と一緒に購入しました。

ちなみに、本体と一緒に購入した地図は、一週間に1回以上の頻度でデータ更新されているとのこと。(国土地理院刊行「数値地図(国土基本情報)」の最新のデータを元に作成している。)
つまり購入した時点の最新のデータが入っている地図を購入できます。
市販の地図ソフトではデータ更新は1年に1回っていうのが普通だと思うので、それだけでもお得感はあります。

実際に山で使ってみた印象は、「必要にして十分。これ以上の機能は必要なし。」というところでしょうか。
メニューがわかりやすくて、直感的にすぐに使い始められます。
一番関心のあった地図の表示もクリアで「高精密」という言葉はウソではありませんね。

 簡潔でわかりやすいメニュー画面です。
Etrex04

起動してからの衛星を捕捉する時間もイライラ待たされることもなくて快適です。
アメリカのGPS衛星に加えて、ロシアの衛星GLONASSにも対応しており、それだけ信頼性の高い位置情報を得ることができるようです。
ちなみに日本の「みちびき」衛星にも対応していますが、1機しか上がっていないのであんまりメリットはないみたい。

山に行く前にヤマレコやカシミールなどで、行きたい山のルートのGPXファイルを本機にインストールすれば簡易のナビ機能が実現できるので山ではかなり使えます。
最近は単独行が多いので、事前に予定ルートを入れておけば道迷いはほとんど防げます。

 見やすい液晶画面
Etrex03

バッテリーは単三電池2個なので、アルカリ、リチウム、ニッケル水素となんでもOK。どこでも調達可能というのは大きなアドバンテージですね。
しかも、電池の持ちは公称25時間。話半分としても日中いっぱいは使えるので安心です。

もちろん山だけではもったいないので、サイクリングにも使ってみました。
簡易ナビ機能では右折左折直進等の案内は出ませんが、予定コースは太いカラーで表示されるのでまったく問題なし。
「高精密」な地図のおかげで、街中の走行も迷わずに走れました。

 専用のマウントで自転車にもOKです。
Etrex01

ただし、etrex20ではケイデンスや心拍は測れません。
ワングレード上のetrex30シリーズでは別売りのセンサーでそれらの表示が実現できるようです。
また、「30」には電子コンパスが内臓されていますが、私の場合はアナログのコンパスを携行するので電子コンパスは特に必要としません。(アナログのシルバコンパスの方が使いやすいし。)

つまり、山でもサイクリングでも使いたい人は30シリーズを、山を中心に楽しみたい人は20シリーズでOKということでしょうかね。

山で使用する時は、ザックのウェストベルトに付いているサイドポケットに入れていますが、問題なく受信できます。
欲を言えばサイズ的にもう少し薄いと良いと思います。
手に持った時は納まりは良いのですが、ポケットが小さいとちょっときつく感じます。
それ以外は文句はありません。

ちなみに、私が購入したお店はサポートが手厚いです。
じつは購入後、PCとの接続が不安定でお手上げでした。
結局は、PCに入れていた常駐ソフトの一種と本機との相性が原因のようでしたが、交換も含めてとても誠実に対応してくれました。
些細な疑問のメールにもすぐに回答してくれて大いに助かっています。
こういう点も含めて、買って良かったハンディGPSだと思っています。

|

« 那須の山々を歩く(朝日岳~三本槍岳~大峠周回) | Main | 御岳山・涼しげな滝めぐりとレンゲショウマ »

Comments

とうとう買っちゃいましたね。 私もetrex20, etrex30は大いに興味があります。edgeシリーズよりはウェイポイントが設定し易いし、何と言っても単三電池が使えるのが絶対に良いですよね。 私のLegend Hcxがまだ生きているので暫らく我慢しますが次はやはりetrex20,30かその後継機を考えています。 そのうちGPS+Glonass+みちびきを使った時の電池の持ちや精度をリポートして戴けると幸いです。

Posted by: MTK | 2015.08.15 01:15 PM

MTKさん こんにちは
毎日暑い日が続きますね。

Edge810Jが登山でも使えればそれに越したことはないのですが、自分的にはイマイチ使いづらくて悩んでいました。

でも、etrex20を登山用として買って正解でした。
アウトドア用としてはとても使いやすいです。

来月にお天気が良ければ北アルプスに泊まりの登山に出掛ける予定なのでバッテリーの持ち具合について確かめてきます。

Posted by: Nob | 2015.08.15 08:33 PM

いいですね!
私はずっとedge705を自転車でも山でも使っていますが、
さすがにそろそろ買い替えたいと思っているので、次は
これにしようかな。
自転車でもサイコン代わりにスピードや距離は普通に
表示できるんですよね?

Posted by: HINA | 2015.08.16 09:52 AM

HINAさん
etrex20は使いやすいですよ。
インプレに書くの忘れちゃいましたが、一つだけ欠点があります。
Edgeシリーズのようにstartボタンがないので、電源ONでトラックを記録し始めます。
試しにスイッチを入れただけで記録されちゃうので、データをヤマレコにアップする時はカシミール等で余分なトラックデータを削除する必要があります。
その点だけは気を付けてください。
自転車使用時のスピードや距離表示はできます。

Posted by: Nob | 2015.08.16 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 那須の山々を歩く(朝日岳~三本槍岳~大峠周回) | Main | 御岳山・涼しげな滝めぐりとレンゲショウマ »