« 中房総・大福山の秋景色 | Main | 印西市・本埜の「白鳥の郷」 »

2014.12.07

名残の紅葉を求めて亀山湖から勝浦へ

久しぶりにCBCCのサイクリングイベントを立ち上げさせてもらいました。

今日のメインは、亀山ダム、片倉ダム湖周辺の紅葉を楽しみ、山の向こうの鴨川で美味しい食事を楽しむものです。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

結論を先に言うと、房総の紅葉もさすがに見頃は過ぎていました。湖畔を彩る紅葉も葉が落ちていて山肌に少し残る程度です。
今年は例年よりも早いのかも知れませんね。

 本日の参加者は男子ばかりの8名です!
Kame01_2

さて、今日のイベントに集まったのは男子ばかり8名。
女子がいないのはさびしいです。寒くなるとチャリジェンヌたちは別の趣味に移行するのでしょうか。

亀山湖をめざすコースは、千葉からの最短コースにして上りの少ない省エネコースです。
だれでも比較的安全に走れるイージーなコースなのでオススメです。

1回目の休憩場所は立野のデイリーヤマザキ。こちら方面のサイクリングでは必ず立ち寄る重要な補給場所です。

 パンク修理もみんなでやればあっという間! (photo by pocky)
Kame02

ここでSGMさんがまさかのパンク。しかも、チューブレスタイヤのパンクです。
チューブレスのパンクではチューブを入れるしかないので、どうしても時間がかかるもの。
しかし、みんながいればあっという間に直っちゃいました。(笑)

立野を過ぎ、県道143号線の快適な道をたどり、さらに国道410号をずっと南下します。
今日は狙いどおりの追い風らくちんサイクリングです。
どう考えても実力以上のペースで久留里を通過、亀山湖までは少しのアップダウンがありますが、ほぼ予定どおりのペースで到着しました。

 県道143号線を追い風にのってラクラク走行中 (photo by pocky)
Kame03

ところが、前述のとおり期待していた紅葉はほとんど残っていません。
一週間前は、見頃だという情報があったので先日の強風で落ちちゃったのかな?
ここで、所用のあるMYSさんとお別れです。
風にさからって北に戻るMYSさんを見送った私たちは三石山を経由して片倉ダムに向かいます。

 ちょっと期待はずれだった亀山湖の紅葉
Kame13

北面からの三石山の上りは、樹林が多くて日陰道が続きます。枯れ落ち葉が路面を覆っていて濡れていると結構気を遣うかも知れません。
上りはフリー走行にしましたが、今日は若いメンバーが多いので皆さん元気いっぱいに上っていきました。

 三石山の上り始めはまだ元気いっぱい (photo by pocky)
Kame04

道路最高点には展望広場がありますが、上がるためには自転車を降りて50m位歩いて登らなければならないので今回はパス。
ちょっと残念でした。(ソロだったら絶対に登っていたなあ。)

 三石山には紅葉が少しだけありました。 (photo by pocky)
Kame05

さて、三石山からの下り斜面は要注意。
坂道の途中にあるグレーチングが外れていることがあるそうです。
最近ここを通過したメンバーから事前に情報を入手していたので、ゆっくり慎重に下ったため安全に下りることができました。

 三石山から下り着いた地点が片倉ダムです。
Kame14

下りついたダム湖が片倉ダムです。
ここの紅葉を一番期待していたのですが、うーん、残念ながら見頃は終わっていました。
この先にある道の駅「ふれあいパークきみつ」で無事にAk師匠と合流できました。

 師匠とも合流して鴨川を目指しました。 (photo by pocky)
Kame06

ふたたび8人になり、鴨川有料道路を下った先にある食事処を目指しました。
今日のメニューは
①ボリューム満点の新鮮エビ天丼
②コスパ最高の金目鯛煮付け定食
のどちらか。

メンバーに聞いたら、①が多かったので今日は「まるよ」さんに決定。
(個人的には②の池田さんに行きたかった。笑)

 本日のお食事処です。 (photo by pocky)
Kame07

鴨川有料の快適なダウンヒルを楽しみ、しばらくでまるよさんに到着!
予想どおり行列ができていましたが、回転がよく割と早く席につくことができました。

みなさんさすがに、特大の「まるよ特製天丼」を注文する人はおらず、その下の上天丼に落ち着きました。(若干1名は特製天丼を注文!)
私は、エビ天丼の衣に恐れをなして、同じエビでもエビフライ定食を頼みました。

 ほとんどのメンバーが注文したエビ3尾の上天丼です。
Kame09

 私はこちらのエビフライ定食にしておきました。
Kame08

やがて出てきた料理には大満足です。
身の引き締まったプリップリの巨大エビフライが2尾。天を衝くような尻尾が頼もしい限りです。
エビフライと付け野菜のキャベツを交互に食べるのですが、これがなかなか減らないのです。

 箸を持つ手が疲れるほどの重量感に大満足!
Kame15

いやはや、久しぶりに食べ疲れました。
味もよく大満足でした。

 自走で帰宅するメンバーとはここでお別れ。 (photo by pocky)
Kame10

食後は、自走で戻るメンバーを見送り、残った5名は腹ごなしのためにシーサイドサイクリングを楽しんでから帰ることに。
鴨川の海岸沿いを天津小湊方面に向かいました。
この時期の外房海岸は海の色がことさら青く澄んで本当に美しいです。

 外房のシーサイドサイクリングの始まり!
Kame16

 海の色が本当に美しいですねー。
Kame17

海岸沿いの道は車の通行も少なく走りやすい上に、漁港の暮らしぶりが間近で見ることができてとても新鮮に感じます。

 天津小湊の漁港風景
Kame18

 こうした小さなトンネルをいくつも通過します。 (photo by pocky)
Kame11

いったん国道に合流するも、ふたたび海岸沿いに走り安房小湊からは誕生寺の裏手を進み入道ヶ岬からおせんころがしに至る絶景を楽しみました。
ここが初めてのメンバーもいたのでゆっくりとした時を過ごし、本日の最終目的地である勝浦駅をめざしました。

 この場所は絶対に外せません。
Kame19

Kame20

今日は、山と海そしてグルメの3つを楽しむサイクリングとなりました。
冬のこの時期は、千葉方面から南に走り、輪行で帰宅するプランが絶対にお勧めですね。

 ゴールの勝浦駅に無事に到着しました! (photo by pocky)
Kame12


|

« 中房総・大福山の秋景色 | Main | 印西市・本埜の「白鳥の郷」 »

Comments

ありゃ、亀山湖の紅葉も終わっていましたか。。
残念。

Posted by: HINA | 2014.12.08 10:16 PM

HINAさん
期待していたのですが、亀山ダム、片倉ダム周辺の紅葉は終わりでした。
今年は例年に比べて早いですね。
10月から約2ヶ月、紅葉巡りをしてきましたが、これでおしまいです。
これから寒くなり、サイクリングにはきびしい季節の到来ですね。

Posted by: Nob | 2014.12.09 09:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中房総・大福山の秋景色 | Main | 印西市・本埜の「白鳥の郷」 »