« 百合と紫陽花のお散歩ライド | Main | 昭和の森とあられちゃん家 »

2015.06.16

富士山一周ツーリング 2015 with CBCC

私にとって4回目の富士イチ(富士山麓一周ツーリング)ですが、さて今回はどんなドラマが待ち受けているのだろう。

梅雨の最中なのでお天気は期待していません。
雨さえ降らなければラッキーです。

今回は総勢9名。今回女性陣がいないのは寂しいですが、富士イチ初参戦の仲間が4人いるので楽しいライドになりそうです。

 富士イチナインの面々です。(ローソン御殿場ぐみ沢西店)
Fujiichi04

千葉を早朝に出発し、3時間あまりかけてたどり着いた御殿場駅を9時過ぎに出発します。
リーダーはinさん。
母国に帰るinさんにとっては帰国前最後のツーリングリーダーということになります。なんだか寂しいなあ。

走ったコースとプロフィールマップを表示する(CBCCサイトへジャンプ)

走り出してすぐのコンビニ(ローソン御殿場ぐみ沢西店)で、車で参加したSGMさんと無事に合流。
どうして車で?
「はい、明日の富士ヒルに参加するためですよ。わはは。」と涼しい顔で答えてくれました。(笑)
ス、スゲー!
っていうか、今日の富士イチ、とくに後半のツライ上りを誰も彼にレクチャーしなかったのかな?
富士イチ、富士ヒルの両方を経験している私からすると、初日富士ヒル、2日目富士イチの方がゼッタイに良いと思いますが、日程がそうなってるんだから仕方ないですね。
ともあれ、明日のSGMさんの健闘をお祈りします。

コンビニで補給後は、国道138号のダラダラ上りを進みますが、相変わらずの渋滞気味の走りにくい道が続き、いつもながら嫌な区間です。

前回まで何気なく通過していた東富士五湖道路(交通違反です。)は避け、左側の一般道を進みます。あいにくの曇天のためお目当ての富士山は厚い雲の中。そういえば午前中の御殿場側できれいな富士山を見たことないなあ。

 籠坂峠って「加古坂」だったんですかねー?
Fujiichi05

道の駅から始まる籠坂峠への上りは比較的ゆるいので余裕をもって到着することができます。
でも、峠は相変わらず狭くて車の通行も多く、のんびりする場所ではありませんね。

峠から山中湖方面へは昨年同様に裏道を下りました。
山中湖畔には出られませんが、高原のさわやかな風を顔に受けながら快適に下って行けるのでみんな大満足です。

 籠坂峠からの下り道は快適の一語につきます
Fujiichi06

山中湖から河口湖にかけてはゆるい下りが続きます。両湖の標高は約150mほど違うので、この区間は時速30kmから50km近いスピードで走ることができます。
ただし、富士吉田市内に入ると道路の路面が凸凹で走りづらいことといったら・・・
富士イチではどうしても通過する道路なので、もう少し路面の整備をしてくれるとうれしいな。
そうなれば、しまなみ海道とともに日本を代表するサイクリングコースになるのにと思うのは私だけではないでしょう。

 今回は河口湖北岸の道を走りました
Fujiichi07

2回目のコンビニ休憩を河口湖近くにあるファミリーマート(河口湖船津店)でとった後は、従来の南岸コースをとらずに河口湖大橋を渡り北岸沿い(湖北ビューライン)に西湖をめざしました。
湖の北側は岸辺が変化に富んでいて、晴れていれば富士山が美しく眺められるポイントがたくさんあります。
今回は雲の中なのでちょっと残念でしたが、車の通行が少ないのでグッドです。

河口湖から西湖に上がるには、標高差70mほどを結構急な坂(9~10%)を駆け上がらなくてはなりません。
短い区間なのでがまんして上れば富士五湖で3つ目の湖である西湖に到着します。

 西湖沿いの道をひた走りました
Fujiichi01

湖面には釣りやカヌーを楽しむ人たちを見かけることができますが、全体的に静かで私の好きな湖です。
西湖北岸の道路は深い緑色を呈している湖水にかなり接近して走れるので楽しい道のりです。

4つ目の精進湖は小さな湖。湖畔を見下ろす入口で記念写真を撮ってスルーしました。
さて、ここで本日のランチ場所であるジビエ料理の松風さんに電話を入れます。
昨年、いきなり12名で訪れたら鹿の肉が足りなくなって??全員がありつけるまでかなりの時間がかかったことの教訓です。
事前に電話をしておけば、裏山に鹿を撃ちに行く余裕ができるかも。(笑)

 急に鹿さんが出てきたらヤバイなあ
Fujiichi09

精進湖と本栖湖を結ぶ道路は森に囲まれていて快適です。今日はツートップ態勢(inさん&KTM1号さん)で高速モード走り抜けました。
その甲斐あって、13時前にレストラン松風さんに無事に到着しました。
ここの「野生鹿カレーセット」は、富士イチでは絶対に外せないポイントです。今年もジャスト1,000円でいただきました。食料品の値段が上がる中、ずっと1,000円を貫いていることはスゴイですよね。
鹿くんとイノシシくんには悪いけど。

 これで1,000円ポッキリですから、安い!
Fujiichi02

満腹感に浸ってから、国道139号から分かれて富士宮方面への大下り(県道71号)に入ります。
その前に牧歌的雰囲気のある富士ヶ嶺へのちょっとした上りがあり、ここで今日初めて富士山の山頂が雲の間から眺めることができました。
やったー!
やっぱり、山頂が見えると気分がいいですね。

 富士ヶ嶺への上りを過ぎれば大下りが始まります
Fujiichi10

 やっと富士山に出会えました。(富士ヶ嶺にて)
Fujiichi15

県道71号、72号線の15km以上にわたる大下りはいつ走っても気持ちが良いです。
下る途中で右手に富士ミルクランドがあり、美味しいソフトクリームがありそうな予感があるものの、下りのスピード感に浸りきって今回もスルーしました。

 快適な下り道がずーっと続きます(県道71号)
Fujiichi12

そして国道469号に入り、いよいよこどもの国への上り返し(約11km)が始まりました。
毎度おなじみのツライ上りです。って、勾配は最大でも10%程度なんですが、ここまでの大下りで脚がなまってしまい、ペダルを回す力がぐっと重く感じるせいかも知れません。

今日はinさん、KTM1号さんに食らい付いていく気力も体力もまったく残っていません。(もともと地脚が違います。)

 感動のゴーール!(こどもの国入口にて)
Fujiichi16

マイペースでのんびり上ることに徹します。4回目ともなるとペース配分もなんとかわかり、最後の1.5kmでの余力を少しだけ残してなんとかゴーーール!
あー、疲れた。
ゴールのこどもの国入口交差点には、先行したKTM1号さん、inさん、YMTさんが迎えてくれました。
ここにきて再び富士山の山頂が雲間から姿を現してくれました。やっぱりうれしいです。

 こどもの国入口からの富士山です
Fujiichi03

続々とゴールするみんなを待って、いよいよラスト20kmの区間を走ります。
サファリパークまではいくぶん上りますが、基本的に下り基調で走るので快適です。

 荒涼とした富士の裾野を疾走します
Fujiichi13

途中、表富士演習場付近の荒涼とした大地を通過し、、御殿場市街へと入ります。
前回好評だった山崎精肉店に立ち寄りアツアツの金華豚コロッケをほおばり、17時20分、122kmを走りきり無事に御殿場駅にゴールできました。

 完走のご褒美は熱々のコロッケ!(実は馬刺しの有名店)
Fujiichi14

【感想】
今年も富士イチを無事に回ることができました。
毎回感じることですが、日本一の富士山麓を一周する中で東西南北それぞれに特徴があり変化に富んでいて走っていても飽きません。
御殿場~道の駅すばしり間と富士河口湖町付近の道路環境がもっと自転車に優しくなってくれれば、日本屈指のサイクリングロードになると思います。

DATA
-------------------------
距離 : 122.09 km
累積標高 : 1,555 m
移動時間 : 5:16:08
経過時間 : 8:09:40
平均スピード : 15.0 km/h
平均移動速度 : 23.2 km/h

|

« 百合と紫陽花のお散歩ライド | Main | 昭和の森とあられちゃん家 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 百合と紫陽花のお散歩ライド | Main | 昭和の森とあられちゃん家 »