« July 2014 | Main | September 2014 »

2014.08.24

雨にたたられた週末サイクリング by CBCC

土曜日は奥多摩、大菩薩方面の峠を二つ越えるツーリングを計画していましたが、折からの天候不安定のために直前に断念。
そこで、急きょCBCCのイベントに飛び入りで参加し、ついでに木更津方面まで足をのばすプランに変更しました。

    村田川沿いに長柄に向けて走りました。
Nagara00

天気予報では、関東で降雨の予報が出ていないのが千葉だけだったので安心していたところ、ふたを開けてみたら房総半島を中心に激しい雷雨に遭ってしまいました。

こんなことなら奥多摩方面に出かけていればよかったと思ったけど後の祭り。
お天気だけは思うようにはいかないものですね。

午前中限定のCBCCイベントは長柄町周辺の10kmの周回コースを3周するものです。
とてもじゃないけどアラカン世代にはきつくて付いていけません。
そこで、周回コースを2周してから木更津方面のツーリングを企画しているメンバーにくっついて行くことにしました。

   周回コースでは多くのチームが練習していました。
Nagara01

周回コースを全く走らない訳にはいかないので、3分の2周ほどお付き合いしましたが、いやはや速いのなんのって・・。
このペースで3周回ったら壊れちゃうな。参加しなくて正解でした。

   周回コースを快調?に走っているCBCCメンバー
Nagara02

さて、長柄から木更津方面に向かうコースどりなんかまるでわからないので、ここはpockyさんとMTKさんにお任せです。
いつも頼ってばかりですいません。
それにしても、道路地図を見ながらチャチャッとコースを決めちゃうのが本当に不思議です。

   どうやって木更津に行くか?みんなで相談中の図
Nagara03

選んだコースに沿って走っていきましたが、だんだん雲行きが怪しくなってきました。
予報では千葉はほとんど降らないはずなのに・・

県道13号を主に進み、市原市養老あたりに出てから田んぼ道を走ります。
稲穂も黄金色に色づいて早いところでは稲刈りも始まっていました。
幸いにも千葉県は大きな災害がなかったので稲刈りも順調ですが、西日本や東北地方は大気が不安定な状況が長く続いていたので収穫にも影響が出るかもしれませんね。

   黄金色に色づいた田んぼの中を走りました。
Nagara05

   県道143号線はいつ来ても走りやすい道です。
Nagara06

やがて、おなじみの県道143号を走るようになり、ドイツ村を通過して本日の昼食場所である横田の四川大飯店に向かいます。
雲行きはさらに怪しくなり、とうとう大粒の雨が降り出してきました。
雨足と競争するようにしてお店に到着。
なんとかびしょ濡れになる前にたどり着きました。ふー。

   私には久しぶりの四川大飯店です。
Ngara15

ここでのお目当てはやっぱり担々麺です。
全員が担々麺を注文。
辛めのごま風味のスープが何ともいえませんね。ここの担々麺は本当に美味しいです。

   ここに来たら、やっぱりこれでしょう。
Nagara07

食べている間にも雨足は強くなるばかりです。
これでは木更津まで足を伸ばすのはちょっと無理かなあ。
それよりも雨が止むまでお店で雨宿りするわけにもいかないので、MTKさんの提案で近くの横田駅(久留里線)に向かいました。

   横田駅に着いたとたん滝のような大雨が・・・
Nagara08

これまたラッキーなことに駅の待合室に着いたとたん、バケツをひっくり返したような大雨になりました。
今日は輪行袋を持っていないので電車で木更津まで行くこともできません。
雨が小やみなるまでの約2時間をここで過ごすことに。(涙)

   激しい雨で待合室から一歩も出られませんでした。
Nagara09

じつは木更津に行く目的は、美味しいかき氷を食べに行くためでした。
雨には勝てず、仕方ないので木更津のかき氷はあきらめて、「のうえんカフェ」の甘味に変更することにして出発。
雷雨もすっかりあがり、遠くに富士山と丹沢山塊の山並みがシルエットとなって浮かんでいました。

   CBCCでおなじみの「のうえんカフェ」で一休み
Nagara14

いつも混んでいる「のうえんカフェ」も3時近いこともあり、すんなり席に着くことができました。
甘党の男子メンバー全員がパフェやあんみつをオーダーするというのも普段じゃあり得ない光景ですよね。(笑)

   自転車男子は甘いものが好きなのです
Nagara12

Nagara13

ここでゆっくりとくつろいで帰路につきました。
雨には祟られましたが、私としては久しぶりにCBCCメンバーと走れたので楽しいサイクリングでした。

DATA
----------------------
実施日: 2014.8.23
天気: 曇りのち雨
距離: 121.05 km
移動時間: 5:07:52
経過時間: 10:20:49
平均スピード: 11.7 km/h
平均移動速度: 23.6 km/h

| | Comments (4)

2014.08.14

御岳山のレンゲショウマ

Mitake18

8月13日に奥多摩・御岳山周辺を歩いてきました。

お目当てはもちろん「森の妖精」ことレンゲショウマ(蓮華升麻)です。
お盆のこの時期になるとレンゲショウマの咲き具合が気になってきます。

このブログの右サイドバーに2010年8月13日に撮影したレンゲショウマのアルバムがありますが、さて、今年はどうだったかというと、見頃にはやや早く今週末から来週にかけてが花の最盛期になるような感じでした。
これから計画しても大丈夫ですよ。

今年も御嶽山表参道の杉並木の下を歩いたのですが、薄いベールのようにまとわりついていた山霧が徐々に晴れ上がっていく様はとても感動的でした。
300年以上の樹齢を重ねた杉の老木の下をゆっくりと歩むだけで底知れぬパワーをもらえた感じでした。
表参道はまさにパワースポットです。
ケーブルカーは利用しないで歩いて登ることをお勧めします。

   薄い霧のベールが山稜をまとわりついていました
Mitake10

レンゲショウマの群生地はケーブルカーの山上駅からほど近い富士峰園地です。
900m近い標高があり、約3ヘクタールに5万株という規模は日本一といわれています。

御嶽駅からバスでケーブル下の滝本駅へ。
ここから表参道を歩いて、レンゲショウマの群生地を訪れ、大塚山から丹三郎集落へ。
その先、古里駅まで歩く約10km弱の軽いハイキングでした。
詳しくは写真をご覧下さい。


御嶽駅からケーブル下バス停までは約10分。
今日はここからケーブルカーには乗らずに歩きます。

Mitake01

ケーブルカーの線路を下から見上げるとなかなかの迫力です。
それにしても、このあたりの道路の勾配って半端なくきついです。

Mitake02

御嶽山表参道の入り口には大きな石の鳥居が建てられています。

Mitake03

鳥居をくぐるとすぐ左手にある大きな杉の木です。
御岳山には、杉の巨樹がたくさん保存されていました。

Mitake04

表参道は舗装されていますが、自転車で上るにはちょっときついです。
勾配は軽く20パーセント超えです。

Mitake05

この杉の木は、根元から三つに分かれてすくすくと上に真っ直ぐ伸びていました。
見上げるだけで爽快な気分になります。

Mitake06

それにしても樹木の生命力ってすごいですね。

Mitake07

ここが東京都内とは思えない荘厳な雰囲気があたりを支配していました。

Mitake08

Mitake09

この光景に出くわしたとき、カメラを向けるのも忘れて体全体にミストを浴びたい気持になりました。
いやー、本当に神秘的できれいだったなあ。

Mitake11

だんだん霧が晴れてきました。

Mitake12

奥多摩、それも御岳山周辺の低山で雲海に出会うことは少ないのですが、今日は運良く見事な雲海を見ることができました。

Mitake15

いよいよ真打ち登場!
レンゲショウマの花はいつ眺めても幻想的で可憐な花です。

Mitake16

Mitake20

ヤマジノホトトギスも咲いていましたが、いつ見てもユニークな花の姿ですよね。

Mitake19

こちらはミヤマシャジンです。(たぶん)
8月は花が少なくなりますが、よく見ると結構いろいろな草花が咲いています。

Mitake21

レンゲショウマの群生地を後にして、大塚山から丹三郎集落経由で古里駅へ下ることにしました。

Mitake22

大塚山(標高920m)で一休みしていたら足下に小さなギボシの花が咲いていました。

Mitake23

大塚山の下りは、雑木林から杉の植林帯を歩くようになります。
今日は標高が低くなっても谷間から吹き上げる涼風のおかげで、意外と涼しい山歩きを楽しむことができました。

Mitake24

Mitake25

下り一方の道で膝が痛み出してくる頃、なんとか丹三郎の集落に下り立つことができました。
登山道と集落とを区切る入り口には獣害防止のフェンスが設置されています。
また、登山口には立派なトイレと休憩舎が建てられていて利用することができます。

Mitake26

そば処「丹三郎」に立ち寄りましたが、満席で順番待ちとのこと。
早く帰宅したかったので、お蕎麦は断念しました。

Mitake27

「丹三郎」と同じ並びにあった豪壮な屋敷門です。
こちらも丹三郎の屋敷門同様に江戸時代に建てられたような古い感じがします。

Mitake28

多摩渓谷を渡りきれば古里駅は至近の距離です。
お疲れさまでした!

Mitake29

| | Comments (2)

2014.08.05

国師岳と北奥千丈岳

というわけで、汗だくのヒルクライムの結果、なんとか大弛峠に到着しました。
時刻はまだ10時前。この分なら午前中に国師岳の山頂に立てそうです。

朝のうちはきれいに晴れていた空でしたが、すでに雲が山稜にまとわりつきはじめ午後にはポツリと雨粒が落ちてくるような雰囲気です。
急いでハイキング支度を済ませて出発しました。

   ハイキングモードに切り替えて、いざ出発!
Kokushi01

ところで、大弛峠は車で越えられる峠としては日本一標高の高い峠だそうです。
私はてっきり上信にある渋峠が日本一高い峠だと思っていましたが、あちらは国道としての日本一とのこと。標高もこちらより200mほど低いです。
したがって日本最高標高の車道峠となると、ここ大弛峠ということになります。
もっとも、峠の信州側はダートなので自転車で越えるとなるとMTBじゃないときついですよ。

   大弛峠は日本最高標高の車道峠です
Kokushi02

さて、歩き始めてすぐに大弛小屋がありました。
車で容易に来られる割にはクラシックな外観をもち、昔ながらの山小屋の雰囲気を保っています。
奥秩父縦走の際には貴重な拠点になりそうです。

   峠のすぐ先にある大弛小屋です
Kokushi03

小屋を過ぎるとすぐに木道というか桟橋状の道が続きます。
歩きやすいといえば歩きやすいのですが、奥秩父といえばしっとりと苔むした山道を歩くのが定番だと固く信じている私にはいささか違和感がありました。
ふらっと車で来て、普段着で高山の雰囲気を楽しみたい人には好評でしょうが、原生林に覆われた奥秩父の静けさを楽しみたいに人にはどうなのかなあ?

   木道が完備された登山道
Kokushi04

   北八ツの縞枯山を思わせる山の雰囲気です
Kokushi05

しばらく登ると、「夢の庭園」への分岐を右に分け、国師岳への道を進みます。
相変わらずの木道歩きですが、薄いピンクに染まったハクサンシャクナゲが私たちを迎えてくれました。
やや花期が過ぎたとはいえ十分にきれいでした。7月なら見事な花の群落だったと想像できます。

   ハクサンシャクナゲが美しい花を咲かせていました
Kokushi13

勾配が緩くなってくると山道となり、やがて前国師岳に到着しました。
地図上で2,570m圏内です。国師岳周辺は、この前国師岳、国師岳、北奥千丈岳の三つのピークがなだらかに寄せ集まった高原状の地形を呈していることがわかります。

   前国師岳にて(背景は北奥千丈岳)
Kokushi06

   北奥千丈岳への分岐点にて
Kokushi07

前国師岳の先で北奥千丈岳への道を分け、さらに15分ほど歩くとあっけなく国師岳山頂に着きました。
あいにくガスで展望は利きませんが、初めての山頂に立つのはいつでも気分が良いものです。

   国師岳山頂で記念のツーショット
Kokushi08

セルフタイマーでツーショットの記念写真を写したら早々に退散し、間近にある北奥千丈岳に向かいました。
先ほどの分岐に戻り10分程度の登り返しで奥秩父最高峰のピークに到着!
これで40数年来の宿願?を果たすことができました。

   40年来の宿願を果たせました
Kokushi09

露岩部の山頂は展望も申し分ありません。あいにくの空模様のため金峰山方面の展望は閉ざされていましたが、先ほどまでいた国師岳の先には甲武信岳、三宝山といった懐かしい山々の姿も見え、改めて奥秩父の雄大さに感じ入りました。
こうして山頂から眺めると、原生林が山裾までのびのび広がっている様は北八ヶ岳を連想させますね。

   北奥千丈岳山頂からの国師岳(左)と甲武信岳(中央奥)
Kokushi10

さすがにお腹も空いたので、じっくりと昼食休憩を楽しみました。
早朝3時に起床して高速を飛ばし、3時間半近くも自転車に乗って大汗かいて、お昼前には高度2,600mを超える場所にいるのがちょっと不思議な感じです。
ともかく自分の脚で標高差2,000m以上を登り終えた満足感というか達成感は格別です。峠まで車を利用したらこういう気持ちにはなれないと思います。

   原生林が広がる様は北八ヶ岳を彷彿とさせます
Kokushi11

   過保護?に見える木道の山道
Kokushi12

居合わせた女性のハイカーとおしゃべりを楽しんだあと、ゆっくりと下山の途につきました。
帰路は「夢の庭園」に立ち寄ってみました。
広々とした展望が広がるビューポイントになっています。苦労して上ってきた峰越林道(県営林道川上牧丘線)が原生林の中をうねうねとルートを刻んでいるのが眺められます。
残念ながら金峰山は雲の中でしたが、手前の朝日岳から続く大きな山稜が印象に残りました。
もし機会があれば、次回は金峰山往復をやってみたいな。

   「夢の庭園」からの金峰山方面
Kokushi14

   上ってきた林道を見下ろせます
Kokushi15

「夢の庭園」から先は往路を忠実に辿り、大弛峠に下り着いたとたん、雷鳴とともに大粒の雨がボタボタ降ってきました。あっという間に路面は濡れて、ヤバイ!
慌てて、雨具を着込み急いで下山準備をして自転車にまたがりました。

この頃になると麓から上がってきたロードバイクも何台か現れましたが、皆さん急な雷雨に当惑気味です。
私は雨具を着てのダウンヒルは初めてです。フードを被ってからヘルメットを被るのも初めてでなぜかワクワクしてきます。もちろん超安全走行でゆっくり下山しました。
こうした修羅場は何度も経験済みのHINAさんは慣れたもので、あっという間に視界から遠ざかっていきました。

   多目的ダムとしては日本最高所クラスの高度を誇ります   
Oodarumi21

最初のうちは雨脚が強かったものの、標高が下るにつれて弱くなり、やがて雨もあがりホッと一息です。
あらかじめ打ち合わせておいた琴川ダムで2台が合流し、そのまま管理所でダムカードをいただきました。
標高1,500m近いダムなので、自転車で訪れるのは大変なだけに、ここで頂けるダムカードは貴重です。ちなみに発電用ダムを除く多目的利用のダムとしては日本最高所にあるダムだとか。
奥秩父の盟主である金峰山に見守られた静かな湖面が印象的なダムでした。

   琴川ダムサイトにて
Oodarumi22

   ゲットできたダムカードです   
Oodarumi23

乙女湖からは再び急勾配の道をグングン下りました。下るにつれて気温も上昇するのは仕方ないですね。
勢い余って分岐を通り過ぎ思わぬ上り返しを強いられてしまいましたが、無事に道の駅に戻って来られました。
辛かったけどとっても充実したヒルクライム&ハイキングでした。

【感想】
モータリゼーションの発達によって、奥深い山々が本当に身近な存在になりました。
昔だったら限られた人しか訪れることができなかった山へも、車を使えばだれでも簡単に登ることができます。
自分自身が歳をとった今、これは歓迎すべきことでもありますが、同時に違和感もつねに感じています。
自動車を使わずに自分の脚で上ることで少しでも免罪符にしたい気持ちもあるのかなあ。
ま、体力の残っているうちは機会を捉えて今回のような「ヒルクライム&ハイキング」を実践してみようと思っています。

| | Comments (0)

2014.08.03

大弛峠ヒルクライム

Oodarumi02

その昔、高校時代まで遡りますが、はじめて標高2,500m以上の高峰に登った山は奥秩父の金峰山(2,599m)でした。
その頃から奥秩父の最高峰は実は金峰山ではなくて、国師岳(2,592m)の隣にある北奥千丈岳(2,601m)だということは知ってました。
たしか当時は2,600mジャストの標高だったと思います。

ところが、その北奥千丈岳に行くのはちょっと大変で、2泊3日はかかる山行を組まなければなりませんでした。しかも、かなりハードな行程をこなす山行です。
駆け出しの未熟者だった私には遠い存在の山でした。
そのうち、八ヶ岳や日本アルプスに興味が移りはじめると、次第に「奥秩父最高峰を登る」というあこがれが薄れてしまいました。

で、さらに月日が経ち、大弛峠までの林道が舗装されたというニュースを耳にしてからはまったく登る興味がなくなってしまいました。
なぜなら、大弛峠(2,365m)まで車を使えば、1時間足らずで登れてしまうからです。
これじゃ、登山としての面白さや達成感がスポイルされてしまいますよね。

そのまたさらに月日が経った現在、自転車にも興味をもったNobが考えたことは、大弛峠までのアプローチを車に代えて自転車にするというものです。
これなら登山としての物足りなさを補って余りある筈です。(たぶんね)
そして残された体力を1時間半のハイキングに投入するという作戦をたてました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

相変わらず前置きが長くなりました。
今回のパートナーは私の山仲間にしてブルベ愛好者のHINAさんです。
私にはこの人しか思いつきませんでした。
ちなみにHINAさんは、このコースは今回が3回目とのこと。しかも、そのうちの1回は反対側の長野県側からダート道をMTBで越えたとか。ホント頼りになります。

8月2日、千葉を早朝4時に出発しました。
体力満点HINAさんのノンストップ運転のおかげでわずか2時間でスタート地点である道の駅「はなかげの郷まきおか」に到着しました。

   スタート地点の道の駅「はなのかげの郷まきおか」
Oodarumi05

ところで、道の駅から大弛峠までは、距離にして約30km。標高差は1,880mほどになります。
これってかなりきついです。
延々30kmも上り一方というコースは私にとっては初めての体験です。

   夏富士が私たちを見送ってくれました
Oodarumi06

さて、道の駅でゆっくりと出発の準備をし、スタートしたのは6時半を少し過ぎた頃です。
道の駅からいったん少し下って、山梨県道219号を上ります。
いやー、最初から一本調子の急勾配が続きます。まわりはブドウ畑とモモ畑が一面に広がっていて、目にはとても優しいのですが延々と続く坂道には閉口しました。
勾配は7パーセントから9パーセントくらいですが、まっすぐに上がっていく道なので見た目かなり疲れます。

   このまっすぐな上りにはこたえました・・ふー
Oodarumi07

   ワインディングロードが続きます
Oodarumi08

上るほどに周囲の景観が広がり、待望の富士山もくっきりと視界に入ってきました。
このままお天気が午後まで保ってくれれば良いのですが・・

   上るほどに景色も広がってきます
Oodarumi09

ようやく息が整ってきてからも勾配は容赦なくきつめです。
とにかくペダルを回すことだけに集中しました。
やがて、前方に小さな尾根を越える感じの道になりますが、HINAさんに言わせるとあそこを越えたら琴川ダムとのこと。
がんばるしかないのですが、ガーミンの勾配計には15パーセントを超える表示が・・ツ・ラ・イ・・

   画像ではわかりづらいですが急坂です (photo by HINA)
Oodarumi01

小さなコルをなんとか越えれば待望の下り坂。当然ですが、帰りは唯一の上り坂に変身します。そして見事に帰り道で足を攣ってしまいました。(涙)
下りきった地点が琴川ダムです。ここまででスタートから1時間半弱で距離にして14.5km。まだ半分足らずしか来ていません。
湖面の青さが美しい山間のダム湖で、乙女湖というネーミングが付けられていました。
無論ダムカードが発行されているので帰りに立ち寄ることにして再び上りはじめます。

    静かな湖面が印象的な乙女湖(琴川ダム)
Oodarumi12

ダムからの上りはじめがまた辛かったなあ。いきなり10パーセント超の連続した上りが続きます。
しばらく行くと大弛峠までの距離表示が出てきますが、「あと11km」なんて書いてあるのを見ると正直気が滅入りますよ。
少なくとも千葉じゃ考えられないスケールですから。

   ダムからの上り返しもつらかったですよ (photo by HINA)
Oodarumi03

しかし、急坂区間をなんとか乗り越えれば3~4kmほどほぼ平坦の区間が続きます。
森の中をさっそうと走ることができ、樹林の間からは南アルプスや金峰山の勇姿が眺められ、今回のコース中一番楽しい区間でした。

   はるか南アルプスの連嶺が浮かんでいました
Oodarumi15

   金峰山の五丈岩が印象的でした
Oodarumi14

楽しい平坦区間が終わると再びツラーイ上り区間になります。
全身から汗がほとばしるのですが、顔に当たる風は高原特有のひんやりしたものでむしろ寒いくらいです。

   ふたたびつらい上りが始まります・・
Oodarumi16

   つづら折れの道路が続きますが路面は良好
Oodarumi17

ボトルの水も1リットルを飲み干し、背負ったザックの中から予備のボトルを取り出そうとした頃、林道の右側に湧き水を発見。
スタートから27km地点にあるこの水場でホント生き返りました。
この水場はゼッタイに見逃してはいけませんよ。

   ゴール手前3km地点にある湧き水は文字通りのオアシス
Oodarumi18

   高山の雰囲気が色濃くなってくるとゴールは近い
Oodarumi19

湧き水で折れかけた心にねじを巻き直し、最後のふんばりをきかせて待望のゴーーーール!!
ようやく標高2,365mの大弛峠に到着しました。
背中には登山装備を背負っているとはいえ、スタートから3時間21分もかかる長い長いヒルクライムでした。

    待望のゴール地点、大弛峠に到着!
Oodarumi20

【感想】
大弛峠ヒルクライム&国師岳は、大峠ヒルクライム&雁ヶ腹摺山、上日川峠ヒルクライム&大菩薩嶺に続く今年の目標の一つでした。
距離30kmに及ぶヒルクライムは初体験だったので、経験豊富なHINAさんの力をお借りしました。
いやー、聞きしに勝るコースでした。
上りの辛さは上日川峠に譲るものの、ロングコースとしての奥行きの深さは大弛峠に軍配が上がります。
ちなみに、かの今中大介氏も大弛峠ヒルクライムをツールの超級コースに匹敵するって言ってますよ。
http://www.yamanashi-kankou.jp/zenryoku/hill-climb/course/003.html
よい子の皆さん、ぜひトライしましょう!

Oodarumi04


国師岳・北奥千丈岳ハイキング編に続く

| | Comments (4)

« July 2014 | Main | September 2014 »