« 2014年の走り納めは安房小湊へ | Main | 2015年の走り初め »

2014.12.31

2014年のサイクリングBEST3

今年も「自転車&ちょっぴり山歩き」を楽しみました。
でも、自分ではまだまだ出来ると思っていても、さまざまなシーンで「歳」を感じる一年でもありました。
そういう中で、今年印象に残ったサイクリングシーンBEST3を発表します。

第1位 秋の秩父路・大血川林道ツーリング

第2位 早春の伊豆大島を訪れる(シマイチ編)

第3位 大弛峠ヒルクライム


第1位の秩父路ツーリングは、大血川林道の紅葉と「天空の里」栃本集落のたたずまいに感動したサイクリングでした。
この先は甲斐の国という秩父のどん詰まりに位置する栃本集落は、日本版チロルかも。

Titibus16

秩父は千葉に住む住民にとってはアクセスのしづらいエリアですが、来年もぜひ訪れてみたいです。
志賀坂峠から八丁峠や、中津峡周辺とか魅力満開のスポットに事欠きません。


第2位の伊豆大島一周は、館山港起点に日帰りで楽しめる全長48kmのミニツーリングです。
だいたい10時半頃スタートして13時半から14時頃までには一周できちゃいます。

Oosima12

島内には火山活動に由来する多種多様な自然に触れることができ、まさに「伊豆大島ジオパーク」です。
2月から3月にかけて大島名物の椿が満開の頃にぜひ訪れてみて下さい。


第3位は、大弛峠ヒルクライム。
全長30km、獲得標高1,900mのヒルクライムは辛かったけど上り甲斐のあるコースでした。

Oodarumi04

私の場合、ヒルクライムが目的なのではなく、その先にそびえる国師岳と北奥千丈岳に登ることこそが第一の目的でした。
ハイキングとサイクリングの融合。
「ハイクリング」と名付けたくなるようなアクティビティを今年は3回実施しましたが、このスタイルは来年もやってみたいです。


というわけで、Nob版サイクリングBEST3の発表でした。
皆さんはどんなBEST3なのかな?

まあ、そんなわけで来年もぽたぽた走り、のんびり歩くつもりですのでよろしくお願いしたします。
皆さま、よいお年をお迎えください。

|

« 2014年の走り納めは安房小湊へ | Main | 2015年の走り初め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2014年の走り納めは安房小湊へ | Main | 2015年の走り初め »