« 赤城山へ雪山ハイキング | Main | すっかり春めいてきましたねー »

2015.03.15

内房シーサイドツーリング with CBCC

Kyonan02

鋸南町の頼朝桜は今が満開。
濃いピンク色の桜を愛でつつ、内房の知られざる海岸線をロードバイクで走ってきました。

とはいえ、今年に入りまともなサイクリングとしてはこれで3回目。
左ひざをかばいながらのそろーりそろりの走りに徹します。

一応ツーリングリーダーということでしたが、メンバーにはMTKさん、ポッキーさんという二枚看板が控えていてくれるので安心の船出でした。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

コース前半は車の通行に気を遣います。
中房総と違い、内房沿いは国道16号や127号など大型トラックさんがどや顔で走る道をたどるほかなく、自転車はほんと怖いです。

 内房沿いのコース選定は難しいです。(県道24号線にて) (photo by pocky)
Kyonan15

できれば避けたいんだけど仕方ないですね。
代替路線の県道24号は交通量は少ないんだけど、道幅が狭くてこれまたちょっと・・

 このあたりからは狭いトンネルが現れます。(国道127号線) (photo by pocky)
Kyonan16

ま、ともかく怖い思いをしながらもなんとか通過して、保田川沿いの頼朝桜並木まで走ってくることができました。
スタート地点からここまで約75kmです。

私の友人が3月5日に撮った写真を見せてもらったら、すでに見ごろを迎えていたので、今回は散った後かなあと半ばあきらめていましたが、どっこい頼朝桜は強い!ソメイヨシノとは違いますね。
しぶとく濃いピンクの花をたくさんつけて私たちを待っていてくれました。

 今年も頼朝桜に出会うことができました。(長狭街道にて)
Kyonan01

町が作った桜マップを事前にネットで入手していたので、マップにあった推奨コースに沿って走ってみました。
花見客もそれほど多くないので自転車でもゆっくり走ることができます。
川べりには菜の花も咲き乱れていて、ピンクと黄色の色彩がなんとも美しいですね。これで青空が広がっていたら最高なんですが・・・ちょっと残念。

 お花見を楽しみながら堤防沿いを走ります。
Kyonan03

ちなみに、頼朝桜は伊豆の河津桜と同じ種類です。
名の由来は、1180年、石橋山の戦いに敗れ小舟で逃れた源頼朝が鋸南町の竜島海岸に上陸し、再起を図ったという史実にちなみ、町が『頼朝桜』の愛称をつけ、全町あげて植栽に取り組んでいるとのこと。
そういえば佐久間ダム周辺にもたくさん咲いていたっけ。

 頼朝桜のピンクと菜の花の黄色が素敵です。 (photo by pocky)
Kyonan21

そして本日の昼食は勝山漁港のなぶら。
私は3回目の訪問になりますが、お隣の保田漁港のばんやに比べて空いているし静かな雰囲気が好きです。

 なぶらの一押しは地魚寿司定食だと思います。
Kyonan05

今回は地魚寿司定食とイカメンチコロッケをシェアして食べましたがグッドでした。
とくにイカメンチコロッケは刻んだイカがびっしり入っていてこれまでにない味と食感を楽しめました。

 自家製イカメンチコロッケもおススメします。
Kyonan04

 サクッとした食感とイカの香りがなんともいえません。 (photo by pocky)
Kyonan22

南房総は安くて美味しい食事処に恵まれていてホントにうれしいです。
サスケ食堂みたいに大行列ができるのも困るけどね。

 往きに通過したサスケ食堂のありえない行列(笑) (photo by pocky)
Kyonan17

腹が満たされたら、あとは帰るだけなのですが、まだ時間があるのでもう少し南に走ることにしました。
今回は内房の海岸線にできるだけ忠実に走ることにしました。

 沖に浮かぶのは浮島ですね。(西ケ崎付近にて)
Kyonan06

 このあたりは岩井袋かな?
Kyonan18

ふだん足を向けない勝山漁港の裏手の海岸(西ケ崎、岩井袋)を手始めに、岩井海岸、法華崎、富浦方面にかけて走りました。
道案内はもちろんMTKさんです。
ネットで入手したコースということでMTKさんも初めて走る海沿いの道だとか。

 海沿いに忠実に走りすぎて、こんな場面もありました。
Kyonan19

 ふだん見ることのない素顔の内房海岸に出会えました。
Kyonan07

海に近いので砂だまりの道が多くて閉口しましたが、それを補って余りある素晴らしいトレイルでした。
とくに法華崎遊歩道は素晴らしい海岸線です。
断崖の下を縫うように走る道は、細いながらも舗装されているのでロードバイクでも問題なく走れます。

 はじめて眺める景色に感動しました。
Kyonan08

Kyonan09

奇岩や絶壁に囲まれた風景は一見どころか二見、三見の価値があると思います。
あー、これで青空が広がっていたらどんなに素晴らしかったか。
また訪ねるしかありませんね。

 絶壁の下を縫うように進みました。(法華崎遊歩道にて)
Kyonan10

 険しい磯伝いですが舗装は完ぺき。ロードバイクOKです。
Kyonan11

というわけで最後の目的地は那古船形の崖観音です。
館山から旧道沿いに走ると崖の中腹にへばり付いているような朱塗りのお堂が見えますが、これが崖観音。
今回はじめて間近まで訪ねてみましたがあいにくの工事中でした。

 お目当ての崖観音はあいにく工事中でした。
Kyonan12

1時間に1本しかない那古船形駅発の電車には間があったので、駅そばにあるトリノカフェさんで時間調整をしました。
事前に調べておいたものの、コーヒーとケーキのセットが400円というのはうれしい誤算でした。

 時間調整で立ち寄ったトリノカフェ
Kyonan13

 コーヒーにケーキを付けても400円とはかなり良心的です。
Kyonan14

発車30分前には駅について輪行支度を済ませました。
初めて利用する那古船形駅を15:24の千葉行きに乗車して輪行の帰途につきました。

 ローカル駅での輪行支度は好きです。
Kyonan20

|

« 赤城山へ雪山ハイキング | Main | すっかり春めいてきましたねー »

Comments

たまたまグーグルから見つけて、とても楽しく読ませていただきました。ボストン在住なのですが、日本ではもう桜が咲いているんですね。こんなに簡単に花を楽しみ、サイクリングや登山が安い価格で楽しめるのは世界中でも日本だけと思います。ボストンは信じられないように平地ばかりで、景色もどこへいっても同じなのでサイクリングもすっかり飽きてしまい、ここの写真には楽しませていただきました。こちらでは登山も一番近い山らしい山が250kmも離れているので(坂すらほとんどありません)、趣味として成立しないので、日本の方がうらやましいです。またコメントします。

Posted by: とおりすがり | 2015.03.17 08:55 AM

ボストン在住のとおりすがり様
コメントをありがとうございます!

頼朝桜と内房の海岸線がお気に召していただきうれしい限りです。

そうですか。ボストンは平地ばかりなのですか。
私が住む千葉は標高は低いけれど変化に富んだ海山が近くにあって楽しめます。

また、ぜひお立ち寄りください!

Posted by: Nob | 2015.03.17 09:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 赤城山へ雪山ハイキング | Main | すっかり春めいてきましたねー »