« June 2015 | Main | August 2015 »

2015.07.26

南大菩薩で静かで涼しい山歩きを楽しむ

Imgp2337s

先週は大学学生寮の仲間たちとの同窓会で盛り上がったのは良いのですが、完全な暴飲暴食モードで帰宅後すっかり体調を崩してしまいました。

週末になってようやく体調が戻ってきたので、避暑がてら近郊の山にハイキングを楽しんできました。
場所はいろいろ考えた末に、南大菩薩の小金沢山から牛奥ノ雁ヶ腹摺山にかけての山並みに決定。
理由は、近場の割に標高2,000m前後と高度があって避暑には最適なことと、バス便のおかげでアプローチが容易なこと。
さらには、青春18きっぷを活用できることかな?

歩いたコースのくわしい内容を表示する

というわけで、自宅最寄り駅を4:58発の2番電車で出発し、バスの発着駅である甲斐大和駅に8:01に到着。
駅前にはすでに登山者が列を作っていました。
マイクロバスを増発便を含めて2台出してくれたおかげで全員座れた模様です。

甲斐大和駅から上日川峠までのバス便を栄和交通さんが走らせてくれるおかげで、大菩薩峠方面のハイキングは十分日帰りが可能になりました。ありがたいことです。

上日川峠に向かうバス道は、昨年上日川峠ヒルクライムで下りにとった道です。
あの時は、ヒルクライムでは飽き足らずに大菩薩峠ハイキングもオマケに付けたので結構汗をかかされました。
まだ一年しか経ってないけど、もうあんな元気出ないなあ。

 出発地点の小屋平バス停は石丸峠登山口
Imgp2325s

さて、およそ40分の乗車で、今回のスタート地点である小屋平バス停に到着。
ここは大菩薩峠の南に位置する石丸峠の登山口です。私を含めて10人位が下車しました。
すでに標高1,500mを越えているのでバスから降りたとたん冷気に身が引き締まるようでした。

 気持ちのよいカラマツ林の中を歩きました
Imgp2333s

出発前の準備を終えて9時ちょうどにバス停をスタート。
登り始めからやや急な坂道が続き、ペースをつくるのに時間がかかります。
もう若くはないので、ポイント毎の休憩は極力とらない代わりに歩くペースは驚くほどゆっくりです。
カラマツ林の中をのんびり歩きますが、ひんやりとした風が時折通りぬけて本当に清々しい気持ちになります。

やがてカラマツ林が途切れてくると笹原が現れ、同時に前方の視界が大きく開けて眼前にはデッカイ富士山がお出迎え。
青紫色のシルエットが美しい富士山。
周囲には御坂の山々とさらには南アルプスの高峰の連なりが一気に目に飛び込んできました。

 夏の富士山もいいですねえ。
Imgp2334s

いやいや、スゲー!
しばし歩きを止めて、ただただ立ちつくすのみといったところですかね。
おそるべし甲斐の国だなあ。

Imgp2340s

はやる気持ちを抑えつつ、とにかく石丸峠に向かいましょう。
前方を歩いている若いカップルもとっても嬉しそう。いいなあ。オレもカップルで来たい!

Imgp2345s

石丸峠は笹原に覆われた草原の峠です。
左に行けば熊沢山を越えて大菩薩峠に、まっすぐ進めば小金沢山を経て湯ノ沢峠に至る登山の要所です。
バス停で下り立ったほとんどの人達が左(大菩薩峠)に向かうのを尻目に、まっすぐ南大菩薩を目指しました。

 石丸峠から大菩薩峠方面へはこの斜面を登ります
Imgp2350s

ここからは本当に静かな山歩きを楽しめました。
明るい緑の笹の斜面と針葉樹の濃い緑が美しいコントラストを作ってくれています。
まるで人の手で作られたような庭園風の景色が広がっています。

Imgp2355s

天狗棚山を越えて狼平の草原にかけての尾根歩きは至福のひと時でした。
稜線を吹き抜ける風の心地よいことといったら。
誰もいない草原から見渡せる遠くの山々。
丹沢、奥多摩、奥秩父、八ヶ岳、南アルプス、御坂山塊そして富士山・・・

 丹沢主脈の山並み
Imgp2356s

 奥多摩主脈の山並み
Imgp2357s

 南アルプス南部の連なり
Imgp2358s

狼平から小金沢山に向かう北面の尾根道は、明るい草原から打って変って薄暗い針葉樹が主体の原生樹林帯です。
これも良かったなあ。
まるで奥秩父主脈か北八ツを思わせるようなしっとりとした苔むした斜面が続くトレイルも感動的でした。

 狼平にて
Imgp2368s

 まるで北八ツを思わせるような原生樹林帯
Imgp2375s

やがて小金沢山のピークに到着。
標高は2014m。そうなんです。昨年(2014年)はたぶん大人気の山だったことでしょう。
でも今年は静かな山に逆戻り。良かったよかった。

 小金沢山は昨年の山?
Imgp2376s

ここからの富士山も捨てがたい良さがありました。
いや、今回のコース中で一番カッコイイ富士山かも。

 今回一押しの富士山だと思います。(小金沢山)
Imgp2377s

まあ、とにかくこのコースの良さは、晴れていれば常に富士山を目の前に眺めながら歩けることです。
こんな贅沢な縦走コースはなかなかありませんよ。

Imgp2382s

お次は、牛奥ノ雁ヶ腹摺山に向かいます。
向かう途中の山道も針葉樹と笹原が交互に現れて、とても変化に富んだ尾根歩きを楽しませてくれます。
なだらかで歩きやすい稜線を約30分ほどで牛奥ノ雁ヶ腹摺山山頂に到着しました。
「うしおくのがんがはらすりやま」
計14文字は日本で一番長い名前の山名だとか。真偽のほどは定かではありませんが。

ここからの富士山の眺望も定評のあるところで、先ほどの小金沢山と共に大月市の「秀麗富嶽十二景」で二番山頂に指定されています。
ここからの富士山写真を載せておきます。
どうでしょうか?個人的には小金沢山からの方が好きですが。

Imgp2390s

この山頂で富士山をおかずに昼食休憩。
一人、二人と単独の登山者が通り過ぎていきました。
皆さん、黒岳から湯ノ沢峠方面に向かうようです。
私も若い頃は同じ道のりを辿りましたが、今回はいさぎよくこの山頂から下山します。
若い頃には開かれていなかったこの下山道を歩きたかったから。

 この標識を頼りに下山開始
Imgp2392s

昼食後、黒岳方面の縦走路から分かれて西に下る尾根道に入りました。
笹に覆われているものの踏み跡はしっかりしていて迷う心配はないようです。

しばらく下っていくとカラマツ林越しに南アルプスが雲上に浮かんでいる景色が目に入りました。
緑の笹原とカラマツ林、そして紫色のシルエットに霞む高峰の連なり。
うーん。絵になるような景色だなあ。

Imgp2395s

この後さらに下っていくと舗装された林道(日川林道)を横切りますが、ふたたび山道に。
そしてまたダートな林道に出合ったと思ったら山道に入るを繰り返し、無事にバス停に下り立ちました。

Imgp2415s

この下山道は使えますね。
南大菩薩縦走時のエスケープルートにもなるし、長い山稜を2回に分けて歩く際のアプローチにも使えそうです。

久しぶりの南大菩薩。
40年以上ぶりの再訪でしたが、山の雰囲気があまり変わっていなくてホッとしました。
バス路線の開通で本当に入りやすいエリアになったものです。


| | Comments (2)

2015.07.22

奥会津・只見のブナ林を探訪する

Buna10

福島県南会津郡只見町。
福島県最奥に位置し、お隣は新潟県に接する日本有数の豪雪地帯です。

この地に日本屈指のブナ林が広がっていることを知ったのは、大学時代の学生寮で同室だったK君からの誘いがあってからです。
仙台で当時の寮生仲間の同窓会が予定されていて、行きがけの駄賃代わりに福島で前泊することにしてK君に連絡してみました。
するとK君から「お前に只見のブナ林を案内してやるよ。」との答えが返って来ました。

 道すがら 薪積みのアートに出会う
Buna01

ブナ林のあるエリアは、浅草岳の北麓、入叶津から沼ノ平周辺にかけてだそうです。
ブナ林は東北の山歩きを経験した人なら必ずどこかで出会っているはずですが、これから向かうブナ林は全国屈指の規模と品格、原始性、静けさ、そして個性あふれるものだとか・・・。
うーん、期待しましょう。

 入叶津登山口から入ります。(クマに注意!)
Buna02

雨上がりの中、浅草岳の入叶津登山口から登山道に入ります。
浅草岳はおよそ35年ほど前に奥さんと登った思い出深い山です。
その時は、只見線沿いから登った記憶がありますが、今回の登山道は北側からです。

 みずみずしい登山道を歩きます
Buna05

 雨水はブナの幹を伝わって大地を肥沃にします
Buna06

しばらく進むと「八十里越」の標識に出会いました。
越後と会津とを結ぶ交通路で昔からの街道ですが、古い石積みの名残りも見られ、古道なのかも知れません。
この道をあの河井継之助も官軍の銃撃で負傷し戸板に載せられて通ったのかと思うと、なんだか胸があつくなってきました。

 八十里の古道
Buna03

 ブナの赤ちゃんです
Buna04

さて、登山口から1時間ほど登ると、「山神杉(さんじんすぎ)」と呼ばれる杉と祠に出会いました。
ここは浅草岳山頂と沼ノ平への分岐路にあたります。

 ミズナラに囲まれた山神杉の祠にて
Buna14

山頂への道を左に分け、沼ノ平方面に少し入っていくと、すらりとしたブナの巨木が立ち並ぶ美しい森が広がっていました。ふかふかの道とみずみずしいブナの木の連なり。

 ふかふかの道の周囲にはブナ林が広がります
Buna07

ここが、浅草岳北麓に広がるブナ林。たしかにすばらしい場所です。
私の持参した安いコンデジでは到底表現できない世界が目の前に広がっていました。

さらに、なだらかな山道をゆっくり歩いていくと左手に巨木が現れました。
これが「ブナ太郎」と地元で呼ばれているブナの巨木です。コブだらけの木肌は風雪に耐えてきた風格を感じさせます。
よく見ると上部は折れてしまっていて上への広がりに欠けているのが残念。

 これが「ブナ太郎」さんです。
Buna08

そして、ブナ太郎からさらに進むと、今度は右手にブナの巨木が目に入りました。
これはスゴイ。
幹回りはおそらく4,5メートルはあるかも知れません。
全容はカメラには収まりきれません。
この樹が「ブナ次郎」でした。

 出たー!これが「ブナ次郎」さんでした。
Buna09_2

 生命力に溢れていますね。
Buna11

この樹の下にいるだけで、幸せな気分に浸れます。
静かな静かな森の中。
時々、聞こえてくるのはツツドリやクロツグミの鳴き声のみ。
(あ、野鳥の名前は、探鳥歴45年以上のK君に聞きました。)

Buna12

いやー、サイクリングなんてやってる場合じゃありませんね。(笑)
それを言うなら「仕事なんかやってる場合じゃない。」かな。(この3月末で完全リタイアしたK君の言。)

本当に名残惜しいですが、次の予定もあるので往路を引き返しました。
登山口に戻ったら、今度は田子倉ダムに向かいます。
只見川流域のダム群のひとつで、水力発電のメッカです。

ダムサイトを過ぎて、なおも新潟県境まで車を走らせます。
このあたりは紅葉時期には最高の景色が広がるそうです。自転車で走るのも楽しそうです。ぜひ走ってみたいなあ。

 眼下には田子倉湖が広がっていました。
Buna17

やがて勾配がなくなってくると周囲の山々の展望が開けてきて、眼下には田子倉湖、会越の山々に囲まれた道路開通記念碑に到着しました。

「会越の窓開く」
当時の田中角栄総理大臣は達筆でした。

 「会越の窓開く」とは言い得て妙ですね。
Buna16

今宵の宿に戻る途中、田子倉ダムの下から振り返った湖面の霧がなんとも印象的でした。
只見町は「自然首都」をキャッチフレーズに、手つかずの自然との共生に取り組んでいるようです。

 幻想的な風景に感動しました。
Buna15
 
Buna18

つい最近もユネスコのエコパークに国内で7番目に指定されとか。
原発の風評被害に負けずにこの地域で頑張っている人たちのことをもっともっと知ってほしいですね。

只見の民宿では旨い地酒と美味い食事を堪能したのは言うまでもありません。
そして翌日は、布沢地区にある「癒しの森」と「恵みの森」の散策を楽しみました。
こちらもブナやミズナラなどの広葉樹の森が広がっていて、自然学習の場として活用されているようです。

Buna19

Buna20

「癒しの森」は平坦な、なだらかな山間の地形にブナの巨木が分布しているエリアで、「恵みの森」は布沢川支流の大滝沢沿いに展開する水辺のブナ林を観察できます。

 つい最近、倒れてしまったブナの巨木だそうです。
Buna21

それぞれに個性あふれる美しいエリアですが、私の場合、前日の山神杉のブナ次郎との出会いが強く印象に残っているためか、前日のような感動は得られませんでした。
って、かなり贅沢な感想だとは思うのですが・・・。

Buna22

いやー、奥会津おそるべしです。
只見町だけでもできれば2泊はしたいですね。
丸一日をサイクリング(ほとんどヒルクライムだけど。)に費やして、残りはブナ林を訪ねる山歩きで過ごしたいものです。
季節は5月下旬がベストかな。それからブナの葉が黄色に染まる10月下旬もいいですね。
やっぱり、仕事なんかしてる場合じゃないかな?

| | Comments (0)

2015.07.13

細尾峠越え(日光から足利へ)

Hosoo17

日曜日(7月12日)、かねてから訪れてみたいと思っていた渡良瀬渓谷沿いの道を走ってきました。

それにしても暑かったです。この日は走行コースの近くにある館林市で36.6度Cだったとか。
どんだけ暑かったかっていうと、ガーミンさんの温度計では40度Cを記録してました。
というわけで、当初計画していたコースを30kmほど短縮してゲームオーバー。
なんとなく消化不良気味のライドとなりました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

 クラシックな雰囲気のJR日光駅が本日のスタート地点
Hosoo01

早起きしたおかげで、日光駅には8時25分に到着。
駅前で自転車を組み立てて8時37分にスタート。

 大谷川沿いの道は展望が広大です
Hosoo03

今日は大谷川沿いに走ってみました。河川沿いなので景色はよく、男体山から女峰山にかけての日光表連山の山々がのびやかに広がっています。
一部区間、ダート部分もありましたが静かな道を走り、神橋で国道に合流します。

 青い水面と朱塗りの橋のコントラストが最高(神橋)
Hosoo04

この後さらに含満ヶ淵(憾満ヶ淵)方面へも足をのばしてみたものの、こちらは砂利道だったのであきらめて迂回。やっぱり歩かなければだめですね。

さて、国道120号に出たら清滝で旧道に入ります。
静かな旧道を走り、バイパスとの合流地点である細尾大谷橋の交差点で足尾方面に向かう国道122号に入りました。

このまま122号を走ってしまうと日足トンネルに入ってしまうので、細尾町交差点で右に分岐する旧道に入ります。
細尾集落の中を走る旧道は行き交う車もなくて快適です。

 旧道を走りました。(細尾の街中にて)
Hosoo27

しばらく走ると、「長い長い峠道」で有名な看板に出会いました。
「長い長い」といっても上り区間は8kmで、下りは4km。合計12kmの峠道です。
昭和53年に日足トンネルが開通するまでは、この道は地域の大動脈でしたが、今は走る車も登山者を除けばほぼ皆無で、昔ながらの静寂な峠道に戻ったようです。

 「長い長い峠道」の看板
Hosoo05

さっそく走ってみましょう。
走り始めから鬱そうとした木立に囲まれて気分は最高です。
木立の間からはさわやかな風が吹き抜けて、気持ちの良いサイクリングが楽しめます。

峠道の勾配は平均で5%から8%位でしょうか。
数多くのカーブのおかげで勾配は一定していてとても走りやすい道です。
お隣のいろは坂も顔負けのカーブの連続で、カーブ毎にナンバーが付けられています。

坂の途中で、新道に接続している箇所がありました。
何らかのトラブルで日足トンネルが使えなくなっても、この旧道に入ることで足尾側とは連絡がつくようになっているんですね。

 旧道と現道が接続している箇所
Hosoo06

それにしてもこの峠道、広葉樹が多いので秋の紅葉時期は、いろは坂にも劣らない景色が期待できそうです。やっぱり走るなら秋がいいですね。また来たいな。

 走っていて本当に気持ちの良い道が続きます
Hosoo07

何回も何回もカーブをやりすごし、やがて38番カーブを通過してほどなくで細尾峠(標高1,198m)に到着しました。
上り始めて8km地点です。ハイカーの車が1台停まっている他は静寂があたりを支配していました。
静かで涼しくて最高なんですが、最近クマの目撃例があり注意するようにとの看板があったので、名残惜しいけど下ることに。(クマが出てきてもおかしくないほど静寂な峠でした。)

 細尾峠は、茶の木平への登山コースの起点です
Hosoo08

 麓からここまで8kmです。
Hosoo09

下る途中に旧国道の標識がペンキが剥げかかった状態でポツンと立っていたけど、華やかりし往時の面影を見るようでした。

 国道だったことの証?
Hosoo10

下りも上りと同様にヘアピンカーブの連続です。
しかも、勾配は上りよりも急でかつ路面状態も悪い(落石、落枝、苔etc)のでスピードはまったく出せません。
よくもこんな道を大型バスやトラックが通っていたものです。トンネルができるまでは大動脈だったなんてちょっと想像できませんね。

 細尾峠の下りから眺めた足尾側の景色
Hosoo11

結局、旧道走行中は車はおろか、バイクも自転車も1台ともすれ違いませんでした。
静けさをもとめる人にはお勧めの峠みちです。

 現国道との合流部にある峠の看板
Hosoo28

さて、ふたたび車の行き交う国道122号に合流すると、路面も良くなり下り基調の道を快適に走ることができます。
いよいよ渡良瀬渓谷沿いの道を行きます。
道は広いし快適なんですが、標高の低下に伴って気温がぐんぐん上がってくるのがわかります。

 渡良瀬川に沿って走ります
Hosoo12

わたらせ渓谷鉄道の足尾駅はレトロな駅舎で人気があるのですが、なぜか素通りしてしまいました。残念!
その先の通洞駅を過ぎると足尾銅山時代の雰囲気が色濃く残る建造物が目に入ってきます。
今でも使われているのかどうかわかりませんが、明治時代から昭和の前半位までが全盛時代だったことが何となく感じられる雰囲気でした。

Hosoo13

 わたらせ渓谷鉄道の鉄橋です
Hosoo14

さらに走ると草木ダムが近づいてきます。
ダムの近くには有名な富弘美術館があります。
すでに二度も訪れたことのあるウチの奥さんからは、「せっかくあそこまで行くならゼッタイに見てくるといいわよ。」と念押しされていたんですが、この暑さで先の行程を考えると美術鑑賞する余裕はないので、残念ながらパス。

 立ち寄りたかったけどパス
Hosoo18

 こんな感じの道が続きます
Hosoo16

草木ダムの管理所だけはダムカードをいただく関係で立ち寄りました。
ここは重厚なコンクリート重力式ダムで、ダムサイトからは足尾から前日光の山々が眺められ、周囲の景色にも自然に溶け込んでいるように見えました。

 草木ダムではダムカードをゲット
Hosoo19

とにかく暑いので先を急ぎます。
背中のザックには補給食を忍ばせてありますが、この暑さではのどを通らないので、ここはやっぱりお蕎麦がいいですね。
適当に蕎麦屋を探しながら走っていたら、神社の脇に古風な民家づくりのお店があったので、そのままイン。

 古民家風のお蕎麦屋さん
Hosoo20

店内に入るとすーっと汗が引いていくのがわかります。
開けっ放しで冷房をつけている訳でもないのに、この涼しさはありがたいです。昔の民家のつくりはすごい。

とりあえず、天ざる大盛りでお願いしました。
野菜天が二品しか付いていなくて、しかも揚げたてじゃないのが少々がっかりでしたが、蕎麦の量は申し分なく、ま値段相応(850円)かな。

 暑い日は蕎麦にかぎります
Hosoo21

わたらせ渓谷鉄道の駅には温泉付きの駅もあります。(水沼駅)
ひとっ風呂浴びて、そのまま電車で桐生駅まで行くのが最高の贅沢なんですが、桐生駅は「休日おでかけパス」の圏外なので割高になるためこれまたパス。青春18きっぷの時ならGoodですね。

とにかく今日は暑い。暑すぎます。
桐生に近づいてくる頃、大間々の市街右手に「日本一しょうゆ」の看板とともにレトロな店構えの醤油屋さんが目に入りました。

 創業天明7年という老舗のお醤油屋さん
Hosoo23

よく見ると「しょうゆソフト」の看板もあるではありませんか。
さっそくインして、しょうゆソフトを注文しました。
お醤油の味がして美味しかった。疲れているときは塩分も取れるので良いですね。
ひんやりと薄暗い店内をよく見たら「創業天明7年」だとか。どおりで古風なたたずまいだと思った。

 少ししょっぱい感じがたまりません
Hosoo22

13時過ぎになんとか桐生駅に到着。日光駅からここまでで約73kmです。
今日は渡良瀬川沿いに古河駅まで走る予定で来たのですが、この暑さは半端じゃありません。
走るだけ走ってみて、ヤバそうだったら両毛線のどこかの駅にエスケープするつもりで走りを再開しました。

桐生駅から南に向かい、渡良瀬川に出ると立派な自転車道が整備されていました。(桐生足利藤岡自転車道線)
あいにく川を吹き抜ける風は南寄りの向かい風。しかも生暖かい嫌な風です。

 渡良瀬川自転車道
Hosoo24

このサイクリングロードは堤防の管理道路と区別されているのですが、左岸から流入してくる支流のせいで少し複雑なコース設定がされていました。
流入河川があるたびに本川から迂回するのですが、迂回路の表示が明瞭でない区間もあるので道迷いをしてしまいました。
地元の人なら迷うようなことはないのでしょうが。

 アユ釣りかな?
Hosoo25

暑い日の河川道は、路面の照り返しや草いきれで快適ではないですね。
時間的には十分余裕がありますが、暑さによる体力の消耗を考えて、自転車道から一番近い駅である足利駅を本日のゴールに変更しました。
若ければ当然古河駅まで走りきり、渡良瀬調整池のダムカードもゲットできたんでしょうが・・。

 本日のゴールは両毛線・足利駅です
Hosoo26

14時4分に足利駅南口にゴールイン。
14時8分発の電車がありましたが輪行支度が間に合わないため次の電車まで45分待ち。さらには乗換えの小山駅で30分待ち。
結局ゴールから4時間以上かけて自宅にたどり着きました。
あー、暑かった。このコースはやっぱり秋の紅葉がいいですね。

【感想】
渡良瀬渓谷沿いの道をようやく走ることができました。
銅山にまつわる光と影の歴史や紅葉・新緑のあざやかな色彩、美術館に駅ナカ温泉など見どころ満載のエリアです。
次回は走る距離を短くして、渓谷ぞいの観光スポットを楽しみたいものです。

| | Comments (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »