« September 2014 | Main | November 2014 »

2014.10.26

紅葉の中、甘利山から千頭星山を歩く

Amari02

HINAさんからのお誘いがあり、甘利山(1,731m)から千頭星山(2,139m)にかけてのゆるやかな尾根筋を歩いてきました。

メンバーは昔の山仲間である、HINAさん、ヨーコさん、Nobの3名です。
地域的には南アルプスの前衛に位置する甘利山と千頭星山ですが、車で1,600mを超える地点まで運んでくれるので、標高差は約500mですみ、広大な展望を考えると「お買い得」の山といえます。

甘利山といえば初夏のレンゲツツジが有名ですが、紅葉の時期もなかなかのものでした。
特に黄金色に染まる落葉松の黄葉はヤバかったです。

Amari13

さて、簡単に山の報告をします。
千葉を未明に出発。中央道をひた走り、韮崎ICから甘利山登山口に向かう林道に入ります。
ここは甘利山ヒルクライムレースの舞台にもなる道なので、勾配を観察しながら上りましたが、かなりの急勾配でしかも狭い!
正直のところ自転車では上りたくない道だなあ。

下界では雲に覆われていたお天気でしたが、グングン高度を上げていき標高1,400m付近からは雲海を突き抜けて雲の上を走る感じになり、車窓から雲上の富士山を見た時は思わず3人とも歓声をあげました。

やがて、標高1,600m超のグリーンロッジ駐車場に到着。
風はほぼ無風。空は青空がどこまでも広がっていて、最高のハイキング日和です。
身支度を整えたらさっそく出発します。

   雲海に浮かぶ朝の富士は感動的な姿でした
Amari01

歩き始めてすぐのところにある東屋からは、雲海の上にそびえる富士山のシルエットがすごい迫力で迫ってきました。
意外な大きさ、ボリューム感に圧倒されます。
ここで驚いていたら先に進めないので、とりあえず20分ほど先にある甘利山をめざしました。

なだらかな笹原と点在する落葉松で構成されるトレイルを進みます。
登るほどに周囲の展望が開けてきて胸が高鳴ります。
開放感あふれる甘利山の頂上からは、眼前の富士をはじめ奥秩父連峰、大菩薩嶺、天子山塊、櫛形山、南アルプス南部の笊ヶ岳、上河内岳、千枚岳などの山々が眺められワクワクしてきます。
3人ともカメラを持参してきたので、手当たり次第にシャッターを押しまくりました。

   甘利山頂からの奥秩父連峰(左から小川山、金峰山、国師ヶ岳、・・・)
Amari03

甘利山からは、次の目的地である千頭星山にかけての稜線の全貌を眺めることができます。
今日は時間がたっぷりあるので3人とも思い思いに写真を撮りながらのんびり歩きました。
基本的に進行方向左手(つまり南東から北東側)の展望が開けているので、奥秩父から富士山方面の展望が楽しめます。
甲府盆地は雲海におおわれていました。

   甘利山の山肌は落葉松に覆われています
Amari04

   めざす千頭星山はまだ先にあります
Amari05

甘利山からゆるやかに登っていくとやがて奥甘利山への標識に出会いました。
頂上は登山道から50mほど離れた場所にあるので、立ち寄ってみるとここからの富士山の展望もなかなかでした。
ススキの穂が朝日に光り、遠景の富士山との組み合わせが何ともよろしい。

   甲府盆地の雲海も徐々に切れてきました。(手前下は甘利山。)
Amari06

   もうすぐ奥甘利山に到着します。
Amari07

   奥甘利山から眺める櫛形山です。
Amari08

さて、千頭星山へは全体的になだらかな稜線が続きますが、奥甘利山からいったん下ってからの登り返しが本コース中唯一の急坂区間となります。
千頭星山とのコルに降り立つと北側の展望が開けて八ヶ岳が望めます。まだ雪をまとっていない晩秋の山の風情でした。

   コルから眺める八ヶ岳連峰。(ひときわ高い峰が赤岳)
Amari09

この辺りのトレイルは本当に気持ちが良いです。
落葉松の林がずっと続いていて、耳を澄ませば鹿の鳴き声が聞こえるだけで、心が洗われる気がします。

Amari10

そして、登り返しの急坂区間をこなし、青木鉱泉分岐をやりすごすと前方には広大な笹原が広がる景色となりました。
落葉松の林は黄金色に染まり、緑の笹原とのコントラストが本当に美しいな。

   笹原と落葉松のコントラストが印象的でした
Amari12

   目の覚めるような落葉松の黄葉でした
Amari11

右手(西側)には鳳凰三山が樹林越しに眺められます。特徴ある地蔵岳のオベリスクも指呼の間に望めます。
そういえば、この山は尾根続きに鳳凰三山につながっているんですよね。

   鳳凰三山の一峰、地蔵岳のオベリスク
Amari20

   頂上直下には広々とした笹原が広がっています
Amari15

気持ちの良い笹原がつきるあたりからひと登りありますが、後ろを振り返ると八ヶ岳の右手には浅間山まで顔を見せてくれています。
そして、少し歩くと本日の最終目的地である千頭星山頂上に到着しました。
樹林に囲まれて展望は皆無の山頂ですが、静かな雰囲気が何よりの贈り物です。
この山は「山梨百名山」に数えられているようですが、甘利山からここまでの広大な展望と豊かな自然を考えると納得できます。

Amari14

駐車場から山頂まで約2時間半。
帰りは往路を戻ることになります。
朝方、青黒いシルエットに塗りつぶされていた富士山も、日が高くなるにつれて明るくなり八合目付近から上を雪化粧した姿を見せてくれるようになりました。
落葉松の黄葉もますます鮮やかに感じられ、富士山とのツーショットを何度もカメラに納めました。

Amari16

いつまでもとどまっていたいけど、夕方の渋滞につかまる前には帰りたいので歩を進めました。
帰路はこれから千頭星山をめざす何組かのハイカーたちとすれ違いました。
快晴だった空に少しずつ雲がわいてきます。
それでもまだまだ青空の下、たくさんの山並みを眺めながらの贅沢な下山です。

Amari18

甘利山の直下にある小広い草原でお昼にしました。
展望板やベンチもあって、休憩するにはもってこいの場所です。初夏の花の季節には一面レンゲツツジに覆われる場所なんでしょうね。

   甘利山の一段下にある草原で昼食休憩(右奥が千頭星山)
Amari19

お湯を沸かしてゆったりとした昼食を楽しんだ後は、駐車場に向けてのんびり下りました。
気の置けない山仲間との語らいと展望に恵まれたハイキング。
いやー、最高でした。

【感想】
HINAさんが、二人にぜひ見せてあげたいと言っていた富士山の展望と落葉松の黄葉。
快晴の下で両方とも見られて何とも幸せな気分になりました。
サイクリングも良いけれど、お天気に恵まれた時はやっぱり山歩きの魅力には勝てませんね。

| | Comments (2)

2014.10.13

紅葉に彩られた那須の山を歩く

Nasu16

行楽シーズンの3連休だというのに、先週に続き台風の来襲で沖縄や九州、四国を中心に大荒れの天候となっています。
幸い、東日本は連休前半はおおむね好天に恵まれたようですね。

私はというと昨年8月以来の那須の山々を半日限定で楽しんできました。
早朝に出発して11時前には下山しなければならないので、あまり遠くまで足をのばすわけにはいきません。
したがって、朝日岳から三斗小屋温泉を結ぶお手軽なラインを中心に歩いてきました。

歩いたコースはこんな感じです。

宿を出た時、未明の空はどんよりとした曇り空でした。
前日の11日は雲一つない快晴だったのに・・・
しかし、車の高度がどんどん上がるにつれて雲が薄くなり、大丸温泉を過ぎる頃ついに雲海の上に飛び出しました。

今日は駐車場が一杯で駐車できないことを予想して、出発地点の峠の茶屋駐車場まではカミさんに車で送ってもらいましたが、この読みは大正解でした。
午前6時前なのに駐車場はすでに満車で1台も駐車できません。
こちらは車から降りるだけなのでスムーズに出発準備に入れます。

Nasu01

ちょうど日の出の時間にあたり、まわりの空がみるみる黄金色に変わっていく様は本当にすばらしかった。
関東平野をびっしりと覆い尽くした雲海が朝日に輝いて美しいです。

さあ、今日はあんまり時間がないのでさっそく出発します。
歩きなれた道を峰の茶屋のコルに向かいます。

Nasu02

剣が峰がだんだん近づいて、その奥にそびえる朝日岳が両翼を広げたような美しい山容で迎えると峰の茶屋のコルです。
いつもは風が強い峰の茶屋も今日は無風に近く穏やかに迎えてくれました。

剣が峰のトラバース道を振り返れば眼下に殺生石の噴煙と関東平野いっぱいに広がる雲海が朝日に輝いて見えます。
ハイキングに来て良かったと思える瞬間ですね。

Nasu03

やがて朝日岳への稜線に立ち、目を転ずれば男鹿岳から大佐飛山にかけての男鹿山塊の向こうに奥日光から尾瀬・燧岳にかけての山々がくっきりと姿を見せてくれていました。

   遠く奥日光から尾瀬・燧岳まで連なって見えます。
Nasu04

朝日岳の山頂からは眼前の茶臼岳をはじめ、北に三本槍岳、赤崩山、遠く磐梯山、吾妻連峰まではっきりと見渡せます。
標高1,900mに満たない山でありながら、広大な眺望が得られるこの山が私は大好きです。

Nasu05

   磐梯山から吾妻連峰にかけての稜線もくっきり見えました。
Nasu06

さて、朝日岳から熊見曽根を経て隠居倉にかけての稜線歩きが本日のメインコースです。
森林限界を超えているので展望は申し分ありません。
どこを見渡しても山、山、山、です。

Nasu08

熊見曽根からはぐっと人の気配が少なくなります。
理由は、ほとんどのハイカーは朝日岳の次に那須連峰の最高峰である三本槍岳を目指すから。
おかげで熊見曽根から隠居倉にかけての稜線歩きはとても静かな雰囲気を楽しめます。

Nasu09

Nasu11

それにしても今日は見晴らしが利きます。
遠く飯豊連峰までくっきりと眺められるなんて滅多にないなあ。稜線の残雪まで見えるぞ!

   遠く飯豊連峰まで見渡せました。
Nasu12

隠居倉から来た道を振り返ると、剣が峰から朝日岳にかけてのとんがった稜線が格好よく見えます。

Nasu13

隠居倉から三斗小屋温泉までは急な下りが続きます。
道もあまり良くないので集中力を切らさず慎重に下りました。

Nasu10

Nasu14

源泉の噴気が見えてきたら三斗小屋温泉も近いです。温泉神社を経て2軒ある三斗小屋の湯を通過。
登山客は出発した後なので、2軒ともひっそりとしていました。

Nasu22

コースの前半は展望のハイキングでしたが、コース後半はしっとりとした樹林帯を歩く道が続きます。
紅葉は今が旬でしょうか。
黄色中心で時々赤が混じるといった感じの道でした。

Nasu15

Nasu17

那須で紅葉の名所といえば姥ヶ平ですが、あそこはすでにピークを過ぎているので今回はパスして直接峰の茶屋のコルに戻りました。

Nasu19

Nasu20

コルに立つと多くのハイカーで賑わっていました。
時間が許せば茶臼岳にも登りたいところですが、約束の時間が近づいているのでそのまま下山の途につきました。

Nasu21

山麓は大渋滞とのことで、迎えの車は峠の茶屋駐車場まで上がって来れないので、帰りは大丸温泉まで歩く羽目に。
そのおかげで周辺の紅葉を堪能できましたが・・。
5時間足らずのハイキングでしたが展望と紅葉に恵まれた楽しい一時を過ごすことができました。

Nasu23

| | Comments (2)

2014.10.08

泉自然公園から富田都市農業交流センターへ

Tomita01

今日はご近所ポタ。
水曜日は例によって孫守り業務があるので、半日限定のポタリングモードです。

近場で心がやすらぐような場所ということで、泉自然公園から富田都市農業交流センターにかけての北総台地をのんびりライドしてきました。

先日の台風の影響が生々しく残っていて、泉自然公園のサイクリングロードは落ち葉や強風で折れた枝が散乱していて走れたモンじゃありません。

Tomita02

富田都市農業交流センターのコスモス畑も台風の影響で花がだいぶ傷んでいました。
また、全体的に遅いようで、見頃は来週後半でしょうか。
来週はまたもや台風が襲来しそうなのでコスモスの花々も心配ですね。

Tomita03

Tomita04

北総台地の畑地帯では落花生の収穫が終わり、秋ニンジンの間引き作業が行われていました。
畑は田んぼと違って365日切れ目がないから大変です。

Tomita05

-----------------------
距離: 81.40 km
移動時間: 3:25:34
経過時間: 6:33:17
平均スピード: 12.4 km/h
平均移動速度: 23.8 km/h


| | Comments (0)

2014.10.05

秩父4ダムをめぐるライド

まだまだ紅葉には早いと思いつつ、秩父にある荒川水系の4箇所のダムを訪ねてきました。
で、やっぱり紅葉には早かった・・(笑)

「荒川水系の秩父4ダム(浦山ダム、滝沢ダム、二瀬ダム、合角ダム)を巡るルートです。各ダムで配布のダムカードを4枚集めて、二瀬ダムでオリジナル特製カードをゲット!」
というキャッチセールスに惹かれたわけではありませんが、最近ダムカードを集めはじめた私としては、わずか80kmほどのライドでカードを4枚もゲットでき、かつスペシャルなカードも手に入れるチャンスを見逃すわけにはいきません。

スタート地点の西武秩父駅には土曜日の朝8:12に到着。
駅前にはチャリダーたちが結構いました。皆さんどこを走るのかな。

Ttb01

秩父といえば武甲山。
市内のあちこちの場所から武甲山の勇姿が眺められます。しかも場所によって同じ山とは思えないほど姿を変えてくれるので見ていて飽きないし楽しいです。
あいにく今日はどんよりとした曇り空なのが残念です。

Ttb02

最初に向かったダムは浦山ダムです。
4ダムを巡る順序にルールはないけれど、最後に二瀬ダムを訪れないとスペシャルなカードはもらえないので、自ずとルートは決まってきます。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

駅から国道140号線を走り、途中を左折しわずかな急坂をしのげば、最初の目的地である浦山ダムに到着しました。

Ttb03

まだ朝の内なので訪れる人も少なく静かな雰囲気です。
重厚な重力式コンクリートダムで、堤高156mはこの種のダムの中では1mの僅差で全国第2位だとか。
さすがは高いだけあって天端から見下ろす秩父の町並みはなかなかの絶景です。
お天気なら最高だなあ。

クリックすると画像が拡大します

管理所でダムカードをいただく時、所員の方から「がんばって二瀬ダムまで走ってくださいね。」と激励されました。
4ダムは連携してこのイベントを盛り上げているって感じでした。

Ttb05

ダム巡り。上りはつらいけど下りはあっという間です。
本当はダム堤体の直下まで行って写真を撮りたかったのですが、まだ先があるのであきらめました。ダムは上から撮るよりも下から撮った方が全然迫力が違います。

先ほどの国道140号まで戻り、さらに県道209号を小鹿野方面に向かいます。
荒川を渡るとその先に結構な上りがあって苦労します。
今回のコースは、距離は短いのですが道中に小さなアップダウンが多くてそれなりに疲れます。
ダムの立地を考えれば上りは避けられません。

つらい上りを振り返ると武甲山が三角錐の端正な姿で応援してくれました。
今日は曇り空で視界がイマイチだけど、この姿を見るとがんばれます。

Ttb06

小鹿野の街は西上州方面の登山の行き帰りに何度か通過しているのですが、自転車では初めてです。
江戸時代から続くような古い建物も軒を連ねていて、これは新しい発見でした。
やっぱり車でさーっと通過してしまうとわからないものですね。

Ttb07

Ttb08

国道299号に合流してわずかで右折し、二番目の目的地である合角(かっかく)ダムを目指します。
道路の方も山間に入っていき、秩父の山里の景色がとてもいい雰囲気です。
先ほどの浦山ダムのような急坂はないので余裕をもって走れます。

Ttb09

やがてダムの堤体が現れてきました。
こちらも重力式コンクリートダムですが、先ほどの浦山ダムに比べるとずっと小振りです。
堤高60.9mですから先ほどの半分以下。堤頂長も約半分ってところかな。でも、姿は端正な感じがして好感がもてました。
「合角」という名前から「合格」祈願の受験生の訪れもあるそうです。
ここで2枚目のカードをゲット。

Ttb10

Ttb11

今回訪れた4ダムのいずれもそうでしたが、いまは洪水期の制限水位期間中のためか湖面の水位は低くてちょっと残念。
台風シーズンが終わるまでは仕方ないですね。

Ttb12

さて、3番目のダムである滝沢ダムまでは30km以上あるので途中でお昼を食べなければね。
合角ダムからはいったんダム天端を対岸まで渡りきり、湖岸沿いの管理道路を少し走ってから県道に向かうのですが、ガーミン(Edge705)の地図が故障のため表示してくれずに何度も道を間違えるというトラブルに見舞われてしまいました。
誤って県道282号線を走ったりと、ずいぶんロスをしました。

   途中、立ち寄った法養寺薬師堂は天正年間の築造とか・・
Ttb13

ここから先はガーミン地図はまったく役に立たないのでスマホのマップを頼りに走ります。
こういう時、ネットにつながるスマホは本当にありがたいですね。

荒川沿いの国道140号線に向かう県道37号は山々に囲まれて雰囲気最高のとても快適な道でした。
ふたたび荒川左岸を走る国道に出会い、滝沢ダムを目指します。

   快適な走りが楽しめる県道37号線(前方の山は熊倉山か)
Ttb14

   荒川沿いの道は渓谷美が素晴らしいです
Ttb15

Ttb29

途中、道の駅があったのでここで昼食休憩モードに入りました。
「大滝温泉」というところで立ち寄り温泉を併設している賑やかな道の駅です。
地のものを使った「なめこ丼」が美味しそうだったので手打ち蕎麦とのセットメニューを頼みましたがグッドでした。

   道の駅大滝温泉
Ttb17

Ttb16

お蕎麦も美味しいし、温かいなめこ丼は予想以上に口に合いました。
これが風呂上がりだったら最高だろうなあ。

ゆっくりと休憩した後はふたたび車上の人に。
しばらく走ると前方に巨大なコンクリートの城塞が現れてきました。
スゲー!でっかい!
しかもダムの手前には巨大なループ橋が待ち受けています。

Ttb18

今回の4ダムの中ではもっともスケールの大きな滝沢ダムです。
堤高こそ浦山ダムに譲るものの、堤頂長は424mと浦山ダムより50mも長いので見た目かなりデカイです。

Ttb19

まずは手前に立ちはだかるループ橋を上らなくてはなりません。
でも楽しい!
勾配は5パーセントから7パーセントと緩やか目。話のタネにぜひどうぞ!

Ttb20

Ttb21

上りきってトンネルを過ぎれば滝沢ダムに到着します。
広々としたダムサイトは開放感たっぷり。のんびりと長居をしてしまいそう。
管理事務所で無事に3枚目をゲット。

Ttb23

この先、長大なダム天端を走って対岸に付けられた管理道路をしばらく行くと二瀬ダム方面に続く県道に合流しました。

   長大なダム天端を対岸まで走りました
Ttb24

山間を縫うようにつづく県道ですが、旧秩父往還の名残りなのか山の急斜面に集落が点在しています。こういう風景に出会えるのも秩父ならではですね。

Ttb25

そうこうしているうちに二瀬ダムにはあっけなく到着。
4ダム中唯一のアーチ式ダムでした。

Ttb27

管理事務所の大きな建物の玄関にあるインターホンで3ダムをゲットした旨を伝えると二瀬ダムのカードとお約束のスペシャルなカードもいただくことができました。
スペシャルカード贈呈の印に専用のノートに記帳します。カードにはシリアルナンバーがあって私は3684でした。

   今回収穫した5枚です。(スペシャルカードのデザインはひみつ)
Ttb36

やれやれ、これで本日のミッションはすべて完了です。
このまま秩父まで走っても全長で95km程度ですが、今日はあえて手前の三峰口駅をゴールにしました。
秩父鉄道のサイクルトレインを経験するためです。

   秩父鉄道の三峰口駅です(背景は武甲山)
Ttb30

Ttb31

   SL列車も走っていました
Ttb32

サイクルトレインは千葉でも小湊鐵道やいすみ鉄道でもやっていますが私は未経験です。
自転車をそのまま車両に持ち込むのって、どんな具合なのか一度経験したかったのです。
秩父鉄道では土日も含めて毎日、一定時間内、普通電車に限って車両の一両目がサイクルトレインに開放されます。
持ち込み料は無料です。

   本当に持ち込んでいいんだろうか(笑)
Ttb33

始発駅なのでガラガラの車内に自転車を持ち込みます。
気分は、ビジネスホテルの部屋に自転車を丸ごと持ち込むのと同じ感じかな。(笑)
最初の内は楽しかったのですが、途中駅で乗客が乗り込み始めると場所を取るし何となく申し訳ないような気分に襲われました。
しかも、車内は振動もあるのでずっと手で押さえていなければならないので結構気を遣います。(居眠りできません)

Ttb34

これなら輪行袋に仕舞う方が気楽かも?
JRを含めたすべての路線にサイクルトレインが定着すれば話は別ですが、現状ではあまりメリットを感じませんでした。

【感想】
はじめて秩父路を自転車で走りましたが景色もよく楽しいエリアでした。
千葉からはやや遠いですが、今回訪ねられなかった歴史に彩られた天空の里「栃本集落」や板東34番札所めぐりなど見どころはたくさんあるのでこれからも機会をとらえてまた訪れてみたいと思います。

| | Comments (4)

« September 2014 | Main | November 2014 »