« May 2015 | Main | July 2015 »

2015.06.25

昭和の森とあられちゃん家

茂原の三真っていう、お煎餅工場知ってる?(妻)
知ってるよ。あられちゃん家だろ。(私)
そこに安くて美味しいお煎餅があるらしいから買ってきて。(妻)

というわけで、「あられちゃん家」におつかいライドしてきました。
孫たちの顔を見ながら、おゆみ野スタートゴールなので50~60kmと軽いポタリングです。

自転車乗りのブログであられちゃん家のことは以前から名前だけは知っていましたが、今回行くのは初めてです。
お煎餅工場だけではつまらないので、睡蓮が見ごろを迎えている昭和の森とセットで回って来ました。

 泉自然公園外周のサイクリングコース
Arare01

外房有料を高田ICで下りて、行きがけの駄賃代わりに泉自然公園に立ち寄ります。
公園外周のサイクリングコースは、樹林におおわれていて初夏の強い日差しを遮ってくれるので快適です。
池で睡蓮を探しましたが、見当たらなかったなあ。

 四季折々の野菜が栽培されています
Arare02

 木陰で一休み(泉自然公園)
Arare03

ぐるっと一周してから再び往路を戻り、今度は大網街道で昭和の森をめざしました。
外房有料にまた戻れればいいのですが、下り線の進入路が整備されていないので戻れません。とても不便なつくりですが、利用者数を考えると仕方ないのかもしれません。

大網街道のせまい道を車に注意しながら走ります。
やがてあすみヶ丘の住宅街に入っていくと公園は近いです。

 睡蓮の花が一面に広がっていました(昭和の森)
Arare05

池のすぐ脇にある出入口から公園内に入ると、目の前に赤と白の睡蓮が一面に咲いていました。
花の見ごろなので本当にきれい。
しばし立ち止り美しい眺めを楽しみました。

Arare04

Arare06

園内の舗装路を歩行者に注意しながら徐行で進みますが、結構な上り坂もあるので意外とタフな道でした。
大網白里市街を一望できる展望台で小休止。今日は梅雨の晴れ間に恵まれて広い展望を楽しめました。

Arare07

さあ、次はいよいよ「あられちゃん家」をめざします。
大網白里の住宅街を通過して、永田駅のすぐ脇で外房線を横断しました。
まわりの九十九里平野は田んぼの稲が青々と広がっています。

 お煎餅工場(三真)に到着しました
Arare08

お煎餅の三真千葉工場と直売所のあられちゃん家は、田んぼに囲まれた一角にありました。
さっそく直売所に向かいます。
平日だというのに何だこの人だかりは!

 うず高く積み上がった商品の山
Arare09

いやはや、平日なのでガラガラかと思いきや、直売所内は中高年女性の声が飛び交っています。
それにしても、たくさんのお煎餅の袋が山のように積みあがっている様は壮観ですね。
それぞれの商品には試食用のお煎餅が置いてあるので、すべてを試食するとお腹いっぱいになってしまいます。
アウトレット商品なので値段はかなり安いです。

試食した結果、どれも美味しいので、かなりの数のお煎餅をかごに入れちゃいました。
レジで精算した後、内心しまった!
念のためにザックを背負ってきましたが、当然入りきれません。仕方ないのでポリ袋をザックに括りつけて走ることに。(苦笑)

 少し小ぶりなソフトですが・・
Arare10

 50円なら文句ありません
Arare11

一通り買い物を済ませたところで、ここの名物である50円ソフトクリームをゲット。
ソフトクリームが50円で食べられるなんて幸せだなあ。しかも回数券(11枚つづり)まであるぞ。
無料のアイスコーヒーをいただいてから帰途につきました。

 ザックとポリ袋を背に工場を後に
Arare12

 工場のまわりには美しい田園風景が広がっていました
Arare13

外房有料をはち切れそうなザックに括りつけたポリ袋が風に揺れてカッコ悪いのなんのって・・。
もう自転車で行くのはやめよう。行くなら車がいいですね。

苦労して持ち帰ったお煎餅の山。
大喜びの娘と孫たちの顔を見て少しは報われたかな。(笑)

 これだけ買って1,900円は安い!
Arare14

DATA
-------------------------
距離 : 63.25 km
累積標高 : 501 m
移動時間 : 2:42:39
経過時間 : 3:33:58
平均スピード : 17.7 km/h
平均移動速度 : 23.3 km/h

| | Comments (0)

2015.06.16

富士山一周ツーリング 2015 with CBCC

私にとって4回目の富士イチ(富士山麓一周ツーリング)ですが、さて今回はどんなドラマが待ち受けているのだろう。

梅雨の最中なのでお天気は期待していません。
雨さえ降らなければラッキーです。

今回は総勢9名。今回女性陣がいないのは寂しいですが、富士イチ初参戦の仲間が4人いるので楽しいライドになりそうです。

 富士イチナインの面々です。(ローソン御殿場ぐみ沢西店)
Fujiichi04

千葉を早朝に出発し、3時間あまりかけてたどり着いた御殿場駅を9時過ぎに出発します。
リーダーはinさん。
母国に帰るinさんにとっては帰国前最後のツーリングリーダーということになります。なんだか寂しいなあ。

走ったコースとプロフィールマップを表示する(CBCCサイトへジャンプ)

走り出してすぐのコンビニ(ローソン御殿場ぐみ沢西店)で、車で参加したSGMさんと無事に合流。
どうして車で?
「はい、明日の富士ヒルに参加するためですよ。わはは。」と涼しい顔で答えてくれました。(笑)
ス、スゲー!
っていうか、今日の富士イチ、とくに後半のツライ上りを誰も彼にレクチャーしなかったのかな?
富士イチ、富士ヒルの両方を経験している私からすると、初日富士ヒル、2日目富士イチの方がゼッタイに良いと思いますが、日程がそうなってるんだから仕方ないですね。
ともあれ、明日のSGMさんの健闘をお祈りします。

コンビニで補給後は、国道138号のダラダラ上りを進みますが、相変わらずの渋滞気味の走りにくい道が続き、いつもながら嫌な区間です。

前回まで何気なく通過していた東富士五湖道路(交通違反です。)は避け、左側の一般道を進みます。あいにくの曇天のためお目当ての富士山は厚い雲の中。そういえば午前中の御殿場側できれいな富士山を見たことないなあ。

 籠坂峠って「加古坂」だったんですかねー?
Fujiichi05

道の駅から始まる籠坂峠への上りは比較的ゆるいので余裕をもって到着することができます。
でも、峠は相変わらず狭くて車の通行も多く、のんびりする場所ではありませんね。

峠から山中湖方面へは昨年同様に裏道を下りました。
山中湖畔には出られませんが、高原のさわやかな風を顔に受けながら快適に下って行けるのでみんな大満足です。

 籠坂峠からの下り道は快適の一語につきます
Fujiichi06

山中湖から河口湖にかけてはゆるい下りが続きます。両湖の標高は約150mほど違うので、この区間は時速30kmから50km近いスピードで走ることができます。
ただし、富士吉田市内に入ると道路の路面が凸凹で走りづらいことといったら・・・
富士イチではどうしても通過する道路なので、もう少し路面の整備をしてくれるとうれしいな。
そうなれば、しまなみ海道とともに日本を代表するサイクリングコースになるのにと思うのは私だけではないでしょう。

 今回は河口湖北岸の道を走りました
Fujiichi07

2回目のコンビニ休憩を河口湖近くにあるファミリーマート(河口湖船津店)でとった後は、従来の南岸コースをとらずに河口湖大橋を渡り北岸沿い(湖北ビューライン)に西湖をめざしました。
湖の北側は岸辺が変化に富んでいて、晴れていれば富士山が美しく眺められるポイントがたくさんあります。
今回は雲の中なのでちょっと残念でしたが、車の通行が少ないのでグッドです。

河口湖から西湖に上がるには、標高差70mほどを結構急な坂(9~10%)を駆け上がらなくてはなりません。
短い区間なのでがまんして上れば富士五湖で3つ目の湖である西湖に到着します。

 西湖沿いの道をひた走りました
Fujiichi01

湖面には釣りやカヌーを楽しむ人たちを見かけることができますが、全体的に静かで私の好きな湖です。
西湖北岸の道路は深い緑色を呈している湖水にかなり接近して走れるので楽しい道のりです。

4つ目の精進湖は小さな湖。湖畔を見下ろす入口で記念写真を撮ってスルーしました。
さて、ここで本日のランチ場所であるジビエ料理の松風さんに電話を入れます。
昨年、いきなり12名で訪れたら鹿の肉が足りなくなって??全員がありつけるまでかなりの時間がかかったことの教訓です。
事前に電話をしておけば、裏山に鹿を撃ちに行く余裕ができるかも。(笑)

 急に鹿さんが出てきたらヤバイなあ
Fujiichi09

精進湖と本栖湖を結ぶ道路は森に囲まれていて快適です。今日はツートップ態勢(inさん&KTM1号さん)で高速モード走り抜けました。
その甲斐あって、13時前にレストラン松風さんに無事に到着しました。
ここの「野生鹿カレーセット」は、富士イチでは絶対に外せないポイントです。今年もジャスト1,000円でいただきました。食料品の値段が上がる中、ずっと1,000円を貫いていることはスゴイですよね。
鹿くんとイノシシくんには悪いけど。

 これで1,000円ポッキリですから、安い!
Fujiichi02

満腹感に浸ってから、国道139号から分かれて富士宮方面への大下り(県道71号)に入ります。
その前に牧歌的雰囲気のある富士ヶ嶺へのちょっとした上りがあり、ここで今日初めて富士山の山頂が雲の間から眺めることができました。
やったー!
やっぱり、山頂が見えると気分がいいですね。

 富士ヶ嶺への上りを過ぎれば大下りが始まります
Fujiichi10

 やっと富士山に出会えました。(富士ヶ嶺にて)
Fujiichi15

県道71号、72号線の15km以上にわたる大下りはいつ走っても気持ちが良いです。
下る途中で右手に富士ミルクランドがあり、美味しいソフトクリームがありそうな予感があるものの、下りのスピード感に浸りきって今回もスルーしました。

 快適な下り道がずーっと続きます(県道71号)
Fujiichi12

そして国道469号に入り、いよいよこどもの国への上り返し(約11km)が始まりました。
毎度おなじみのツライ上りです。って、勾配は最大でも10%程度なんですが、ここまでの大下りで脚がなまってしまい、ペダルを回す力がぐっと重く感じるせいかも知れません。

今日はinさん、KTM1号さんに食らい付いていく気力も体力もまったく残っていません。(もともと地脚が違います。)

 感動のゴーール!(こどもの国入口にて)
Fujiichi16

マイペースでのんびり上ることに徹します。4回目ともなるとペース配分もなんとかわかり、最後の1.5kmでの余力を少しだけ残してなんとかゴーーール!
あー、疲れた。
ゴールのこどもの国入口交差点には、先行したKTM1号さん、inさん、YMTさんが迎えてくれました。
ここにきて再び富士山の山頂が雲間から姿を現してくれました。やっぱりうれしいです。

 こどもの国入口からの富士山です
Fujiichi03

続々とゴールするみんなを待って、いよいよラスト20kmの区間を走ります。
サファリパークまではいくぶん上りますが、基本的に下り基調で走るので快適です。

 荒涼とした富士の裾野を疾走します
Fujiichi13

途中、表富士演習場付近の荒涼とした大地を通過し、、御殿場市街へと入ります。
前回好評だった山崎精肉店に立ち寄りアツアツの金華豚コロッケをほおばり、17時20分、122kmを走りきり無事に御殿場駅にゴールできました。

 完走のご褒美は熱々のコロッケ!(実は馬刺しの有名店)
Fujiichi14

【感想】
今年も富士イチを無事に回ることができました。
毎回感じることですが、日本一の富士山麓を一周する中で東西南北それぞれに特徴があり変化に富んでいて走っていても飽きません。
御殿場~道の駅すばしり間と富士河口湖町付近の道路環境がもっと自転車に優しくなってくれれば、日本屈指のサイクリングロードになると思います。

DATA
-------------------------
距離 : 122.09 km
累積標高 : 1,555 m
移動時間 : 5:16:08
経過時間 : 8:09:40
平均スピード : 15.0 km/h
平均移動速度 : 23.2 km/h

| | Comments (0)

2015.06.11

百合と紫陽花のお散歩ライド

Yuri02

雨は夜から、との予報に安堵して中房総鶴舞周辺をお散歩してきました。
コースは、いつもの70km半日コースです。

ちょうど今頃は鶴舞のゆり園と野見金山のあじさいが見ごろだろうなあ、との予想が当たり梅雨の合間の花めぐりができました。

おゆみ野からうぐいすラインを原田まで。
コンビニでいつもの休憩をとり、鶴舞方面に上り返してしばらく走ると左側にゆり園があります。
看板には「入園料無料」の大きな文字が目立ちます。
車とオートバイは駐車料金をとりますが、自転車入場者は無料です。うれしいですね。

 自転車はうれしい入場無料です。
Yuri07

ではさっそく入場します。
平日ということもあり静かなものです。
あいにくの曇り空ですが、園内には珍しい色とりどりのユリの花が咲き誇っていました。
私の知っている品種は一つもありません。て、カサブランカと鉄砲百合しか知らないないんだけどね。

 園内は広々としています。(右手奥が展望台)
Yuri01

 展望台からは鶴舞の里山風景が広がります。
Yuri03

中央に小高くなった展望台があるので、そこまで歩いていきました。
展望台といっても大した高さではないので広大な展望を得られるというわけではないけど、緑が濃くなった鶴舞の里山が美しく眺められます。

Yuri04

Yuri05

Yuri06

一面のゆりの花園ですが、花の時期としてはそろそろ終わりのようです。
今週末の土日くらいまでが見ごろといった感じでした。
自転車で訪れれば無料で見せてくれるので、自転車乗りの方はぜひ立ち寄ってみてはいかが。

さて、お次はゆり園からすぐのところにあるオープンガーデンを訪ねます。
鶴舞を走るときは必ず立ち寄る場所であり、このブログでも何度も書いているので今日の感想はパスしますね。

 鶴舞のオープンガーデン
Yuri08

大多喜街道に出たら勝浦方面に向かいます。
米原で左折して山内ダム方面に向かいました。このあたりはゲンジボタルの生息地として有名で、この週末も観賞会が開かれるそうです。
ホタルが生息するほどきれいな水があるということなんだ。

アリランラーメンの前を通過したのが10時35分。
少し待てば一番で食べることができたけどまだお腹が空いてないので今日はスルーして、野見金山公園をめざします。

 定点観測地点からの田んぼの状況
Yuri09

 野見金山山頂付近の紫陽花です
Yuri10

野見金山の紫陽花は今が見ごろです。
山頂付近にもたくさん咲いていますが、少し下った左側の斜面に紫陽花の花が広がっていました。
この時期、どこにでも見かける花ですが野見金山という里山に咲く紫陽花は周囲の自然にうまく溶け込んでいてきれいです。

Yuri11

Yuri12

この先、笠森から秋元牧場の坂を上り、いつもの帰り道をおゆみ野をめざして走ります。
さすがにお腹が空いたので中華料理店「胡同」(フートン)でランチを楽しんだあと帰途につきました。

Yuri14

 お昼のランチはボリューム満点です。
Yuri13

DATA
-------------------------
距離 : 70.76 km
累積標高 : 786m
移動時間 : 2:55:01
経過時間 : 3:28:04
平均スピード : 20.4 km/h
平均移動速度 : 24.3 km/h

| | Comments (0)

2015.06.04

利根川河口堰と犬吠崎サイクリング

Inubou13

今日はさわやかな晴天でした。
この4月から木曜日が週休日でお休みになったので、利根川沿いのサイクリングを楽しんできました。

それまでは毎週水曜日がお休みだったのですが、水曜日は雨の日が多いのとお店の定休日が多いので変更しました。
いやー、変更してから丸2ヶ月間のうち雨の木曜日は一日もありませんでした。
その反面、水曜日の雨の多いことといったら・・
今年に限らず水曜日ってホント雨が多いです。水の曜日なので雨が多いのは仕方ないんですかね。

 印旛沼捷水路の緑も濃くなってきました
Inubou02

というわけで、自宅から印旛沼水回廊を走り利根川へ。
利根川に出たら堤防沿いのサイクリングロードをひたすら東に向かいました。

 北印旛沼からは筑波山もはっきり見ることができました
Inubou03

走ったコースとプロフィールマップを表示する

久しぶりに利根川沿いを走りましたが、車に気を使わなくてもいいのと信号がないので走りやすい反面、景色が単調なので疲れちゃいますね。
私はどちらかというと峠みちの変化に富んだサイクリングが好きなので、こういう平坦で単調なサイクリングは苦手です。

 路面状況は良いですが単調なのがちょっと・・
Inubou04

今日は目的があります。
途中にある利根川河口堰に勤務している知り合いに久しぶりに会うことです。
まだ会社で現役だった頃、仕事の上でお世話になった方が管理所にいるので会うのが楽しみでした。

 河口堰が近づいてきました
Inubou07

佐原を過ぎ、小見川大橋を通過して約9kmほど走ったところに河口堰はあります。
利根川河口堰は、利根川下流部における首都圏の利水上の重要施設です。完成は昭和46年で、私が社会人になった昭和49年時点ではまだ出来たてのホヤホヤで、新入社員研修で河口堰の記録映画を鑑賞したのを今でも覚えています。
大河利根川をよくぞ堰き止めたものだと、当時としては一大プロジェクトだったんだろうなと思いますよ。

Inubou08

というわけで、私自身も40年ぶり位に訪れました。
さっそく管理所におじゃまして知人と久しぶりのおしゃべりを楽しみます。
自宅から92kmかけて会いに来たって言ったらえらく感激されちゃいました。(笑)
帰りがけ、ダムカードをゲットしたのは言うまでもありません。

 利根川河口堰のダムカード(Ver2.0)
Inubou20

さて、河口堰からおよそ18kmで銚子市街に到着します。
時刻も13時少し前。おなかもペコペコです。
銚子に来たら魚料理。
おさかな料理といえば、地元の人にも人気な「鈴女」さん。

Inubou10

平日にもかかわらず順番待ちでした。
たのんだ料理は、ワラサの刺身と鯛のから揚げがセットになった定食です。
もちもちのお刺身とからっと揚げられた鯛という組み合わせがベリーグッド。

 銚子を訪れたらやっぱり魚料理ですね
Inubou09

でも、隣の若い女性が注文した海鮮丼はもっとすごかった。
大ぶりのどんぶりいっぱいに盛りつけられた新鮮な魚介類の数々。
件の女性は食べきれずに困っていたほどボリューム満点でした。次回はこれにしよう。

 銚子漁港で記念の一枚
Inubou11

食後は犬吠崎と屏風ヶ浦を回ってから輪行で帰る予定です。
犬吠崎まで行って、はたと思いだしたのが佐野屋(さのや)の今川焼。
奥さんにお土産を持って帰るとすればこの今川焼しかありません。

 海が近づいてきました
Inubou12

 犬吠崎灯台はどうしても立ち寄りたいですね
Inubou14

屏風ヶ浦まで回ると遠回りになってしまうので、泣く泣く市街に戻りさのやさんに向かいました。
さのやの今川焼はkeithさんとの思い出がつまったスイーツです。

Inubou18

Inubou21

お店の前まで来ると地元の人がひっきりなしに買いに来ていました。注文する単位も10個、15個と皆さん豪快です。
私も黒白あわせて5個を注文。これで本日のミッション終了です。
ついでにかき氷を注文して体内に水分補給をしてから銚子駅に向かいました。

【感想】
つい10日ほど前には利根川の最上流部にある矢木沢ダムにいたのに、今日は最下流部に立っているなんて不思議な感じがしました。
様々な表情を見せてくれる利根川は懐の深い河川です。

 ぶじに銚子駅に到着
Inubou19

DATA
-------------------------
距離 : 124.71 km
累積標高 : 279m
移動時間 : 5:13:14
経過時間 : 6:39:27
平均スピード : 18.7 km/h
平均移動速度 : 23.9 km/h


| | Comments (0)

« May 2015 | Main | July 2015 »