« 日本ロマンチック街道(沼田~万座・鹿沢口編) | Main | 鶴舞から野見金山を経て秋元牧場へ »

2014.09.17

万座・鹿沢口から草津白根、渋峠へ

Shibu04

沼田から日本ロマンチック街道を経て無事に万座・鹿沢口に到着した翌日は、CBCCの仲間たちと4人で渋峠越えにチャレンジしました。

宿で合流した3人はいずれも健脚の持ち主です。
ポッキーさんとinさんは千葉から240kmを自走してやってきました。
単独で合流したちゃり部さんは渋川で出張仕事を終えての参加です。前夜は吾妻線の最終電車で23時近い時刻に駆けつけてくれました。

それもこれも、8月末のサイクリング中に急逝されたKeithさんの追悼のためです。
千葉から渋峠を越えて長野までのロングライドイベントは生前のKeithさんが企画してくれたもの。
渋峠越えはKeithさんの強い思い入れがあり、計画実行を前にして無念にも亡くなられた彼の思いを共有したい一心で集まった次第です。

Shibu01

朝の天気は快晴。絶好のサイクリング日和に恵まれました。でも標高が2,000mを越えたら寒いだろーなー。
まずは県道59号線を草津めざして走ります。

その時、左手の山の斜面でガサゴソと獣の気配が・・
振り返るとなんと!カモシカではありませんか!
こんな場所でカモシカ君に会えるとはねぇ。ポッキーさんが走り過ぎた道のりをわざわざ引き返して見事にカメラに納めてくれました。

Shibu02

上がるほどに周囲の展望が広がってきます。
右手後方には浅間山が外輪の黒斑山を従えて雄大な山容を存分に見せてくれます。気持ちいいなあ。

Shibu03

みんな思い思いに写真を撮りながらのんびり上ります。
このあたりは高原キャベツで有名な嬬恋村なんですね。
右手いっぱいに広大なキャベツ畑が広がり、はるか彼方には裏妙義の山々が朝の逆光にシルエットとなって輝いていました。
なんだか自転車でさっさと通り過ぎるのがもったいないですね。

Shibu05

Shibu06

やがて、国道292号線(ロマンチック街道の一部です。)に合流し、すぐのコンビニで休憩しました。
休んだ後は草津白根山への本格的な上りが始まります。
特にコンビニを出てからの数キロは最大で10パーセント以上の坂もあり一番きつい上りでした。

草津の温泉街を左折して、いよいよ白根山、渋峠方面のヒルクライム区間に入ります。
坂道がきついのは仕方ありませんが、上るほどに高山の雰囲気が色濃くなってくるので私はヒルクライムが好きです。

Shibu07

草津白根山は活火山で、現在も夜間通行止めなど交通規制がしかれています。
標高が増してくると火山特有の硫黄臭と白茶けた岩肌が迫ってきます。

Shibu08

Shibu09

スキー場のロープウェイに並行して上っていきますが、明るい感じの山懐に抱かれたロードサイクリングは最高に気分がいいです。

Shibu10

Shibu11

道ばたには秋の花リンドウがたくさん出迎えてくれました。
紫色の可憐な花がいいですねえ。

Shibu12

だいぶ高度を上げてきたことが振り返るとよくわかります。
上州一円の山々が視界に広がってくると、思わず立ち止まり山座同定をしたくなるのは山屋の性なのか。

Shibu14

Shibu13

火山活動のため立ち止まり禁止の白根山を通過し、さらに進むと草紅葉が始まったばかりの美しい湿原に出会いました。
今日のようなサイクリングも楽しいけど、ハイキングで訪れても十分に満足できるエリアだと思います。

Shibu15

標高も上がり、やがて2,000mを超えるようになると、空と雲が本当に近づいてきました。
青い空と白い雲のコントラストが本当に美しく、Keithさんが天国から出迎えてくれたように感じたのは私だけではないと思います。
彼は間違いなく雲と風になって私たちを見守ってくれているように感じました。

Shibu16

そして、本日の最高点である渋峠(標高2,172m)に到着。
Keithさんに黙祷を捧げてから国道最高地点の石碑で全員の記念写真をパチリ。
峠は初めて訪れましたが、2,000mを超える山々に囲まれた美しい場所でした。

Shibu17

このあと、峠のすぐ先にあるレストランで休憩しました。
ここから先はほぼ下り一方の道が続きます。
今日の気温は10℃。思ったよりも高めですが、ロードバイクでの下りとなると完全装備で降りないと風邪ひきますよ。

Shibu18

Shibu19

下り道はあっという間に獲得標高の蓄えを減らしてくれます。
無我夢中で下っていき、気がつけばあっという間に1,000m位を下ることができます。

Shibu20

下りるにしたがって里の景色が近づいてきます。空気の透明感がなんともいえないですね。
北信濃の里の秋は美しいなあと心底思いました。

Shibu21

小布施の町では栗のソフトに舌鼓を打ち、ぶどう畑が広がる須坂を過ぎ、千曲川の流れに出会えば長野市街はすぐそこ。
せっかくなので善光寺に立ち寄りお参りをしたあと駅に向かいました。

Shibu22

Shibu23

【感想】
渋峠で見て感じた雲と風に、Keithさんの面影をたしかに感じることのできたサイクリングでした。
ぜひまた訪れてみたい地です。

走行距離:97.9km
平均速度:10.72km/h
最高速度:55.67km/h

実走ログではありませんが、走ったコースの参考図です。
興味のある方はご覧ください。

   新型車両に乗ることができました。ラッキー!
Shibu24


|

« 日本ロマンチック街道(沼田~万座・鹿沢口編) | Main | 鶴舞から野見金山を経て秋元牧場へ »

Comments

渋峠、天気も良くて満喫されたようで良かったです!
嬬恋のキャベツ畑が広がる県道も気持ちいいし、標高の割に渋峠の雰囲気は最高ですよね。
私の中ではキングオブ峠です!
毎年必ず2、3回は登っていたんですが今年はまだ行ってないので、登りに行きたくなりました。

Posted by: HINA | 2014.09.19 12:30 AM

初めて渋峠を走りましたが、HINAさんがお気に入りにしているエリアだけありますね。
雄大で美しい景色に圧倒されました。
まだ紅葉は始まっていませんでしたが、紅葉の最盛期はさぞやすばらしいのでしょうね。

Posted by: Nob | 2014.09.19 07:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本ロマンチック街道(沼田~万座・鹿沢口編) | Main | 鶴舞から野見金山を経て秋元牧場へ »