« 高川山にプチ雪山ハイキング | Main | 片道おつかいライド »

2015.02.15

鋸山アドベンチャーハイキング

Nokogiri11

南房総の鋸山には「アドベンチャーコース」なる楽しい歩きのコースがあることを最近になって知り、これはぜひ行かなければと思い、古い山の仲間たちとともに歩いてきました。

歩いたコースのくわしい内容を表示する

アドベンチャーコースは、鋸山にあるバリエーションハイキングルートの通称です。
歩いてみてわかったことは、このルート、古い石切場の作業道だったようです。
鋸山自体、江戸時代から昭和にかけての房州石の産地だったわけで、今は使われていない作業道を巧みに整備して、大人の遊び場になったという訳ですね。

 車力道コースは緑の濃い感じの良いコース
Nokogiri01

コースは車力道コースの途中から派生しています。
車力道コース自体、石切場からの切り出しの道だったようで、苔むした石畳の道が続いていて、歴史を感じさせるとても感じの良いコースでした。

 歴史を感じさせる古い石畳の道です。
Nokogiri02

車力道から分かれてオレンジ色のテープに導かれるようにして入っていきます。一般道ではないので標識は一切ありません。
草や木々に覆われてはいますが、踏み跡ははっきりしていてだいぶ人が入っている感じがありました。

まずは巨大な穴くぐりから始まります。
石がゴロゴロしている不安定なルートを慎重に歩いて四角い大きな穴を乗り越します。
面白いです。まさに大人の遊び場ですね。ここは。

 フィールドアスレチック的な道が続きます
Nokogiri03

そして、お次はこんな造形の石が・・
なんじゃ、こりゃ?
メンバーの一人が、無謀にも穴の中を枝でグリグリ突っ込んだけど、祟りがなければいいなあ。

 これは何の石?
Nokogiri04

やがて、高さ10m位のクライムダウンの箇所に出会いました。
ここにはロープもフィックスされていて安全に下降できますが、久しぶりにロープダウンできて楽しかった。

 楽しいロープダウンの下り
Nokogiri05

それにしても、要所にはロープが張られ、迷いそうな場所にはテープが付けられていて、先人達の献身的なコース整備には頭が下がります。

木々をかき分けてさらに進むと、たぶんこのコースの最大の見せ場だと思うのですが、S字状にカーブした巨大な石の回廊が出現しました。
誰が? 何の目的で?
この巨大な石像物を造ったのでしょうか。
4人とも、ただただ見つめるばかり・・・
この石の回廊は一般のハイキングコースでは残念ながら出会えません。まったく惜しい・・・

 誰が、何の目的で造ったのでしょうか?
Nokogiri06_2

メンバー4人とも昔は雪山や沢登りなどを楽しんだ仲間同士なので、こういう場所に来ると昔に戻って大はしゃぎです。
還暦過ぎのオッサン4人が見苦しいといえばそうなのですが。

さらに進むと、おおー!
垂直ではないもののスッパリ切れ落ちた岩が進路をふさいでいます。
上からは一本のロープが垂れていました。

 本日のメインイベント。クラック岩の登りです。
Nokogiri07

きゃー、楽しい!
岩肌には美しいクラックが走っていて、見た目よりもはるかに容易に登れました。
ロープを掴まないで登ってIII級程度の易しいクライミングです。
でも、こういう場所でクライミングの真似事ができたことがうれしかったですね。

 昔は石切場の作業道だったのかな?
Nokogiri08

その後も岩壁の下にたくみに付けられた踏み跡をたどり、やがて尾根道となり正規の登山道に合流できました。
スタート地点から歩き始めて1時間40分程の楽しいアドベンチャーでした。

登山道に合流してからすぐに鋸山山頂に到着しました。
恥ずかしい話、鋸山には南壁クライミングで数回訪れたことはありますが、頂上を踏んだのはこれが初めてです。
良い山ですね、鋸山は。

 山頂からの見晴らしはあまりよくありません
Nokogiri09

さて、山頂はあまり展望が良くないので、少し先にある「地球が丸く見える展望台」に移動しました。
山頂から12,3分歩くと展望台に到着します。
地球が丸く見えるかどうかは別として、素晴らしい展望が私たちを迎えてくれました。

眼前の富士山にも感動しましたが、その右手には北岳を盟主とする南アルプス・白峰三山がはっきりと見え、4人の青春がよみがえってきます。
風もなく小春日和の展望台でコーヒーブレイクでゆっくりとした時間を過ごしました。

Nokogiri10

下山は往路にとった車力道を忠実に下ることにして急な階段道を下ります。
こんな急な道を往路に選ばなくて良かったと一同胸をなで下ろします。

 なんだかワクワクする場所です
Nokogiri12

途中、古い石切場の跡があったのでちょっと覗いてみました。
中に入ると、巨大な空間が奥の方までのびていて、一瞬インディジョーンズの世界に踏み込んだように感じました。(後で知ったのですが、この場所は危険なので立ち入り禁止とのことでした。なので写真でがまんしてください。)
往路にとったアドベンチャーコースもすごかったですが、一般道のこの光景もすごいですね。

 まさにインディージョーンズの世界でした
Nokogiri13

鋸山なんで300mちょっとの低山だなんて侮ってはいけませんね。
こんなに楽しい低山もそうそうないと思います。

 なぶら食堂で打ち上げ&反省会
Nokogiri14

 大黒山展望台からの富山です
Nokogiri17

ゴールに戻った4人ですが、やっぱり打ち上げしないと気が済まないので、勝山漁港のなぶら食堂に直行。
ビールと海鮮料理の数々に舌鼓を打ち、酔い覚ましに大黒山展望台まで足をのばして楽しい大人の遠足をお開きとしました。

 大黒山展望台からの浮島と遠く伊豆・天城山
Nokogiri18


|

« 高川山にプチ雪山ハイキング | Main | 片道おつかいライド »

Comments

車力道は何度か歩いたことあるんですが、こんなバリルートがあったんですね!
次回歩いてみようと思います。
それにしても南アルプスまで見えるとは、とても空気が澄んでたんですね。

Posted by: HINA | 2015.02.15 10:36 PM

HINAさん こんにちは
そうなんです。とても面白いルートでしたよ。
何というか、クライミングのゲレンデに行くまでのアプローチルートに似ているというか。
湯河原幕岩の奥のエリアにはこんなルートがあったような・・。
赤テープもフィックスロープも完備していて、至れり尽くせりのコースでした。
展望台からの富士山や南アルプスの展望も大満足でした。

Posted by: Nob | 2015.02.16 12:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高川山にプチ雪山ハイキング | Main | 片道おつかいライド »