« 印西市・本埜の「白鳥の郷」 | Main | うぐいすラインから伊藤大山へ »

2014.12.14

八街の団子と佐倉のとんかつ

土曜日は寒波が来ているものの晴天が約束されていたため、思い切って外に走りに行くことにしました。
それにしても最近は寒い日が続きます。

コースは近場をぐるっと回るもの。
外房有料から泉自然公園、都市農業交流センターを経て八街へ。
駅前のだんご屋さんで団子をお腹に入れてから佐倉で豪快にとんかつを食して帰途につくという、寒さ退散カロリー高めのプランにしました。(笑)

走ったコースとプロフィールマップを表示する

イベントを立ち上げたのが遅かったせいもあり本日の参加者は私を含めてたったの3人。
しかも同行者はクラブでもバリバリの走り屋さんたちです。
「いいかー!お前らー!俺より絶対に前に出るなよー!」ときつく言い渡してから出発しました。(ウソ)

 朝の支川都川CRには霧が立ちこめていました
Dango01

スタート地点の幸町ファミマは私一人だけ。
平山のスリーエフでinさんが合流してくれました。
むろん私が先頭で外房有料を走ります。追い風なので楽勝です。
先ずは高田ICから泉自然公園をめざしました。

 すっかり葉の落ちた泉公園入口の並木道
Dango02

公園入口の並木道もすっかり葉が落ちて寂しいかぎりです。
時間もあるので公園一周のサイクリングロードを走ってもよかったのですが、前夜の雨で路面がウェットのためあきらめて先を進みました。

富田にある都市農業交流センター裏手の畑地帯では秋冬ニンジンがまだ残っていました。
ここはいつ来ても広々として気持ちが良い場所です。
千葉市はれっきとした政令指定都市ですが北総台地の一帯は豊かな畑作地帯として貴重な存在です。

 都市農業交流センター裏手の広大なニンジン畑
Dango03

この先しばらくは田園地帯を通過して、小間子のコンビニでKNSさんと無事に合流。
これで本日の全メンバーが集結しました。って、3人だけだけど。(笑)

八街までは県道53号線を走ります。
この道、小さなアップダウンがあって意外と疲れます。
おまけに路肩が狭く走りにくい道が続きます。
八街五叉路で左斜め方向に向かえば、おだんご屋の平林さんはすぐです。

Dango04

久しぶりに店内に入ると、お店の奥さんがにこやかに「お久しぶりですねぇ」と笑顔で迎えてくれました。
美味しいお茶を頂いて、甘辛2本のお団子に舌鼓を打ちました。
4月の消費増税のあおりを受けて1本当たりのお値段が4円上がっていましたが、それでも1本54円はかなりのお値打ち価格ですねー。

Dango05

 4本で216円はホントお値打ち価格だと思います。
Dango09

ゆっくりと休んだ後、佐倉に向けてリスタート。
ここから国道409号、県道77号をつないで走る佐倉方面は自転車乗りにとっては鬼門です。
路側帯が狭くてトラックの通行も多いからです。
中房総の市原市、長柄町、長南町辺りに比べると本当に走りにくい。というか、長柄町周辺の走行環境が良すぎるのかな?

 佐倉順天堂記念館
Dango14

案の定、大型トラックに煽られながら嫌な思いをしつつ佐倉市街に入ります。
3人ということもあり、予定よりも早め早めに着いているので、時間調整のためにまだ一度も入ったことのない佐倉順天堂記念館を見学することにしました。

Dango07

江戸時代末期にオランダ医学を学んだ佐藤泰然、佐藤尚中の事蹟を紹介した記念館です。
当時の手術道具(というか大工道具に近い?)や手術料金表など珍しい陳列品があって面白かった。
とくに手術名には、手足切断とかチ○○コの切断とか身の毛もよだつようなものも書いてあってやばかったです。

 珍しい当時の外科手術料金表だそうです
Dango06

さて、そろそろお腹も空いてきたので、おかやま食堂に移動しました。
まだお昼前なので店内も空いていてスムーズに入れました。
ここに来たらやっぱりとんかつ定食(1,050円)ですよね。いつもどおりボリューム満点のロースとんかつに大満足。
ちなみに、KNSさんは佐倉がお住まいでここまでは徒歩圏内だとか。ずいぶん遠回りさせちゃいました。

Dango10

満腹で外に出ると、少し風が出てきました。
帰路は、佐倉城址公園からふるさと広場を経由して新川CRを走ります。
夕方に用事のあるKNSさんとは阿宗橋でお別れして、道の駅やちよを目指しました。

 佐倉ふるさと広場のオランダ風車の前で
Dango11

このあたりから風向きが完全に向かい風になり、私の脚もぴたっと止まります。(泣)
このタイミングで、すかざずinさんが前に出てくれました。
いやー、ありがたいなあ。ありがたい。
と思ったのも束の間、彼は速すぎる!
本人は風よけを買って出てくれているつもりでも、後ろから付いていく私はへろへろです。

 風よけを買って出てくれたinさん
Dango13

必死に食らいついて何とか車間2m以内の圏内に身を置くのがやっとの有様でした。
あいにくサイクリングロード内は停止する時がないので本当に疲れました。
三角町ファミマの解散地点についてホッと一息。ああ、これでやっと自分のペースで走れる。(笑)

最終盤は向かい風に疲れ果てたサイクリングになりましたが、お天気にも恵まれて楽しい一時を過ごすことができました。
inさん、KNSさん、お付き合いありがとうございました。

|

« 印西市・本埜の「白鳥の郷」 | Main | うぐいすラインから伊藤大山へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 印西市・本埜の「白鳥の郷」 | Main | うぐいすラインから伊藤大山へ »