« 谷川岳と利根川上流3ダムめぐり | Main | 利根川河口堰と犬吠崎サイクリング »

2015.05.31

日光いろは坂の下見サイクリング

Nikkou09

初夏の一日、久しぶりに日光を自転車で走ってきました。

じつは7月初旬にサイクリングクラブでいろは坂のツーリングが予定されていて、そのリーダーを仰せつかっている関係で下見のサイクリングです。

奥日光には登山やハイキングで何回も訪れていますが、自転車では1回きり
それも日光から沼田へ抜ける日本ロマンチック街道沿いのサイクリングだったので、あまり印象に残っていないのです。
今日は日光周辺をしっかりと下見しようっと。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

というわけで下り立った駅はJR日光駅。
いつもは東武日光駅なのですが、千葉からの乗り換えの利便性を考えると、遅くて値段も高いけどJR利用の方が都合が良いのです。

 本日のスタートはJR日光駅から
Nikkou01

それにしても白亜の駅舎は気品にあふれていますねー。
大正元年に建てられたルネサンス様式の名建築で、気品と威厳の両方を併せ持つ美しい建築物とのこと。
なるほどな。

駅から上りが始まります。
左右に建ち並ぶ土産物店や名物水羊羹や湯葉のお店をながめながらのんびり走りましょう。
前方には日光表連山の峰々も顔を見せてくれています。今日は日焼けしそう。

 日光のシンボル的存在の神橋
Nikkou02

角を左に曲がると朱塗りの神橋。外人受けしそうな彩色です。
さらにひと走りするとコンビニ(ローソンとSAVE ON)が並んで建っているので必ず補給しましょう。

 蔦の絡まるシックなローソンで補給しました
Nikkou03

この先しばらくはなだらかな上りが続きます。
馬返しに到着したら、いよいよ第二いろは坂の上り区間に入ります。
自転車のことを知らない人に、いろは坂を自転車で上ると言うと一様に驚かれますが、じつは第二いろは坂には急坂はありません。
カーブも大きいし広い道をゆったりと辿れます。

 「馬返し」の先からいよいよ第二いろは坂です
Nikkou05

箱根旧街道なんかに比べてもずっと楽なのは前回上っているので経験済みです。
とはいえ、コース前半は結構な上り坂が続いて運動不足の人には少しきびしいかも。
そのかわりコース後半はぐっと勾配がゆるくなり助かります。

黒髪平の手前で再び急坂区間になりますが、それも短い間です。
到着した黒髪平ではぜひ一息いれましょう。眼前の日光表連山の山並みが美しいですから。

 やっぱり「日本の道百選」コースでした
Nikkou07

ここから先、ロープウェイのある明智平まではゆるやかな上りが続き、少し長いトンネルを抜ければ待望の中禅寺湖に到着!
湖畔からの美しい景色を眺めれば、いろは坂で流した汗もすっと引いてくれます。
さて、ここまでで約1時間30分。時刻は11時ちょい前です。
ソースかつ丼で有名なお店(トンカツ浅井)があるので、少し早目の昼食にしようかな、とお店の前まで行ってみたらすでに店外に10人ほどの行列が・・・
こりゃダメだ。たぶん30分は待つでしょう。
本番のツーリングの時もたぶんダメだろうなあ。残念。

というわけで気を取り直して、今日の予定になかった光徳牧場のアイスクリームとしぼりたて牛乳をいただくことに決定。

 湖畔沿いに続く道のサイクリングは最高です
Nikkou10

湖畔沿いの道は新緑に彩られていてサイクリングには最高の道です。
平坦だからびゅんびゅん飛ばせるしね。

やがて竜頭ノ滝に到着。
この時期は新緑できれいはきれいですが、やはり紅葉の時期には敵わないな。
葉が茂りだすと滝そのものの迫力もそがれてしまうようです。

 赤や白のツツジもたくさん咲いていました
Nikkou12

滝を後にして道はふたたび上りに転じます。
戦場ヶ原は中禅寺湖よりも約150mほど高いのです。
木々の緑も湖畔沿いにくらべて明らかに淡く、まだ新緑の風情です。

 戦場ヶ原にむけてゆるやかな上りが続きます
Nikkou13

そして上りきったら眼前に戦場ヶ原の広大な空間が広がります。
やはり本番でもここまでは上って来たいですね。
時間があれば湿原(というか草原)の中を散策したいところですが、今日はSPDシューズだしハイキングはおあずけ。

 出たー!広々とした戦場ヶ原に到着。
Nikkou14

しばらく走り続けて右折し、光徳牧場に向かう道に入ります。
この道も新緑に囲まれてグッドな雰囲気でした。
やがて左手に牧柵が見えてくれば、少しの走りで牧場の販売所に到着します。
中禅寺湖や戦場ヶ原周辺に比べてぐっと観光客も少なくのどかな雰囲気が好ましいですね。

 光徳牧場に続く道
Nikkou16

さっそく販売所でアイスクリームと牛乳をいただきました。
濃厚なアイスクリームはさすが牧場産です。しぼりたての牛乳も美味しいです。
というか、アイスも牛乳ももっと美味しいところはあるんだろうけど、ひんやりと乾いた高原の空気を吸いながらいただくから美味しさがアップするんでしょうね。

 牧場を訪れたらやっぱりコレですね
Nikkou17

少し戻ったところにある牧場で一休みします。
牛さんたちが日差しを浴びながら寝そべっていました。まわりの緑も目にまぶしくていつまでも留まっていたい場所でした。

 ここで昼寝でもしたかった
Nikkou18

さて、この牧場を今日の最高到達点ということにして往路を戻ります。
途中にある戦場ヶ原展望台とさらに下にある竜頭ノ滝上でお約束の写真をパチリして、ふたたび湖畔まで戻りました。

 三本松にある戦場ヶ原展望台にて
Nikkou20

 竜頭ノ滝は上から見下ろしたほうが絶対にお勧め
Nikkou21

トンカツ浅井のソースかつ丼はすでにあきらめたので、お値段は倍に上がりますが中禅寺金谷ホテル直営のコーヒーハウス・ユーコンでランチにしました。

 森の木々に囲まれた絶好のロケーションです
Nikkou23

森の木々に囲まれたログハウス風の建物は周囲に溶け込んでいてグッド。
店内も大人の雰囲気でこれまたよろしい。
で、注文した品は、百年ライスカレーです。

Nikkou22

なんでも大正元年に作られたレシピが発見されたのを機に再現したのがこのカレーだとか。
ビーフ、チキンなどもありましたが私が選んだのは野菜カレー。
味も量も普通でしたが、ルウはたしかにコクがあって美味しかった。

食後は湖畔で最後の立ち寄り場所であるイタリア大使館別荘に向かいました。

下見サイクリングもなかなかたいへんなのです。
趣味嗜好が異なる人たちに満足感をもってもらうのにね・・・。(笑)

南岸に向かう道を約2km走り、立木観音の先を阿世潟方面に走り、途中から右に小道を行けば目指す記念公園に到着です。
湖畔に建てられている建物は、杉の板と皮を張って仕上げられた外装が大きな特徴で、まるで寄木細工みたい。
ガラスも多用されていて湖の景色を居ながらに楽しめる工夫がされているようです。
私は内部の見学はしませんでしたが、なかなか面白そうなので本番ではぜひ内部ものぞいてみたいな。

 イタリア大使館別荘
Nikkou25

別荘から眺める湖や男体山の景色は最高でした。
ここで平成9年まで、実際にイタリア大使や家族が夏の間を暮らしていたなんて、うらやましいですね。

 この景色を独り占めできるなんてウラヤマシイ
Nikkou27

さあ、いよいよ第一いろは坂を下って、日光杉並木街道のサイクリングに向かいます。
心配していたいろは坂の下りですがヘアピンカーブの連続でスピードが出せないのでかえって安全に下れます。
車も自転車よりもスピードを落として走るので背後から追い越されることはありませんでした。
いろは坂よりもその先の下り道の方がスピードが出すぎてしまい怖かった。下ハンドルを持って走らないと安全に下れません。

ふたたび日光市街に戻り、さらに下っていくと今市付近から有名な日光杉並木街道の中を走るようになります。
本道である日光街道(国道119号線)の左側に並行して走っていて、下りだけの一方通行路になっているのに加えて信号の待ち時間が長いので車は敬遠しているみたいです。そのため自転車には走りやすい道になっています。
昼なお暗い杉並木の道は走っていて爽快です。

 昼なお暗い日光杉並木街道
Nikkou30

やがて大沢にあるファミリーマートに到着。
ここで最後の休憩をしてから県道22号線(新里街道)に入りました。
これまでの国道走行に比べて、格段に走りやすくかつ周囲の田園風景も美しいので、本番でもぜひここを走ることにしましょう。

良いことづくめの新里街道ですが、唯一の問題は鞍掛峠の上りです。
峠には新しいトンネルが開通していますが、ここはがんばって旧道の峠みちをあえて上ります。
さすがは旧道です。誰も通っていないので寂れて落ち葉に覆われていました。(笑)

 同じく昼なお暗い鞍掛峠でした
Nikkou34

峠からは下り一方の道が宇都宮市街まで続きます。
街道から外れて大谷地区の採掘跡地に立ち寄りました。
日本最古の石仏である大谷観音も有名ですが、拝観料のかからない平和観音像を見学して帰途につきました。

 大谷にある平和観音を見学してきました
Nikkou35

それにしても今日は暑いです。32,3度はあるんじゃないかなあ。
強い日差しを首筋から背中に受けながら、なんとか宇都宮駅にたどりつきました。
あー、暑かったー。

 宇都宮駅に到着。お疲れさまでしたー
Nikkou37

【感想】
初夏の奥日光を訪れたのはいつ以来かなあ。
奥日光といえば雪深い冬から早春にかけて訪れることが多かったので・・・。

ところで、本番前の下見サイクリングでしたが、思いのほかの好天に恵まれました。
7月上旬の本番は梅雨の真っ最中だから今回みたいな晴天は期待できません。
本番はなしにするかな?
いやいや!それはマズイでしょう。お天気を祈るだけです。

|

« 谷川岳と利根川上流3ダムめぐり | Main | 利根川河口堰と犬吠崎サイクリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 谷川岳と利根川上流3ダムめぐり | Main | 利根川河口堰と犬吠崎サイクリング »