« 映画「ビヨンド・ザ・エッジ」を観てきました | Main | グルメサイクリング with CBCC »

2014.07.13

第2回 那須岳ヒルクライムレース

Nasuhill11

今年で2回目となる那須岳ヒルクライムレースに出場してきました。
毎年出ていた赤城山ヒルクライムに申し込みできなかったので、たぶん今年唯一のレース参戦になりそうです。

多くのヒルクライムレースは日曜日に開催されるのですが、ここは土曜日の開催です。
実はこのレースの翌日(日曜日)には「那須岳ロングライド 2014」が開催されます。つまり、土曜と日曜の2日間で那須高原を自転車で目一杯楽しもうという趣向なんですね。

日曜日のロングライドは100kmで獲得標高2,000m弱というヒルクライムコースで、グランフォンド的なハードなコース設定になっています。
というわけで、両日走り通す体力に自信のない私は初日のレースだけに参戦しました。

しかし土曜日の朝6:00に集合するとなると、前泊するしかないので金曜日は会社を休んでの参加。
台風8号の進路が非常に気になりましたが、大荒れにならずにすみホッとしました。

    大会会場はMt.ジーンズスキー場の駐車場です
Nasuhill01

ヒルクライムレースの場合は通常前日受付がほとんどですが、こちらは土曜日開催ということもあり当日受付となっていました。
レース会場に比較的近い参加者にとってはありがたいですよね。

さて、私の参加した年代別カテゴリーは「男子D」クラスで、50歳以上青天井というクラスです。
富士ヒルや乗鞍、赤城山といったメジャーなレースではないので、60歳以上のクラスが設定できないんだと思います。
いやはや、50歳代の連中と走ってもまったく勝ち目はありません。
昨年のリザルトを参考にして、とりあえずの目標は55分切りと年代別カテゴリー上位半分以内ということにしました。
さて、どうなることやら・・・

早朝の地震(4:22)で目が覚めて、そのまま起床しました。
軽い食事の後、5:15に宿を出発。5:45頃にはMt.ジーンズスキー場の駐車場である大会会場に到着できました。
空は抜けるような青空です。心配していた風もそれほどではなくラッキーです。(那須は風が強いのです。)

    早朝の受付風景(車検もありました)
Nasuhill02

会場に着いたら、まずは車検があります。ブレーキ関係とタイヤの空気圧等のチェックを受けました。
次に受付です。前にも書いたように当日受付なのでちょっと混雑しています。
早く受付を済ませてアップしたかったのにちょっと焦りました。

開会式は6:30からですが、のんびり開会式に参加しているとアップができないので、開会式は後半だけ出ることにして周りのコースを20分ほど走り込みます。少しでも心拍数を上げておかないとレース序盤に息が上がって苦労するので。
用意の良いの人はローラー台を持ち込んでアップしてますが、私ら還暦過ぎ世代はそこまではどうもねえ。

    開会式が始まりました・・
Nasuhill03

まあ、直前に20分程度走り込んだからいって成績向上には結びつかないけど、体のためにはやっておいた方が良いので義務的にやってるようなもんです。

さて、開会式も終わりいよいよスタートかと思いきや、ここのレースは他のレースと大きく違ってスタート地点への移動(それも7kmも下るのです。)があるのです。
せっかくアップで体を暖めても7kmの下りで帳消しだなあ。幸い今朝は暖かいので助かったけど寒い日だったらどうだったか。
スタート地点に広いスペースが確保できなかったのだと思います。

    スタート地点までは7kmも下ります
Nasuhill04

そして、7kmの長い下りの後、カテゴリーごとに整列してスタートを待ちました。
待っていたらNHKBSで月1回放送中の「チャリダー」でおなじみの猪野学さんが居たので、声をかけたら気さくに手を挙げてくれました。さすが俳優ですね。彼はCクラスに出場します。
ちなみに8月23日(土)にこのレースの模様が放映されるとのこと。

    「チャリダー」でおなじみの猪野学さんです
Nasuhill05

7:40、いよいよレース開始です。
ハーフヒルクライム女子の部からスタートして、私たち50歳以上の男子Dクラスは7:48にスタートしました。
計測開始地点を間違ってしまい、サイコンのスタートボタンを押したのはスタートしてから700~800m走った後。あいかわらずのお馬鹿なNobです。

    スタート直前です。前方は茶臼岳と朝日岳
Nasuhill06

正確な経過時間がわからなくなったので、心拍とケイデンスを見ながら適当に走ることにしました。
しばらくは集団の中程で様子を見ながら走ります。おっ、皆さん結構速いです。さすが50歳代ですねー。
そうか、周りは若い連中ばかりなんだ!
こいつらと一緒だと息切れするなあ。どうしよう?
と、思案していると、何となく私と同年代っぽい、それでいてしっかりとしたペース配分を刻んでいるローディが目に入りました。蛍光色のジャージなのでよく目立ちます。

    青空の下、レースが始まりました!
Nasuhill07

よっしゃ!この人について行こう。
ゼッケンは「D03X」。同じカテゴリーなので良い目標になりました。
急な上りでも緩斜面でもほぼ同じペース配分で上っていく様は非常に参考になります。
彼の右後ろか、真後ろ2m位の位置についていくのですが、急勾配の区間では遅れ気味になり、反対に緩斜面では私が前に出たりしました。

    見晴らしが良くなるとレースも後半に移ります
Nasuhill08

ほぼ中間にある大会会場を通過し、2ヶ所の急な下り区間をこなし、いよいよ大丸温泉まで残り2.7km、平均斜度で8.1パーセントの上り区間に入ります。
周りの樹木が低くなり高度が上がっているのがわかります。正面には雄大な茶臼岳や急峻な朝日岳が目の前に広がり、レースじゃなければ楽しいサイクリングの区間です。

ゴールが近づいてくると周りのペースもやや上がってくるように感じますが、自分だけが置いて行かれるような焦りも出てきます。
それでも蛍光色の「D03X」氏に何とかついていきます。心拍数は私のMAX領域である170から175。

    目標の人にぴったりついて行く予定でしたが・・・
Nasuhill09

ゴールまで300m位の地点で「D03X」氏がスパートしました。
これに全くついて行かれず、しかも最後の200mで勾配がぐっと上がり、さらには尾根から吹き降りるアゲインストの風が行く手を阻みガクッと速度が落ちてしまいました。
気がついたらあっという間に50mほどの差がついてしまい、周りのスタッフからも「下を向くな!前を見ろ!」との手厳しい声援が私に向けられます。
その声にこたえて顔を上げるも、すでに手遅れでヨタヨタのゴーーール!

    厳しいたたかいが済んで・・・
Nasuhill12

ふーー。
相変わらずヒルクライムレースはきついです。
ゴール後、件の「D03X」氏に駆け寄り、「後ろにつかせてもらいありがとうございました。」とお礼を言ったのは言うまでもありません。
お互いに名乗り合い、エイドステーションでいただいたかき氷や味噌おでんを一緒に食べながら話が弾みます。
彼は私より4歳も年上の67歳だそうです。

    ゴール後のかき氷は最高でした
Nasuhill10

    下山後のラーメンも美味しかったなあ
Nasuhill13

私が参加した乗鞍や赤城山のレースにも参加していて、いずれも私よりも6分ほど速いタイムを持っています。
乗鞍では2度の入賞歴(年代別)があるとのこと。どおりで走りが違うと思いました。
どこかのレース会場で再会するのを楽しみに別れましたが、とても感じの良い方でした。

【感想】
ちなみに、私の記録は53分49秒で、クラス別順位は35位でした。
目標の55分切りはクリアできたけど、クラス別順位上位半分以内(33位)の方は惜しくも届きませんでした。
やはり50歳代の人たちは速いですね。
これからはCBCCの50歳代のメンバーにも敬意を表さなければ。(笑)

那須岳ヒルクライムレースは、メジャーなレースとは違った良さがありました。
参加賞にオリジナルTシャツが入っていたし、エイドも充実していましたよ。

    参加賞の数々・・(ボトルは余計?)
Nasuhill16

ヒルクライムレースは何度出ても本当にきついけど、自分の限界を垣間見ることへの不安と誘惑が重なり合った不思議な気分が味わえます。
でも、私よりも年長の方々が今日も日々研鑽を重ねていることを思えば、また来年も参加ボタンをポチッと押しちゃうんだろうなあ。

|

« 映画「ビヨンド・ザ・エッジ」を観てきました | Main | グルメサイクリング with CBCC »

Comments

ご無沙汰です。
相変わらずがんばってますね。
50歳以上の年代別で上位半分ならスゴイじゃないですか。
それにレースのリザルトを見たら、ノブさんのタイムって、もっと若いCクラスでもだいだい半分くらいのところにいましたよ。
でも、あんまり無理しないで楽しんでください。

Posted by: 房総ローディ | 2014.07.15 12:31 PM

房総ローディさん
お久しぶりです。
いやいや、ゼンゼンすごくないですよー。
今回もお恥ずかしい内容でした。

他クラスのリザルトはよく見ませんでしたが、40歳台のクラスでも半分位の順位とは面白いですね。
たぶん、40歳台の人たちは子育てと仕事に忙しいからかも知れませんね。

Posted by: Nob | 2014.07.15 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画「ビヨンド・ザ・エッジ」を観てきました | Main | グルメサイクリング with CBCC »